【ゴールデンカムイ】鶴見中尉は過去にロシアで妻と過ごしていた!?素顔と本名が判明!

異様な外見と一見紳士的にも思える態度、それに相反するような猟奇性…。そんな謎多き人物・鶴見中尉の過去がついに明らかに!なんと鶴見は金塊争奪戦の大元とも言える人物・ウイルクとつながりがあった?!今回は鶴見の過去に焦点をあててご紹介します。

『ゴールデンカムイ』鶴見中尉(つるみ ちゅうい)とは

ゴールデンカムイ 13 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

大きな額あて、そして顔の半分を覆っている大きな傷が特徴の鶴見は、陸軍最強ともうたわれた第七師団の中尉!大きな額あては頭蓋骨損傷の傷を保護するためのもの。このため、興奮した際等に髄液が漏れ出てしまうことも。

また、頭蓋骨を損傷した際に前頭葉が少し欠けてしまっているのだとか。このため、カッとなりやすく残忍行為を平然と行う場面も多々見られます。妖しくて残酷な鶴見ですが、にじみ出るカリスマ性から鶴見の部下は優秀な人材が集まります。

鯉登音之進(こいと おとのしん)と月島基(つきしま はじめ)を筆頭に、鶴見の命令に絶対服従、そして鶴見のためなら命を懸けても惜しくないという覚悟を持った人材が集まる鶴見の部隊はまさに最強なのです!

鶴見が金塊を追う理由とは

杉本・土方らと対立し、鶴見もまたアイヌの金塊を追う勢力の一つです。鶴見が金塊を追う理由は北海道に軍事政権を作るという野望のため。

その理由は、戦争で死んでいった仲間への餞なのだとか。北海道を武器を生産する拠点とすることで長期的な雇用を生み出し、残された家族が暮らすための生活に基盤を作る…

「ロシアから賠償金もとれず 元屯田兵の手元に残ったものはやせた土地だけ。我々の戦争はまだ終わっていない」

「情報将校」である鶴見は203高地攻略が無謀な作戦だとわかっていました。しかし、上からの命令には逆らうことはできません。そして死んだ仲間を弾避けにしながら作戦を完遂します。残忍なイメージが先行する鶴見ですが、亡き戦友への思いを背負い戦っているのです。

関連記事をご紹介!

【ゴールデンカムイ】鶴見中尉のカリスマ性を大解析!最凶の怪人に隠された秘密とは?

鶴見中尉を紹介!暗躍の目的は国家への反逆?本日(12/8)発売のヤングジャンプ新年2号、『ゴールデンカムイ』第101話掲載中で…

本誌で鶴見中尉の過去が明らかに!

謎多き鶴見の過去が、ついに本誌で明らかになりました!鶴見はかつて「長谷川幸一」と名乗りロシアのヴラジヴォストクにて写真屋を営んでいたのです。偽名を使っていたのは、鶴見が日本軍のスパイとして潜入していたため。

もちろんロシア語はペラペラ!写真屋を営んでいるのもロシアの街を撮影しても怪しまれないためでしょうか…?毎日のように小高い丘にカメラを持ち込みレンズを覗くさまは、街の様子を偵察しているようにも見えます。

その後、日本に帰った鶴見は陸軍中尉…優秀過ぎる鶴見のスペックに驚きですね!鰊御殿ではさりげなくピアノを弾いたりと育ちの良さも垣間見せる鶴見…生まれながらにしてのエリートなのかも?!

鶴見中尉の素顔公開!なかなかのナイスガイ

大きな額あてと痛々しい傷跡により、異様で妖しげな印象の鶴見。頭蓋骨を損傷した奉天会戦の前の鶴見も、ひげを蓄え厳かな雰囲気でした。

しかし、ロシアで生活をしている鶴見は丸メガネに穏やかな表情の好青年!髪型もスッキリと刈り上げられており髭も蓄えていなく、かなり爽やかな印象です。性格も穏やかでまるで別人…。目つきも優しく、今の鶴見と比べても同一人物とは思えません!

若いころは柔和で優しく、そして歳を重ねて渋くてかっこよくなる…鶴見は理想ともいえる歳の重ね方をしているかも?!髭を蓄え渋くてカッコイイ鶴見も、若いころの爽やかな鶴見もどちらも素敵ですね!現在の鶴見は、残酷でカッとなりやすいのが玉に瑕ですが…ミステリアスが魅力かも?!

今日のおすすめ記事