【ポケモン】サトシの声優!松本梨香について知る7つのエピソード!

知らない人はいないといっても過言ではないほどの国民的作品「ポケットモンスター」。その主人公といえばサトシ!そしてサトシの声優として有名なのが松本梨香です。そんな松本梨香に関するエピソードを紹介したいと思います!

サトシを演じる松本梨香とは?

「ポケットモンスター」でサトシを演じるのは松本梨香です。ちなみに「ポケットモンスター」は、ゲーム「ポケットモンスターシリーズ」を原作としたテレビアニメで、本編は1997年から2002年まで放送されていました。

松本梨香は1968年11月30日生まれ、神奈川県出身です。元々サンミュージックプロダクションに20年間所属していましたが後にフリーになり、2018年5月に「株式会社Matsurica(マツリカ)」を設立し社長となりました。

趣味は旅行、温泉巡り、特技は日本舞踊、絵を描くこと、バレーボールやスキー、水泳なども得意でアウトドア派自他共に認める姉御肌で、まっすぐな性格です。また、代々木アニメーション学院声優タレント科特別講師もやっています!

エピソード1:松本梨香は結婚している?

かっこよくて素敵な女性の松本梨香ですが、2018年現在はまだ結婚していないようです。結婚していなことに関しても割とあっけらかんとブログで公開していて、結婚したのかよく聞かれるが「梨香、芸と結婚したみたいな(笑)」と言っていました。

バラエティの替え歌大会に出演した際には、「彼氏に男と付き合ってるみたいと言われる」「花柄のスカートが履けない」等の自虐的な歌詞で歌っていました。長年サトシを演じていたり少年声をやっていることで、私生活では女性らしさを出しにくくなっているようです。

むしろ、自ら男役になりきるために女性らしくない生活を心がけていることもあるようで、やっぱり芸一筋なことがわかります。しかしブログにはお相手がいればというようなニュアンスも含まれているようなので、いい出会いがあれば結婚という報道が出る日もそう遠くはないかもしれません!

エピソード2:松本梨香にドクターストップが!?

松本梨香は元々大衆演劇の座長を務めている父の影響で舞台役者になることを夢見ていました。しかし舞台での活動中、19歳の時に大病を患い倒れてしまったんです。発見が遅ければ命も危なかったほど状況が悪く、公演中の舞台もやむなく降板となりました。

また、病気で倒れた直前に松本梨香は兄を亡くしていました病気そのものは完治したそうですが、兄のことによるショック、また再発を懸念ドクターストップがかかって舞台に立つことができなくなってしまいました。病院にいる時は早く退院したいという気持ちでいっぱいだったそうです。

そんな中養成所の同期だった山寺宏一さんがお見舞いに来てくれたそうです。「初めてレビュラーが決まったアニメが放送されるから見て欲しい」と。舞台一筋だった松本梨香が初めて「声」の仕事を知ったきっかけがこの出来事だったそうです。

エピソード3:声優デビューはおそ松くん!

前述の山寺宏一の後押しにより、松本梨香は退院後立っているのもギリギリというような体調でも事務所に向かいました。そこで「おそ松くん」のオーディションの現場に行くというマネージャーに「私もやりたい」と言い、初めて松本梨香が「声」の現場に行くことになったのです。

アニメの現場は松本梨香にとってとても新鮮だったそうです。そこでのオーディションで、松本梨香はオーディション用台本のオチが気に食わず自分で書き換え舞台と同じようにアドリブを入れて演じたことで「面白い」と印象を与え見事にオーデションに合格しました!

そして声優デビューとなったのが「おそ松くん」のチョロ松役だったんです!サトシのイメージが強い松本梨香なので「おそ松くん」に出演していたということを知らない人も多いかもしれませんね。

エピソード4:サトシ以外の出演作を確認!

「絶対無敵ライジンオー」の日向仁

第46話 タイダー地球人になる

「絶対無敵ライジンオー」1991年4月から放送されていたアニメです。サンライズによるロボットアニメ「エルドランシリーズ」の第1作目。松本梨香はこの作品の主人公・日向仁を演じていました。

日向仁は、ツンツン頭で黄色いタンクトップに赤い短パン、横縞の靴下とスニーカーといういかにも元気な少年な見た目が特徴です。クラスのガキ大将で、元気だけが取り柄なお調子者。しかし正義感は人一倍強いリーダー的な存在でもあります。

「伝説の勇者ダ・カーン」の高杉星史

「伝説の勇者ダ・カーン」1992年2月から放送されていたアニメです。こちらもサンライズによるSFロボットアニメ「勇者シリーズ」の第3作品目でした。松本梨香はこの作品の主人公・高杉星史を演じていました。

高杉星史は緑ヶ浜小学校の5年生明るく陽気、熱血的な性格で、好きなものは可愛い女の子というようなお調子者です。幼稚園児の頃はかなり性格が悪かった様子。勇者の隊長に選ばれ、だんだんと戦うことの重要さを知って使命感に目覚めていきます

「あずきちゃん」の児玉翠

「あずきちゃん」は1995年4月から放送されていたアニメです。原作は秋元康、作画が木村千歌による漫画です。松本梨香は主人公・あずきちゃんの同級生かつ親友である児玉翠を演じていました。

児玉翠は小学生でありながら、同級生の保護者兼姉御役をしているような気の強いキャラクターです。身長が平均より高く三つ編みがトレードマーク頑固でいじっぱり男嫌いといった性格で問題を起こすこともしばしばあるようです。

少年声のイメージが強い松本梨香の女の子らしい声を聞くことができる数少ないキャラクターです。また、スカートを履くのを嫌がったり、時々ダジャレを言うなど松本梨香本人に少し似ているところがあるような気もしました!

エピソード5:松本梨香が歌う「めざせポケモンマスター」は大人気曲!

めざせポケモンマスター -20th Anniversary-(初回生産限定盤)

「ポケットモンスター」といえば「めざせポケモンマスター」が人気ですよね!もちろんこの曲を歌っているのは松本梨香です。松本梨香としては4枚目のシングルで、アニメソングとしては異例の200万枚近く売上を記録しています!

これ以外にも歌手として積極的に活動していて、ソロでは女性初で仮面ライダーシリーズの主題歌を担当したことでも有名です。バンド「Tricycle(トライシクル)」のボーカルも務めていました。

また「JAM Project(ジャム・プロジェクト)」というアニメソング歌手グループとしても活動していましたが2008年で活動休止宣言をしています。舞台経験もあるため歌声に芯があり聴きやすく、歌詞がスッと入ってくるなどの特徴があります!

エピソード6:サトシの声優は松本梨香から変わっている? いない?

イッシュ地方へ!ゼクロムの影!!

「ポケットモンスター」は今年で21年目になる長い歴史あるアニメですが、その中で松本梨香は一度もサトシ役を離れたことはありません!しかし、途中から少し声が変わったのでは?という声がちらほら聞かれます。

というのも、サトシ役を始めたばかりの頃はまだ20代。その頃はイケボというより男の子らしい声をしていました。そこからだんだんと少年声にかっこよさが加わっていった感じです。なんとサトシ役を演じ続けていたことで喉仏ができたそうですよ。

そして今は40代声優といえども人間なので20年も経てば多少声色は変わりますよね。「ポケットモンスター サン&ムーン」が始まったあたりから少し声が変わっているとわかるみたいです。しかしその分演技に深みが出ているような気がします!

エピソード7:松本梨香はポケモン愛が強い!

20年以上サトシを演じている松本梨香。やはり期間が長い分それ相応に愛も深いようです。ちなみに、松本梨香が一番好きなポケモンは「ロコン」で、彼氏にするなら「フシギダネ」と語っていました!

また、20年サトシを演じていて大変なことはなかったのかという質問には、サトシをやる上では「作り込んで芝居をやらなきゃ!」というのがなくスッと役に入れて自然に演じられていると答えていました。サトシは自分の分身のような気持ちみたいです。

最新作「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」の舞台挨拶では、エンディングテーマを歌う林明日香のサプライズ生歌唱を聞いて、20年の色々なことを思い出したようで大号泣。ピカチュウにも「共同体だもんな!」と抱きついていました!

これからも松本梨香を応援したい!

松本梨香について様々なエピソードを紹介してきましたがいかがでしたか?過去に辛い経験があったことや、サトシ以外の出演作など知らない情報も多かったのではないでしょうか。20年も同じキャラクターを演じられることはすごいことですよね!

キャリアが長く様々な経験をしているからこそ、今の松本梨香があり、サトシを演じる上でも沢山の思いがあるのだと思います。今や子供から大人まで見るようになった国民的作品「ポケットモンスター」を支える一員として応援したいです!

関連記事をご紹介!

劇場版ポケットモンスター キミにきめた!が大人から子供まで楽しめる傑作である5つの理由

懐かしく新しい!「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」とははてなブログに投稿しました #はてなブログ #ポケモン劇場版ポ…

ピカチュウの体重を支えるサトシが怪力と話題に!実際の重さで検証してみる

サトシとは出典:http://matome.naver.jpサトシの一番最初のポケモンであり一番のパートナー。タイプは電気。本…

公式アイテムをご紹介!