【銀魂】定春は死亡ではなく休眠した?復活の可能性は充分ある!?

超ビッグサイズなマスコット、定春に死亡説が!?定春は死んでしまったのか!?一体なぜ!?【銀魂】の最終決戦で定春が見せた覚悟に涙したファンも多いはず!なぜ死亡説が出てしまったのか…定春の正体と合わせて紹介します!

【銀魂】神楽に拾われた可愛い犬?万事屋のマスコット定春とは?

座高170センチ・体重300キロ!超巨大な宇宙生物!

笑いあり涙ありの【銀魂】に登場する、モフモフのマスコット“定春”が虚との最終決戦で、あんな事になるなんて…!かなり衝撃的な展開でしたね~。神楽がペットとして拾ってきた事をきっかけにレギュラーとなり、万事屋になくてはならない大きな存在となった定春!

定春のエピソードは多くありますが、ハタ皇子に誘拐されるエピソードから始まり個人的にツボにきたのはアニメ276話「ドッグフードは見た目より味がうすい」の中で定春のドッグフードを食糧難&金欠から万事屋メンバーが食べてしまう珍エピソードを覚えてますでしょうか?3粒残った哀愁漂うドッグフードと、それに手を出す飼い主たち…。

なんとも言えない“定春回”でしたが、私もペットを飼う身として、わからなくもない事情にも共感しました…。飼い主たちに自分のエサを食べられて家出しちゃう定春が可愛くて可愛くて…!その後、ひょんな事から出会った子犬と仲良くなって、ほのぼのストーリーが展開されたんですが、見ていて凄く幸せな気分になる定春と子犬のエピソードでした。こういうストーリーを見ると、犬が飼いたくなるんですよね~!

そして…定春と言えばあの大きくてモフモフの背中に乗ってみたいな~と、思った方も少なくないのではないでしょうか!とっても大きな定春は、座高170センチ…体重は300キロもあります。しかし、なぜ体高ではなく座高なのか気になるところですね(笑)見た目は、モフモフの大きな犬そのものの定春ですが…実は犬ではなく宇宙生物であり…ある種の“神様”でもありました。

関連記事をご紹介!

【銀魂】定春は感動の盛り上げ役!泣くも笑うも定春無しでは語れない魅力が分かる9つの知識!

万事屋のアイドル定春とは?
https://twitter.com/gintamamovie/status/10332628…

定春の正体は“龍穴”を守護する狗神だった!

“狛子”という兄妹がいることも発覚

体の大きさからも分かるように、普通サイズのペットとは比べ物にならないほど一度の餌の量がヤバい定春ですが…神楽に拾われる前はどこでどのように生活していたのかというと…巫女の姉妹“阿音・百音”と…狛子という兄妹と暮らしていました。

しかし…!異常に大きく食費が掛かってしまう定春を、姉妹は捨てててしまったのです…。切ない過去ですね~…。確かに、毎日エサを7袋も食べられては飼っている方としては破産案件ですよね…。一袋、何kgのエサかは謎ですが定春の体重を考えると一袋10kgくらいでしょうか…?家賃の支払いにもヘトヘトな銀さんにとって、これはかなり痛い出費ですね…。

さて…よく食べてよく人をかじる定春は…非情に珍しい宇宙生物…だと思われていた定春ですが、その正体は龍穴を守護する狗神!狗神って、なんだかかっこいい響きじゃあないですか!もちろん、兄妹である狛子も同じく狗神です。狛子は、定春と離れ離れになり寂しがっていたりと、定春に負けず劣らずの可愛さ!

とっても大きな定春と、とっても小さな狛子。二匹はよく似ていますが、よく見てみると眉毛(?)の向きが狛子は困り眉毛のように下がっていたりと微妙な違いがあるのも可愛いポイント。しかし、兄妹でこんなにも大きさの違いがあるなんて驚きですよね…そして、犬ではなく“狗”だった定春にも驚き。

二体揃って守護神となる存在

銀魂―ぎんたま― 72 (ジャンプコミックス)

定春は「神子」と名付けられ、攻めの狗神…対して「狛子」は守りの狗神と称され、二体揃って守護神となる存在。規格外に大きな定春と、規格外に小さな狛子…!とっても小さな狛子ですが、防護結界を張ってしまうと、定春でも容易に破ることはできません。

“紅き果実”と“山羊の血”(イチゴと牛乳、またはいちご牛乳でも可)を摂取する事で狛神としての力に目覚める定春ですが…この時の定春は、お世辞にも“可愛い”とは言えない、なんていうかゴツいというか怖いというか…よく言えば神々しい感じの姿に変身します!つぶらな瞳はそのまんまなんですが、外見が変わりすぎ…。それにしても“紅き果実”と“山羊の血”って中二心をくすぐってくる…!

二匹を兄妹と紹介したのは、狛狗が“狛犬の阿吽”を元ネタにしているのならば阿がオスで吽がメスなので定春と狛子も、もしかしたらこれに当てはまるのでは?と、感じたところから…。

もちろん公式ではありませんが、狛子の性別は判明していないので一つの可能性として考えていただければと思います。

定春が死亡!?衝撃的な展開が続く最終決戦ではアルタナの激流に飲み込まれる

龍脈を鎮める為に頑張るも定春の命が尽きようとしていた…

さて、冒頭でもチラッと触れましたが時には場を和ませ…時にはペットとして主を癒やし、時には乗り物として活躍していた定春も、大見せ場の最終決戦では銀さんに負けず劣らずの活躍をみせました!虚はアルタナ(龍脈)を原動力に500年もの時を生きている不死の存在。想像できないレベルで生きてますね…500年って…!

アルタナの力を使い、銀さんたちをジリジリと追い詰めた虚でしたが…定春が、龍脈を抑えるため決死の覚悟をみせます。大きな地の割れ目に落ちた…!と、見せかけて自ら、アルタナの中に身を投じたのです。定春は中から鎮める事を試みるも、それはあまりにも負担が大きすぎました…。

まるで元●玉!?かぶき町の住民たちから生命力を元に半霊体として復活!

銀魂-ぎんたま- 39 (ジャンプコミックス)

 

決死の覚悟も虚しく、強大なアルタナを抑え込んだ事で定春の命が尽き消滅してしまいます。正直、定春がこんな役目を担うなんて…アルタナの激流に落ちていく定春の姿は涙なくしては見れないシーンでした。定春、死んじゃったんだ…そう絶望的になっていましたが、なんと身体は消滅しても霊体化して復活!流石、狛狗!

万事屋メンバーが聞き慣れた『わん!』という鳴き声で、自分の存在を知らせる定春…ここでも涙腺が攻撃される~!その後は、かぶき町の住人や阿音・百音姉妹の生命力を借りて、魂の力だけで龍脈を抑え込む定春!この雰囲気、7つのボールを集める作品ではお馴染みのノリ…!!いわゆる元気な玉のような!?それにしても定春の根性、見習いたいものです…。

定春の状態は死亡ではなく休眠中!龍脈を抑える為に封印される形に…

戦いを終結に導いた定春でしたが…最終的には、アルタナを抑え込む為に封印されてしまいます。定春が命がけで抑えた事により、後の反動の大きさを考えての事だそうですが…こんなにも頑張った定春が万事屋に帰れないなんて!こんな結果誰も望んでいなかったはず…。

虚との最終決戦での一連の流れから『定春って死んだの?』『定春が死んだ』と、ファンをザワつかせることに繋がりましたが…あくまでも“封印”されているだけであり、死んだのではありません!いわゆる休眠中ってやつですね!定春、死ななくて良かった~!!

“いつ目覚めるかは解らない”定春を復活させる為に神楽は宇宙へ旅立ったが…

銀魂―ぎんたま― 76 (ジャンプコミックス)

『いつ目覚めるかは解らない。ずっとあのままかもしれないし今日目覚めるかもしれない』状態の定春…こんな風に言われると、次のページをめくれば『わん!』と元気な定春が駆けて来そうなのが銀魂…ですが、今回はマジのマジで真面目な雰囲気です。

最終決戦から2年後の世界では…未だ定春は目覚めてはおらず…神楽は定春を復活させるため、その方法を求めて宇宙へ旅立ったそう。大事なペット…いえ、家族ですもんね!宇宙生物よりのデカい犬だとばかり思っていた定春が狗神だったことにも驚きですが、地球を守り封印されてしまったという展開は最終回を目前に控え大きな伏線を貼ることにも驚き…なぜこのタイミングで!って感じです。

定春はマスコット的キャラじゃなくキーマンだった!最終決戦は見逃せない!

定春は、神楽が以前飼っていた不慮の事故(?)から絞め殺…亡くしてしまったウサギさん「定春一号」から名前を与えられ、初登場から愛くるしいモフモフで多くの読者・視聴者を魅了したマスコットでした…!ですので、どうにか復活してほしい…というのが多くの方の希望だと思います。

定春死亡説をウワサに聞いて、気になっているけれど内容は知らない…と、いう方には虚との最終決戦を見ていただきたい!ギャグパートは好きだけれど、シリアス展開は…と、いう方も【銀魂】のラスボスの正体を知る意味でも是非見ていただきたいシーン。週刊少年ジャンプからジャンプGIGAへと活躍の場を移した銀さんたち!初っ端から飛ばしてますね~!

定春が復活する方法・手段ですがドラゴン○ールネタを引っ張っているところを見ると、なんらかのボールを7つ集めて復活させるんじゃ…と考えたくなりますが、それじゃ簡単すぎますよね!(?)いや、でも【銀魂】なら十分ありえるノリ…。復活の手段や方法を考えると、色々な意味で楽しみですね~空知先生には定春の存在を忘れずに伏線は回収してもらいたいところ…!

関連記事をご紹介!

【銀魂】坂田銀時に関する10の知識!万事屋銀さんの壮絶な過去とは?

坂田銀時が主人公の銀魂
銀魂とは!?

「銀魂(ぎんたま)」は、「空知英秋」原作の2004年から2018年まで「週刊…