【ネタバレ注意】『モブサイコ100』爪編のストーリーまとめ!

『モブサイコ100』の「爪第七支部篇」の続編である「爪篇」。ここでは爪のボスの正体がついに明らかに!その圧倒的パワーにモブも大苦戦!!白熱のバトルに加えて、モブが気づいてきた絆に胸が熱くなること間違いなしです。

『モブサイコ100』爪篇とは?

「爪第七支部篇」の続編

超能力による世界征服をもくろむ結社「爪」。「爪第七支部篇」は彼らに拉致されてしまったモブの弟・律をとりもどすために爪第七支部へと乗り込むというストーリーでした。モブや霊幻、エクボやテルの働きによって爪第七支部は解体してしまいます。

その後、満を持して「爪」のボス・鈴木統一郎は世界征服へと歩を進めます。街に超能力者たちが解き放たれたことで街は大混乱。唯一無二の力を持った統一郎の野望を阻止するべく、モブをはじめとする超能力者たちが立ち上がるのでした。実の息子であるショウも、統一郎を止めようとする一派として参戦します!

「爪篇」ではこれまでよりもさらに強い敵が多数登場!!ハラハラドキドキの白熱のバトルが見どころです。そして、これまでの戦いで成長してきたモブがその力を発揮し逞しく戦うという熱い展開が見どころとなっています!

関連記事をご紹介!

【モブサイコ100】キャラの強さを勝手にランキング!最強は誰?

「モブサイコ100」に登場する個性的な超能力者達をランキング! オトメビジュアル3/9発売!!なんと念願の表紙をモブサイコ10…

爆発寸前!モブサイコ100の名言&名シーン20選!

はじめにhttps://youtu.be/yremTcEtkNE「ワンパンマン」で有名なONE先生による超能力ストーリー漫画…

爪編ストーリー1:モブの家が放火に!律も行方をくらませ

律の持つ超能力に目をつけていた「爪」のボス鈴木統一郎の息子・ショウ。統一郎が世界征服に向けて動き出したその時、対抗する戦力として律に協力を仰ぎます。その際、家を放火させてから家をあとにします。

これは、モブを狙う統一郎の部下が家族に手を出させないための作戦。自分に従わない強い超能力者を消そうとしていた統一郎の先回りをしかく乱させるためショウが気転を聞かせてのことでした。

しかし、その時家に居なかったモブはその事情を知りません。家族が放火によって殺されたと思ったモブは力を暴走させかけます。それを止めたのはエクボ。「何者かが偽装工作してお前を騙そうとしている」と家族が生きていると示唆し、モブに冷静さを取り戻させます。

モブの怒涛の追跡がスタートです!こうして、モブも統一郎の世界征服を止めるための戦いに巻き込まれていくのでした。

爪編ストーリー2:かつての敵が仲間に!霊験を筆頭に爪のボスに挑む

「爪第七支部」のメンバーはモブとの騒動後、組織を抜けていました。中学生に支部を解体させられたこと、そして霊幻により自分の能力におぼれることの愚かさを突き付けられたことで我に返り、自分の能力を人のために使おうと模索していたのです。

しかし、「爪」は裏切り行為は決して許しません。「爪」本部からの襲撃を受けた彼らは力を合わせて対抗するべくリーダーを探していました。そこで白羽の矢がたったのが霊幻!自分たちの目を覚まさせてくれた霊幻を慕って元爪第七支部のメンバーが終結したのでした。

これにテルとエクボを加え、「爪」との戦いが始まるのでした。

 

爪編ストーリー3:超能力だけが力じゃない!肉体改造部も大健闘

意識のないモブにてんてこ舞い

「誰かがモブを騙そうとしている」というのは、エクボがモブを落ち着かせるために発したハッタリでした。エクボからこの事情を聞いた霊幻は「俺も無事だと思うぞ。事情を知る誰かが先に救出した」とエクボの推測を後押しします。

エクボ言葉でひとまず何とか力の暴走を抑えたモブでしたが、その心中は不安でいっぱいだったのでしょう。霊幻の言葉を聞いた直後、安心したように意識を失います。このタイミングで5超の一人・柴田 宏(しばた ひろし)の襲撃…。超能力「サイコステロイド」で強化された筋肉はエクボがモブに憑依しても苦戦するほど。

日々鍛えた筋力の力は絶大!!

そこに居合わせたのが肉体改造部の部員たち!モブを守るべくひるまず柴田に立ち向かいます。柴田のパワーに防戦一方だった肉体改造部ですが、エクボが郷田に憑依したことで戦況は一変。これによって郷田の筋肉使用率100%!!地道に積み重ねてきたトレーニングが育てた筋肉は、超能力に打ち勝つのでした。

モブの苦手でも懸命に頑張る姿は、肉体改造部のメンバー皆に勇気を与えていました。モブがくれた勇気は自分より弱いものを傷つけようとする奴なんかに折られたりはしない!

エクボが憑依していたとはいえ、筋力で超能力をねじ伏せる…霊幻の「超能力は特別な力じゃない。個性の一つ」という言葉が実感を伴う場面でした。

 

爪編ストーリー4:「爪」の幹部5超の恐るべきパワーに大苦戦!

電波担当である羽鳥 希(はとり のぞむ)以外の5超のメンバーは戦闘向きの能力者。峯岸稔樹(みねぎし としき)はエネルギーを植物に送り込むことで急成長させ自在に操る能力で、縦横無尽に植物を出現することが可能です。最上の出現でモブとの勝負はうやむやになりましたが、攻守ともに優れた能力だったといえます!

そして盲目の青年・島崎亮(しまざき りょう)が持つのはテレポート能力。他人の行動も先を読むことができ「ボスを覗けば最強」を自称しています。バリアで攻撃を防ごうとも、バリアの中へと瞬間移動するため全く効果をなしません。

島崎の「超感知ゾーンマインズ・アイ」は超能力者のエネルギーの流れを感知する能力。攻撃を全て読まれてしまい、さすがのテルも大苦戦!しかし、これは超能力者「のみ」感知する能力。全く超能力を持たない霊幻の「正当防衛ラッシュ」であっけなく倒されてしまうのでした。

 

爪編ストーリー5:5超の中でもちょっと異質な芹沢。モブとの戦いで自分を取り戻す

芹沢克也(せりざわ かつや)は元引きこもりの超能力者。自分の力をコントロールすることができないことが原因で15年もの間部屋に引きこもる生活を送っていました。しかし統一郎と出会い、力を認められたことで彼を慕い統一郎に尽くすようになるのでした。

部屋から出る際「この傘の下が君の部屋の延長だと思えばいい」と統一郎から渡された傘を肌身離さず持っており、これを武器や縦として使用しています。5超一の力を持つ芹澤ですが、本当は気弱で優しい人柄

制御できない力に悩む芹澤に共感したモブは芹澤の友人になると宣言。芹沢が放った攻撃は、モブの感情を乗せて芹沢へと跳ね返されます。そして、モブの感情を理解した芹沢は本当の自分の気持ちに気が付くのです。

「誰かが裏で泣いてまで得られる充実なんて最初から求めていなかった」

芹沢は一度よりどころとした組織から抜けて、また一人になるのが怖かっただけだったのです。モブとの戦いを通して、芹沢は統一郎の呪縛から解放されるのでした。

爪編ストーリー6:爪のボス・統一郎と将の親子対決の行方は…

1対1なら統一郎を倒すことができると踏んでいたショウ。その自信の裏付けは3か月間エネルギーを溜めたとっておきの「チャージボム」!しかし、ショウは統一郎の能力の全容も、野望に対する執着の深さも全く理解していませんでした。

エネルギーを溜めることができる能力を持っているのはショウだけではありません。父である統一郎もまた、エネルギーを溜める超能力を持っていたのです。そしてエネルギーを蓄積した期間はなんと20年!

また、エネルギーを他人に与えることができるため、その膨大なエネルギーを使って600人もの部下にエネルギーを与え超能力の軍隊を作り上げていたのです。統一郎はまさに「エネルギーの怪物」!ショウはその力の前に敗北を悟るのでした。

 

爪編ストーリー7:モブVS統一郎の最強対最強対決!勝敗を分けたのは人の「縁」

ショウが統一郎に敗れようとしているその瞬間駆け付けたのはモブ!最初は話し合いで解決しようと試みていましたが、霊幻を攻撃されたことで怒りが爆発。絶対者としての力を持つ2人の大迫力のバトルが始まります!

普段力を制御しているモブは、統一郎との戦いで力を開放した快感にしばしおぼれます。なんでも自由になる万能感…統一郎はその本能に従って今まで生きてきたのでしょう。しかし、モブが生きてきた道統一郎とは違います。

絶対的な力は時に孤独を産むもの…でもモブの周りには、モブの力を理解し寄り添ってくれる仲間がいました。人との縁があったおかげで、モブは力に踊らされることなく生きることができたのです。この「縁」に恵まれなかった統一郎は、過ぎた力を暴走させ自爆の道を歩むのでした。

 

爪編ストーリー8:力の暴走に決死の覚悟で挑むモブ!その動機は「優しさ」

力が制御できなくなり暴走を始める統一郎。このエネルギーが外に出てきたら、周囲を巻き込んだ大爆発は免れません。これを止めるための手っ取り早い方法は、爆発が怒る前に統一郎を殺すこと。しかし、モブはこの選択はしませんでした。

仲間たちに逃げるように伝えた後、モブは統一郎の元へと戻ります。そして自分が巻き添えになることも厭わず、統一郎のエネルギーの受け皿となろうとするのです。

「嫌いな相手でも一人で苦しんでいるなんて可哀想。だから助ける」

この時、モブの心を占めていたのは「優しさ」。モブの心に触れた統一郎は、別れた妻が自分に優しくあってほしいと願っていたことを思い出します。

統一郎の暴走する力を一気に受け止めたのは、なんとモブの胸ポケットに入っていたブロッコリーの種。モブの優しさのおかげで、統一郎は一命をとりとめます。ブロッコリーは巨木となって街にそびえたつのでした。

 

人は一人では強くなれない…『モブサイコ100』爪篇で優しい気持ちに

統一郎は力におぼれるあまり、家族と心がすれ違っていました。しかしモブとの勝負に負け日本政府のエスパーに連行されていく直前、これまでの行動を謝罪しショウに歩み寄ります。

世界を支配することで、ショウと母を会わせることができると思っていた統一郎。暴走する父を母に知られる前に、自分の力でとめようとしていたショウ…。連行されるまでのわずかな時間の会話でしたが、再び家族の絆が芽生え始めるのでした。

『モブサイコ100』「爪篇」はモブが様々な感情を芽生えさせ成長するストーリーであると同時に、親子が絆を取り戻すストーリーでもあります。モブの優しさが取り持った家族の絆に心が温かくなりますね。

関連記事をご紹介!

【モブサイコ100】霊幻新隆に関する8つの基礎知識!

【その1】霊幻新隆はマジモノのインチキ霊能者!愛煙家ってだけで霊幻新隆が754934947335万倍好きになるんだがッ!!それ…

【モブサイコ100】花沢輝気は女子力大爆発イケメン超能力者だということを訴える

天才超能力者?花沢輝気ってどんなキャラクター?
でも花沢輝気は!結べる!確実に!!なんたって一人暮らし!!! pic.twit…

関連グッズをご紹介!

この作品はU-NEXT対象のため、31日間無料で見ることができます

動画・ア二メ見放題のU-NEXTで31日間↓完全無料視聴する↓