【進撃の巨人】ジーク・イェーガーは裏切り者?味方か怪しい男を知る5つの情報!

『進撃の巨人』のジークは、調査兵団をほぼ壊滅状態に追い込んだ「獣の巨人」の保有者です。ライナーたち「戦士」の長である戦士長にして、リヴァイすら凌ぐとさえ言われた実力の持ち主。この記事ではそんなジークの魅力や過去、そして単行本27巻現在の立場について紹介します。単行本27巻までのネタバレ注意!

『進撃の巨人』のジーク・イェーガーとは?

『進撃の巨人』のジーク・イェーガーとは、「喋る巨人」として多くの読者に衝撃を与えた「獣の巨人」の保有者。2019年4月から始まるアニメSeason3の後半では、エレン達の前に立ちはだかる強大な敵として登場します。

ウォール・マリア奪還作戦時点では25歳、単行本27巻時点では29歳だと推定されているジークは、普段はメガネをかけ髭を生やした男性です。マーレの戦士長であり調査兵団を散々殺してきた彼は、しかし一口にエレン達の敵ともいえない存在になってきました。この記事ではそんなジークの魅力に迫っていきます。

関連記事をご紹介!

【進撃の巨人】九つの巨人一覧!能力や強さについて徹底考察!

衝撃のダーク・ファンタジー『進撃の巨人』の『九つの巨人』の正体に迫る!
ストーリーの核なる存在「九つの巨人」
https:…

ジークの知識1:声優は子安武人さん!

ジークの声優は子安武人さん。『銀魂』の高杉晋助や、『ONE PIECE』の青キジ(クザン)、ケロロ軍曹』のクルル曹長など、幅広い役を演じるベテラン声優です。そのゾクゾクする声色で、アニメ『進撃の巨人』Season2、3ではまだまだ謎が多いジークの不気味さを十分に感じさせてくれます。

Season3後半では、これまでと打って変わって憤りをあらわにしたり恐怖に慄いたりするシーンもあるジーク。子安さんがそんなジークの一面をどう演じるのかにも注目です

ジークの知識2:エレンとは義理の兄弟!その過去とは?

ジークの生まれはエレン達が住まう壁内ではありません。彼らが住む島・パラディ島から海を渡ったところにある大国・マーレのエルディア人収容区でジークは生まれました

巨人の脊髄液を摂取すれば誰でも巨人になってしまうエルディア人とその国・エルディア帝国。彼らはかつて大陸の覇者となり、悪逆非道な民族浄化を約1700年にも渡って行ってきたとされています。しかし、内戦で弱体化した隙に、エルディアに亡ぼされたマーレが、知性のある「九つの巨人」のうち7つを奪い、エルディアを滅亡に追い込みます。

エルディア帝国王家は出来る限りの国民と共にパラディ島へ逃げ込みますが、大陸に取り残されたエルディア人も居ました。彼らは悪しき歴史の大罪人として、マーレの収容区内で自由を制限されて生きることを義務付けられたのです

大半のエルディア人が「自分たちは大罪人だ」とマーレの教育によって洗脳されてきた一方で、ジークはまた別でした。ジークの父は、エルディア復権派のリーダーであるグリシャ・イェーガー。そして母は、復権派に合流したエルディア帝国王家の生き残り、ダイナ・フリッツです

ジークが幼少の頃、マーレはパラディ島の王家が持つ「始祖の巨人」を奪還すべく、七つの巨人の継承者となるべき「戦士」をエルディア人から募り始めます。グリシャが率いるエルディア復権派の目的も、「始祖の巨人」をパラディ島から奪いエルディア帝国を復活させることでした。

そこでグリシャとダイナは、ジークにエルディア復権の尊さを説き続け、スパイとして彼をマーレの戦士に潜り込ませようとしました。しかし、ジークは自分と祖父母の安全を守るため、7歳のときに父と母の計画をマーレ政府にリークします。グリシャはその理由を「親が自分を自分勝手に染め上げようとしてきた失望」だと考えていたようですが…?

息子に見限られたグリシャは、「九つの巨人」のうちのひとつ「進撃の巨人」を継承し、パラディ島の壁内国家へと潜り込みました。そこで得た息子が、主人公・エレン。つまりジークとエレンは腹違いの兄弟ということになります

グリシャはエレンと一度だけ会ったときに、「お前は父親に洗脳されている」「いつか必ず救い出してやる」と言っていましたが…。その言葉の意味は未だに明らかになっていません。

ジークの知識3:獣の巨人の保有者!戦士長としての姿

進撃の巨人(9) (講談社コミックス)

ジークは現在、マーレの戦士として「獣の巨人」を保有しています。17mの巨体に猿のような毛むくじゃらの姿が特徴的な「獣」は、他の「九つの巨人」に比べ取り立てるべき長所はありません。

しかしジークはそこに投球技術を加えることで、「獣」を恐ろしい兵器にしました。詳細は後述しますが、石礫をその巨体で投げれば、それだけで砲弾よりも恐ろしい武器となるのです。そして何より、ジークは王家の血をひいています。

ジークはマーレ政府にそれを報告していません。ジークの脊髄液を投与されたエルディア人が「なぜか」ジークが叫ぶことで巨人になり、ジークの命令を聞き、月が出ていれば夜でも動けることが分かっているだけです。しかしこれは歴代の「獣」にはなかった特性なので、当然怪しんでいる者もいます。

ジークは「マーレのために親さえ売った忠誠心の高い戦士」という扱いになっています。エルディア人でありながらマーレ軍元帥に意見を通すなど、あくまでも「エルディア人にしては」ですが立場も認められています。

何より彼は戦士長として強く優秀で、ライナーの「鎧」と一対一で勝負して勝つほどの実力を持っています。一時は調査兵団に在籍していたライナーが「リヴァイ兵長がどれだけ強かろうと戦士長には到底敵わない」と確信していたほどです。

ジークの知識4:壁内での非道の数々

ラガコ村の真実

ジークが壁内に足を踏み入れたのは、850年。敵がどれだけの力を持っているか調査するための実験的攻撃として、ジークはコニーの故郷・ラガコ村に自分の脊髄液を含んだガスを散布し、その住人たちを巨人化させました

その後に起こった悲劇は惨憺たるものでした。巨人はミケを始めとした調査兵団の精鋭を食いつくし、駆けつけた調査兵団の増援は巨人を一体残らず殲滅。コニーの故郷の住人たちは、ジークのせいで突然平穏な生活を奪われて巨人化させられ、わけもわからぬまま命を奪われたのです

対エルディア人ということであれば、ジークの存在ほど恐ろしいものはないと感じさせるラガコ村の事件。とはいえ、唯一残った巨人であるコニーの母親は元々の足の悪さが巨人化にも影響を及ぼしていたようなので、ジークの能力も完全とは言えないのかもしれません。

リヴァイとの因縁

進撃の巨人(20) (講談社コミックス)

ウォール・マリア奪還作戦の際、ジークは多くの調査兵を殺しました。同作戦の199名の戦死者は、そのほとんどがジークによって殺された者でしょう。先述した投石によって、離れたところから家も人体も一緒くたにグチャグチャにしていったのです。近づくことさえできない圧倒的な脅威は、新兵たちが絶望するには十分すぎるものでした。

決死の覚悟で向かってくる調査兵たちも構わずに粉砕。それを破れかぶれの特攻だと思っていたジークの前に現れたのは、彼らを囮に接近していたリヴァイです。ライナーは戦士長の勝利を確信していましたが、実際はジークの惨敗でした。

仲間を殺され怒りを燃やすリヴァイの圧倒的なスピードと刃捌きには、さすがのジークも手も足も出なかったようです。手足を削がれ、「獣」から引きずり出され、口から刃を突っ込まれ、挙句の果てに武器もガスもギリギリの状態で自分の巨人たちを一掃したリヴァイの執念と強さに、ジークはもはやトラウマのようなものを抱えているようです。

ジークの知識5:ジークの真の目的とは?

両親を売った真相

このように壁内人類を惨殺してきたジーク。しかしその目的は、マーレの勝利ではありませんでした。何とジークは、父・グリシャと同じく、「エルディアの復権」のために動いていたというのです

ジークが両親を売ったのは、グリシャが考えていたような理由からではありません。実はジークは、マーレ当局の捜査がグリシャ達復権派の足元にまで及んでいることを知り、祖父母と自分が巻き添えを食わないよう、密告という形で両親を見限ったのです。

両親は正しかったが甘かったと語るジークは、両親が望んだように戦士隊に潜むエルディア復権派となったのです。王家の血を引くことをマーレに報告しなかったのもそのため。王家の血を引く巨人と「始祖」が接触さえすれば、全ての巨人を操る力を発動させることができるのです。

仲間をパラディ島に派遣

ジークはマーレ軍に蹂躙された国から徴用された兵士たちを取り込み、マーレ軍内でひそかにエルディア復権派を組織しました。ジークの信奉者・イェレナを始めとする復権派をパラディ島に派遣される調査隊の中に紛れ込ませ、壁内人類との協力体制を築こうとしたのです。

その目的は、王家の血を引くジークと、「始祖」を持つエレンをそろえることによって、「始祖」の力を引き出しエルディアを復活させること。他の「九つの巨人」の継承者同様、ジークの寿命も「獣」を継承してから13年だと決まっています。ジークに残された時間はあと1年。死亡するまでにジークはエルディア復活を見届けることができるのでしょうか?

ジークは誰の味方なのか?今後の展開が見逃せない!

進撃の巨人(27) (講談社コミックス)

単行本27巻時点で、ジークはとうとうマーレを裏切り壁内に入るところまでは成功しましたが、エレンとは引き離されています。そもそも、ジークの言葉が嘘なのか本当なのかを判断しかねているパラディ島勢力は、王家の末裔・ヒストリアを巨人化させ、ジークを食わせようと考えていました。

ヒストリアの妊娠によりその計画はいったん流れましたが、いずれにせよジークの最期が迫っているのは間違いありません。ジークは最後の時間を使って何をしようとしているのか、そもそも本当に壁内人類の味方なのか。まだまだ真意が見えないジークから目が離せません!

関連記事をご紹介!

【進撃の巨人】エレンの座標の能力とは?発動条件やグリシャが託した理由についてネタバレ解説!

『進撃の巨人』の「座標」とは?ネタバレ込みで解説!

『進撃の巨人』のひとつのキーワードとなる「座標」。物語の始まりで…

【進撃の巨人】名言TOP20!残酷な世界を駆け抜ける金言集!

『進撃の巨人』の名言をセレクション!出典:https://www.amazon.co.jpこれまで紹介してきた通り、『進撃の巨…

関連グッズをご紹介!