【モブサイコ100】霊幻新隆の名言ベスト10!セリフと共に名シーンを振り返る!

『モブサイコ100』の主人公・モブの師匠の霊験新隆。詐欺師ギリギリの怪しい奴なのに、なぜか言葉に説得力が!そんな霊験の名言ベスト10を厳選してご紹介します。なぜか心にグッとくる名言をご賞味ください…。

『モブサイコ』の大人気キャラ!霊幻新隆とは?

霊幻新隆(れいげん あらたか)は身長179㎝、体重66.1㎏、28歳の子年。誕生日は10月10日のてんびん座で血液型はO型です。霊能力者を名乗り「霊とか相談所」という心霊相談所を経営しています。しかしその業務内容の実態は何でも屋に近く、「除霊」と称してマッサージなどを行い依頼主の心霊悩みを解決!

持ち前の器用さと話術のおかげか、依頼主の満足度は非常に高くそこそこ繁盛している様子。しかし、本物の心霊案件は弟子であるモブこと影山茂夫(かげやま しげお)に丸投げ…。しかも自給は300円と格安。口八丁手八丁で相手を丸め込む詐欺師ギリギリの生活を送り、霊験はかなり胡散臭い人物です。

「ソルトスプラッシュ」や「盛り塩パンチ」などユニークな除霊と称した物理攻撃は胡散臭すぎていっそ清々するほど。しかし、優しく誠実で大人としての責任感のつよさを垣間見せる場面も多い霊幻は不思議と人を惹きつけるのです。

関連記事をご紹介!

【モブサイコ100】霊幻新隆に関する8つの基礎知識!

【その1】霊幻新隆はマジモノのインチキ霊能者!愛煙家ってだけで霊幻新隆が754934947335万倍好きになるんだがッ!!それ…

霊幻新隆の名言1:力を持つものの心得とは?

俺達は人とは違う特別な力を生まれ持ったわけだが決して自分を特別な存在だと勘違いしてはいけない

アニメ版『モブサイコ100』第5話のこと。テルの超能力よる猛攻を受けても、反撃を使用としないモブ。それは霊幻の「超能力を人に向けてはいけない」という教えがあったからでした。自分の持つあまりに強大な力に悩んでいた小学生のモブ。しかし、霊幻はその力を特別なものとしながらも「個性の1つ」なのだとモブを諭すのです。

足が速いこと、歌がうまいこと、勉強ができること…個性に優劣などないと教えを授けるのです。モブが超能力におぼれることなく、大きすぎる力に委縮することなく生きてこれたのは霊幻のこの教えがあったからかも!

 

霊幻新隆の名言2:詐欺師にめっぽう強い霊幻

お前らのしていることはこういうことだ

アニメ版『モブサイコ100』第7話での出来事です。純粋すぎるあまりうっかり「幸せのツボ」を売りつけられようとするモブ。挙句の果てにツボを割ったと因縁をつけられ、500万円を弁償しろと迫られたモブは霊験に助けを求めます。こんな時霊幻ほど頼りになる存在はいない!

胸倉をつかまれれば「鎖骨にヒビが入った!」と言って治療費、慰謝料込みで100万円。「ふざけてんのか!」とすごまれれば「精神的ダメージ」として慰謝料+100万円。「息がクサイ」といって慰謝料+100」万円…。

「お前らのしていることはこういうことだ」

毒を以て毒を制すとはまさにこのこと!痛快な名シーンでした。

 

霊幻新隆の名言3:霊幻のウソを見抜く力は超能力級!

絆・思い出・友情…そういうもんは廃部ごときで脆く崩れ去るものか?

アニメ版『モブサイコ100』第2話のこと。部員不足により廃部の危機にさらされた脳幹電波部はモブを入部させようと少々強引に勧誘をします。部長のトメは涙を武器にモブを入部させようと迫るも、霊幻はあっさりとウソ泣きだと見破ります。

「絆・思い出・友情…そういうもんは廃部ごときで脆く崩れ去るものか?」

脳幹電波部が手放したくないのは部費と部室、クダクダな放課後…。電話でモブの話を聞いただけなのにここまで見破るとは…驚くべき洞察力です。耳聞こえの良い言葉を織り交ぜつつごり押しという流石の話術なのでした。

 

霊幻新隆の名言4:霊幻はモラルある詐欺師?

マナーを守ったうえで頂点取るから気持ちいいんだろうが!

アニメ版『モブサイコ100』でのセリフです。超能力結社「爪」の第七支部に連れ去られた律を助けようと支部に乗り込むモブ。霊幻はモブを追って第七支部のアジトを訪れます。そこで目の当たりにしたのは、子どもを言われるがまま拉致している大人の集団。誰かに命令されたからといって外道かまして良い訳がない!

「マナーを守ったうえで頂点取るから気持ちいいんだろうが!」

反省して改めろ。いつも詐欺まがいのことをしている霊幻が言うとなんとなく冗談に聞こえるけれど…言っていることは間違ってない…。不思議な気分になりますね。

 

霊幻新隆の名言5:霊験の見せた大人の矜持!

嫌な時はなぁ、逃げたっていいんだよ!

同じくアニメ版『モブサイコ100』11話のシーン。爪の幹部「傷」との最終決戦。超能力を人に向けて使いたくないモブですが、弟や仲間を守るためには自分が戦うしかない…モブは精神的に追い詰められていきました。そしてモブの感情が爆発しようとしたその時、霊幻はモブに力強く語り掛けます。

「嫌な時はなぁ、逃げたっていいんだよ!」

超能力を人に向けざるを得ない状況に追い込まれていたモブ。その心を理解し霊幻は手を差し伸べたのです。そんな霊幻に抱くモブの感情は「信頼」!モブのエネルギーはすべて霊幻へと移行し、一時的に超能力を得た霊幻はモブの代わりに敵と戦うのでした。

 

霊幻新隆の名言6:社交辞令って必要…?人間って難しい!

なぜお前がそいつらに合わせる必要がある?お前の人生の主役はお前だぞ

アニメ版『モブサイコ100』3話でのセリフです。エクボが作った宗教団体「カッコワライ」を潰したモブ。楽しそうな人たちの空気が自分のせいで台無しになってしまったとモブは悩みます。

そんなモブに霊幻が投げかけたのは「空気を読むには常識と経験が必要。存在が非常識なお前には無理」という辛辣な言葉。同時に、空気を読んで周りに合わせる必要もないのだと諭します。

そしてエクボの手口は洗脳であり、それによって笑顔にしても救われるものはいない。むしろ依存を招き人生を破滅に導く恐ろしいもの。しかし空気の読めないモブは洗脳が効かず、結果として人々を救ったことになるのです。

霊験の言葉で、モブは自分にしかできない人助けをしたのだと気が付き嬉しそうな表情を浮かべるのでした。

 

霊幻新隆の名言7:かつて贈った弟子への言葉が霊験の苦境を救う

魅力の本質は人間味だ、いいやつになれ

アニメ版『モブサイコ100』では第11話で登場したこのセリフ。超能力に悩むモブは「霊とか相談所」という看板を見て霊幻を頼ってきたのです。そして「超能力があっても一人の人間であることに変わりはなく、特徴の一つ」という言葉に感銘を受けます。

「いいやつになれ」とその時モブにかけた言葉。これは後に霊幻を救うことになります。コミックス版『モブサイコ100』9巻で、霊幻はテレビに出演したことでインチキ霊能力者として有名になってしまいます。そしてその噂はモブの耳にも。

そして詐欺を働いた謝罪の記者会見を開くはめになりますが、モブがその場でポルターガイストを起こしたことで霊幻がインチキか否かはうやむやに。モブが霊幻に力がないとわかっていながらずっと弟子でいたのは霊幻が「いい奴」だったから。弟子にかけた言葉が霊幻に返ってきたようにも感じられるシーンでした。

 

霊幻新隆の名言8:先手必勝の必殺技には超能力者にも勝る?!

正当防衛ラッシュ!!!

超能力結社「爪」の幹部「5超」の一人・島崎亮(しまざき りょう)。島崎の持つテレポート能力によるスピード、そして超能力者のエネルギーの流れを読む「超感知ゾーン“マインズ・アイ”」により戦況は圧倒的不利な状況にありました。

そこへ現れたのが霊幻新隆!超能力を持たない彼は島崎に感知されることなく近づき、繰り出した技は「正当防衛ラッシュ」!!!これは正当防衛かわからない際どい際にとりあえず正当防衛と叫んでおく霊幻の必殺技のひとつ。

物理攻撃こそ最強?!超能力同士の激戦の中繰り出された普通の連続パンチは強烈なインパクトを与えてくれました。

 

霊幻新隆の名言9:モブへの恋のアドバイス!

お前の伝えたいまま言葉にすればいいんだ。

モブの憧れの存在・ツボミちゃん。ツボミが引っ越してしまうことをきっかけに、モブは告白を決意します。しかし、恋愛経験のないモブはどうしたらいいかわからず…脳幹電波部や肉体改造部の仲間、そして霊幻にも相談します。

自分だったら小手先で勝負するけれど…モブの魅力はそんな器用さではない!そう考えた霊幻は「駆け引きをせず、ありのままの自分を見せろ」とアドバイスをします。

「お前の伝えたいまま言葉にすればいいんだ」

ツボミも、誰かから教えて貰った言葉よりモブ地震の言葉が一番うれしいはず。そして霊幻は、モブが等身大の自分でいられるようなパートナーを見つけることを願っていました。モブを本気で思う霊幻の思いやりを感じる名シーンでした。

 

霊幻新隆の名言10: 霊幻・涙の告白

そろそろ受け入れてやれ。自分を!

ツボミとの待ち合わせ場所へ向かう途中、車に引かれそうな子供を助けて大けがを追ってしまうモブ。そして意識を失ったことで力が暴走し「待ち合わせ場所へ向かう」という意思のみで動くモンスターと化してしまいます。

道行くものを破壊しながら進むモブ…これまで戦ってきた強力な敵や仲間を以てしてもモブを止めることはできません。モブもまた、止まらない暴走する自分の力に苦しんでいました。最後にモブを止めようと立ちはだかったのは霊幻。

霊幻はモブがツボミに合う前にどうしても言いたいことがありました。「俺は何の力もないんだ」!あった時から嘘をつき、モブの力を利用していたと告白します。そして、嘘で始まった関係だったとしても、いつしかモブは霊幻に取ってかけがえのない存在となっていたのです。

噓の中に紛れていた霊幻の真心

多くの嘘をつき、モブを利用してきた霊験ですが「超能力が特別なものじゃない」という教えは本心からのものでした。穏やかなモブも、力を暴走させるモブもどっちもあっていい。2面性があることも普通のことだ。

「そろそろ受け入れてやれ。自分を!」

ありのままのモブでいいのだと、霊幻は出会った頃から変わらず語り掛けるのでした。

 

詐欺師なのに「いい奴」霊幻!憎めない魅力は垣間見える正直さにアリ?!

超能力のことはなにもわからないと明かした後も、霊幻とモブの関係は続いていきました。それどころか、脳幹電波部のトメは「霊とか相談所」でバイトをはじめ、覚醒ラボのメンバーも霊幻の事務所に集まるようになり…。爪の元幹部・芹沢も事務員として活躍していました。

今や霊幻のまわりは超能力者やオカルトに興味のある人々ののたまり場。平気で嘘をつく霊幻も正直な霊験も、どちらも本当の霊幻。ありのままの霊幻を慕ったメンバーがいつの間にか集まっていたのでしょう。

裏サンデーでは『モブサイコ100』のスピンオフ「REIGEN」が2019年2月現在、不定期更新中!2月19日にはREIGEN ~霊級値MAX131の男~発売予定!こちらも要チェックです。

関連記事をご紹介!

関連グッズをご紹介!

この作品はU-NEXT対象のため、31日間無料で見ることができます

動画・ア二メ見放題のU-NEXTで31日間↓完全無料視聴する↓