【マギレコ】環いろはは謎多き主人公!魅力がわかる6つの知識!

『マギレコ』の主人公・環いろはをピックアップします。『マギアレコード』とは『魔法少女まどか☆マギカ』を原作とするスマホゲームです。謎多き美少女いろは気になる正体や魅力について、考察を交えながらたっぷりとご紹介していきます。

『マギアレコード』主人公・環いろはをご紹介!

「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」 Music Collection

『マギアレコード』とは2011年に放送された大人気アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』を原作としたスマホゲームです。2018年に舞台化され、また2019年にはアニメが放送されるということで更に注目が集まっています。今回はそんな『マギレコ』の主人公・環いろはについてご紹介していきます。

いろはは8月22日生まれの中学3年生です。年齢でいうと15歳になりますね。『マギレコ』の舞台になるのは神浜市というところですが、いろはは当初神浜市外に住んでいました。両親が仕事の都合で海外に移住することになり、いろはは一人神浜市に引っ越すことになります。

見た目は普通のかわいい女の子ないろはですが、実は謎に包まれた部分がたくさんあるキャラなのです。今回はそんないろはの謎について、ストーリーの今後を考察しながら詳しく見ていきたいと思います。

環いろはの知識1:魔法少女契約の時の願いは「妹・ういの病気を治すこと」

いろはは魔法少女の一人です。ということはキュゥべえに願いを叶えてもらったということですね。思春期の女の子たちがどんな願いで魔法少女になったのか、気になってしまう方も多いと思います。いろはの願いは「妹である環ういの病気を治すこと」でした。いろはにはかわいい妹がいたのですね。

妹は何らかの病気を患い、里見メディカルセンターに入院していました。同じ病院に入院していた友達に里見灯花と柊ねむがいます。入院生活が長かった3人は、あまり足を運んだことのない神浜市の街の様子を想像しウワサを作って遊ぶことを思いつきました。これが後にストーリーに大きくかかわってくることになります。

環いろはの知識2:初登場時は記憶を失っていた

いろはの願いでういの病気は完治し、無事に退院をしたはずでした。しかし、初登場時のいろははなんと妹の存在を忘れて3人家族だと思い込んでいました。それだけではありません。病院の記録にもういの情報はなく、後々ラスボスとして登場してくる灯花やねむの記憶からも抹消されていました。ういの存在自体が「なかったこと」にされていたのです

このことに気付くことが出来たいろはは、ういのことを探し始めます。自分の中にしか無いういの記憶、時にはこの記憶自体が操作されたものだと疑ったこともありました。しかしいろはは自分の中にある大切な思い出を信じ、必死に妹の居場所を突き止めようとするのです。

環いろはの知識3:人づきあいが苦手だが友達には優しい

いろははとても友達想いで、時には自分の身も犠牲にしてしまうほどのお人よしです。特に印象的なのはメインストーリーの第6章「真実を語る記憶」でしょうか。いろはの仲間の一人である七海やちよは、過去の経験と魔法少女になった時の願いから、自身の固有能力を「他者を犠牲にして生き残る」だと勘違いしていました。やちよはこれ以上犠牲者を増やさないために、自分一人で敵に立ち向かおうとしていました。

そこで立ち上がったのがいろはです。いろははやちよの考えを否定するために、自分一人で「うわさ」に立ち向かって見事勝利を収めました。自分の身を持って仲間を不安から解放したのです。危険を伴う行為でとても感心できるものではありませんが、いろはの底なしの優しさが痛いほど伝わってくるエピソードです。

そんないろはですが、実は過去に人間関係で悩んでいた時期もあったのです。元々人づきあいが苦手だったいろはですが、それでも学校では友達の輪にきちんと入っていました。しかし周囲に取り残されたくないという気持ちから、いつしか愛想笑いが多くなっていました。

そのため逆に周囲から「何を考えているかわからない」という扱いを受けることになってしまい、うまく溶け込むことが出来ずにいました。今でこそ人間関係がバッチリ出来ているいろはですが、過去にはうまくいかなかったこともあるのですね。思春期特有の女の子同士の人間関係、本当に複雑です。

環いろはの知識4:趣味は料理!しかしその味は特徴的

いろはの趣味のひとつに料理があります。料理が出来る女の子なんて女子力にあふれていてとても魅力的ですよね。しかしその味が非常に特徴的なのです。いろはは元々病気の妹のために試行錯誤して料理を作っていました。そのため妙に薄味であったり、和食メインで年齢の割に年寄りくさいメニューを好んでいたりしていました。

病気の妹のために作っていた健康的な食事ですが、仲間の一人で食いしん坊な深月フェリシアには「味無し料理」と言われてしまうほど特徴的な味に仕上がっていました。しかしそこは対応力のあるいろはです。仲間たちの意見を参考にしながら、徐々に味の改善をしています。今ではやちよの料理を手伝うだけでなく、その日の料理を担当してみんなに喜ばれたりもしています。

環いろはの知識5:スマホが苦手で方向音痴…

守ってあげたくなるほどかわいい性格

色紙 魔法少女まどかマギカ マギア・レコード 環いろは

いろはは現代の中学生にしては珍しく流行に疎い性格です。特にスマホには苦手意識があり、アプリの操作などもうまく出来ないことが多々あります。更に方向音痴で道に迷いやすいという特徴もあります。初登場時にはこの方向音痴と、スマホのナビアプリがうまく使いこなせないということから、慣れない神浜市でよく迷子になっていました。

神浜市に来てしばらく経つ現在ではスマホの扱いにもだいぶ慣れてきて、苦手意識も段々薄くなっているようです。優しくて女子力も高いいろはですが、こんなかわいらしい弱点を見せられてしまうと思わず手を差し伸べて守ってあげたくなっちゃいますよね。

環いろはの知識6:声優は麻倉ももさん!

パンプキン・ミート・パイ(初回生産限定盤)(DVD付)

いろはの声優を担当しているのは麻倉ももさんです。1994年6月25日生まれのO型、福岡県の出身です。声優としての活動だけではなく、CDや写真集を発売するなど多方面で活躍されています。2011年にオーディションで合格し、2012年から声優として活動しています。

麻倉さんは『WWW.WORKING!!』の柳葉ミリ役、『Charlotte』の乙坂歩未役、『アイドルマスターミリオンライブ!』の箱崎星梨花役、『ガールフレンド(仮)』の花房優輝役など多くの人気キャラを演じています。この他ナレーターやラジオ出演などでも活躍しています。

おまけ:環いろはの正体は?固有魔法やドッペルから考察してみる【ネタバレ注意】

環いろはの固有魔法は「治癒能力」。そしてマギアは唯一の「蘇生」

ここからはいろはの謎について、わたしなりの考察を述べていきたいと思います。あくまでひとつの仮説ですので、今後の展開予想の一つとして捉えていただくようお願いします。ぜひみなさんの考えと比べながら読んでみてくださいね。

まず魔法少女はキュゥべえに叶えてもらった願いによってそれぞれ固有魔法や特徴が違ってきます。例えば『まどマギ』本編で「恭介のケガを治して欲しい」と願った美樹さやかは固有魔法として治癒能力を持っています。いろはの場合も「妹の病気を治す」という願いだったので固有魔法として治癒能力を持ち合わせています。

問題はマギアの「蘇生」です。マギアとはゲームの中での必殺技のようなものです。このマギアも願いによって効果が異なってくると考えられます。いろはのマギアが「蘇生」になっているということは、実は「ういは一度死亡していた」もしくは「瀕死状態だった」と仮定することが出来るかもしれませんね。全キャラの中で唯一いろはのみが持つ能力ですので、ストーリーに大きくかかわってくることは間違いないでしょう。

『マギレコ』の重要キーワード「ドッペル」とは?

魔法少女とは自分の魂をソウルジェムに変換されてしまった女の子たちです。このソウルジェムが穢れ切った時、彼女たちは魔女へと変貌してしまうというのが『まどマギ』でのストーリーでした。この魔法少女の魔女化を防いだのがこのドッペルです。このドッペルはソウルジェムの「穢れ」を「力」として変換して使用しているため、力を使った後は逆に浄化されています。これは神浜市のみで起こっている現象です。

ゲーム内ではマギアの更に上の超必殺技のような使われ方をしています。このドッペルを世界中に広めようとしているのが、灯花やねむが所属している「マギウスの翼」です。一見素晴らしいことのように思えるマギウスの策略ですが、この計画には多くの犠牲が必要になってくるため、いろはたちと対立することになります。

環いろはのドッペルは「沈黙のドッペル」

魔女化を防いだドッペルは「感情の写し」とも言われます。つまりその魔法少女の持つ感情や願いがドッペルの姿に大きく影響することになります。いろはのドッペルは「沈黙のドッペル。その姿は呼子鳥(よぶこどり)」という説明がついています。呼子鳥とは、鳴き声が人を呼ぶように聞こえる鳥のことです。万葉集などに登場している古語となっています。いろはは妹のういを探している状態ですので、この姿は納得がいきますね。

問題は「沈黙」というところです。いろはのドッペルの説明には「沈黙し耳を塞ぎ、あらゆるものを覆い隠そうとしてくる」とあります。このことから、いろはの過去にはまだ本人が気づいていない、忘れようとするほど嫌な記憶があったのではないかと考察できるのではないでしょうか。だからこそその感情が爆発し、ういのことも含めて全て「無かったこと」になってしまったのではないでしょうか。

【ネタバレ注意】環いろはの正体を考察してみた

ここまでの話から、環いろはの正体について考察していきたいと思います。ネット上では「いろははういが作った架空の姉」説や「いろはがういだった」説、「いろは自体がうわさだった」説など様々な説が上がっていてとても面白いですよね。ゲームのストーリーも佳境に迫ってきて、ますます目が離せなくなってきています。

現在最新話として配信されている「第9章 サラウンド・フェントホープ」では衝撃的な展開がありました。マギウスの翼が孵化(魔女化)させようとしているエンブリオ・イヴに接触したいろは。そこで万年桜のうわさからもらった枝が花を咲かせたのです。その桜はいろは、灯花、ねむ、そしてういの4人が揃った時に初めて花を咲かせるはずです。しかしその桜がイヴに接触したことで花を咲かせたのです。

「イヴ」と「うい」、似ていますよね。イヴは魔法少女(ソウルジェム)が魔女(グリーフシード)に不完全な状態で変異した、いわば半魔女の存在です。つまり元々は魔法少女だったわけです。そうなるとこのイヴこそが、いろはの探していた妹の現在の姿なのかもしれません

ここからわたしが予想したストーリーをご紹介します。まずういが病気によって瀕死状態になり、いろははキュゥべえに願いを叶えてもらって魔法少女になりました。命が助かったういですが、魔法少女の真実を知り、キュゥべえに「魔法少女が魔女にならない世界」を頼むことになります。

しかしういは女神になったまどか程大きな力は無かったために神浜市のみでしかその現象を起こすことが出来ませんでした。神浜市の神になってしまい、自分の前からういが消えてしまったことに絶望したいろはは感情が爆発。無意識のうちに魔法で妹の存在自体を無かったことにしてしまいました。どこかまどかとほむらのストーリーに似ていますね。わたしはこのように今後の展開を予想しました。みなさんはどのように考えますか?

この『マギレコ』のストーリーにはいろは歌が関係しているとも言われています。歌詞の中に「いろは」や「うゐ(うい)」という言葉が出てきますね。またストーリーの要となっているにも、花言葉に「私を忘れないで」という意味がある一方で「ヤラセ」の意味の「サクラ」という言葉もあります。この辺りを考えていくとどんどん考察が膨らんでいきそうですね。

『マギレコ』アニメ化決定!魔法少女たちの過酷な運命を見逃すな!

ここまで環いろはについてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。ゲームでもストーリーが完結していないので、まだまだ妄想が膨らむキャラです。今後の展開や真相が気になりますよね。なかなかハッピーエンドにはならないことが多い『まどマギ』シリーズですが、いろはにはぜひ幸せになって欲しいと願うばかりです…。

ゲームも大好評な『マギレコ』ですが、なんと2019年にアニメ化が決定しています。ゲームに登場しているオリジナルキャラが遂にテレビに登場しますね。魔法少女たちの新たなストーリーに目が離せません。アニメの放送が待ちきれないあなた、ぜひゲームをプレイして予習してみてくださいね。

関連記事をご紹介!

【まどマギ】鹿目まどかの魅力が分かる知識8選!奇跡も魔法もあるんだよ!

『魔法少女まどか☆マギカ』の主人公・鹿目まどかとは?

鹿目まどかは『魔法少女まどか☆マギカ』の主人公です。誕生日は1…

【まどマギ】暁美ほむらの魅力が分かる知識5選!過酷な運命を背負った真の主人公をご紹介!

暁美ほむらは『魔法少女まどか☆マギカ』真の主人公!
ほむらちゃんの魅力を徹底紹介!

『魔法少女まどか☆マギカ』とは…

公式アイテムをご紹介!