【ゴールデンカムイ】スチェンカ回はラッコ鍋の再来?杉元暴走の暑苦しすぎる名エピソードを紹介!

極寒の地樺太…身も凍るような寒さでも『ゴールデンカムイ』の男たちは暑苦しい!今回はラッコ鍋の再来とも名高い「スチェンカ」エピソードのご紹介です。暴走する杉本、かつての敵が仲間に…!熱すぎる展開盛りだくさんのスチェンカ回の魅力を語る!

『ゴールデンカムイ』スチェンカとは

アシリパの行方を追う杉本一行が出場を持ち掛けられた競技「スチェンカ」。その正式名称は「スチェンカ ナ スチェンク」。「壁対壁」という意味を持ち、男たちの逞しい肉体を壁にたとえたロシアの伝統的な競技なのです!!

元々スチェンカは、ロシアの村対抗で祭りの余興として行われていたもの。しかしある時、刺青人皮の男がスチェンカを賭けの対象として持ち込こんだのだとか。なんでもその男、「強い男としか戦わない」のだとか!

アシリパの行方を追うため、刺青人皮を手に入れるため…杉本達の戦いが始まります!決して広くはない掘っ立て小屋で行われていたスチェンカは、ドアを開けたとたんむせかえるような熱気と男の臭い!!ラッコ鍋の再来ともいえる物議をかもし出した「スチェンカ」・・・男たちの熱き戦いが今始まる!!

ひょんなことからスチェンカ出場!短気は損気…

アシリパの手掛かりを追ってロシア人のいる酒場に立ち寄った杉本一行。そこにいた横柄な態度のロシア人に腹を立てた杉本、出会って秒で殴り合い!しかしそこで問題になったのは、そのロシア人がスチェンカに出場する選手だったということ…。

杉元が殴ったことで出来た傷が原因で出場ができなくなったとして、杉元はスチェンカ出場を迫られます。しかも、聞き込みをしている最中に足である犬を取られ、「返してほしければスチェンカに出場しろ」と…。

最初は出場する気なんてなかった杉本ですが、そのスチェンカには刺青人皮の囚人が出場すると聞いたら黙ってはいられません!アシリパと、そして刺青囚人の手掛かりをつかむためにスチェンカに出場することになるのでした。

スチェンカに出場するイカれたメンバーを紹介するぜ!

杉本佐一(すぎもと さいち)

スチェンカに出場する第一のメンバーは顔面を縦断する大きな傷が特徴で「不死身の杉本」の異名を持つ杉本佐一!元陸軍軍人で全身に刻まれた無数の傷は歴戦の勇者の証。

普通なら死んでしまうような傷を負っても次の日には治っているという伝説すら持つ杉本。戦う姿は鬼神の如し!

「これは戦争だ」

勇猛果敢な戦う姿はスチェンカを盛り上げる!

関連記事をご紹介!

【ゴールデンカムイ】主人公の杉本佐一はどんなキャラ?知って作品をもっと楽しむ魅力まとめ!

ゴールデンカムイとは?③ゴールデンカムイ 杉元佐一アシリパちゃん下さい 雪ロケとかしたいから冬やりたい pic.twitte…

谷垣源次郎(たにがき げんじろう)

胸にたたえた逞しい胸毛がトレードマーク、毛が深けりゃ情も深い「セクシーマタギ」こと谷垣源次郎!優しく誠実、『ゴールデンカムイ』の良心ともいえる谷垣ですが、その胸の中には熱い投資が萌え滾る!

「時は来た。それだけだ!!」

愚直に実直に目の前の敵を叩き潰す!

関連記事をご紹介!

【ゴールデンカムイ/谷垣】ガチムチマタギから滲み出る4つの魅力!

谷垣源次郎とは【ゴールデンカムイ質問箱】Q.010 天雲さんより谷垣ニ(シ)パの胸囲を教えてください。抱いて寝たいです。 pi…

月島基(つきしま はじめ)

鶴見中尉の部下で、第7師団所属の軍人。ロシア語が堪能で通訳としても活躍しています。小柄で物静かな月島ですが、山椒は小粒でもぴりりと辛い!燃え上がる投資は人一倍?!

「ロシア人は強い…骨格からして違う。だが、気合じゃ負けない」

燃える闘志を内に秘め、月島はクールに戦う!

鯉登音之進(こいと おとのしん)

鯉登は鶴見中尉の部下であり、第7師団所属で階級は少尉のエリート軍人!浅黒い肌に特徴的な眉がチャームポイントの美丈夫です。鶴見中尉に心酔しており、また鶴見中尉からも気に入られている鯉登。「鶴見中尉のお気に入りの薩摩隼人」と有名で、戦場においてその名に恥じない功績をあげます!

「私一人で四人たおしてやってもいい」

超自信家な鯉登の華麗な戦い様をとくとみよ!

関連記事をご紹介!

【ゴールデンカムイ】鯉登少尉を知る4つの知識!鶴見の忠犬はちょっと照れ屋の薩摩隼人!

『ゴールデンカムイ』鶴見中尉の忠犬!鯉登音之進とは?
https://twitter.com/tkg_10264/statu…

日本人はロシア人に勝てないだと!?結局みんな負けず嫌い

杉本がロシア人を殴ってしまったことが発端で出場を迫られたスチェンカ。試合に出ろと言われているのは杉本だけなのに

「スチェンカやるしかねえのか…俺たちで」

とみんなを巻き込む気満々の杉本。さすがの杉本も男の熱気ムンムンのスチェンカに一人で出場は心細いのか?!連帯責任だと言い張る杉本に一同猛反対です。しかしとある一言で心境は急変…

「お前ら日本人だけではロシア人に勝てない」

うすら笑いを交えてそう言われては大和魂が黙っていません!

「もう日露戦争を忘れたか」

闘争心を刺激された一行は、日本人チームとして仲良く4人でスチェンカに出場することになるのでした。

最強の敵・岩息舞治!彼にとってスチェンカとは

「あなたにとってスチェンカとは」

その問いに岩息舞治(がんそく まいはる)は静かに、そして目を輝かせて答えます。

「自己表現です」

人生のほとんどを監獄で過ごした岩息にとって、暴力こそが自己表現…戦いにかった後に沸き起こる歓声こそ、自分が肯定される瞬間なのだと彼は語ります。そして岩息が監獄を出た後に自己表現するために選んだ場所…それがスチェンカだったのです。

岩息は筋肉乙女?!だが強い!!

日本人スチェンカチームの勇猛果敢に戦う様子を満足げに見つめる岩息。日本人スチェンカチームの試合観戦後、杉本と握手を交わし再会を誓います。そしてついにやってくる日本人スチェンカチームとの対戦…そして顕わになる岩息の逞しい上半身!

ここにきて杉本一行は岩息こそ刺青人皮の主人だと気が付くのでした。しかし、杉本にはそんなことは関係ない様子。杉本もまた、岩息と同じように強いものとの戦いを求めていたのです。

「もっと!!杉本さんを!!教えてくれッ」

この岩息の雄たけびを皮切りに始まる殴り合い…もはや杉本と岩息二人の世界です。杉本が他の誰かを殴ると

「コラーッ!私を見ろ!!」

拗ねる岩息…。その乙女なしぐさと相反して繰り出される強力なパンチ!圧倒的な力と熱気は杉本を圧倒するのでした。

次は杉本のターン!暴走して…

日本人スチェンカチームの健闘により、岩息はただ一人の生き残りとなりました。それでも岩息、全くひるみません!

「四人同時に殴ってきて欲しいッ」

4人相手でも揺るがないその強さに観客も大興奮です。流れは完全に岩息に来ている…その状況に一石を投じたのは杉本!殴られ過ぎて我を失い…その様はまるでバーサーカー!!仲間がなだめるのも全く聞こえてないようで…敵味方なく暴れまくります。

「俺俺俺俺俺俺が不死身の杉本だッ」

パンチが早すぎて手が無数にあるように見える…スチェンカ会場は観客をも巻き込んだ大乱闘となり果てるのでした…。

最強戦士を追い込むグズリ!バーニャにて第2ラウンド!

我を失った杉本がぽろっと口にした言葉「金塊」…。この言葉に岩息大ショック!!

「最初から私の刺青が目当てか?酷いじゃないかッ!!」

まるで失恋した乙女のようにその場から駆け出してしまいます。そんな岩息を追いかけたのは谷垣・月島・鯉登の3人。逃げ出した先でグズリに襲われていた岩息を助け、近くにあった小屋に逃げ込むのでした。

しかしその小屋、ロシア式の蒸し風呂「バーニャ」だったのです!こんな暑いところには長くはいられない、でも外にはグズリが…!刺青を狙われているとわかった岩息は、水蒸気を発生させ湿度を上昇、さらに白樺の葉を束ねて作った「ヴェニク」で体を叩いて体感温度を強制的に上げていきます。

「誰が先に我慢できずバーニャから飛び出すかな?」

こうして、裸の状態でお互い葉っぱで殴り合うという異様な第2ラウンドが幕を開けたのでした…。

岩息VS杉本…悲しきモンスターの戦い

銃をもって現れたチカパシのおかげで、グズリの撃退に成功する谷垣。邪魔者はもういない…ついに岩息と杉本の一対一のタイマン勝負が始まります!殴り合いの完成の中でしか自己肯定感を得ることができない岩息、そして戦争から生きて帰って来たものの何もしてやれない自分を責める杉本。

亡き戦友の遺言も未だ遂げられず、アシリパにも何もしてやれない…そんな気持ちは杉本をむしばんでいました。人間離れした強さを持ちながらも、2人はいずれも悲しきモンスターなのです。

「俺は…役立たず…!」

意識を失いながらも絞り出された杉本の言葉…その悲痛な叫びを岩息は優しく受け止めます。

「許してやりなさい。頑張ってるじゃないですか。そんなにボロボロになるまで」

この次の瞬間、足元の氷が割れ、岩息と杉本の勝負が付くことはありませんでした。岩息との殴り合いにより、杉本の抱える悲しみが明らかになったのでした。

殴り合ったらもう仲間!熱い男のエピソード

ゴールデンカムイ コミック 1-15巻セット

金塊がある限り、岩息は命を狙われ続ける…刺青の囚人が平穏に暮らすためには、アイヌの金塊をめぐる戦いを終わらせるしかない。

俺たちが必ず金塊を見つける」

そう約束し、杉本は岩息の刺青を写させてもらいます。コミュニケーションの手段が暴力ということを除けば良い人の岩息・・・殴り合い中、杉本たちとの間に友情のようなものが芽生えていたのでしょう!

この熱い戦いは『ゴールデンカムイ』15巻に収録!肉体同士で語り合う男たちの熱い物語は笑いあり涙ありの神回です!不死身の男・杉本の悲しみにも触れる、物語の上でも重要なエピソードなのです。

岩息からアシリパの情報も得ることができ、確実にアシリパに近づいている実感を持つ杉本一行。アシリパやインカラマツと別行動のちょっとむさくるしい男4人の旅はもうしばらく続きそうですね。

関連記事をご紹介!

【ゴールデンカムイ】強さランキングTOP15!試される大地最強のキャラは誰だ!?

和風闇鍋ウエスタン『ゴールデンカムイ』の最強キャラを決定!出典:https://www.amazon.co.jp食べられるオソ…

ヒンナヒンナ!ゴールデンカムイの名言&名シーン20選!

「ゴールデンカムイ」とは?怒涛のバトル・狩猟グルメ・冒険&LOVE!!『ゴールデンカムイ』ついに大台突入の第10巻、2017年…

関連グッズをご紹介!