【ドリフターズ】TVアニメ2期はどんな物語になる? 原作ストーリーから大胆予想!【ネタバレ注意】

『ドリフターズ』の1期アニメは作り込まれた内容と、それを忠実に表現していることからかなりの高評価なアニメとなりました。そして2期も製作が決定していることで話題にもなっています。そんな『ドリフターズ』の2期はどのような内容になるのか?ネタバレ覚悟で紹介していきます。

偉人大乱闘の人気漫画『ドリフターズ』とは?

ドリフターズ 1 (ヤングキングコミックス)

『ドリフターズ』は漂流者と言う意味があります。その意味のように異世界を舞台に様々な時代の英雄が時空を超えて登場します。そしてふたつの派閥に分かれて戦争を起こすことになるのですが、その世界にいた住人も巻き込んでしまいます。

異世界には、人間もいますがエルフやゴブリン、ドワーフなど亜種の存在もいました。そして人間が亜種を虐げている世界でもあったので、英雄たちはその地へ降り立つと弱者のために立ち上がりました。

そこで島津豊久率いるエルフ、ドワーフの軍勢と黒王の率いるゴブリンやドラゴンの軍勢がぶつかり合います。そこには漂流者たちを送り込んでいる黒幕にはEASYと10月機関という魔術を操る集団も絡んでいました。

何故英雄を異世界へ送り込んでいるのか?という謎や島津と黒王の戦争の終焉は?というところに注目が集まっている作品です。

関連記事をご紹介!

ドリフターズの強さランキングTOP19!偉人最強は誰だ?

歴史ごっちゃ混ぜ漫画 ドリフターズたくさんの方に先行で応募いただきありがとうございました!また、先行応募はできなかった方も当日…

【ドリフターズ】島津豊久が強すぎる!7つの魅力で徹底紹介!

『ドリフターズ 』島津豊久とは?島津の退き口、島津豊久、アニメのドリフターズで見たぞ。歴史のTV番組はいいね✨アニメと歴史物は…

ズバリ、ドリフターズの魅力はココ!!

『ドリフターズ』の魅力はたくさんありますが、特にココ!と言えるのはやはり異時代の英雄の戦いです!どの時代にも英雄と呼べる者がいましたが、それはその時代の英雄です。もしも日本の剣豪と海外の刀の使い手が戦ったならどうなる?想像しただけでもワクワクしてしまいます。

そして本当に強いのは誰なのか?ということをシンプルに決めるのではなく、そこに戦争としての戦略も絡んでくるからこそ面白くなっています

力だけではなく、戦略に特化した人物もいるので各英雄を見て、どのように動かしたら自軍が有利になるか、などを考えると全体の動きもまるっきり変わってきます。異なる時代の英雄が集まった戦争!ココが最大の魅力と言えるでしょう。

TVアニメ『ドリフターズ』1期を振り返る

DRIFTERS 第1巻〈通常版〉 [Blu-ray]

第1期アニメは、2016年10月から12月まで放送されました。総合プロデュサーは上田耕行、監督が鈴木健一です。製作会社はフッズエンタテインメント株式会社で、『聖痕のクェイサー』や『ジョジョの奇妙な冒険』、『PSYCHO-PASS』などの作品を作った会社です。

そんな実力のある会社と、スタッフが作り上げた『ドリフターズ』の1期はどのような感じになっていたのかを振り返ってみましょう。

1期のストーリー

『ドリフターズ』の1期のストーリーはどうなっているかというと、島津豊久が関ヶ原の戦いの中から急に異世界へ飛ばされ、そこで織田信長と那須与一に出会うところから始まります。

そこから自分たちが異世界へ飛ばされたことを知り、エルフたちがその領土の人間に酷い扱いを受けていたので、弱者を救うために立ち上がりました

一方で黒王も北の大地へと下りたっていたのですが、オークたち弱者を救うためにジャンヌ・ダルク、土方歳三、ラスプーチン、ジルドレを率いて戦いを繰り広げていました。

そんな両者が最終的に出会いぶつかり合うことになったのは、オルテ帝都でした。オルテ帝都を落とすために黒王によこされた土方歳三と島津豊久の決戦となります。信長などの策略がはまったことで黒王軍が追いつめられ戦況が悪化すると、土方歳三の撤退してしまい1期は終わってしまいました。

関連記事をご紹介!

【ドリフターズ/織田信長】第六天魔王7つの魅力!名言も紹介!

『ドリフターズ 』織田信長とは? 織田信長(ドリフターズより) pic.twitter.com/mlKJyoGcRv&mdas…

【ドリフターズ】那須与一の7つの魅力!美形すぎる弓兵の活躍を紹介!

『ドリフターズ 』のイケメン弓兵・那須与一とは?ハイパーお下品ツイートタイム終了。ゲンジバンザイ!#ドリフターズ※那須氏は源氏…

1期と漫画原作を比較

1期は漫画本で言うとどこまで進んだのかというと4巻の45話までとなります。そして原作と比較して違うとことがあるのかというと、忠実にそのまま再現されています。

監督も原作を崩したくないという強い意志があるようです。更にこの『ドリフターズ』を映像化させることは職人の腕がためされるとも感じて、丁寧に作り込んでいました。

何度も戦闘が行われるのですが、その戦闘描写は、アニメでしか味わえない躍動感と爽快感があります。やはり製作サイドに力が入っているだけあってクオリティの高いものに仕上がっています。

『ドリフターズ』にはかなり残酷な戦闘描写も含まれているのですが、それも上手に隠しつつ表現しているところに腕の良さを感じさせてもいると思います。

1期の評価や評判は?

『ドリフターズ』1期の評価や評判はどうなのでしょうか?こちらはかなり高評価となっています。その内容は、やはり丁寧に作り込まれているということ、しっかりと原作を生かしているということにあります。

躍動感が求められる作品でもあるので、戦闘描写というところが要となるのですが、見事に表現されているとのことでした。「息つく間もない」といった表現があるぐらいです。更に次の展開が気になる作りにしているところも評価されています。

「少し早足で進んでいるのでは?」という意見もありましたが、酷評ではありません。視聴者からもかなり2期への期待が高まっているので、2期も期待に応えた作品作りをしてくれるはずです。

TVアニメ2期の製作決定や関係者のまとめ

TVアニメの2期も早々に決まったようです。1期の発表からすぐに2期の製作も決まっていたようです。そこでどこまで2期でやるのかを漫画原作も含めて検証し予想していきたいと思います。

2期は早々に製作が決定していた

【Amazon.co.jp限定】DRIFTERS episode 13-14〈特装限定生産版〉(特製ドラマCD&A5ステッカーシート&B3ポスター付き) [Blu-ray]

『ドリフターズ』の2期の製作は実は早々に決まっていました。驚くことに2016年の1期放送がされている段階から2期の製作も動いていたようです。その段階ではまだ単行本もそれほど出ておらず、話数も溜まっていない状況でした。

しかし2016年9月にテレビ放送に先駆け開催された先行上映会のトークパートで、13話の本読みをすることを上田プロデューサーが話をしていました。

そして13話と14話はOVAとして2017年1月23日に販売され、内容は1期の続きとなっています。その流れで2期も製作していくのですが、原作が溜まるのをまってその都度作っていくしかないようです。

それでも1期が放送される前から既に2期を製作しているのも凄い話だとも思いましたが、それほど鈴木監督が『ドリフターズ』を映像化したいという気持ちが強いのだと思われます。

関係者の作品に対しての熱意が凄い

2期の製作をするにあたってインタビューで上田プロデューサーと鈴木監督のやりとりがありますが、製作サイドの熱意をかなり感じることができます。

上田プロデューサーは原作があまり面白くなかったらアニメにする際に少し変えたりもするけど、『ドリフターズ』に関しては原作が面白いから変える必要はないとのことです。

そして鈴木監督もこの作品はいかに忠実に映像化することで職人としての腕が試されるとも話しています。両者共に原作に対しての愛が感じられますし、挑戦したい!という気持ちが伝わってきます。だからこそ2期を早々に作る気も満々だったということです。

TVアニメ2期をネタバレ覚悟で予想!

TVアニメの2期は、1期の放映発表からすぐに製作も決まっていたようです。そこでどこまで2期でやるのかを漫画原作も含めて検証し予想していきたいと思います。

漫画の現在の状況

 

2018年11月現在の『ドリフターズ』の発刊は6巻までです。前回の1期が4巻の45話までの内容だったので、残り2冊は発刊しないと厳しい状況ではあります。

そして雑誌の方では、2018年11月15日現在は73話まで連載されています。これを単行本で換算するとあと少しで7巻までは出せるほどの量になっています。

現在の内容は、ネタバレになりますが、島津豊久率いる軍勢と土方歳三率いる軍勢の戦いの末に島津豊久は全ての力を使い果たしてしまいます。動かない体のまま土方歳三と一騎打ちとなるのですが、どんなに頑張っても体が言うことを聞いてくれずそのまま死を覚悟しました。

そんな中に戦闘機に乗った菅野直が乱入するのでは?という展開で終わります。

2期でやるであろう内容とは?

1期は、土方歳三の煮え切らない敗走という形に終わりましたが、2期ではその続きが行われるはずです。オルテ帝都の戦い後、黒王軍と島津軍の最大の戦いがマモン間原で繰り広げられます。これが最大の見せ場とも言えるシーンでもあります。

そこにはもちろん土方歳三もいますし、信長の最大の敵である明智光秀もいました。双方共に策略と武器、亜種の能力などありとあらゆる力をそこに出し尽くしています。その結果島津軍が押されて戦況がまずい状況になります。

壮絶な戦いの後に、土方歳三と島津豊久の一騎打ちとなるのですが、もはや島津には戦う力が残って居ませんでした。斬り合えると思っていた土方は腹を立て、島津の命を奪おうとする時に戦闘機に乗った菅野直が現れます。ここまでが1期から2018年11月現在までの連載内容となります。

アニメ化するにしてもまだ半分の内容だと思われますので、その先は連載された部分がそのまま放送されるでしょう。

TVアニメ2期が始まるとしたらいつ頃?

2018年11月現在の連載されている『ドリフターズ』の話数は73話までです。ここまでで巻数としてはまだ7巻を出せるかな?という状況です。2009年に連載開始してから現在6巻までの既刊となるとこのペースはかなり遅いと思われます。

単純に計算しても9年で6巻ということは1年半で1巻の発刊となります。2期の放送できる話数まであと必要なのは、約11話分だと思います。そうなるとあと2年は最低でも見なくてはいけません。ということで2020年の中期頃を目安に放送されるのではないかと思われます。

しかし休載などが続いてしまったりする可能性もあるかもしれないので、2011年にもつれ込むかもしれません。いずれにしても2年後以上になるはずです。

2期は原作の進行次第だが放映は確実!

『ドリフターズ』の2期は早々に製作が決定しています。それも作りたい!という監督や製作スタッフの熱意があったから実現するのだと思います。しかし前作の1期では4巻の45話まで行い、2018年11月でまだ6巻までしか刊行しておりません。

そこから考えるとすぐに2期が出来るのかというとそうではありません。最低でも残り2冊分の話が溜まらなくてはならないと思われます。そしてその内容ですが、黒王軍と島津軍の最終的な攻防やEASYと十月期間との関係も明らかになるのではないか?と予想されます。

たくさんの英雄が登場し、正に夢のコラボのような状況が『ドリフターズ』ですが、それぞれの性格や戦い方が独特だからこそ惹きつけられます。2期はまだ先の話ですが、十分に盛り上がる内容が期待されているだけに放映が楽しみな作品です。

関連記事をご紹介!

【ドリフターズ】黒王の正体や能力を徹底考察!ドリフ最大の謎を解明

『ドリフターズ 』最大の謎・黒王とは? #ドリフターズ 日刊マンガロード : ドリフターズの黒王って誰なの? https://…