【コードギアス】ルルーシュとスザクはいつ和解した?実はまだ和解していない可能性はあるのか?

『コードギアス』のスザクとルルーシュの関係は親友でありながら水と油のような関係でもあります。それはそれぞれの生い立ちや平和に対する考え方の違いがあるからこそですが、最後まで和解しないまま終わってしまったのでしょうか?それぞれの観点から経緯をまとめて紹介していきます。

悪魔の頭脳を持つルルーシュの目的と行動

コードギアス 反逆のルルーシュ I 興道 (特装限定版) [Blu-ray]

ルルーシュはブリタニアの王子ですが、幼少期の母親の死、ナナリーの障害、スザクとの別れを経験することで自らの家系ブリタニアを恨むようになりました。元々正義感が強く虐げられている人間を見ると我慢がならないということもあり、イレブンのために立ち上がります。

悪魔的な頭脳を元々持っていたので、そこへ何でも言うことをきいてしまう「絶対遵守」のギアスが加わったことで鬼に金棒となりました。そして自らをゼロと名乗り「黒の騎士団」を立ちあげると、ギアスと戦略を上手に融合させてブリタニア軍を追い詰めていきました。

ルルーシュの目的は世界平和です。ブリタニアもイレブンも分け隔てなく平等に暮らせる世界をずっと望んでいました。その目的のためには犠牲は問わない覚悟で突き進んでいました

関連記事をご紹介!

【コードギアス】ルルーシュ・ランペルージは愛されダークヒーロー!魅力が分かる12個の知識!

コードギアスの主人公!ルルーシュ・ランペルージとは?
容姿端麗、頭脳明晰な青年!

世界の3分の1を支配する…

圧倒的身体能力を持つスザクの信念と行動

スザクはイレブンでありながらもブリタニア軍の一員となったのですが、そこから出世街道をまっしぐらといった感じで駆け上がっていました。その要因となったのは、やはりランスロットで上げた成果の数々だと思われます。

スザクの武器は圧倒的な身体能力にあります。反応速度が常人の数倍速く肉体的にも精神的にも強いです。そのためランスロットの扱いもまるで自らの手足を扱うかのように精密で力強いです。もちろん生身の状態での超人ぶりも発揮され「誰か勝てる人いるの?」と思わせるほどです。

スザクの目的は世界平和を目指すというところにありますが、いささか頭が固すぎるという感じもします。正義という言葉にとらわれ過ぎて、自己犠牲になっても構わないという心構えなので目的を果たす前に死んでしまうのでは?と思ってしまいます。

関連記事をご紹介!

【コードギアス】枢木スザクはルルーシュの親友でありながら恨みを持つ騎士!魅力が分かる12つの知識!

枢木スザクのプロフィール

枢木(くるるぎ)スザクは、『コードギアス』のもう1人の主人公です。生年月日は皇歴2000年…

ルルーシュとスザクとの出会いや関係

コードギアス 反逆のルルーシュ外伝 白の騎士 紅の夜叉(1) (角川コミックス・エース)

ルルーシュとスザクは幼い頃に出会っています。まだイレブンではなく日本だった頃に親友となるのですが、そこから日本侵略が進んでしまい離れ離れになりました。そして数年後に出会うことになりましたが、それはアシュフォード学園の同級生としてでした。

出会うまでの間にそれぞれの歩んできた道が異なっていたために、ルルーシュはブリタニアを潰すために動き、スザクはブリタニアの敵を排除するために動いていました。そのため「黒の騎士団」ゼロの正体がルルーシュであることを知らずに普通の友人としてスザクはルルーシュと接していました。

ルルーシュはスザクが敵でいることを知っているために動きづらく、本来なら自らの味方に引き入れたくて仕方がありませんでした

ルルーシュの正体がスザクにバレた瞬間

ルルーシュが「黒の騎士団」ゼロであることがスザクにばれてしまったのは、25話の神根島での戦いの時でした。祭壇の上でスザクがゼロに向かって銃を向けると仮面に向かって発砲しました。そして仮面はそのまま壊れ落ちてしまいます。

仮面の下に現れた顔はルルーシュで、それを見たカレンは驚き、スザクは「やはり…」と口にしました。スザクは大分前からゼロはルルーシュなのかもしれないと気づいていたようです。そして仮面が取れたことで疑いは確信へと変わりました。

正体が分かった瞬間にスザクの許さないという気持ちが湧きあがっていました。それはギアスによって大量虐殺をしたユーフェミアの死が怒りの源にありました。

ルルーシュとスザクとの戦いや共闘

ルルーシュとスザクは何度も敵同士として戦いを繰り広げてきましたが、それはランスロットに乗ったスザクと「黒の騎士団」ゼロであるルルーシュとの戦いです。ルルーシュが数々の作戦を立ててブリタニアの上層部を打ち砕いてきましたが、ここぞという時に戦況をひっくり返すのはスザクでした。

スザクのランスロットの性能と操縦の力で圧倒的不利な状況も打破してしまうから、ルルーシュは作戦を成功させるに至らないことが度々ありました。しかし学生同士として振舞っている時は共闘もしています。ナナリーがギアス能力者のマオに誘拐された時です。

この時は流石に親友と思わせるほど息のあったコンビネーションで心を読む能力を持つマオの裏をかいてナナリー奪還に成功しました。良くも悪くも好敵手なふたりだということが見ていてわかります。

ルルーシュのギアス「生きろ」の意味とは?

19話「枢木スザクに命じる」でルルーシュとスザクがシュナイゼルから攻撃を受ける時にルルーシュはスザクにギアスをかけてしまいます。それはたった一言「生きろ!」でした。しかしこのギアスは自己犠牲も構わない考えのスザクにとって酷なものでもありました。

命令のために死を選ぼうとしても死ねないのです。潔い死を選ぼうとしても体が勝手に反応して生き延びる選択してしまいました。そして逆境になっても決してあきらめない力が沸き起こるのでルルーシュの敵としても相当厄介なものにもなっています。

しかしルルーシュは唯一の親友だからこそ操ったりするようなギアスを掛けなかったのです。様々なものにとらわれ過ぎているスザクに真っすぐに生きてほしかったからこその願いも込めてのギアスでした。

ルルーシュとスザクは和解した?していない?

ルルーシュとスザクの関係は結末から見ると和解されたことになります。最終話で「ゼロレクイエム」が行われる際にこの計画の全貌をルルーシュはスザクに話して承諾を得ていました。そして実行されるのですが、ルルーシュの後を引き継がなければならないという意思がスザクには残されていました。

ルルーシュはスザクと形は違えども世界の平和を望んでいました。そのことをスザクも理解し、ルルーシュの意思を尊重したため最終話の結末へと繋がりました。その後の展開は、2019年2月9日公開の『コードギアス 復活のルルーシュ』で描かれてくるのかもしれません。

ルルーシュとスザクの壮絶な最後

最終話ではルルーシュが全てを終わらせるために考えた計画がありました。それが「ゼロレクイエム」でした。ルルーシュが両親を消滅させた後、ブリタニアの絶対国王になるのですが、先代が行っていた政治活動とは全く異なることを次々に強行しました。

誰もが平等に暮らせる世界を作るために、今まで作り上げたものを無に返すような内容ばかりでした。そしてあらゆる行為を力と能力でねじ伏せたことで反乱軍も出ることになりますが、それも全て計画通りでした。ルルーシュは反乱軍の最高責任者であるナナリーに新たな国王になって欲しかったのです。

そのために世界の恨みを自分に集めて、最後はゼロになりすましたスザクの手によって自らの命を絶たせました。これはスザクも承知の計画だったので、複雑な気持ちでいっぱいでした。

ルルーシュはスザクのためにも完全な悪として振舞った

コードギアス 反逆のルルーシュ 5.1ch Blu-ray BOX (特装限定版)

ルルーシュとスザクを比較すると全く違う性格の持ち主ですが、最終的な目的は同じだということが分かります。差別なく同等の立場でみんなが暮らせる世界を望んでいたのです。しかしルルーシュはブリタニアの王子でスザクは支配されているイレブンです。

立場が違うのですが、どちらも最初は最下層の人間でした。そこから自国とは逆の国に肩入れするという不思議な展開になりますが、ふたりは常にどこかで繋がっていました。ナナリーという存在がふたりのかけ橋になっていることも事実で、お互いの立場など関係なく付き合っているような感じでした。

最終話では「ゼロレクイエム」が行われることで、ルルーシュが思い描いた世界平和を実行するためにナナリーとスザクを利用する形となりましたが、スザクはルルーシュの意思を継ぐことを決意していました。やはり最後までふたりの関係は切っても切れないものだったのです。

こちらの記事もおすすめ!

【コードギアス】スザルルの公式エピソードをご紹介!運命に翻弄されたルルーシュとスザクの関係がアツい!

【コードギアス】ルルーシュとスザクってどんなキャラ?
頭脳明晰、容姿端麗で結果のみ追い求めるルルーシュ×運動神経抜群で結果よ…

【コードギアス】ギアス能力者強さランキング!全ギアス最強は誰だ!?

ルルーシュ反逆の歴史!「コードギアス」とは?出典:https://shop.r10s.jp

シンは「コードギアス 亡国のアキ…

公式アイテムをご紹介!