キュアブラックの声優・本名陽子はどんな人?人柄&有名キャラまとめ!【プリキュア】

2004年から2005年にかけて放送された「プリキュアシリーズ」第1作目のテレビアニメ『ふたりはプリキュア』。その中に登場するキュアブラックは、主人公・美墨なぎさがプリキュアへと変身した姿。私立ベローネ学院女子中等部に通うスポーツ万能な少女で、活発で強い正義感を持っています。もう1人の主人公・雪城ほのか(キュアホワイト)とは、物語が進むにつれて最高の相棒とも言える関係に。そんなキュアブラックの声を担当した本名陽子さんについてご紹介していきます!

『ふたりはブリキュア』キュアブラックとは?

「ふたりはプリキュアMax Heart」 両面 タペストリー キュアブラック & 美墨なぎさ

『ふたりはプリキュア』は、2004年から2005年にかけて放送された「プリキュアシリーズ」第1作目のテレビアニメ。2005年から2006年にかけて続編『ふたりはプリキュア Max Heart』も放送。最近では、人気スマホゲーム「グラブル」こと『グランブルーファンタジー』でコラボイベントが開催されたことが話題になりました。

キュアブラックは、本作の主人公・美墨なぎさがプリキュアに変身した姿。私立ベローネ学院女子中等部に通うボーイッシュな少女で、ラクロス部に所属。活発で強い正義感を持っていますが、うっかり屋さんな一面も。もう1人の主人公・雪城ほのか(キュアホワイト)と初めのうちはなかなか打ち解け合うことができませんでしたが、ともに戦い、時に喧嘩もする中で最高の相棒と言える仲になりました。

ここからは、そんなキュアブラックの声を担当した本名陽子さんについてご紹介していきます!

キュアブラックの声優は本名陽子さん

本名陽子さんは、リマックスに所属する女性声優。1979年1月7日生まれの39歳(2018年10月現在)で、埼玉県草加市の出身。2014年7月に、ブログにて一般男性との結婚を発表し、2015年6月に第1子を出産。2017年5月には第2子も授かりました。

4歳の頃から子役として『暴れん坊将軍II 』『仮面ライダーBLACK』などの様々な作品に出演し、中学卒業までになんと約180本のドラマ、映画、舞台、CMなどに出演しました。1991年、中学1年生の頃にスタジオジブリ制作のアニメーション映画『おもひでぽろぽろ』で声優デビュー。テレビアニメでの初主演は『ふたりはプリキュア』のキュアブラック役でした。

初代プリキュアを演じたということもあり、「プリキュアシリーズ」に対しては人一倍熱い想いを抱いている本名陽子さん。相棒であるキュアホワイトを演じたゆかなさんとは仲が良いことで知られており、劇場版の相棒の舞台挨拶をわざわざ見に行ったというエピソードも。10年以上続く人気シリーズの初代を担当した2人が仲が良いというのは、ファンとしては嬉しいですよね!

本名陽子さんの話題のキャラを紹介

岡島タエ子『おもひでぽろぽろ』

おもひでぽろぽろ [DVD]

『おもひでぽろぽろ』は、1991年に公開されたスタジオジブリ制作のアニメーション映画。岡本螢さんと刀根夕子さんによる漫画を原作とし、高畑勲さんが監督・脚本を担当して制作されました。

本名陽子さんは、主人公・岡島タエ子の小学5年生時代の声を担当。岡島家に生まれた三女で、明るい性格ですが末っ子らしく頑固で我儘な一面も持っています。27歳になり、東京の会社に勤めるOLになった岡島タエ子の声は、今井美樹さんが担当しました。

月島雫『耳をすませば』

耳をすませば [DVD]

『耳をすませば』は、1995年に公開されたスタジオジブリ制作のアニメーション映画。柊あおいさんによって描かれた同名の漫画作品を原作とし、近藤喜文さんが監督、宮崎駿さんが脚本を担当して制作されました。主人公の少女・月島雫が、恋や将来に思い悩みながら少しずつ成長していく過程が鮮やかに描かれています。

本名陽子さんは、その月島雫の声を担当。高校受験を控えた中学3年生の少女で、本を読むことが大好き。雫は同じ学校に通う少年・天沢聖司と知り合い、徐々に惹かれ合っていくようになります。聖司の夢はバイオリンをつくる職人になること。夢に向かって真っすぐに突き進む彼に刺激され、雫は自分の力で物語を書いてみようと思うようになるのです。

雫が聖司のバイオリンの演奏で「カントリー・ロード」を歌うシーンは、有名すぎるほどに有名ですよね。聖司の祖父であり素敵な古道具屋「地球屋」の主人でもある西司朗、そしてその音楽仲間たちも演奏に加わっていく展開には思わずわくわくさせられてしまいます。

ちなみに、雫の恋の相手となった聖司の声を担当したのは、俳優の高橋一生さん。まだ14歳だった若い頃の高橋一生さんがその声を担当していたのでした。どの役を担当したのかは不明ですが、実は『おもひでぽろぽろ』の方にも高橋一生さんの名前がクレジットされています。

関連記事をご紹介!

【耳をすませば】名言・名シーンTOP15!雫と聖司の恋模様に胸がときめく!

近藤喜文監督の傑作!『耳をすませば』とは?

『耳をすませば』は、1995年に公開されたスタジオジブリ制作のアニメーシ…

チカ『猫の恩返し』

『猫の恩返し』は、2002年に公開されたスタジオジブリ制作のアニメーション映画。『ぼくらの』の監督で知られる森田宏幸さんが監督を担当しました。『耳をすませば』の主人公・月島雫が書いた物語という位置づけの映画で、主人公の女子高校生・吉岡ハルが、トラックに轢かれかけた猫を助けたお礼に「猫の国」へと連れていかれてしまい、「猫の事務所」の所長・バロンやその仲間たちとともに元の世界へ戻ろうと奮闘するストーリーが展開されます。

本名陽子さんは、ハルのクラスメートのチカ役を担当。左頬に泣きぼくろのある眼鏡をかけた少女で、ハルの親友・ひろみと一緒に卓球部の試合を観に来ていました。月島雫の書いた物語という設定の映画に、雫の声を担当した本名陽子さんがさりげなく出演しているというのは嬉しいですよね。

エンジュ『恋する天使アンジェリーク』

恋する天使アンジェリーク‾ かがやきの明日‾ 第1巻【初回限定版】 [DVD]

『恋する天使アンジェリーク』は、恋愛シミュレーションゲーム『アンジェリーク エトワール』を原作としたテレビアニメ。2006年に第1期「心のめざめる時」が放送され、2007年に第2期「かがやきの明日」が放送されました。

本名陽子さんは、主人公・エンジュの声を担当。長い髪を三つ編みに結っているのが特徴的な17歳の少女。身長164㎝で、体重47kg。神鳥の宇宙に住むごく普通の女子高校生でしたが、ある日とつぜん石版に選ばれたことで、宇宙を救う「伝説のエトワール」になることに。エンジュは神鳥の宇宙の守護聖たちの協力を得ながら、新しい聖獣の宇宙の育成を手助けしていくことになるのです・・・。

スメラギ・李・ノリエガ『機動戦士ガンダム00』

機動戦士ガンダム00(ダブルオー)』は、「ガンダムシリーズ」の通算12作目にあたる作品。監督は『シャーマンキング』『鋼の錬金術師』などで知られる水島精二さん、シリーズ構成は『ハチミツとクローバー』『僕のヒーローアカデミア』などで知られる黒田洋介さんが担当。2007年から2008年にかけてファーストシーズンが放送され、その半年後の2008年から2009年にかけてセカンドシーズンが放送。2010年には完結編として『劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-』が公開されました。

本名陽子さん演じるスメラギ・李・ノリエガは、主人公・刹那・F・セイエイの乗る母艦「プトレマイオス」の作戦立案を行う戦術予報士。アメリカ出身の日系スペイン人で、ファーストシーズンでは26歳。決断力に優れた女性で、正確には艦長というではありませんが、リーダーとしてプトレマイオスチーム全体の指揮をとっています。その仕事の優秀さから周囲から信頼を寄せられていますが、作戦中にもかかわらず平気で飲酒しているのを注意されることも。

ワシリーサ「とあるシリーズ」

「とあるシリーズ」は、鎌池和馬さんによって執筆されたライトノベル『とある魔術の禁書目録(インデックス)』を始まりとした作品群。「科学」と「魔術」が交差するバトルアクションストーリーで、テレビアニメは第1期が2008年から2009年にかけて、第2期が2010年から2011年にかけて放送。2018年10月から第3期『とある魔術の禁書目録III』が放送されています。

本名陽子さん演じるワシリーサは、ロシア教会のシスター。ロシア成教の内部組織「殲滅白書」のまとめ役で、恐ろしいほどの力を持った魔術師。地位が上の人物に対しても大胆不敵な態度をとりますが、年下のかわいい子には目がなく、部下のサーシャ=クロイツェフに際どい衣装を着せようとしては嫌がられることも。ロシア民話に登場する魔女「一本足の家の人喰い婆さん」を召喚して戦う魔術を得意としています。

関連記事をご紹介!

世界最強は誰だ?とある魔術の禁書目録ネタバレ強さランキングTOP20!

科学と魔術が交差する!?とある魔術の禁書目録とは?アニメ『とある魔術の禁書目録』3期がついに来るぞおおお!!「禁書3期、待って…

キャサリン・ルース『ダンボール戦機WARS』

「ダンボール戦機シリーズ」は、レベルファイブより発売されたロールプレイングゲームシリーズ。2011年よりテレビアニメも放送されており、現在までに第3期まで制作されています。

本名陽子さん演じるキャサリン・ルースは、『ダンボール戦機WARS』に登場する少女。神威大門統合学園中等部2年5組が所属する仮想国「ジェノック」の第4小隊の隊長を務めています。女子だけが所属する第4小隊では一番小柄ですが、勝気で気の強い性格で、熱くなりすぎたときには隊員たちからなだめられることも。

本名陽子さんの今後の活躍にも期待!

ここまで本名陽子さんの有名キャラや人柄などについてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか? 『おもひでぽろぽろ』の岡島タエ子役、『耳をすませば』の月島雫役などをこれまでに担当してきた本名陽子さん。これからのご活躍にも期待です!

関連記事をご紹介!

【なぎほの】公式エピソード紹介!元祖プリキュアの深い友情と絆が熱い!【ふたりはプリキュア】

なぎほのとは?
美墨なぎさ×雪城ほのか

二人は女児向けアニメ『ふたりはプリキュア』に登場する主人公で、妖精たちに力…

公式アイテムをご紹介!