【東京喰種】有馬貴将が死亡!?驚きの正体とその最期とは?

東京を舞台としており、人の姿をしていながら人の肉を喰らうことで生きている喰種をテーマとした石田スイによる日本の漫画作品「東京喰種」。東京喰種の登場人物の中でも最強の人物である有馬貴将の謎めいた正体と最期を解説します。

『東京喰種』ってどんな作品?

東京喰種トーキョーグール:re ~最終章~ Vol.1 [Blu-ray]

『東京喰種』石田スイによる日本の漫画作品になります。東京を舞台としており、人の姿をしていながら人の肉を喰らうことで生きている喰種をテーマとしています。

『週刊ヤングジャンプ』で2011年に連載が開始されます。それから2014年まで連載された後に、東京喰種の新編となる『東京喰種トーキョーグール:re』が2018年まで連載されました。世界累計発行部数は3000万部以上にもなるようです。

関連記事をご紹介!

【完結版】東京喰種シリーズ強さランキングTOP10!最強キャラは喰種か捜査官か?

『東京喰種』最強のキャラはだれ?

『東京喰種』は石田スイによる日本の漫画作品になります。東京を舞台としており、人の姿…

有馬貴将とはどんな人物?

CCGの死神と呼ばれる男性捜査官

東京喰種 トーキョーグール : re 8 (ヤングジャンプコミックス)

有馬貴将とは喰種対策局のCCGに所属しているCCGの死神と呼ばれるエリート喰種捜査官です。その強さは多くの逸話を持っておりその中でも有名な逸話が新人時代にSSS級レート喰種の隻眼の梟を倒すのに貢献したことです。

昔から天才でありCCGの総議長である和修常吉から見出されたことにより特別に入局することが決まりました。入局してからは異例の速さで特等捜査官にまで昇格しました。捜査官はクインケという武器で喰種と戦います。他の捜査官などは一つの捜査官を操作するのですが、有馬は左右の手で別々のクインケを操ることができます。

有馬は個人戦ではもちろん強い戦闘力ですが部下からの信頼もあつく集団戦においても部下へ的確な指示を出すことができます。正直東京喰種の登場人物の中でも最強の人物でしょう。正直、喰種よりも化け物じみている人物といえるでしょう。戦闘能力はとても高くて強いですが、性格は天然です

関連記事をご紹介!

【東京喰種】有馬貴将を知る5つの知識!CCG最強捜査官の隠された正体とは?

『東京喰種』に登場するCCG捜査官・有馬貴将とは?

2011年から「週間ヤングジャンプ」で連載をスタートさせ…

有馬貴将の正体は一体?

有馬は実は隻眼の王

有馬貴将の正体は実は最高レートのSSS級駆逐対象と恐れられている喰種「隻眼の梟」のエトが有馬に敗北して「この世界をめちゃくちゃに直してやる」と語った時に有馬が賛同し結成されたアオギリの樹のリーダー隻眼の王でした。

有馬は梟討伐戦でカネキと出会い、自分を殺せる可能性がある喰種として見いだし捕獲しました。そして、カネキは記憶をなくしカネキに佐々木琲世と名づけて部下に置き戦闘技術などを体得させました

主人公の金木研と有馬貴将の関係は?

金木と有馬の戦い

カネキは喰種として有馬と戦いましたが、全く歯が立たずに負けました。有馬はカネキと戦う時に新しいクインケが必要、お前は俺のクインケと言っていましたので有馬はカネキをそのままクインケにするようにも思えましたが有馬はカネキを部下に置き琲世と名づけました。

有馬は記憶を失ったカネキに佐々木琲世と名づけて部下に置いた後は、忙しい中でも佐々木に会うために本を返しに行ったりしてます。佐々木は有馬のことを「お父さん」として慕われているようです。

有馬死亡・・・その最期とは?

自らの命を絶ち、自害する

流島上陸戦ではコクリアを防衛します。その時に反乱を起こした佐々木と戦い始めて敗北を知ります。そして、佐々木ことカネキの能力を認めて、自分を殺す気がないと知ると有馬は自分の首を切り自害しました。死ぬ間際にはCCGの真実、白日庭の秘密などをカネキに伝えて息を引き取りました。

部下の平子にはカネキを託して真実を打ち明けています。有馬が人間の捜査官の中では真実を打ち明けているのは平子のみです。このことから有馬と平子の信頼関係は確かなものです。それからアオギリの樹は流島編でほぼほぼ壊滅してしまい生き残った喰種たちは黒山羊に加入しました。

有馬貴将は最強の捜査官!

東京喰種 トーキョーグール 13 (ヤングジャンプコミックス)

有馬貴将はCCGの死神と言われるほどの最強の捜査官ですが、東京喰種の登場人物の中で喰種と人間合わせてでも最強と言える人物でしょう。カネキは有馬に勝ちカネキが自分を殺す気がないと知ると自害しましたが、最後まで戦っていたら正直分かりません。それほど有馬は最強の人物に思えます。

ですが、このことかも分かる通り勝ち負けにこだわっているという人物でもありませんし、最後には自分で死ぬことを選びもう殺さないで済むということに安堵していました。その時にカネキに自分の真実を話しましたがその正体は喰種でもなく人間でもなく、半人間という正体でした。

ほとんど人間とは変わらずに喰種のような赫子を持っているわけでもなければ普通の食事もとれます。ですが、違うこともあり普通の人間より身体能力が多少高く、早く死んでしまうということでした。そのこともありカネキと戦う時には寿命が迫っていたのではないかと言われています。

有馬が半人間という正体だったことから有馬が喰種の鯱と戦った時に鯱が発見していましたが、片目が盲目のようです。半人間の特徴を聞くと寿命が短くなってることから盲目になったのでしょう。髪が白いのも老化と言われています。それにしてもそれでここまでの戦闘力は本当に化け物じみています。

東京喰種の登場人物の中でも最も人間と喰種が共存できる世界を望んでいて、「白い死神」と言われるCCGの中で最強の捜査官であり喰種のグループ「アオギリの樹」のリーダーでもあるとても謎でカギを握っている大事な人物です。

関連記事をご紹介!

【東京喰種】有馬貴将のクインケまとめ!CCG最強を支えた強力な武器たちを紹介!

喰種が恐れる最強の捜査官!有馬貴将とは?

有馬貴将(ありまきしょう)は東京喰種に登場するキャラクターで、喰種対策局(…

【東京喰種】Vの正体は和修家だった!謎の組織のメンバーや目的を紹介!

『東京喰種』とは?

2011年から「週間ヤングジャンプ」で連載をスタートさせた「東京喰種」シリーズは、漫画家・石田ス…

公式アイテムをご紹介!