『クロ月』の公式エピソードを紹介!師弟関係になったワケとは・・・?

ハイキューの登場人物である音駒高校の黒尾鉄朗と烏野高校の月島蛍!師弟関係の二人の公式エピソード満載!黒尾に出会って月島のバレーへの思いが変わる・・・?二人の師弟っぷりを徹底紹介!

『クロ月』とは?

黒尾鉄朗×月島蛍の師弟コンビ!

ハイキューの登場キャラクターであるクロこと黒尾鉄朗ツッキーこと月島蛍カップリングです。黒尾鉄朗は音駒高校バレー部の主将を務める3年生です。スパイクもレシーブも評価の高い選手でリードブロックの名手として名前が挙がるほどの実力を持った都内屈指のミドルブロッカーです。

性格に関しては責任感が強くチームをしっかりまとめていてチームメイトからの信頼も厚いです。月島にも他のチームであるのにも関わらずブロックの仕方などを教えたりと面倒見が良いです。それから、人をからかったりするのも好きでお茶目な一面があります。

月島はハイキューの主人公である日向翔陽と同じ烏野高校バレー部に所属している1年生黒尾と同じポジションでミドルブロッカーです。その場の状況などをしっかり把握して分析すすることができてチームの中でも冷静な判断ができる選手です。黒尾にブロックの仕方を習ってからは巧みな駆け引きとリードブロックでトータルディフェンスの司令塔として活躍していきます

『クロ月』エピソード1:二人の初めての絡み!

ハイキューアニメ1期13話「好敵手」

ハイキュー!! 4 (ジャンプコミックス)

黒尾と月島が初めて出会ったのがアニメ1期13話の「好敵手」です。烏野高校はもっとレベルを上げるために練習試合をすることになります。その練習相手が黒尾率いる東京都の強豪である音駒高校です。

烏野高校と音駒高校は因縁の関係であり烏野高校と音駒高校の戦いを「ゴミ捨て場の決戦」と言われています。

この時の練習試合では多くは絡んでいませんが、二人の初めての出会いになります。ですがこの2校は相手でもありますがアドバイスを出し合ったりと良きライバルのような関係を持っていますのでこれから絡みが増えることは間違いない終わり方でした。

『クロ月』エピソード2:東京遠征の時に月島を練習に誘うクロ!

ハイキューアニメ2期7話「月の出」

烏野高校はもっと強くなるために東京遠征に行くことになります。その東京遠征には音駒高校はもちろん烏野や音駒の他にも全国トップ5のエーススパイカーである木兎光太郎率いる梟谷学園高校バレー部なども参加しています。この東京遠征が黒尾と月島の二度目の絡みでここで二人はがっつり絡むことになります。

黒尾が梟谷学園の木兎と赤葦と自主練しているときに通りかかった月島を練習に誘います。誘われた月島は最初は乗り気がせずに断ろうとしますが黒尾が月島を煽って煽られた月島は練習に参加することになります。いやいや参加した月島ですがこの練習に参加したことで月島は大きく成長することになります。

月島は同じチームの同じポジションの日向に自分は勝てないと思っており、それに気づいた黒尾は次の日も月島を練習に誘います。そして黒尾は月島にブロックの仕方だったりバレーのことを教えていきます。

『クロ月』エピソード3:クロや木兎にバレーの楽しさを聞く月島!

ハイキューアニメ2期8話「幻覚ヒーロー」

月島は黒尾や木兎と赤葦などと自主練を一緒にしている中で自分の思いを打ち明けてバレーはただの部活なのになんでそこまで頑張れるのか、何が楽しいのか?と聞きます。

その時に黒尾も一緒にいますが木兎の方がバレーが下手だからではないかと言います。自分も最初はバレーが下手でうまくいかなくて全然楽しくなかった。だから死ぬほど練習してアタックが決まるようになってきてアタックが決まってくるようになるとすごく楽しくなったと月島に教えます。

その話を聞いてから月島は今までただの部活だと思ってしていたバレーにより一層真剣に向き合うことになります。その姿を見てクロも月島にブロックの基本などを徹底的に教えます

月島は熱心に教えてくれる黒尾になんで相手なのにそこまで教えてくれるのか尋ねてその時に黒尾はゴミ捨て場の決戦を実現させたいと言ってますがもしかするとこの時点で月島のことを弟子のように思っているかもしれませんね。

『クロ月』エピソード4:自主練で同じチームになる二人!

ハイキューアニメ2期「vs傘」

アニメ2期の「vs傘」ではいつものように黒尾や木兎、赤葦と自主練をする月島ですが、今回はいつものメンバーに加えて月島と同じチームの日向と黒尾の後輩であるリエーフも混ざって3vs3の実戦形式で練習することになります。

その時ももちろんリエーフは後輩ですので黒尾に教わっていますが、黒尾はリエーフだけに教えるのではなくて月島にも自分の知っている知識や技術などを教えていきます。普段はやる気のない言動が多い月島ですが、黒尾に教わっているときは真剣に取り組んでいました

リエーフは音駒の後輩でもあるし面倒みるのは当然ですがそれと同じくらいに月島にもよくしています。まるで弟の面倒を見る兄のようです。それから最初は眼鏡くん呼びでしたがツッキー呼びに変わっていきます。月島はあのような性格なのであまり乗り気ではない感じでしたがツッキー呼びに変わったのはどちらに関しても言えますが少なからず心を開いた証拠でしょう。

『クロ月』エピソード5:師弟対決が再び!

ハイキュー漫画320話「師弟・2」

ハイキュー漫画320話「師弟・2」では良きライバル関係である烏野高校vs音駒高校の試合が行われることになります。この試合はとても見どころの多い試合でハイキューファンからすればとても興奮する試合でした。

最初から興奮する展開で第1セットから月島vs黒尾という師弟対決が行われることになります。それから西谷vs夜久という天才リベロ代決が行われて「師弟・2」では再び黒尾と月島が前線に立ち二人のブロック対決が行われます。

月島が最高のブロックをすれば黒尾はおちろん全国レベルの実力ですのでそれに負けじとブロックで魅せるといったようにこの試合では圧倒的にレベルが高いブロック対決が繰り広げられます。そして最終的に月島と黒尾がボールを押し合う形になりましたが黒尾が勝ち越します。

そして黒尾は月島に「ツッキーあんま頑張んないで!ラリー長引くと疲れるでしょ!」と言ってそれに対して月島は「黒尾さんが頑張んなきゃすぐ終わるんじゃないんですか!」と言い返します。師弟関係ということもありながらあまり自分の弱みを見せようとせず負けず嫌いな性格が似ていますね。

それから試合では激しいラリーが続く中、両チーム支えとなっているのがブロックの要である月島と黒尾です。二人とも疲れはきていますがそれでもひたすらにレベルの高いブロック戦を続けます。黒尾にブロックを教わって月島はここまでブロック力を上げることができました。

ですが、月島にブロックを教えた黒尾は自分の教えたことが本当に正しいのか不安に思っている部分もあったようでこの試合の時に月島に「ツッキーの「徹底ネチネチブロック」にさ皆が腹立つわけじゃん?そんでさ「良かった間違ってなかった」って思ったんだよね」と言います。

月島は黒尾に教わったブロック力で優勝候補校であった牛若率いる白鳥沢学園高校との試合やこれまでの試合で勝利に大きく貢献してきました。今回の試合で黒尾は弟子である月島と戦ってみて自分が教えたことは間違ってなかったと確信したようです。この回では黒尾の器の大きさやしっかりとした技術を教えてくれる先輩であり師ということがわかりました。

試合を続けていく中で月島はやはりネット際以外のトータル力では黒尾に勝てないと感じてしまいます。ですが負けず嫌いな月島がそこで諦めるわけもなく諦めるどころか今も変わらず黒尾への恩を持ち黒尾に音駒に勝つために全力を尽くしネット際の勝負で月島が勝ちます

その時に月島は満面の笑みを見せます。月島はあまり感情を表に出さないので笑うだけでも珍しいのにこの時は最高の満面の笑みを見せます。最初はバレーはただの部活で頑張る意味も分からず何が楽しいのかも分からないと言っていた月島ですが黒尾と出会い黒尾に教わり今では確実にバレーが好きでバレーを楽しんでます

黒尾と月島の師弟の絆が見られる最高の回でした。

お互いを高め合う師弟関係の二人!

黒尾と月島はお互いに高め合うことのできる最高の師弟関係です。二人は師弟関係でありますが、それに加えて一人のバレー選手です。そして二人は同じチームではないので試合になれば相手になる存在です。ですので師は黒尾ですが、月島が成長することによって月島と戦うことで黒尾にとっても良い刺激になることは間違いないでしょう

コートに立てば試合が始まれば相手としてライバルとして師弟としてどちらも全力を尽くして戦いますが、試合ではなくて普段の時は黒尾が月島に話しかけたり何かと月島を気にしていたりととても良い関係です。

ハイキュー!! 34 (ジャンプコミックス)

月島が満面の笑みを見せることなんて今まで絶対になかったのにこの試合で満面の笑みを見せた月島ですが、これはもちろんポイントを取った嬉しさもあると思いますがこの時も師である黒尾の言葉などを思い出しながら戦っていましたので黒尾と戦えていることの嬉しさもあるように感じました

これからも音駒高校と烏野高校の活躍と共に黒尾と月島の活躍に期待しましょう。

関連グッズをご紹介!