【コードギアス】ユーフェミア・リ・ブリタニアは正に悲劇の皇女!血染めのユフィの魅力が分かる9つの知識!

『コードギアス』最悪の悲劇を生み出したとされるのがユーフェミア皇女です。ユーフェミアを知れば知るほど物語も面白く感じます。何故血染めのユフィと呼ばれたのか?スザクやルルーシュとの関係はどのようなものだったのか?などを中心に詳しく紹介していきます。

真っすぐすぎる皇女ユーフェミア・リ・ブリタニア

【Amazon.co.jp限定】 コードギアス 反逆のルルーシュII 叛道 (新規描き下ろしスチールブックケース付) [Blu-ray]

ユーフェミア・リ・ブリタニアは、第2皇女コーネリア・リ・ブリタニアの妹でルルーシュとは異母兄弟になります。ユフィの愛称で親しまれ、姉とは違い戦場に立つことはなく学生生活を送っていました。しかしクロヴィスが死んでしまったことでコーネリアスの補佐として副総督という役職に就きます。

明るくどんなことにも真っ直ぐに立ち向かおうとする姿勢が見られ、誰に対しても平等に優しく対応をしています。普段は姉の陰に隠れているような存在ですが、頑固で負けん気の強い面もありはっきりと自分の意思も伝えようとします

誰もが幸せに暮らせる「やさしい世界」を作ることを目的としていて、同じブリタニアの皇族の中でこのような考えをするのは虐げられてきたルルーシュとナナリー以外にいませんでした。

関連記事をご紹介!

【コードギアス】シャーリー・フェネットはルルーシュに恋心を抱く少女!魅力が分かる9つの知識!

シャーリー・フェネットのプロフィール
https://twitter.com/ruquia28qma/status/1015…

【コードギアス】名言・名シーン18選!厨二病全開の名言から迷言まで!

厨二心をくすぐられる名作!コードギアスはどんなアニメ?

「コードギアス 反逆のルルーシュ」は、サンライズ制作で200…

ユーフェミア・リ・ブリタニアの知識1:意外と天然?読めない性格

ユーフェミアは皇女という立場であるながらも意外にも庶民的な考えの持ち主です。他の兄弟はどうみても生まれながらの王族ですと言う立ち振る舞いをしていて、発言や行動にそれが現れています。

しかしユーフェミアは自分が皇族であることを武器にしようとはせず、一般人と同じだという感覚で常にいます。そのため取る行動も予測不能で周りの人間も振り回されていることも確かです。思い立ったら即行動!というのがふさわしいかもしれませんね。

純粋でまっすぐだからこそルルーシュとも話が合いましたし、幼い頃に好きになったのもわかる気もします。天然に見えるのですが、指揮官として動くときはしっかりとした意思をもって指示を出したりしているので、やるときはやる女性ということです。

ユーフェミア・リ・ブリタニアの知識2:ルルーシュやスザクとの関係

コードギアス COLLECTION コードギアス反逆のルルーシュ R2 DVD-BOX

ユーフェミアとルルーシュの関係は、同じ皇族として幼いころに何度か遊んだことがあります。その頃にお互いに好きだったようで、数年後に出会っても懐かしく思い返す場面がありました。

ルルーシュが皇族の中で一番仲が良かったのがユーフェミアで、同じ価値観で物事を見れているので気が合うのがわかります。スザクですが、ユーフェミアが初めて本気で好きになった男性といった感じです。

ルルーシュのことも好きですが、それは幼い頃の好きという感情で、大人になってからの感情とはまた違います。ユーフェミアがイレブンであるスザクを受け入れるということは周囲の人間からすると驚きでしたが、差別を嫌うユーフェミアだからこそ周囲の目など気にしないといった様子でした。

ユーフェミアにとってルルーシュもスザクも大事な人間であり、ふたりともユーフェミアに対しても同じ感情なのでとても良い関係が作られていました。

ユーフェミア・リ・ブリタニアの知識3:ユフィの描く平和の形

ユーフェミアはルルーシュと向かっている方向は同じでした。日本人がイレブンとして不当な扱いを受けていることをまずどうにかしたいと思っていました。そのため行政特区日本を作る計画を立てました

「みんなに優しい世界」を作ることが目的だったので、ルルーシュもその提案には賛成でした。皇族でありながらも差別しないで平等に見れるユーフェミアだからこそブリタニアの現状がおかしいと考えていたのでしょう。

ルルーシュのように反骨精神があってブリタニアを変えようと言うのは分かりますが、ユーフェミアのように幼い頃から絶対権力を持つ皇族として育てられたのにこの考えは同族から反感を生んでしまうものです。

行政特区日本の計画は失敗し、汚名を着せられることになりますが、親しい人間は恨むことはしていませんでした。

ユーフェミア・リ・ブリタニアの知識4:ゼロの秘密を知っている

ユーフェミアは作中で早々にゼロの正体に気づいていました。それはホテルジャックの事件で黒の騎士団に助けられた時でした。ルルーシュが初恋の相手ということもあり、やはりルルーシュの特徴を誰よりも知っていたからこそかもしれません。

そのことは後に神根島に飛ばされてルルーシュと二人きりになった時に語られましたが、ゼロの正体は誰にも話していませんでした。ルルーシュの複雑な育ち方も視野に入れていたのかもしれませんし、ルルーシュだからこそ意味があってのことだと思っていたのでしょう。

やさしい心の持つ主でもあるので、ルルーシュの正体を明かしてしまったら死罪は免れないからそれを避けたかったのかもしれません。

ユーフェミア・リ・ブリタニアの知識5:何故ギアスにかけられた?

ユーフェミアはルルーシュからギアスをかけられてしまい暴走状態になってしまいます。何故ルルーシュはギアスをユーフェミアにかけてしまったのでしょうか?それはルルーシュにも予測不能の出来事だったのです。何気ないユーフェミアとの会話で冗談で放った一言が原因となります。

これまではギアスの能力を自分の意思で管理できていたルルーシュでしたが、ギアス能力の使いすぎで能力の制御が難しくなってきていました。そして自分の意思とは関係なくギアスの能力が発動してしまったのです。ユーフェミアにはギアスをかけるつもりはなかったのにかかってしまった。

これはルルーシュの大誤算でもありました。冗談の一言がそのまま命令となってしまいユーフェミアはそのまま命令に従って動いてしまいました。

ユーフェミア・リ・ブリタニアの知識6:血染めのユフィの理由とは?

ルルーシュの意図とは別に起こってしまったギアス能力の発動で、ユーフェミアは大勢のイレブンが待つ会場へと向かいます。そして何をするのかと思うと…まさかのイレブンに向けての銃の発砲。ルルーシュが冗談で話した一言は「日本人を殺せ」でした

その命令の元で自ら率先して次々と日本人を虐殺し、部下にも命令したものですから会場は混乱の渦に包まれます。この大量虐殺を行ったことで血染めのユフィが出来上がりました

これにはルルーシュもまさか…といった様子で冷静な判断ができなくなっていました。普段のおっとりとした性格と可愛らしい容姿からは想像ができない虐殺ぶりに怖い…と感じてしまう瞬間でもあります。

ユーフェミア・リ・ブリタニアの知識7:死亡?生存の可能性はある?

ユーフェミアの暴走は自らの責任だと感じたルルーシュは、このままではいけないと思い苦渋の決断の末にユーフェミアを撃ちます。重症を負ったユーフェミアはスザクに救われるのですが瀕死の状態でした。

ここでギアスの能力は解けて正常に戻るのですが、自らが打ち立てた行政特区日本がきちんと受け入れられたのかが気になっていました。虐殺したことは記憶になかったので、スザクも複雑な心境でした。

しかし嘘をついて、行政特区日本の計画はうまく行ったことを伝えるとユーフェミアは静かに息を引き取りました。その後エリア11に慰霊碑が建てられたので死んでしまったと言えます。

ユーフェミア・リ・ブリタニアの知識8:かなり衝撃的な名言

ユーフェミアは、姉のコーネリアスとは違い強い皇女という感じではありません。しかしやるときはやる!という芯の強い部分もあります。だからこそ、ここぞ!というときの発言ははっきりとした意思を感じるものもあります。見た目とは違う名言があるので紹介していきます。

「日本人を名乗る皆さん、お願いがあります。死んでいただけないでしょうか?」

これは行政特区日本を立ち上げた式典で起こった悲劇と言えます。ルルーシュのギアスが暴走したことで起こってしまった絶対遵守の力で「日本人を殺す」という行動だけにユーフェミアは動きました。

サブマシンガンを手にして優しい口調で大虐殺を次々と行いました。虫も殺せなさそうなユーフェミアがおっとりとした感じでこの言葉を口にするから怖さが増してきます。ルルーシュとしては複雑な気分だったと思います。

自分のせいですべてをぶち壊して、数少ない大事な人を裁かなくてはいけなくなったのですから。結果ルルーシュの手で殺されることになるのですが、ユーフェミアは一体何のために生きてきたのだろうか?と思わされてしまいます。

「私を好きになりなさい!その代わり私があなたを大好きになります」

スザクに対する命令で放った一言ですが、実に真っすぐな告白だと思います。スザクはユーフェミアとは身分が違うから、いくら自分に興味を抱いたとしても一緒になるのは無理だと思っていました。

そして簡単に自分を犠牲にしてしまうスザクだからこそ、ユーフェミアからすると不安で仕方がありませんでした。そんなスザクを引き留める意味でもこの言葉は絶大な効果を発揮します。

スザクは守る人を手に入れたことで戦う理由というものが明確になりましたし、生きて帰ってきたいと思うようになったに違いありません。半分死人のように魂の抜けていたスザクにとってユーフェミアの存在は輝かしい太陽のようです。

女性の口から上から目線でこんなにストレートな言葉で告白されると、どきどきしてしまいそうですね。

ユーフェミア・リ・ブリタニアの知識9:声優は南央美さん

ユーフェミアの声優を担当しているのは南央美さんです。ユーフェミア以外にも『おじゃる丸』のアカネ、ニコリン坊や『機動戦艦ナデシコ』のホシノ・ルリ、『しましまとらのしまじろう』のしまじろう、『ドキドキ伝説 魔法陣グルグル』のニケなど子供向けアニメのキャラクターが多いです。

2012年4月14日に同業者であるうえだゆうじと、株式会社ポマランチを設立し独立しました。

誰も望まなかったユフィの最後

ユーフェミアは自らが育ったブリタニアという国そのもののやり方に疑問を持っていました。日本人を制圧してイレブンとしてまるで奴隷のような扱いをすることを何よりも嫌がっていたのです。これはルルーシュと同じ考えで、みんなにやさしい世界を作ることが目的でした。

そのために自分には何ができるのか?そのことを考えて行政特区日本を作ることを打ち出しました。これはルルーシュも賛同して成功を願っていました。しかしその式典の中でルルーシュのギアスの暴走により、ギアスの力でまさかの日本人大量虐殺

この事件で血染めのユフィとなってしまいますが、本人の意思ではないために可愛そうな存在でもあります。最後は行政特区日本が成功したと思いスザクに看取られるという悲劇です。

関連記事をご紹介!

【コードギアス】ルルーシュとシャーリーの関係は?好きから死亡に至るまでの経緯を紹介!

【コードギアス】ルルーシュとシャーリーって?
シャーリーはルルーシュに想いを寄せる一途な少女!
https://twitt…

【コードギアス】ルルーシュ・ランペルージは愛されダークヒーロー!魅力が分かる12個の知識!

コードギアスの主人公!ルルーシュ・ランペルージとは?
容姿端麗、頭脳明晰な青年!

世界の3分の1を支配する…

関連グッズをご紹介!