【エヴァ】綾波レイの正体は碇ユイのクローン?碇シンジの母とレイの関係を解説!

『エヴァ』のメインヒロインでもある綾波レイですが、どこかシンジの母親である碇ユイに似ている?と思ってしまいます。その理由はもちろんありますので、どのようにしてで綾波レイが生まれたのか詳しく紹介していきます。

綾波レイと碇ユイはあまりにも似すぎている?

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11) [DVD]

『新世紀エヴァンゲリオン』に登場する綾波レイは寡黙で大人しく、まるで人形のような存在です。そしてその容姿はどこか碇ゲンドウの妻であった碇ユイに似ています

そこには、綾波レイと碇ユイの関係があるからでゲンドウが考える「人類補完計画」にもかなり影響していることが分かります

綾波レイの誕生とその経緯や碇ユイという女性がどのように関わっているのかを知ることでエヴァもより楽しい作品となりますので、詳しく紹介していきます。

 関連記事をご紹介!

【エヴァ】碇ユイはEVAシステムの元凶?重要人物だと分かる7つの知識!

謎多き女性研究者碇ユイの秘密に迫る!
https://twitter.com/0mangameigenbot/status/…

【エヴァ】綾波レイの名言ベスト15選!神秘的な彼女が時々見せる可愛さをセリフで振り返ろう!

綾波レイとは?

『新世紀エヴァンゲリオン』シリーズに登場するキャラクターで、生年月日は3月30日(C.V.林原めぐみ…

碇ユイが初号機に取り込まれる

事の発端は、碇ユイ消失にあります。それはエヴァ初号機を使った実験の中で起こりました。これは誰も予想できなかったことですが、碇ユイは初号機に取り込まれてしまったのです。

碇ユイという存在が忽然と姿を消し、LCL化してしまったのです。その後サルベージ計画を用いることで碇ユイを引き戻そうとしたのですが、何故かユイは初号機に留まることを選択します。

そのためサルベージ計画は失敗して碇ユイが帰ってくることはありませんでした。そんな事態で一番ショックを受けていたのはゲンドウで何としても碇ユイとの再会を果たそうと決意するのです。

そこからゲンドウが考える「人類補完計画」があり、元々ゼーレの書いていたシナリオとは変わったものになっていきました。

碇ゲンドウが碇ユイのサルベージから綾波レイを生み出した

ゲンドウがユイが消失してから行ったことはサルベージ計画です。これはLCL化していても本人に還りたいという意思があれば元の形に戻れるというものです。シンジも同じようにLCL化したことがありますが、その時は生還することができました。

しかしユイは初号機に留まることを選択したので、還ることがありませんでした。そこでゲンドウは初号機に残っている碇ユイという情報を強制的にサルベージしたのです。

関連記事をご紹介!

【エヴァンゲリオン】「エヴァの呪縛」とは何なのか?新劇で登場した伏線を考察!

エヴァQで登場した「エヴァの呪縛」とは?
単なる皮肉なのか?今後に関わりそうな伏線の1つ

「エヴァの呪縛」とは、『…

碇ゲンドウの手のひらの謎を徹底考察!声優や名言・名シーンも紹介!【新世紀エヴァンゲリオン】

碇ゲンドウのプロフィール基本のプロフィール出典:http://gigazine.net碇ゲンドウと言えばまず第一印象はサングラ…

綾波レイは肉体の半分が碇ユイで半分はアダム

綾波レイは人間でもなければ使徒でもない?そう思ってしまいます。どのように生まれたかというと、サルベージされた碇ユイとアダムの融合です。遺伝子的には半分が碇ユイで半分がアダムです。

そして出来上がった肉体には魂が入っていなかったので、リリスの魂を注入することで綾波レイという人造人間が完成したのです。どうにかして碇ユイとしての形を取り戻そうとしたゲンドウの執念にはある意味感心してしまいますが、レイがいなければゲンドウの計画が成就しないのも事実です。

綾波レイが心を開くのは碇ゲンドウだけ?

人造人間として生み出された綾波レイですが、心がないかのように何をされても無反応といった感じでした。シンジもレイの取っている行動には何度も驚かされていました。

まるでロボットのように命令に従ってあらゆることを遂行しようとしますし、喜怒哀楽を全く出さない様子が気になって仕方がありませんでした。しかし碇ゲンドウの前だけでは何故か笑顔を見せる瞬間もあります。これはシンジも驚きを隠せませんでした。

更にゲンドウの壊れた眼鏡を大事に取っておいていることも知ったので、ゲンドウとレイの関係は何なのだ?と疑いました。そしてゲンドウの悪口を言いようものならレイはシンジを引っ叩くという行動にも出ますその時はまるで父親のことを悪く言われた母親の気持ちを表現するかのようでした。

綾波レイは何人もいる

綾波レイは肉体のストックがいくつもあります。人造人間なので、同じように量産することができたのです。何故そのようなことをしたのかというと、綾波レイにはいろいろと利用価値があるからです。

そしてそんな肉体のストックはセントラルドグマに隠されていて、全ての真相は赤城リツコによって暴露されることになります。赤城リツコはゲンドウのことが好きだったのですが、碇ユイの代役のようなレイの方がゲンドウにとって大事だと知り、裏切られたと思い腹いせをしているような感じでした。

何人もいる綾波レイですが、記憶もしっかりと受け継がれています。そのため2人目から3人目に魂を移された時も記憶は残っていました。1人目は赤城ナオコに殺され、2人目は使徒アルミサエルとの戦いで自爆し、最後まで残っていたのは3人目となります。

綾波レイとガフの部屋の関係

ガフの部屋とは魂が生まれ還る場所とされています。そして南極に落ちた白き月のガフの部屋は空っぽだったとされています。当初の予定では、エヴァに魂を与える予定でしたが、魂は定着することがありませんっでした。それはガフの扉が空っぽだったからです。

それよりも前に綾波レイの肉体へと魂を定着したから空っぽになってしまったと思われます。そしてエヴァに魂を定着することができなかったから人間をエヴァに乗せることで解決を図ろうとしました。綾波レイに魂を定着させるという計画は元々ありませんでした。

あくまでもゲンドウの個人的な動きによって魂の定着が行われていたのだと思われます。ゼーレのシナリオでは綾波レイの存在は必要とはされていませんでした。

碇ユイへの嫉妬で赤城ナオコは綾波レイを殺している

碇ユイと同じ研究所で働いていた赤城ナオコは「マギ」の開発者でもありました。そして碇ユイを失ったゲンドウと深い仲になっていきます。そして一方的な愛情を持っているのも分かりました。

しばらくの間は順調な関係と思われていましたが、小さい綾波レイを連れてきたことから赤城ナオコはおかしくなっていきます。どう見ても碇ユイに似すぎている…そんなことを考えつつ幼いレイと会話をしていると驚かされることになります。

ゲンドウの言葉を代弁して赤城ナオコのことを笑ったのです。これには赤城ナオコも逆上してレイの首を締めあげるとそのまま殺してしまいました。そして罪悪感から自らの命を絶つことにもなりました。綾波レイの背後にある碇ユイという亡霊にずっと怯えていたのでしょう。

綾波レイと碇シンジの関係

綾波レイと碇シンジの関係は複雑です。シンジはずっとレイのことが気になって仕方がありませんでした。何故父親のゲンドウとあそこまで親密な関係なのか?そして自分が傷ついてもエヴァに乗り続けるのか?いろんなことを考えていました。

シンジがレイに歩み寄っていくことでレイも徐々に心を開きつつありました。そしてレイの心には私がシンジを護って戦わせないという感情までも芽生えてしまいます。綾波レイ2人目はその感情のままに自爆して最期を迎えることになり、3人目へと記憶を移されました。

3人目はシンジへの感情が全てリセットされてしまったかと思われましたが、心の奥底に残っていて涙を流すシーンもありました。2人の関係は時間をかけゆっくりと作り上げられ、シンジには生きる力を与え、レイには自らの存在を考える機会を与えました

碇ゲンドウは人類補完計画で碇ユイとの再会を果たそうとしていた

碇ゲンドウの目的は単純に碇ユイとの再会と永遠に生き続けることでした。そのためにはアダムの肉体とリリスの魂が必要でした。その二つを手に入れることで神と同等の存在になれます。

サードインパクトを自らの手で起こし、碇ユイのいる覚醒した初号機を自らに取り込んで目的が完成するとされていました。

碇ゲンドウの誤算で目的は果たせなかった

ゲンドウは自らの「人類補完計画」を進めようとしましたが、最終的な場面でしくじることになります。それはリリスの魂との融合でした。リリスの魂は綾波レイが持っていたので、レイとの融合を果たそうとしたときに拒絶されることになります。

綾波レイにとってゲンドウよりもシンジの方が大事だったのです。これはシンジがレイと深く関わってしまったことで起きたイレギュラーと言えます。レイはシンジを助けることを選択して動こうとしました。そのためゲンドウはその場に置き去りになり死ぬこととなります。

ゲンドウは最後にシンジに「すまなかったな…」と謝っていました。レイは最後になって道具であることを捨てて、自らの感情のままに動いたのが分かります。

綾波レイは碇ゲンドウの願いのために生み出された人造人間

新世紀エヴァンゲリオン(3) (角川コミックス・エース)

綾波レイの存在を見るととても悲しくなってしまいます。碇ユイが初号機に取り込まれたことから全てが始まったのですが、アダムの肉体にリリスの魂を定着させられた人造人間として誕生しました。そしてアダムの肉体にはサルベージされた碇ユイの存在もあります。

そのため見た目は碇ユイそのもので、赤城ナオコ、リツコ親子も振り回されることになりました。そしてレイは碇ユイとの再会に必要な道具として扱われていました。

そんなレイでしたが、シンジとの出会いによって全てが変わります。感情を手に入れることができ、自分の意思で動くことを決意したのです。ゲンドウの計画はその煽りを受けて実現しませんでしたが、綾波レイは最後までシンジのために行動していました

関連記事をご紹介!

【エヴァ】碇シンジの名言ベスト15選!セリフと共に名シーンを振り返る!

碇シンジとは?

『新世紀エヴァンゲリオン』の主人公、14歳の少年で、エヴァンゲリオン初号機のパイロット(3人目の適格…

【エヴァ】葛城ミサトの最後は死亡した!?死因を含めて真相を紹介!

『新世紀エヴァンゲリオン』に登場する葛城ミサトとは?
葛城ミサトのプロフィール

葛城ミサトは『新世紀エヴァンゲリオ…

関連グッズをご紹介!