『黄笠』の公式エピソードを紹介!エースと主将の下克上カップルがひたすらかわいい!

週刊少年ジャンプの大人気作品「黒子のバスケ」より、黄瀬涼太×笠松幸男のCP公式エピソードをご紹介!発展途上の末っ子エースと男気溢れる熱血主将の固く強い絆に悶絶必至です!

黄笠は海常の「キセキと相棒」コンビ!

黄瀬涼太

最初に2人のプロフィールをおさらいしましょう!まずは黄瀬君から。

全中3連覇という驚異的な偉業を成し遂げた帝光中学バスケ部の天才5人、通称「キセキの世代」の1人です。当時のポジションはSFでしたが、本人曰くポジションはどこでもオッケー!なオールラウンダー。身長は189㎝で、体重が77㎏です。帝光中学を卒業後、神奈川県の強豪校である海常高校に進学しました。

黄瀬君は優れた観察眼天性の身体能力を持っており、見たものを瞬時に再現する事ができます。スポーツ全般を好んでいますがしかし、何でもすぐにできてしまうが故に、心から燃えるような体験をした事がありませんでした。

そんな折、自由奔放なスタイルで楽しそうにバスケをする青峰君の姿を見かけ、彼に憧れてバスケ部に入部。勝利こそできなかったものの、バスケ選手としての才能が花開き、異例のスピードでレギュラー入りを果たします。

明るく人懐こい性格をしていますが、自分は並大抵の人間よりも優れているという自覚があるため、しばしば他人を見下したような態度を取る事もありました。しかしそれも海常に入学して以来、徐々に改善されている模様(主に笠松先輩の影響)。趣味はカラオケで、中学の頃からモデル業をしていますが、最近はバスケに集中するために休みがちなんだとか。

笠松幸男

続いて我らが笠松先輩について!

笠松先輩は海常高校バスケットボール部の主将です。身長178㎝、体重66㎏で、ポジションはPG。海常の精神的支柱としてチームを鼓舞します。海常バスケ部自体が全国レベルの強さを誇る強豪ですが、その中でも彼は個人で有名なバスケ雑誌に特集を組まれるほどの実力者です。

PGはチームの司令塔として指示を出したりパスを回したりする役割ですが、笠松先輩はキレのあるターン・アラウンドや鋭いドライブで敵陣に切り込み、自ら得点を獲りに行く事もできるプレイヤーです。誠凛の伊月先輩からは「キセキの世代を除けば、今まで対戦した選手の中で最速」と評されていました。自分より11㎝も身長の高い黄瀬君の後頭部にハイキックを決める身体能力の高さは流石の一言ですね(笑)

体育会系の色が強い海常の中でも特に上下関係に厳しく、熱い心でチームの面々を引っ張ってゆく笠松先輩。真面目で責任感が強く、誰よりもチームを誇りに思っている彼だからこそ、チームメイトたちも迷わず着いて行く事ができるのでしょう。ギターが趣味で、女の子が苦手という一面も…。

黄瀬×笠松コンビ

堅苦しい規則や上下関係を嫌う黄瀬君は入部初日、THE・体育会系の笠松先輩とももちろん衝突しました。笠松先輩は決して黄瀬君を特別扱いする事はせず、あくまでも新入部員の1年生として平等に接します。お前はもう「キセキの世代」ではなく「海常高校1年」の黄瀬涼太である。笠松先輩からの言葉が心の片隅に残り、少しずつ変わってゆくのでした。

黄瀬君が女の子に愛想を振りまいたり調子に乗った言動をしたりして、笠松先輩が体育会系的制裁を下す(シバく)、というのがお約束のパターン。練習中や試合の前後によく見られます(笑)モデルの黄瀬君に容赦のない蹴りが入れられる貴重な存在なのです。

先輩からのそれを反発せず受け入れるなんて、帝光時代の黄瀬君では考えられない事だったのではないでしょうか。海常のチームメイトたちに価値観を変えられ、人として成長している事が分かりますね。良い先輩、良いチームに巡り合えたなぁと心から思います。

それではここから、黄笠の公式エピソードをいくつかご紹介してゆきます!

黄笠公式エピソード①2人でお出かけ

原作第19話より

夏のIH予選では、誠凛VS秀徳の試合を観戦している2人の姿が描かれています。誠凛高校は東京で海常高校は神奈川なので、地区予選でぶつかる事はありませんが、そこは1度戦って認め合ったライバル校。やはり様子は気になるようです。しかし、敵情視察にしても部のキャプテンと入部したばかりの1年生だけで来たのは何故なのか…。普通に考えたらあり得ない組み合わせな気もするのですが、この頃から仲良くなってきていたという事なのでしょうか。

原作第36話より

激闘を終えた誠凛高校の面々が帰り道にお好み焼き屋へ入ると、そこには2人で食事をしている黄瀬君と笠松先輩の姿が。この後さらに秀徳の緑間君と高尾君が合流して無茶苦茶な事態になってゆきます。休日に2人でバスケ観戦して食事をする、というのは、世間一般ではデートと呼ぶのでは?と、黄笠ファンに衝撃を与えた回でした。

Blu-lay&DVD第2巻初回特典 SPECIAL CD feat.黄瀬涼太より

それぞれ別の用事で東京に来ていた2人が偶然出くわし、さらに火神君と黒子君の2人とも遭遇。すれ違いや勘違いが重なった結果、デパートの中で壮絶な追いかけっこが今、始まる…!といった内容です。

笠松先輩は限定モデルのバッシュを見に、黄瀬君はモデルとしてのお仕事で外出していたのですが、神奈川在住の2人が東京の広い街の中で偶然鉢合わせするなんて、どんな確率の奇跡を引き当てているのか…これだから黄笠は(笑)

黄笠公式エピソード②エースと主将

原作第203話より

先にも少々お話した通り、海常入学当初の黄瀬君は自分本位で生意気な下級生でした。実力が伴っていたためある意味では正当な言い分だったのかもしれませんが、先輩を敬う気持ちが理解できない子供であったとも言えるでしょう。そんな彼が数か月後、WC準決勝で敗退した際に「先輩たちを勝たせてあげたかったもっとこのチームのみんなでバスケがしたかった」と溢したのです。その成長ぶりは涙なしでは語れません…!

足を故障し、1人では歩けない状態の黄瀬君を支えて歩くのはもちろん笠松先輩。チームの絶対的エースが黄瀬君である事は自他共に認められた事実ですが、精神的な支えになっているのはやっぱり笠松先輩なのだと分かる素敵なシーンです。

黄笠公式エピソード③揺るぎない信頼

原作第72話より

夏のIHで実現した黄瀬君VS青峰君、もとい海常VS桐皇の試合。過去の敗北の記憶から今度こそチームを優勝へ導くのだという笠松先輩の強い意志を受け取り、黄瀬君もコートへ並び立ちます。

桐皇リードで迎えた最終局面、試合の行く末を決める黄瀬君と青峰君の一騎打ち。青峰君を抜いて得点できなければ逆転不可能となる需要な場面で黄瀬君が選んだ戦法は、笠松先輩へのパスでした。帝光時代のワンマンプレーを捨て、信頼できるチームメイトに勝利の一手を委ねたのです。結果的にそのパスが通る事はなく、桐皇の勝利で試合は幕を下ろしましたが、この試合で黄瀬君は本当の意味で「海常のエース」となったのだと思います。

原作第201話より

季節は廻り、冬。WCの準決勝で、自他共に認めるライバルである誠凛との戦いが始まりました。一進一退の攻防が続き、試合は終盤へ。敵陣のゴール下まで切り込んだ黄瀬君は、誠凛の選手を躱して得点を決めるための選択を迫られます。桐皇戦での敗北が脳裏を過り躊躇したものの、やはり黄瀬君は笠松先輩へのパスを選びました。

前回と違うのは、パスがしっかりと笠松先輩の元へと届き、笠松先輩がシュートを決めて逆転へと繋がった事。2人の間に確固たる信頼関係が築かれていたからこそのプレイでした。

黄笠公式エピソード④ただの仲良し

黒子のバスケ~Replace~より

黒子のバスケ Replace I (JUMP j BOOKS)

黄笠並びに海常推しの皆さまには、原作と合わせてぜひ小説版もお手に取ってみていただきたいです。「海常高校バスケ部青春白書」と題されたエピソードがあり、そこではなんと森山先輩の発案で女性と合コンをするレギュラー陣が!?モテる黄瀬君とモテたい森山先輩と女の子が苦手な笠松先輩、そして巻き込まれただけの早川君・小堀先輩の運命や如何に!?ただただ笠松先輩が可愛いお話です。

キャラクターグッズ

原作・アニメとも圧倒的な人気を誇る「黒子のバスケ」では、各種グッズも幅広く展開!黄瀬君の場合は単体グッズの他、キセキの世代としてのグッズや黒子君とのペアグッズも多いのですが、もちろん笠松先輩とのペアグッズも取りそろえられております。

先輩に嬉しそうにシバかれている(ように見える)な黄瀬君や、どう見てもカップルな事を平然とやってのける2人の姿が赤裸々に描かれているので、お好きな黄笠を探してみてください。

テレビアニメ EDイラストより

テレビアニメ「黒子のバスケ」では、各話ごとにEDイラストの一部が差し替えられており、本編では実現しない登場人物たちの様々な日常風景を垣間見る事ができました。黄笠はナチュラルにイチャつきます。海常レギュラーメンバーで買い物に来ていて、黄笠の2人は本屋へ。スポーツ雑誌を見たい笠松先輩にモデル姿の自分をアピールしに来る黄瀬君…デートじゃないなら何だと言うのか(笑)

GLORY BLUE~それぞれの未来へ~

キャラクターソングDUET SERIES  VOL.11より

TVアニメ 黒子のバスケ キャラクターソング DUET SERIES Vol.11

エピソードとは違いますが、2人のデュエット曲も激しくオススメです。シングルに収録されている2曲は、それぞれWCでの対誠凛戦の前後の心境が歌詞になっています。

個人的一押しは2曲目の「GLORY BLUE」です。直訳すると「誇りの青」。正直もうタイトルだけで泣きそうになるこの曲では、死力を尽くして戦い惜敗に終わった誠凛戦について後悔はしていない事や、大会の後にそれぞれ新しい道を歩んで行く仲間たちの背を押してあげたい気持ちを互いが持っている事が綴られています。

海常の名を背負い3年生の抜けた新しいチームで戦ってゆく黄瀬君と、引退・卒業・進学を控え新しい世界に飛び込んでゆく笠松先輩たち。みんなの未来が輝かしいものである事を願うばかりです。

2人の今後は?

大学へと進学した笠松先輩はバスケを続けている様子でしたが、黄瀬君との関係性はどうなるのでしょう。お互いの出ている試合へこっそり観戦に行ったり、お互いの家に遊びに行ったり、同窓会と称して元レギュラー陣で食事したり…そんな関係であってほしいです。黄笠と海常に幸あれ!

関連記事をご紹介!

【黒バス】『黄黒』の公式エピソードを紹介!公式で甘々からヤンデレまで堪能できるのは黄黒だけ!

『黄黒』とは?
黒子のバスケ『黄瀬涼太×黒子テツヤ』
https://www.instagram.com/p/BkBWET…

【黒バス】『赤黒』の公式エピソードを紹介!公式の供給&赤司の黒子愛がひたすらに凄い!

『赤黒』とは?
『黒子のバスケ』の赤司征十郎×黒子テツヤのカップリング

赤司征十郎(あかしせいじゅうろう)は、洛山…

公式アイテムをご紹介!