【まどマギ】鹿目まどかが魔女化した理由とは?救済の魔女の原因はほむらにある?

『魔法少女まどか☆マギカ』では鹿目まどかは最強の魔法少女と言われています。その一方で最強の魔女にもなり得る存在だったのです。最悪のエンディングでは魔女化してしまうまどかですが、どうしてそのようになってしまったのか?ほむらとの経緯から紹介していきたいと思います。

鹿目まどかは『魔法少女まどか☆マギカ』の主人公!

魔法少女まどか☆マギカ 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]

『魔法少女まどか☆マギカ(まどマギ)』は、女子中学生が魔法少女になって魔女と呼ばれる者と戦うストーリーになっています。宇宙人であるキュウベエ(インキュベーター)がどんな願いでも叶えてあげる代わりに、魔法少女になって魔女を倒す契約をするシステムが物語の軸となっています。

その中で登場する鹿目まどかは、同級生のさやかやほむら、杏子、そして先輩のマミたちが魔法少女として活躍していく姿を見て刺激されるのですが、なかなか魔法少女にはなろうとはしませんでした。

そこには魔法少女になった者の末路が倒すはずの魔女になってしまうという事実を知ってしまったこともありましたし、迷いが常にどこかにありました。自分はどうしたいのか?いつまでも傍観者でいるのか?そんな迷いが立ち切れた時にまどかは魔法少女になることを決意します。

鹿目まどかの魔女化になるまでの経緯

きゃらスリーブコレクション 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 鹿目まどか (No.189)

鹿目まどかは、本線のストーリーではすぐに魔法少女になっていません。それは、ほむらが時空を超える能力を使い何度もやり直しをしていたからなのです。本来訪れるであろう最悪の事態は、まどかが魔女になることだったので、それを食い止めるためにほむらが何度も行っていました。

そしてほむらが食い止められなかった世界で、まどかの魔女化となるので、どうなっていたのかを順番に紹介します。

鹿目まどか魔女化への道1:まどかとキュウベエとの出会い

キュウべえに学ぶ営業テクニック

鹿目まどかの元にキュウベエは現れました。そして「君の願いをひとつだけ叶えてあげるから魔法少女になってよ」と話します。

これにはすぐに返事を出さなかったまどかですが、同級生のさやかや杏子や先輩のマミが活躍する姿を見て憧れもあってか魔法少女になってしまいます。

これが最悪の状況の始まりだったのです。キュウベの目的は魔法少女を利用して自分達が必要な生命エネルギーを集めることでした。そのためには魔法少女の末期や人間の世界がどうなっても良かったのです。

キュウベエの本当の目的を知ったからこそ、ほむらが何度も時空を超えてループすることを決意したとも言えます。

鹿目まどか魔女化への道2:暁美ほむらと鹿目まどかの関係

きゃらスリーブコレクション 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 暁美ほむら (No.190)

ほむらは病弱な転校生として現れました。そして不器用で運動音痴で何もできない中、さやかやまどかやマミが魔法少女として活躍していることを知ります。

魔法少女を知ることになったきっかけは、魔女に襲われたところをまどかに助けられたことです。そこからほむらは魔法少女という友達に興味を示していくことになり、特にまどかとは仲良しになっていました。

まどかたちは、まるで部活のように正義の活動を行っているような感じで魔女を倒していたのですが、全員が死んでしまうという結末を迎えます。そしてほむらは、まどかが死んでしまう結末を変えたくて魔法少女になることを決意しました。

まどかを死なせない!その気持ちだけで動いたのです。ほむらは自らの能力が時間を止めたり、時空を越えたりできることを知って、それを生かした戦い方を考え出したりしました。

関連記事をご紹介!

【ほむまど】公式エピソードを紹介!深すぎる愛で人間を卒業した2人に注目!【まどマギ】

「ほむまど」とは?
『魔法少女まどか☆マギカ』暁美ほむら×鹿目まどか

『魔法少女まどか☆マギカ』とは2011年1月…

鹿目まどか魔女化への道3:ソウルジェムと魔女の関係を知る

魔法少女になったことで浮かれていた全員が、ソウルジェムが汚れていくことで自らが魔女になってしまうことを知ってしまいます。

そこで何のために自分達が戦っているのかが全員分からなくなりました。全てはキュウベエの策略だったのです。キュウベエには自分達さえ良ければ良いという考えなので、そのことを聞かれるまで伝えてはいませんでした。

しかし全員が絶望に叩き落され、仲間割れを起こし、最終的に生き残ったのはまどかとほむらだけとなってしまいます。

鹿目まどか魔女化への道4:ワルプルギスの夜との戦い

誰も倒せない最強の魔女と言われていたのが、ワルプルギスの夜です。ワルプルギスの夜は、ひとりの魔法少女が魔女になったのではなく、複数人の魔女の集合体と言える存在です。

そのため今までの魔女とは大きさや攻撃範囲などが桁違いで、何人もの魔法少女が掛かっていっても絶対に勝てないような存在でした。

しかしそんなワルプルギスの夜を倒すためにほむらとまどかは立ち上がるのです。ワルプルギスの夜が最強の魔女ならまどかも最強の魔法少女だったので、自らの全ての力を込めてワルプルギスを倒すことを決意したのです。

戦った後には自らが魔女化することも承知の上でしたが、現状をどうにかしなければならないという衝動に駆られた行動だったのです。そしてワルプルギスの夜を消滅させることには成功しました。

鹿目まどかが魔女化したのは10話

鹿目まどかが魔女化したのはアニメの10話目でした。それまではもしも魔法少女になっていなかったらの流れでストーリーが進んでいました。それには陰でほむらの必死の努力があったことも事実です。

そして最強の魔女と呼ばれたワルプルギスの夜を消滅させた後に、まどかは魔女になってしまうのでした。ほむらが何度も時間を逆行させたことで平行世界に多大な影響を与えワルプルギスの夜を上回る最強の魔女になってしまったとも言えます。

これはほむらが時間逆行を行った数回目の出来事でした。もしも何もしていなかったらそこまで大きなことにはなっていなかったのかもしれませんが、ワルプルギスの夜の登場だけでも世界は滅茶苦茶になっていたと思われます。

キュウベエも話していましたが最悪の事態は変わらないということです。

鹿目まどかの魔女化した姿「救済の魔女」の能力とは?

救済の魔女となったまどかですが、その力はワルプルギスの夜を軽く凌いでしまうほどのものでした。キュウベエ曰くこれほどの素質を持っているまどかなら世界を滅ぼすのに10日かそこらということです。ここから考えてもワルプルギスの夜とは比較にならない強さです。

そしてその見た目や規模ですが、まるで黒い竜巻のようなもので、人の形を留めていません。あらゆるものを飲み込んでしまいそうな勢いを感じさせます。救済というだけあって現在の世界を飲み込み新たな世界に作り変えるという能力なのでしょう。

マギアレコードでのドッペルは「慈悲」

「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」 Music Collection

スマホゲームの『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』では、慈悲のドッペルとして扱われています。特徴としてドッペルに取り込まれているまどかのソウルジェムがあった場所の胸部が欠けています。

ゲーム上の性能としてはレアリティが星5つで、敵全体にダメージ[Ⅷ] & MP回復(全) & ダメージカット(全/3T)の効果があります。

作中最強の鹿目まどかは最凶の魔女になり得る存在!

「魔法少女まどか☆マギカ」 Ultimate Best(期間生産限定盤)

鹿目まどかは、どこにでもいる普通の中学生でしたが、キュウベエとの出会いによって魔法少女となります。そして魔法少女としての資質はどの魔法少女を上回るもので、誰も倒せないと言われていたワルプルギスの夜を倒してしまいます。

しかしそんな素質のあるまどかもワルプルギスの夜を倒すために全ての力を使い果たし、魔女化してしまうことになります。最強の魔法少女がなってしまった魔女なので、それはとてつもない力を持ったものになりました。

たったの数日で世界を滅ぼせるだけの力があるので、これにはキュウベエも驚いていました。

ほむらは必死にまどかが魔法少女にならない方法を探して何度も平行世界をループしていたのですが、何度もループすることで、まどかの資質を上げてしまうことに加担してしまったのかもしれません。

いずれにしてもまどかは最強の魔法少女であり最悪の魔女になってしまうのです。

公式アイテムをご紹介!