【五等分の花嫁】中野二乃の魅力が分かる知識8選!ツンデレキャラといえばこの人!意外とスペックも高い二乃を紹介!

アニメ化も決まりますます盛り上がりを見せる漫画『五等分の花嫁』。今回はヒロインの一人でツンデレ担当の次女、中野二乃の魅力をご紹介していきます。ここ最近急激に人気が上がっている二乃、その理由に迫っていきます!

『五等分の花嫁』のツンデレ担当!中野二乃とは?

五等分の花嫁(3) (講談社コミックス)

中野二乃は2017年8月から『週刊少年マガジン』で連載されている春場ねぎ先生の漫画『五等分の花嫁』のヒロインの一人です。主人公である上杉風太郎が家庭教師の仕事を引き受けることになった富豪の娘、中野家の五つ子の次女で姫カットのロングヘアで両サイドの黒いリボンが特徴の女の子です。

性格は一言で言えばツンデレ。口ではきついことを言いつつも誰よりも姉妹のことを大切に思っており、そのせいで家庭教師に訪れ姉妹の中に入ってきた風太郎のことをよく思っていません。なんと初日には睡眠薬を飲ませ自宅に送り返すなどなかなか過激な一面も持っています。

中野二乃の魅力その1:声優はツンデレといえばこの人!

中野二乃の声優は竹達彩奈さんです。竹達彩奈さんは2007年に声優デビュー『けいおん!』の中野梓役や『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』の高坂桐乃役、『ソードアート・オンライン』のリーファ(桐ケ谷直葉)役などで有名な人気声優で、アーティストとしてもソロ、同じく声優の悠木碧さんとのユニットpetit miladyとしても活躍しています。

高坂桐乃役などツンデレなキャラクターに定評のある声優さんで、まさに二乃にピッタリのキャスティングではないでしょうか。風太郎に対する罵倒の数々をどのように演じてくれるのか、そこからのデレの破壊力!大いに期待してアニメを待ちましょう!

関連記事をご紹介!

声優・竹達彩奈が演じるアニメキャラまとめ!代表作のけいおんから最新作まで!

竹達彩奈ってどんな声優なの?出典:…

中野二乃の魅力その2:実は姉妹の中で一番女子力が高い?

きつい物言いや態度が目立つ二乃ですが実は女子力が高い女の子です。中野家の食事は全て二乃が担当しているなど料理が得意でお菓子作りもなかなかの腕前を持っています。さらにおしゃれにも気をつかっており、コミュニケーション能力も高く必然的に友達も多いなどある意味姉妹の中で一番のしっかり者です。

こんな女の子に敵視されるのですからいかに風太郎の第一印象が悪かったのかがわかりますよね。それもそのはず、はじめは自分が家庭教師だと告げずに五月を追いかけていたため二乃ストーカーと勘違いされていました。風太郎の自業自得ですが姉妹を大事に思っている二乃だからこその勘違いとも言えるかもしれません。

中野二乃の魅力その3:なんといっても素直になれないツンデレが最高!

誰よりも姉妹のことを大切に思っているのに素直じゃない二乃は典型的なツンデレキャラです。そのツンデレは風太郎にも発揮されており、原作第7話から始まる花火大会のエピソードでも顕著に表れています。花火大会はお母さんとの思い出もあり毎年姉妹全員で見ていました。しかしこの日は、風太郎とばったり出くわしたり、一花が仕事で呼び出されたり、あまりの人手でみんなはぐれてしまうなど上手くいきません。

そんな中、一花を連れ戻すと飛び出した風太郎、打ち上げ花火には間に合いませんでしたが無事一花を連れ戻し、みんなで手持ち花火をすることに。勝手な行動をした一花を責めつつも集合場所を伝え忘れた自分も悪いと言い、駆け回ってくれた風太郎「お!つ!か!れ!」と労う二乃。素直になれないながらも優しく根が良い子だということが分かるエピソードになっています。

中野二乃の魅力その4:初恋は金太郎君?

二乃は自他共に認めるメンクイですが、そんな彼女が恋をしたのは風太郎の親戚で写真に映る金髪の少年金太郎でした。しかし実はこの少年、風太郎本人で金髪でやんちゃな過去を知られたくない風太郎がとっさについた嘘でした。そうとは知らず、金太郎と比べ相変わらず風太郎を罵倒する二乃。そんな中ついに写真の少年、と言っても風太郎ですが金太郎二乃は出会ってしまいます。

それは修学旅行の夜、肝試しの実行委員になった風太郎が金髪のカツラとお面で脅かし役をしていた時、順路を外れた二乃を心配し追いかけた時カツラ姿のまま二乃の前に出てしまい金太郎と勘違いしてしまったのです。好意を持たれていることに焦った風太郎は不良のフリをしますがワイルドと取られ、ますます気に入られてしまうという正なのか負なのかよくわからないスパイラルにおちいります。

また、走り回って怪我をした金太郎(風太郎)に優しく絆創膏を貼ってあげるなど普段との態度の違いにさぞ風太郎は驚いたことでしょう。ちなみにこの絆創膏もハート柄の可愛いもので二乃女子力の高さがうかがえます。そして「怖いから手を握って」やキャンプファイヤーのダンスを申し込むなど好きな人には一直線に好意を伝える二乃がめちゃくちゃかわいいエピソードになっています。

中野二乃の魅力その5:素直になれない二乃と真面目な五月が対立!

なんとか五つ子全員が風太郎の授業を受けてくれるようにはなりましたが、依然二乃は反抗的な様子でした。いつものように憎まれ口を叩き何かと言い合いになる三玖と喧嘩になりつい風太郎の手作りの問題集を破ってしまいます。その事に激怒し平手打ちしたのはなんと三玖でも風太郎でもなく五月でした。

真剣に取り組まない二乃に怒る真面目な五月後に引けなくなってしまった二乃は喧嘩の末二人共家出してしまいます。期末試験を目前に控えたタイミングでの家出騒動に風太郎は仲直りをさせるため奮闘します。

いつも言い合いになるのは風太郎に恋心を抱く三玖風太郎を敵視している二乃でしたが今回は風太郎が真剣に教えてくれていることに恩を感じた五月でした。なんの贔屓目もない五月から発せれたからこその驚き、二乃も悪いことをしたと思っているのが罪悪感の滲む表情から見て取れます。五月の正義感の強さ二乃の意地っ張りさが見れるエピソードでした。それでも罪悪感をちゃんと感じている所が二乃のかわいいところですよね。

中野二乃の魅力その6:二乃が秘めていたコンプレックス!

家を飛び出した二乃は高級ホテルに泊まっており、五月はサイフを忘れたためなんと風太郎の家に居候することに。期末試験も迫る中、なんとか二人を仲直りさせたい風太郎二乃の泊まるホテルへ通います。そんな中、風太郎の前に風太郎が変わったきっかけとなった少女、零奈が現れます。突然のことに戸惑う風太郎をよそに零奈「もう君に会えない」と告げます。

放心状態のまま二乃のもとに訪れた風太郎は聞かれるままあった出来事を話します。そして「人が変わっていくのは避けられない。過去は忘れて受け入れていかないとな」と語る風太郎二乃「そんな簡単に割り切れない」と返します。二乃のコンプレックスは自分だけが変わってないと感じていることでした。

姉妹を大切に思っているがゆえ、同じ外見、同じ性格だった頃のまるで思考が共有されているような感覚が忘れられない二乃。しかし5年前から少しずつ変わっていく姉妹に自分だけが取り残されたような想いを抱いていました。二乃の複雑な思いが明かされる重要なエピソードです。そして「5年前」というキーワード。風太郎零奈が出会ったのも5年前、やはり零奈は五つ子の誰かなのでしょうか。今後も「5年前」が物語の重要な意味を持ちそうです。

中野二乃の魅力その7:金太郎の正体、見破る?

自分も変わる決意をした二乃はその第一歩にもう一度金太郎に会わせてほしいと頼みます。渋々ですが了承する風太郎は再び金太郎として二乃の前に立ちます。二人でお菓子作りをするなどはしゃぐ二乃でしたが、「キンタロー君さえいてくれればいい」と告げるも、わずかに風太郎と試験を気にする二乃に思わず「試験なんてどうでもいい。五人で一緒にいてほしいんだ」と本音を語る金太郎(風太郎)

そして意を決し真実を告げようとする金太郎を制し、別の場所に風太郎を呼び出します。なんとかごまかす風太郎でしたが金太郎として出会ったときから着けていたミサンガでついに正体がバレてしまいます。そして出会った頃と同じように睡眠薬を盛られ、眠っているうちに二乃は去ってしまいます。

別のホテルへうつった二乃のもとに今度は三玖が訪れます。五人で一緒にいる意味に悩む二乃「家族だから」ときっぱりと告げる三玖「違ってていいんだよ、足りないところを補い合って私たちは一人前になろう」と語る三玖二乃は決意と共に「あの頃と同じ髪」を切り再び姉妹と、そして風太郎のもとに帰ってきます。三玖のセリフに感動しつつ二乃の思い切りの良さとセミロングになってさらにかわいくなったことに衝撃を受けたエピソードでした。

中野二乃の魅力その8:風太郎への先制攻撃はなんと二乃?

金太郎=風太郎だと発覚して以来何かと意識してしまう二乃は最後の期末試験で赤点を回避したら距離を置こうとしていました。見事五つ子全員が赤点回避に成功した夜、二乃は祝賀会の場に現れず一人で父親に会っていました。そこに現れたのはなんと「白馬に乗った王子様」ではなくバイクにまたがった風太郎でした。

これからもボロアパートで五人で暮らすと決意だけを父親に告げバイクに乗り込む二乃風太郎は引きつりながら「娘さんを頂いていきます」と深読みしそうなセリフを吐いてしまいます。そして二人乗りで走るバイクの上でいつものように遠慮のないやり取りをする風太郎二乃。一段落した家庭教師としての仕事、五つ子との関係が終わることに思わず「寂しくなるな」とつぶやく風太郎に風で聞こえないことも手伝い二乃は大胆な発言をします。

「ほんと最低、最悪。あとは・・・そうね。好きよ」となんとも二乃らしくキュンキュンする告白。ついに二乃がデレた瞬間です!ところが風太郎は本当に聞こえていなかったようで二乃の方もなかったことにしようとします。しかし五つ子を恋愛対象として見ていないことが分かる数々の発言を思い出し、無理にでも意識させようと「あんたを好きって言ったのよ」告白します。こんな時でも喧嘩腰になってしまうところが二乃らしいかわいさですよね。

アニメでも原作でも二乃が大活躍!

三玖でもなく一花でもなくなんと二乃が先行するという波乱の展開を迎えた原作『五等分の花嫁』。もちろん四葉五月もこのまま終わるはずがありません、今後の展開から目が離せない、ますます盛り上がりを見せる原作漫画ですがみなさんなにか忘れていませんか?

そう、2019年1月にはついに『五等分の花嫁』のアニメ放送が始まります!アニメで二乃を演じるのは竹達彩奈さん、もう期待しかありませんね。もしできることなら二乃の告白シーンまでアニメ化して欲しい、竹達さんのボイスで聞きたい!というファンは多いのではないでしょうか。期待しましょう!

関連記事をご紹介!

『五等分の花嫁』はここが面白い!人気の魅力をネタバレ込みで徹底解説!

ミステリアスでもあるラブコメ漫画!『五等分の花嫁』とは?

『五等分の花嫁』は、2017年8月から『週刊少年マガジン』…

アニメ『五等分の花嫁』声優まとめ!主要キャラを演じるキャスト陣を紹介!

5つ子がヒロイン!?五等分の花嫁とは?
アニメは2019年1月からスタート!
https://twitter.com/in…

関連グッズをご紹介!