【エヴァ】碇シンジは『弱さ』と『強さ』を併せ持つ主人公!魅力がわかる8つの知識!

『新世紀エヴァンゲリオン』の主人公碇シンジ。ナイーブな性格で、自分の殻に閉じこもってしまいがちな主人公と言う異色の存在でしたが、エヴァの世界で碇シンジは色々な顔を見せてくれます!弱さ、強さ、少年期の大人への反発を抱く等身大の主人公。そんな碇シンジの魅力を徹底分析していこうと思います!

全ての『新世紀エヴァンゲリオン』で様々な顔を見せる碇シンジとは?

新世紀エヴァンゲリオン 下敷き 碇シンジ

『新世紀エヴァンゲリオン』の主人公、年齢は14歳で、エヴァンゲリオン初号機のパイロット(3人目の適格者=サードチルドレン)。生年月日は2001年6月6日。血液型はA型で、身長は157cmです。髪は濃い茶色で、瞳はよく見ると濃紺~青となっています。

ある日突然、父親の碇ゲンドウに呼ばれ、エヴァパイロットとなってからはNERV(ネルフ)/EVA初号機専属操縦者、第3新東京市立第壱中学校2年A組に通っています。

見たことも聞いたこともない兵器「エヴァンゲリオン」を前に、乗れるわけがないと言う葛藤は、とてもリアルですね。エヴァがロボットモノ、と言う括りに嵌らない魅力を持っているのは、碇シンジと言う主人公だからだと思います。では、更に碇シンジについてご紹介していきます!

関連記事をご紹介!

【エヴァ】碇シンジの名言ベスト15選!セリフと共に名シーンを振り返る!

碇シンジとは?

『新世紀エヴァンゲリオン』の主人公、14歳の少年で、エヴァンゲリオン初号機のパイロット(3人目の適格…

碇シンジの知識1:声優は『緒方恵美』さん!何年経ってもこの人しかいない!

EARLY OGATA BEST

新世紀エヴァンゲリオンシリーズを通して、声優は緒方恵美さんが熱演なさっています。1965年6月6日生まれと、エヴァシリーズ恒例、誕生日は声優さんとキャラが同じですね!

幽☆遊☆白書の蔵馬がほぼデビュー作であり、そのイケメンボイスに女性とは思えず虜になる同性ファンも多いはず!

女性キャラでも男性キャラでも「カッコイイ」キャラを演じる中、気が弱く内向的な碇シンジ役に抜擢されていますが、その演技力は鳥肌もの!新劇場版では、思い入れの強さを感じられて思わずセリフだけで泣ける。碇シンジと言ったら緒方さんしかいませんね。

碇シンジの知識2:特技はチェロの演奏!プライベートの姿に密着

碇シンジと言うとキーアイテムはカセットウォークマンですね。実は元々音楽が好きで、幼少期からチェロを習っており演奏するのが特技になっています。楽器の中でも、重低音で他楽器を支えるようなチョイス、表に出たがらない性格の碇シンジらしい楽器選びだと想います。

第拾五話ではJ・S・バッハ作曲「無伴奏チェロ組曲」第1番ト長調、BWV.1007. 第1楽章プレリュード、旧劇場版で4人が合奏していた時(シンジはチェロ)はJ・パッヘルベル作曲のKanon D-dur(通称:パッヘルベルのカノン)でした。

それ以外にも幼児期に両親と離れた経緯から、家事全般を得意とする一面が。ミサトの家に泊まる事になってから、すぐに披露された特技ですね。結婚したら良い主夫になってくれるのかも!?

碇シンジの知識3:両親は碇ゲンドウと碇ユイ……二人との関係は?

View this post on Instagram

学園エンドの時の二人良かったなぁ。

A post shared by K*K (@03k_k19) on

碇シンジの両親は、碇ゲンドウ(旧姓:六分儀)と碇ユイの二人です!第壱話から、父親と数年ぶりに再会してほんの少し抱いていた期待を崩されたシーンがとても印象的。ゲンドウは碇シンジに対して冷たく、実の息子よりも綾波に対して笑顔で接し、碇シンジが何かを言っても冷たく突き放す事が多いです。

母親のユイは碇シンジの幼少期、ネルフの前任であるゲヒルンと言う研究施設時代に、「事故で死んだ」とされています。しかし、そのユイの存在こそが『新世紀エヴァンゲリオン』の中枢とも言えるもの!

ゲヒルン時代の事故と言うのは、初号機とのシンクロ実験を試みたが、初号機のコアに吸収され、死亡したと言うもので、ゲンドウはユイを愛する余りそこから道を誤っていきます。碇シンジと初号機の暴走エピソードにはユイが絡んで居る事が多いです。碇シンジの願いを叶えるユイの魂はエヴァの中に残っているのです。

関連記事をご紹介!

碇ゲンドウの手のひらの謎を徹底考察!声優や名言・名シーンも紹介!【新世紀エヴァンゲリオン】

碇ゲンドウのプロフィール基本のプロフィール出典:http://gigazine.net碇ゲンドウと言えばまず第一印象はサングラ…

【エヴァ】碇ユイはEVAシステムの元凶?重要人物だと分かる7つの知識!

謎多き女性研究者碇ユイの秘密に迫る!
https://twitter.com/0mangameigenbot/status/…

碇シンジの知識4:父親に認められたかった過去・自分の意思を持つ強さ

View this post on Instagram

父と息子

A post shared by K*K (@03k_k19) on

父親に認められたい、と思う気持ちが強い反面、自分を見て貰えない事で落胆する事も多い碇シンジと碇ゲンドウとの関係。最初こそは反発し、何度もNERVを飛び出そうとする碇シンジの描写は多かったです。けれどゲンドウに「また逃げ出すのか」と言われ迷う事も。

碇シンジはゲンドウの思惑は解らない侭でも、散々ツライ思いをした初号機に、第拾九話『男の戰い』にて、ゲンドウの目を見据えて「父さん、僕をエヴァに乗せて下さい。僕はエヴァンゲリオン初号機パイロット、碇シンジです!」と告げます。

筆者の知る中で一番好きなシーンであり、この瞬間は父との確執を考えていなかったからこそ、ゲンドウの目を見て言い切れたのだと想います。父親に褒められたいからじゃない。エヴァのパイロットとして出来る事があるなら。碇シンジもゲンドウの子なので、一度決めた時に見せる意思の強さカッコイイ!

碇シンジの知識5:名言から解るエヴァンゲリオンパイロットとしての碇シンジの成長!

ローソン限定オリジナル エヴァンゲリオン クリアファイル 【1.碇シンジ】(食玩)『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 公開記念』

 

では、ここでは主人公・碇シンジのセリフの中でも、名言だと想うものを二点紹介しようと想います。

「逃げちゃ駄目だ」――『第壱話:使徒、襲来』

成長してから、初めて父親と対面した後、エヴァのパイロットとなり使徒と言う敵を倒せ。と、いきなりの無茶振りをしてくる、実の父親・ゲンドウに対し、一度は拒み、それに対してゲンドウは冷たく「乗らないなら帰れ」とだけ言い放ちます。

そして自分の代わりにパイロットにさせられる綾波が担架で運ばれて来ますが、どう見ても重傷。立ち上がろうとした綾波を支えた手にはが付いており、自分の代わりにこれから、この少女が。と思った時、碇シンジが小声で呟きます。

この「逃げちゃ駄目だ」は、父親から……という意味のセリフなのか、或いは『嫌な事』『怖い事』『解らない事』(自分を認めて貰える確証のないこと)なのかは解りませんが、少なからず、ゲンドウを前に、そして綾波を前に、自分でやれることがあるなら。と奮起してパイロットとなるシーンです。父親に認められずとも傍に居たい、などの感情もあったのだと想います。

「僕はエヴァンゲリオン初号機パイロット、碇シンジです!」――『第拾九話:男の戰い』

コチラは父親との確執の項目でも触れましたが、トウジが乗っている使徒バルディエルに対し、戦意喪失した碇シンジに対し、ゲンドウが「今のパイロットよりはマシだ」と試作段階のダミープラグを使い、操縦不能の初号機により、トウジに大怪我をさせてしまった事で、遂に碇シンジは本気でNERVに見切りを付けるシーンから始まります。

ゲンドウの判断に対して、絶対に許せない。と、二度とNERVに戻らない事を誓って立ち去った直後、新たな使徒が街を襲い、アスカ・綾波の両者がやられてしまいます。「自分はもう乗らないって決めたんだ」とゲンドウへの憤りを持ちつつ、気付けば走り出している碇シンジ。

NERVに戻り、ゲンドウの目を見て「僕はエヴァンゲリオン初号機パイロット、碇シンジです!」と大声で叫びます。アスカや綾波を助けたい気持ち、ミサトに対して直ぐに発進してくれと合図する熱いシーン!エヴァに自分の意思で乗り、他パイロットやオペレーター達を救う碇シンジの姿に、ゲンドウも無言で圧されていましたね。

碇シンジの知識6:過去に一度だけ一人称が「俺」になった瞬間は衝撃的!

View this post on Instagram

唯一の「俺」

A post shared by K*K (@03k_k19) on

旧劇場版『Air/まごころを、君に』では、碇シンジが、新旧合わせてたった一度だけ、「僕」ではなく「俺」と自分の事を呼んでいます。しかしその内容は過激で、今ではとても放映出来ないものだと想います。

精神が壊れたアスカのお見舞いに行き、起きてくれよ!と懇願し、アスカの身体を揺さぶる碇シンジ。その時、偶然ではありますがアスカの入院服が肌蹴てしまい、上半身が顕となってしまいます。

今まで、パイロットや上司のミサトと同棲していても、少年として描かれていた碇シンジだったのですが、その瞬間だけ、アスカを“女性”として見てしまったが故の行動に対し、嫌悪感を顕に、自分の掌を見つめ「最低だ、俺」と呟いていました……。一人称の変化は、「少年」が「男性」となった示唆なのかも知れないですね。

碇シンジの知識7:新劇場版では初号機がシンジの力のみで覚醒

View this post on Instagram

覚醒A.T.フィールドかっこよかった。

A post shared by K*K (@03k_k19) on

TVアニメシリーズではあくまで『ユイの覚醒』による、『初号機の暴走』までしか描かれていませんでした。しかし『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』での碇シンジは、綾波レイを助ける為に、活動停止した初号機の中、赤い瞳を開き、「綾波を、返せ!」と激昂。それと同時に初号機は再び動き出します。

この状況を「まさか、暴走?」とミサトは問いますが、リツコは「解らない」と答えていることから、『単なる暴走』ではない事が解ります。解析によるとシンクロ率は400%を越えており、「やめなさい、人に戻れなくなる」とまで言わしめた初号機の力。これは初号機の『覚醒』であり、新劇場版でのキーとなっている部分です。

それは千切れた初号機の腕を復元したり、A.T.フィールドの形を自在に変形させたりと、まさに恐ろしい力!使徒に取り込まれた綾波を強引に連れ戻しますが、これが切欠でニア・サードインパクトが起き、ガフの扉が開いてしまいます。そして結果的に、サードインパクトへと繋がってしまいました。

碇シンジの知識8:『碇シンジ育成計画』も必見!

新世紀エヴァンゲリオン 碇シンジ育成計画(1) (角川コミックス・エース)

『新世紀エヴァンゲリオン 碇シンジ育成計画』は、GAINAX・カラー原作、高橋脩作画の漫画作品。『月刊少年エース』(角川書店)で連載されていた漫画で、単行本は全18巻です。舞台は「学園エヴァ」であり、コメディ色の強い作品です!

同じく『エース』で連載されている漫画版『新世紀エヴァンゲリオン』作者の貞本義行は「明るいエヴァは任せたぁ~!」とコメントしていたようです。

原作開始時に死亡しているユイ、キョウコ、ナオコなどの登場人物も生きており、ゲンドウが一級フラグ建築士のギャグキャラ化していたりと『IF』の世界を存分に描いて下さっている作品!キャラが好きな方は是非、育成計画で幸せなエヴァも楽しんでみて下さい!

碇シンジの内気で時折見せる強さはいつまでもファンの心を離さない!

新世紀エヴァンゲリオン ポストカード【碇シンジ】

最初から最後まで、内気で繊細で、まるでヒーローとは正反対の性格をしている碇シンジですが、庵野監督も『頑固さ』に関しては意識しているようで、一度決めた事は、どう思われようと曲げない。そんな芯の強い部分も持っているようです。

ゲンドウやミサト、NERVの人間や学友達との出会い、別れ、様々な経験を通して、それでも自分がエヴァンゲリオンのパイロットで居続ける。その事を選んだのは、碇シンジは『誰かに必要とされたい』のと同じくらいに『誰も失いたくない』の想いが強いのだと思います。

前者はよく碇シンジを形容する時に使われますが、碇シンジがエヴァに乗る決意をする時は、今まで自分に優しくしてくれた人を筆頭に、目の前で誰かを失くす事を恐れているように想います。そしてその意思は何より強く、初号機のパイロットとして垣間見せる『男らしさ・がむしゃらさ』が、普段大人しいからこそのギャップになり、どんどん惹かれてしまう。

異色の主人公でありながら根強い人気を持つのは、決して弱いだけでは出来ない事だと想います!今後の新劇場版ではどうなっていくのか、楽しみですね。

関連記事をご紹介!

【エヴァ】綾波レイの正体は碇ユイのクローン?碇シンジの母とレイの関係を解説!

綾波レイと碇ユイはあまりにも似すぎている?

『新世紀エヴァンゲリオン』に登場する綾波レイは寡黙で大人しく、まるで人形…

【エヴァンゲリオン】「エヴァの呪縛」とは何なのか?新劇で登場した伏線を考察!

エヴァQで登場した「エヴァの呪縛」とは?
単なる皮肉なのか?今後に関わりそうな伏線の1つ

「エヴァの呪縛」とは、『…

関連グッズをご紹介!