【エヴァ】真希波・マリ・イラストリアスは何者なのか?正体はエヴァの開発者?

この記事では、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』に登場する真希波・マリ・イラストリアスの正体についてご紹介します。謎多きマリの情報がわかりますので、是非とも最後までご覧ください。

新劇場版から登場する真希波・マリ・イラストリアスとは?

ヱヴァンゲリヲン新劇場版・破 真希波・マリ・イラストリアス (1/6スケール PVC塗装済み完成品)

真希波・マリ・イラストリアスは、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』から登場したチルドレンです。眼鏡をかけているのが特徴的で、搭乗するEVAによってパイロットスーツが変わりますがイメージカラーはピンクです。

マリはNERV(ネルフ)ユーロ支部に所属しているEVAパイロットであり、イギリス出身で日本語と英語のバイリンガルです。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』では式波・アスカ・ラングレーと連携して戦うシーンも見られました。

製作者によると、マリは新劇場版のストーリー展開を意図的に破壊するために投入されたキャラクターであり、他の登場人物たちと比べてかなり異質な存在として描かれています。その言動は謎に包まれている部分が多くなっており、存在自体が伏線となっているキャラクターです

関連記事をご紹介!

【エヴァ】真希波・マリ・イラストリアスは謎多きEVAパイロット!魅力がわかる8つの知識!

新劇場版から登場する真希波・マリ・イラストリアスとは?

真希波・マリ・イラストリアスは、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:…

マリの正体について1:飛び級で京都大学に進学!

『新世紀エヴァンゲリオン』最重要人物・碇ユイと出会う!

漫画版ではマリは16歳の少女として登場します。舞台はセカンドインパクトが起こる2年前の1998年の京都大学、マリは飛び級しそこで後に碇シンジの母となる碇ユイと出会います

今まで成績トップを収め続け飛び級するという優秀さを持っているマリでしたが、どうしてもユイを超えることができませんでした。マリはそんな彼女に嫉妬心を抱き、彼女のことを追っているうちに同時に好意を抱くことにもなります。

マリとユイは漫画版のみならず『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』でも浅からぬ関係にあったことが示唆されています。例えば、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』では冬月コウゾウが碇シンジに幼少期の頃の写真を見せた際、マリに酷似した女性が写っていたり、綾波レイのオリジナルであるユイと面識があるようなことを言っていたりと何かしらの関係がありそうな雰囲気でした。

関連記事をご紹介!

【エヴァ】綾波レイの正体は碇ユイのクローン?碇シンジの母とレイの関係を解説!

綾波レイと碇ユイはあまりにも似すぎている?

『新世紀エヴァンゲリオン』に登場する綾波レイは寡黙で大人しく、まるで人形…

【エヴァ】碇ユイはEVAシステムの元凶?重要人物だと分かる7つの知識!

謎多き女性研究者碇ユイの秘密に迫る!
https://twitter.com/0mangameigenbot/status/…

碇ゲンドウとの関係は?

漫画版ではマリとユイに面識があったことから同じく碇ゲンドウとも面識があったものと思われます。しかし、マリはユイに対して好意というよりも恋心に似たものを抱いており、ユイと仲が良かったゲンドウに対しては嫉妬心を抱いていたようです。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』では「ゲンドウくん」と呼んでおり、昔からの知り合いのように話していることから新劇場版でも2人の間に何かしらの接触があったのではないかと考えられます。

関連記事をご紹介!

碇ゲンドウの手のひらの謎を徹底考察!声優や名言・名シーンも紹介!【新世紀エヴァンゲリオン】

碇ゲンドウのプロフィール基本のプロフィール出典:http://gigazine.net碇ゲンドウと言えばまず第一印象はサングラ…

マリの正体について2:眼鏡は碇ユイにもらったもの!

マリが眼鏡をかけるきっかけになったのは、ユイから眼鏡をもらったことなのではないかと考えられます。ある日、ユイが実験用のネズミを逃がしてしまった際に捕まえるのを手伝うことになり、うっかりマリのカバンから盗んでいたユイの眼鏡が飛び出してしまいます。この時、マリは募らせていたユイへの嫉妬と好意を告白し、ユイはこのことを許して眼鏡をプレゼントします。

この後、マリはイギリスへと留学しており、新劇場版の展開に繋がっていると考えられます。しかし、新劇場版では赤いアンダーリムの眼鏡となっており、ユイにもらったものとは違います。もしかしたら、漫画版と新劇場版の差別化がここで図られているのかもしれませんね。

マリの正体について3:気になるその年齢は?

ミッションスクール系の制服に身を包んでおり、見た目も女子高生くらいに思えるマリ。しかし、その年齢は謎に包まれています。漫画版の設定が新劇場版に反映されているとしたら、実年齢は『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』の時点で33歳、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の時点で47歳ということになります。

しかし、どう見ても47歳には見えません。やはり漫画版と同じ16歳が妥当な年齢のように思われます。これには新劇場版から新たに追加された要素が関係しているものと思われます。それでは、次の項目で詳しくご紹介していきます。

マリの正体について4:「エヴァの呪縛」で見た目が変わらない?

マリの見た目が変わらないのは「エヴァの呪縛」が関係しているからだと考えられます。まず、マリの年齢について触れる前にアスカの見た目と年齢について紹介します。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』の時点でアスカは14歳、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の時点で28歳となっています。14年前から見た目が変わっていないのは「エヴァの呪縛」のせいであると発言しており、EVAに乗ることでヒトではなくなっていることが示唆されています。

シンジもアスカと同じく14年前から見た目が変わっておらず、マリにもこの現象が当てはまっているのではないかと考えられます。この説が正しければマリは本当に47歳ということになりますので、実際は案外おばさんということになります。

関連記事をご紹介!

【エヴァンゲリオン】「エヴァの呪縛」とは何なのか?新劇で登場した伏線を考察!

エヴァQで登場した「エヴァの呪縛」とは?
単なる皮肉なのか?今後に関わりそうな伏線の1つ

「エヴァの呪縛」とは、『…

マリの正体について5:EVAの秘密を多く知っているのはEVAの開発者だから?

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』では、マリがEVAの秘密を知っているのではないかというシーンがありました。第10使徒との戦いの際、このままでは勝てないという局面に来たところでEVA2号機のリミッターを解除し、裏コード「ザ・ビースト」を発動させます。これによってEVA2号機は獣化第2形態(ビーストモード)になります。

この裏コード「ザ・ビースト」は指揮官である葛城ミサトさえ知らなかったコードであり、マリがEVAの開発に携わっていた可能性が出てきました。EVA仮説5号機が自爆した際も事前に仕組まれていたことを知っており、ゲンドウさえも知らない思惑の下で動いているという推測もあります。もしマリがEVAの開発に携わっていたとしたら重要人物となるのではないでしょうか。

EVA仮説5号機、EVA2号機、EVA8号機のパイロット!

マリはEVA仮説5号機、EVA2号機、EVA8号機のパイロットでもあります。EVAパイロットの中でも多くのEVAに乗っており、その操作技術も作中随一のものとなっています。ただし、EVA仮説5号機は自爆させており、EVA2号機も大破、EVA8号機は両腕を失っています。マリはEVA使いが荒いのかもしれません。

EVA2号機を無断で起動させて初乗りであるにもかかわらず使いこなしていたり裏コード「ザ・ビースト」の存在を知っていたりと、マリがEVAの開発者だとしたら辻褄が合う要因もあります。しかし、EVAに乗ると「エヴァの呪縛」に囚われることを知っていながら危険を冒すのも違和感があるように思えます。

真希波・マリ・イラストリアスは謎多き重要人物!

いかがでしたでしょうか。真希波・マリ・イラストリアスの正体について少しでも知ることができましたでしょうか。真希波・マリ・イラストリアスは、『新世紀エヴァンゲリオン』の最重要人物・碇ユイと面識があり、「エヴァの呪縛」に囚われたEVA開発者の可能性がある人物でした。

EVAの秘密を知っていたりゲンドウと昔から面識がありそうだったりと、新劇場版の伏線に大きく関わっている人物であることは確かです。今後の展開ではマリの動向に注目してみると面白いかもしれません。

とはいえ、いずれも多くが謎に包まれており、まだはっきりとしたことがわかっていない人物でもありますが、新劇場版の第4部目『シン・エヴァンゲリオン劇場版:‖ 』の公開に合わせて謎も判明するのではないかと考えられます。

関連記事をご紹介!

【エヴァ】碇シンジは『弱さ』と『強さ』を併せ持つ主人公!魅力がわかる8つの知識!

全ての『新世紀エヴァンゲリオン』で様々な顔を見せる碇シンジとは?

『新世紀エヴァンゲリオン』の主人公、年齢は14歳で…

【エヴァ】碇シンジの名言ベスト15選!セリフと共に名シーンを振り返る!

碇シンジとは?

『新世紀エヴァンゲリオン』の主人公、14歳の少年で、エヴァンゲリオン初号機のパイロット(3人目の適格…

関連グッズをご紹介!