【エヴァンゲリオン】「エヴァの呪縛」とは何なのか?新劇で登場した伏線を考察!

この記事では、『ヱヴァンゲリヲン』新劇場版で登場した「エヴァの呪縛」についてご紹介します。「エヴァの呪縛」に隠された伏線を知ることができますので、是非とも最後までご覧ください。

エヴァQで登場した「エヴァの呪縛」とは?

単なる皮肉なのか?今後に関わりそうな伏線の1つ

使徒、襲来

「エヴァの呪縛」とは、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の式波・アスカ・ラングレーの台詞から登場した言葉です。アスカが自身の外見が14年前から変わっていない理由を碇シンジに説明する際に「エヴァの呪縛」という言葉が出てきており、アスカだけでなくシンジも真希波・マリ・イラストリアスも新劇場版の初めから見た目が変わっていません。

「エヴァの呪縛」は新劇場版において重要な伏線である可能性が高いです。旧劇場版との明らかな違いとしても挙げられ、EVAパイロットが人間とは異なる存在であることを示唆している可能性もあります。それでは、「エヴァの呪縛」の考察についてご紹介していきます。

考察:碇シンジと「エヴァの呪縛」

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』にて、シンジは第10使徒に吸収された綾波レイを救うために初号機を「神に近いもの」へと変貌させます。この際に赤木リツコはシンジを止めており、「ヒトに戻れなくなる」ということを言っています。結果的にシンジは止まることなく、サードインパクトを起こす寸前で渚カヲルに止められています。

エントリープラグの深度が高くなることでEVAとパイロットが同化してしまうのかどうかはまだ明らかになっていませんが、それに似た現象が起きていることは間違いないと言ってもいいでしょう。「神に近いもの」、「ヒトに戻れなくなる」、この2つの言葉から、シンジはヒトの次元より上の存在となり、言葉通り神に近い存在となった可能性があります。

シンジに限らずこの現象は他のEVAパイロットにも当てはまり、なんらかの理由でエントリープラグの深度が高くなることでヒトならざるものになっている可能性があります。

考察:式波・アスカ・ラングレーと「エヴァの呪縛」


同じく『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』では、アスカがEVA3号機の起動実験に臨みました。しかし、EVA3号機には使徒が侵入しており、エントリープラグの深度が上昇します。精神汚染濃度も危険域に突入し、またリツコから「ヒトではなくなってしまう」という言葉が出ています。

結果的にEVA3号機は第9使徒となり、ダミーシステムを使ったEVA初号機にアスカが搭乗したエントリープラグごと噛み砕かれてしまいます。とはいえ、アスカはなんとか一命を取り留めており、精神汚染が疑われて「貴重なサンプル体」として隔離されます。

ここでの要素としましては、エントリープラグの深度に加えて精神汚染濃度となります。シンジは自らの意志でエントリープラグの深度を上昇させていましたが、アスカのように事故的にエントリープラグの深度が上昇して精神汚染濃度が上昇することもあるということがわかりました。

考察:真希波・マリ・イラストリアスと「エヴァの呪縛」

マリはEVA2号機に乗って第10使徒と戦います。しかし、EVA2号機では第10使徒には敵わず、マリはEVA2号機の裏コード「ザ・ビースト」を発動します。この際にマリは「ヒトを捨てたエヴァの力」と発言しており、自身もヒトではなくなることを示唆している可能性があります。

結果的にエントリープラグの深度は測定不能となり、精神汚染濃度も危険域に到達しました。この際、マリの目が光るという演出があり、ヒトではなくなったことを表しているのではないかと考えられます。この目が光るという演出は前述したシンジの際にも発生し、ヒトではなくなったことを表しているという説の信頼度が上がります。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』の予告にも「エヴァの呪縛」の伏線が!

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』の予告にも「エヴァの呪縛」の伏線が隠されています。この予告ではEVAや使徒が紹介されており、最後に「LILIN+?」の字幕の後に加持リョウジ、碇ゲンドウ、赤木リツコ、葛城ミサト、式波・アスカ・ラングレー、綾波レイ、碇シンジ、渚カヲル、真希波・マリ・イラストリアスが表示されます。

LILIN(リリン)というのは第18使徒を指し、人類全体のことを意味しています。「+?」となっているということは、人間ではないものが混じっていることが示唆されている可能性があるということです。

これまでの考察に当てはめていくと、「+?」にはアスカ、シンジ、マリが入ります。では、カヲルとレイはどうなのでしょうか。「LILIN」に当てはまるのか、「+?」に当てはまるのか、次の項目でご紹介していきます。

綾波レイと渚カヲルと「エヴァの呪縛」の関係


EVAパイロットであるカヲルとレイは人間なのか、ということについてですが、この2人はそもそも人間ではないという説が正しいと考えられます。まずカヲルですが、その正体は第17使徒タブリスです。魂は第1使徒アダムのものであり、肉体もまたアダムによって生み出されたと言われています。

次にレイですが、魂は第2使徒リリスのものであり、肉体は碇ユイとアダムの遺伝子が半分ずつ受け継がれたものとなっています。カヲルとレイの魂はいずれも使徒のものとなっており、既に人間ではないのではないかと考えられます。そのため、2人が「エヴァの呪縛」と関係しているかどうかはわかりません。

「エヴァの呪い」にかかると人間ではなくなる!

EVANGELION 2019年カレンダー

いかがでしたでしょうか。「エヴァの呪縛」について少しでも知ることができましたでしょうか。「エヴァの呪縛」は、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』にて式波・アスカ・ラングレーの台詞から登場した言葉で、年を取らなくなるなどの人間ならざるものの概念が示唆される重要な伏線でした。

「エヴァの呪縛」は旧劇場版にはなかった要素でもあり、人間から人間ならざるものに変貌する際には目が光るという演出が追加されました。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の最後には人間では近付けない場所にシンジとアスカがいることから、確実に人間ではなくなっていることがわかります。

新劇場版はまだ第4部が残っていますので、最後に真相が全て明らかになるのではないでしょうか。結末に関係する伏線だと考えられていますので、真相判明の時まで期待です。

公式アイテムをご紹介!