【まどマギ】鹿目まどかのかわいいポイントBEST10!アニメを見返したくなる部分を全力で紹介!

『魔法少女まどか☆マギカ』の主人公”鹿目まどか”はごくごく普通で、どこにでもいるような女の子ですが、実はそんな事はないのです!まどかがどこにでもる少女だとしたら、こんなに可愛いわけがない!まどかファンがオススメしたい、可愛いポイントTOP10どうぞごらんください!

【魔法少女まどか☆マギカ】“鹿目まどか”はどこにでもいる普通の女の子

 

家族や友達が大好きで、ちょっとおっとりした中学2年生の“鹿目まどか”が主人公として描かれた【魔法少女まどか☆マギカ】は長年に渡り愛される作品ですね!なんといっても、主人公…の、はずなのに“魔法少女”には変身しない謎には、タイトル詐欺なんじゃないか!?と、アニメを視聴している時にヤキモキしました(笑)

主人公のまどかが…あまりにも“普通”すぎて、本当にまどかは主人公なのだろうか…?と、疑いもしましたがアニメ・劇場版どちらも通して見ると、やっぱり主人公はまどかだ!と、行き着きつくんですよね…!今回は、個人的に『可愛い!』と感じるまどかの魅力TOP10を紹介!どこにでもいる普通の女の子…ですが、たまに癖が強かったりもして…!?

鹿目まどかの可愛いポイント1:黄色かピンクのリボンを選ぶ時の表情!

お母さんと隣合わせで朝の身支度、親子関係も良好すぎ!

まどかのトレードマークと言えばピンクのリボン!このリボン、黄色のものにするかピンクのものにするか悩んだ際に、ママの詢子さんが選んだものですが、とっても似合ってますよね!まどかの髪の毛自体が薄いピンクですが、リボンの濃いめのピンクと相まって、まどかを象徴するアイテムの1つになっているのが、アニメ最終話や叛逆の物語からも分かります。

そして、可愛いポイントはそこだけではありません!並んで朝の身支度をしている詢子さんと、まどか!バリキャリで忙しい詢子さんが、娘とコミュニケーションを取る大事なシーンでは『最近どうなの?』とまどかを心配したりも。

詢子さんとのやり取りで、友人の前では見えない“子供”としてのまどかの表情が、とってもかわいいし、なんでも相談出来る親子関係に憧れたりもしますね~!

鹿目まどかの可愛いポイント2:意外な一面!?チラ見えする強気なまどか

「クラスのみんなには、内緒だよっ!」

ほむらの回想の中での“魔法少女”としてのまどか…この時のまどかは、マミさんとペアを組み、芸術家の魔女と交戦していました。ネガティブな心境から魔女の結界へと入り込んでしまったほむらが初めて魔女を見て、魔法少女の存在を知ったシーン。

本編のまどかとは違い、この時間軸のまどかは目が自信に満ちているように感じたのですが、いかがでしょう?この時既に、魔法少女となって1週間ほど経過した頃だったようですが、魔女の脅威から人々を救える事が、まどかの自信に繋がったのかな~と思うようなシーン。

ほむらのピンチに駆けつけ、魔女に弓を射る魔法少女まどか可愛いし、かっこいい!こういった変身物アニメだと、変身後の姿も明らかに誰か分かるのに終盤に入って初めて『○○の正体があなただったなんて…!』と、いう展開がお約束ですが、魔法少女としての姿をほむらに見られたまどかの『クラスのみんなには、内緒だよっ!』というセリフが、妙に心地よいというか、一撃で魔女を倒すまどかの姿が凛々しいというか…ちょっとしたシーンですが、魅力を感じます!

鹿目まどかの可愛いポイント3:マミさんに話しを進められて焦るまどか

「ケ、ケーキ?ふぇ、私、ケーキで魔法少女に?」

“もうなにも怖くない”からのマミられてしまったシーンが衝撃的だったアニメ3話…いや~本当に衝撃的でしたね、衝撃というかトラウマというか…。1人で戦い続けるマミさんに、憧れ魔法少女となる決意をしたまどかでしたが、なりたいというだけで契約の際に叶えられる願いを決められない状態。

普通だったら、叶えたい願いがあるから魔法少女の契約をする…というのが一連の流れかと思いますが、願いがない・浮かばないなんて…まどかって本当に幸せなんだな~としみじみしてしまいます。そこで見かねたマミさんが、お菓子の魔女を倒すまでに願いが決まらない場合は、キュゥべえに大きなケーキを頼むのと引き換えに契約をしたらどうかと提案するのです。

まどかも流石にケーキで契約は…と、感じたのか焦ります(笑)この時の『ふぇ』がたまらなく良いんですよね…リアルに『ふぇ』なんていう女の子は打って飛ばしたくなりますが、まどかならもうなんでもいいです。可愛い…。そして、まだ魔法少女になってもいないのに、コンビを組んだ流れでグイグイ押してくるマミさんも可愛いですね(笑)マミさんって中々強引なんだな~。

鹿目まどかの可愛いポイント4:女の子の理想形?眠る時はぬいぐるみを抱っこ!

「夢オチ?」

普通に普通の寝起きですが…やっぱり可愛い子の寝起きは一味違うな~!と感じた、まどかの寝起きシーン。ひとり戦うほむらとキュゥべえに会い、ハッとして“夢落ち”だと気づきますが、その時の様子はピンク色のウサギだと思われるぬいぐるみをギュッとしたパジャマ姿のまどか…!

二次元って最高だな~!?そう思う瞬間ではないでしょうか!起きた時にウサギのぬいぐるみを抱っこしているということは、まどかは寝ている最中もぬいぐるみを抱っこしているというわけで…これだけで延々と、まどかの可愛さを語る事が出来ちゃう!

そして、まどかのベッド周りに着目してみると…たくさんのぬいぐるみに枕はフリルつき布団カバーはハート柄と、これでもか!ってほどに“女の子”なんですよね、狙わずしてこんなにも可愛いを魅せることが出来るなんてちょっと羨ましいです(笑)

鹿目まどかの可愛いポイント5:狙っているの?まどかの謎の笑い方が気になる!

「ウェヒヒヒヒ」

まどかに1つ残念可愛いところがあるとすれば…それは笑い方なのかもしれません…。“まどか 笑い方”と検索すると表示される『ウェヒヒヒヒ』という結果が全てを物語っている通り、まどかの笑い方はちょっと…いいえ、かなり変なんです。もちろんいい意味で。作中で、そこまで大笑いする事はありませんでしたが、時折控えめに笑うとき…よく聞いてみるとたしかに「ウェヒヒヒヒ」って言っているんですよね…ウェヒヒヒヒ…。

しかし、調べてみるとまどかの笑い声というよりも、演じている悠木碧さん自身の笑い方としても浸透しているようで、本来ならば『えへへ』とか『あはは』とか…そういった感じのセリフだったのかもしれませんね…!?ウェヒヒヒヒネタはファンだけではなく悠木碧さん本人も使用していたりもして、もはや公式ネタと言っても良いレベル。

もし、気づかなかった!という方がいましたら、是非…聞いてみてください。妙な中毒性がありますよ!ウェヒヒヒヒ。

鹿目まどかの可愛いポイント6:ラブレターを欲しがるまどかの声の抑揚が最高

「私も一通くらいもらってみたいな、ラブレター」

本作では“どこにでもいる普通の女の子”と称されるまどかですが、この可愛さはどこにでもいるレベルじゃないですよ!これが普通ってどれだけレベルが高いんですか見滝原市は!?まどか・さやか・ひとみの仲良し3人組の会話の中でモテモテラブレター美少女“ひとみ”を羨ましがり『一通くらいもらってみたい』と、悩ましい姿のまどか。

一通くらい!?!?二十通くらいもらってそうですけれどね!?!?まどか・さやか・ひとみが並んでいて…もし私がラブレターを渡すのであれば間違いなく、まどかに渡しますが…見滝原中学校の中では、まどかは中の下レベルなんでしょうか…?まさかそんな…。

このとき、ラブレターを今月に入り2通ももらっている友人に憧れるまどかの様子がめちゃくちゃ可愛いって事に気づいた人は多いハズ!この可愛さを知らず、ラブレターをよこさない男子たちは一体どこに目をつけているのやら…どう考えてもまどかは“どこにでもいる普通の女の子”以上の魅力を感じます…!

鹿目まどかの可愛いポイント7:契約より先に魔法少女衣装を考えるまどかに萌える

OPの映像ではドジっ子魔法少女のまどかも!

魔法少女達の衣装って、変身前に希望のデザインを聞いていたりするんでしょうか?どの魔法少女の子達も、個性的で可愛らしい衣装なのでちょっと気になりますよね!杏子ちゃんの衣装なんて、お父さんをイメージしているような雰囲気ですし…!

まどかの衣装はというと…絶対パンツ見えない仕様のデザイン。色合いからショートケーキを連想するようなフンワリとした衣装ですが、キュゥべえとの契約以前にノートに描いていた“憧れの魔法少女”の姿と一致しているんです。願い事を決めるよりも先に、衣装を考えちゃうなんて…しかも、その考えた衣装が可愛すぎるなんて…。

OPでは、魔法少女になったまどかが起こすハプニングが描かれ、風船のように膨らんでみたり、なんらかの魔物を召喚したり箒を使用して飛ぼうと試みたり、女王様のようになってみたりと忙しいのが分かります…。ドジっ子最高!歌詞の切なさとは裏腹に、まどかのNG集のような映像、和みますね~。

鹿目まどかの可愛いポイント8:詢子さんへ「行ってらっしゃい」のハイタッチ

タツヤ→パパ→自分への順番を目で追ってタイミングを見計らうまどか可愛いよぉ…

何気ない鹿目家の朝食風景なんですが…ものすごく尊く感じます。まどかも可愛いし、パパの作る朝食は美味しそうだし、タツヤくんも可愛いし、詢子さんは気合十分だし『家族』って良いな~と、幸せな気分になれるワンシーン。そんな時間に終わりを告げるのが“いってらっしゃい”の瞬間なんですが…ここでも尊さが溢れ出てる~!

一番最初に家を出る詢子さんが、まずはタツヤくんにキス→パパにキス→そして、まどかとはハイタッチ!こんな素敵な朝の送り出しあります~!?!?!?家族全員の絆の深さが伺えますね~。ここでのまどか可愛いポイントは、ママの詢子さんの動きを目で追いつつハイタッチのタイミングを伺うところですね。

毎朝の日課なのか、母娘のタイミングはバッチリで詢子さんも気持ちよく家を出ていきます。よくある「いってらっしゃいのキス」家族バージョン、良いですね~!忙しい朝を、余裕をもって過ごす鹿目家良い感じです。

鹿目まどかの可愛いポイント9:もはや絶滅危惧種!パンをかじりながら登校

パクっとパンを口に頬張るシーンは何度見てもいいですね

詢子さんを見送って、朝の8時前…続いてはまどかの登校時間。ラブコメなんかでありがちな、投稿途中にパンをくわえた女の子とぶつかる…シチュエーションを狙っているのか…は、分かりませんが急いで家を出たまどかが、食パンをモサモサかじり最後はパクっと一口で食べるシーンに注目してみました。

ここでの可愛いポイントは、パンをかじりながら登校するのはもちろん、最後の一口を食べ終えた瞬間の笑顔!この後、転校生のほむらに「自分の人生が尊いと思う?家族や友達を大切にしてる?」と尋ねられるわけですが…まどかの最高の笑顔を見て分かる通り、ほんとに今の生活が幸せで、家族や友人が大切なんだんだな~と、伝わりました。

実際にパンをかじり登校したりしたら、確実にネタにされてしまいそうですがまどかなら許される、可愛いはやはり最強なんです!

鹿目まどかの可愛いポイント10:最後まで希望を信じるアルティメットまどか

「希望を抱くのが間違いだなんて言われたら、私 そんなのは違うって何度でもそう言い返せます。きっといつまでも言い張れます。」

アニメ最終話(12話)の予告の際に使用されたまどかのセリフが…やっぱり数あるまどかの可愛さとセリフの中でも比べられない良さがあります!最後まで変身しない“魔法少女”のまどかですが、先輩を失い友人たちを失って最後に導き出した答えに、リアルタイムで見ていたときは、恥ずかしながら泣いてしまいました。

絶望によって魔女となってしまう運命にあった魔法少女たちを救う“神様”のような存在となったまどかの神々しいまでに輝きを放っていました…!もはや、可愛いという次元ではないのでは?と、ツッコミを受けてしまいそうですが外見ではなく純粋に希望を信じる姿に心を打たれました…まさにアルティメット。

魔法少女の時の衣装はショートケーキのようなフンワリとしたものでしたがアルティメットまどかになると、まるでウェディングドレスのように純白だったのも印象深いですね…思い出すと、何度でも見直したくなります…!

普通なんだけれど普通じゃない、まどかの魅力はまだまだたくさんある!

紹介したまどかの可愛いポイントは、全体を通してみるとほんの一部で、視点を変えて見ると、まだまだまだたくさん“可愛いポイント”は存在します!私も、いちまどかファンとして、何度も繰り返しアニメを視聴して今後も可愛いポイントを発見し続ける事に努めたい次第です。

今回は、まどか単体での可愛さ紹介でしたが…まどかとほむらちゃん・まどかとさやか・まどかとマミさん・まどかと杏子ちゃんなどなど…こうした視点で楽しむのも良いですよね…。アニメ・映画・アプリと無限大に広がるまどか可愛い派の同士が増える事を祈って、締めたいと思います!まどマギファン…まどかファンが増えることを祈って…!