【約束のネバーランド】イザベラのその後は死亡なのか?生きている可能性を考察!

食用児達との駆け引きに敗北し、脱獄を許してしまったママ、イザベラ。そんなイザベラ、失敗を責められる描写はあるもののはっきりとした処罰については言及されていません。イザベラは死亡?それとも生きてるの??原作のストーリーを元に、イザベラの安否を徹底考察いたします!!

「ママ・イザベラ」とは?

優しいみんなのママ、でも本当は・・・??

孤児院の子供達を愛情たっぷりに育てる優しいママ「イザベラ」。しかしその正体は鬼達へ食用児を提供する冷酷な飼育監…!!鬼が食用として子供達を「飼育」するこの世界において、高級農園の1つ「GFハウス(グレイス=フィールドハウス)」の優秀な飼育監です。

イザベラも元々はGFハウスの出身者であり、その優秀な成績によって「収穫」されることなく「飼育監」であるママ候補として選出されました。様々な思いから、子供達を少しでも長く、幸せに育て上げようという反面、収穫は冷静に的確に行ってきた…。歴代の飼育監の中でもトップクラスの成績をうちだしています。

脱獄編物語の時点で31歳。「認識番号(マイナンバー)」は「73584」長い黒髪を子供時代はみつあみおさげに、ママとなってからは後ろでまとめシニョンにしています。普段が穏やかで優しいママそのものなだけに、冷酷な飼育監の表情とのギャップがものすごいです…。

関連記事をご紹介!

【約束のネバーランド】レイの母親はイザベラだった!歌の伏線&エピソードまとめ!

レイとイザベラ。哀しい親子の関係!
親子なのに・・・。食用児と飼育官!
https://twitter.com/acecr…

完璧で優秀なママにはかなわない!?

食用児達が脱獄する上で、最大の難関となるイザベラ。特に脱獄計画を考える中心となっていた「ノーマン」との頭脳戦、化かし合いは見ごたえがありました!イザベラは飼育監の中でもトップクラスの実力者。ママになるためにはあらゆる方面において優秀でないといけないため、文武両道に秀でた人物であることは間違いありません。

作中の回想で、小さい「エマ」「ノーマン」「レイ」の3人合同チームチェスの勝負をしている場面がありますが、3人束になってかかってもママにはかないませんでした。もちろんエマ達はまだ幼かったですし、チェスというゲームも人数が増えればそれだけ有利になる、というものではありません。しかしそうはいっても最上級の頭脳を持つ子供3人を同時に相手して余裕の勝利というのはさすがですよね。

実際天才と言われるノーマンも、この時のことを思い出してママの恐ろしさを痛感しています。このママを超えなければ脱獄はない!子供達に未来はないのです!!

イザベラはどうなったのか?死亡?生存?

あるまじき大失態!!イザベラに待つ運命は・・・死・・・!?

と、そんな完璧とも言えるママ、イザベラでしたが、なんと最後の最後で食用児達との戦いに敗れてしまいます…!!ノーマンの出荷も無事成功し、エマも大人しくなり、いよいよ明日はレイの誕生日、そして満期出荷…!!その夜、ハウスで大火事が発生します!

炎の中にいるかと思われたレイはダミー。何とかしてレイの脳だけでも取り出そうと必死になるママを残して、子供達は檻の外へと脱出します。イザベラの予想をはるかに超え、子供達は成長していたのです。

子供達が塀を乗り越えた痕跡の前で、イザベラは潔く負けを認めます。その顔はどこかホッとしたようにも見えました。しかし、これはあるまじき大失態!もちろんその責任を問われ責められますが、イザベラは全て自分の責任だと毅然とした態度を崩しません。そして、これを最後にイザベラは本編に登場しなくなってしまいます…。

ハッキリと描かれていないイザベラのその後・・・。

そうなのです、登場しなくなっただけなのです。はっきりとその後が描かれていない以上、「死亡」と決めつけるわけにもいかない…、そんな状態なのです。例えばイザベラが「排除」した「シスタークローネ」などは、最後胸に吸血植物が刺さり明らかに死亡したであろうと思われる描写があります。イザベラにはこうした描写がいっさいないのです。

というわけで、イザベラのその後はどうなっているのか、生きているの?それとも死んでしまったの?という点をちょっぴり考察してみようと思います。

イザベラが生きている可能性を考察!!

出荷されたと思っていたノーマンが生きていた!

ところで、イザベラ以外にも生死がはっきりしていなかった人物がいましたよね?そう!ノーマンです!出荷が早まり、脱獄の前にハウスを去ったノーマンですが、これは通常であれば食用として「出荷」されたことになります。

当然「死」、となる予定でしたが、出荷時最後のコマでの意味深な表情や「え」というセリフから、ノーマン生存説はファンの間で噂をされていました。そして…、結論から言ってしまうと、やっぱり生きていましたー!!(研究への協力、という形で新農園にてテスト漬けの毎日です。)

生死の曖昧だったキーパーソンが実は生きていた!」の先例をノーマンが作ってくれました。これだけでもイザベラ生存の希望は見えてきたというもの。そもそもノーマンと渡り合う程の頭脳の持ち主です。殺すだけならいつでもできるし、ただ殺してしまうには惜しい逸材ですよね。

鬼側から見て、状況証拠的にもイザベラは反旗をひるがえしたわけではありませんし、子供達への情に流されて脱獄の手助けをしたわけでもありません。(まあ、最後にはほんの少し証拠物を隠滅したりしていますが…)基本的には鬼側の手ゴマのままなわけです。今後利用価値がある、ということで生かしておいた可能性は十分にあると思うのですが…。

関連記事をご紹介!

【ネタバレ】約束のネバーランド「ノーマンからの手紙」のストーリーを徹底解説!

【約束のネバーランド】「ノーマンからの手紙」とは?
大人気漫画「約束のネバーランド」のノベライズ!

現在『週刊少年…

【約束のネバーランド】ノーマンに関する5つの知識!GFハウスきっての天才のすべて

『約束のネバーランド』のノーマンとは?
優しく穏やかなハウス一の天才
https://twitter.com/yakune…

人物紹介で未だにイザベラが載る理由

各単行本の最初には、あらすじとともに人物紹介が掲載されています。現在発行されている【約束のネバーランド】単行本は11巻までですが、イザベラは未だにこの人物紹介にて紹介されているのです。

登場人物も多くなり、スペースにて紹介できる人数も限られてきました。…にも関わらず、脱獄編の後1度も登場していないイザベラが未だにバッチリ紹介されているという事実…!

さらに気になるのは、前章でも紹介したノーマンの場合、出荷後は一時的に人物紹介のイラストにバツ印がついていました。(これにより記者は「アー!ノーマンもしかして本当に死んでしまったの!?!?」と悩んだものです…。)しかしイザベラにはそうしたバツ印も存在しません

農園に残ったフィルたちもイザベラの行方は知らないけれど、実は内部でひっそりと生き続けているのでは…?ということも考えられますよね。いずれにしても現在「ママ」の業務にはついていないようです。

番外編で描かれる、イザベラとクローネの再会

今度は本編ではなく番外編からの考察を試みてみましょう!【約束のネバーランド】にはたくさんのオマケ漫画が存在しますが、イザベラ失脚後のオマケ漫画で、死んでしまったクローネと楽しく(?)お茶会している様子が描かれているのです。

シリアスではなく、完全におもしろおかしく描かれているものではあるものの、すでに死亡が確定しているクローネと再会しているという点で「あの世での再会…??」とも考えられるわけです。そうなるとやはりイザベラは死亡…??

しかしこれも判断が難しい。というのも、クローネさん、中々に個性的な人気キャラクターであり、早い段階で本編退場したにも関わらずけっこういろんな場面でご活躍いただいているのです。ジャンプで行われたキャラ人気投票などでもひと役かってくださいましたし。

そういう感じでの「番外編」と考えたら、決定的な考察対象からは外れてしまうかも…。でも、もしイザベラが死亡していたとして、こんなふうにクローネと愚痴大会を開催していたら…、ちょっと微笑ましいですね!

イザベラの生死は謎のまま・・・。今後重要な場面で登場する可能性もある・・・!?

いかがでしたか?イザベラは死亡か、それとも生存か??決定的な答えはでないままでしたが、皆さまはどちらだと思われますか?あえて謎のまま残しているという状況から、今後重要な場面で登場するということも考えられますよね…。あ、でもノーマンが生存していたことで、そうした考えに傾きつつある読者の裏をついて、実は死亡…ということも…!?うーん、難しいですね!

ともあれ、現在の段階では生死不明のイザベラです。わざと曖昧な表現をしているのですから、生存であれ死亡であれ、今後何らかの大きなイベントに関わってくるのでは?と記者は勝手に考えます。楽しみですね!

関連記事をご紹介!

【ネタバレ】約束のネバーランド「GFハウス脱獄編」のストーリーを徹底解説!幸せの楽園で始まる自由への戦い!

『約束のネバーランド』のGFハウス脱獄編を解説!

『約束のネバーランド』は、原作・白井カイウ先生、漫画・出水ぽすか先…

【約束のネバーランド】ノーマンとの再会はいつになる?原作エピソードに沿って徹底考察!

【約束のネバーランド】ノーマンとは?
明晰な頭脳を持つ天才、「ノーマン」‼
https://twitter.com/Koz…

関連グッズをご紹介!