【HUGプリ】キュアエールはみんなと明日を目指すヒーロー!魅力が分かる7つの知識!

2018年から2019年にかけて放送されたテレビアニメ『HUGっと!プリキュア』。その中に登場するキュアエールは、主人公・野乃はながプリキュアへと変身した姿。新学期にラヴェニール学園へと転校してきた中学2年生の女の子で、「イケてる大人のお姉さん」になることを目指しています。そんなキュアエールに関する知識の数々をご紹介していきます!

「HUGプリ」キュアエールとは?

HUGっと!プリキュア vol.1 [DVD]

「HUGプリ」こと『HUGっと!プリキュア』は、2018年から2019年にかけて放送されたテレビアニメ。2004年に放送された『ふたりはプリキュア』を始まりとした「プリキュアシリーズ」の通算15作目にあたる作品で、13代目のプリキュアチームの活躍が描かれます。

今作では「子どもを守るお母さん」「ヒロイズム」「子育て」「お仕事」がキーワードになっており、タイトルの「HUG」は抱きしめるのハグを意味していると同時に「はぐくむ」のハグも意味しています。絶望してしまった人の心を抱きしめ、「自分らしさ」「やりたいこと」を大事にしながら輝く未来へとともに歩んでいこうとするプリキュアたちの姿、そして母性を安易に礼賛することなく、「子ども(=未来)」を社会みんなで育てていこうとする登場人物たちの姿が丁寧に描写されています。

HUGっと!プリキュア vol.3 [DVD]

不思議な赤ちゃんのはぐたんと、その世話係のハムスターであるハリハム・ハリーが未来からやってきたことをきっかけに、はぐたんの持つミライクリスタルを奪い、未来の消滅を目論む悪の組織・クライアス社とプリキュアたちが戦うことになる本作。キュアエールは、本作の主人公・野乃はながプリキュアへと変身した姿です。新学期にラヴェニール学園へと転校してきた中学2年生の女の子で、「イケてる大人のお姉さん」になることを目指しています。

ここからは、そんなキュアエールに関する知識の数々をご紹介していきます!

キュアエールの知識1:声優は引坂理絵さん

キュアエールの声は、声優の引坂理絵さんが担当。2017年に放送された前作『キラキラ☆プリキュアアラモード』では、サブキャラクターのヤパパ役や光岡じゅんこ役、その他端役を演じた経験があり、引坂理絵さんにとってキュアエール役がアニメ初主演。その役に決まったときは、嬉しいと思うと同時に驚き、朝までずっと泣いてしまうほど大泣きしてしまったそう。

キュアエールに自分に似ているところを見つけて共感したものの、序盤の収録現場では「みんなに愛される主人公を演じられるだろうか」と不安になることも多かったと言います。他のキャストとの技量の差も感じてスランプに陥りながらも、キュアエールには自分と同じような弱さも苦悩もあることも理解し、それを乗り越えていきました。後述する最終話では、大人になった野乃はなの出産シーンを、初主演とは思えないほど見事に演じきっていました。

キュアエールの知識2:変身バンクがかわいい

変身ヒロインものといえば、変身バンク(変身シーンの動画が何度もアニメの中で流用されること)がつきもの。野乃はながキュアエールへと変身するシーンはまさしく「かわいい!」の一言なのです! ミライクリスタルをプリハートにセットした後に、それをでんわモードからハートモードへと変形させ、「はーぎゅー!」と胸の前で温めるようにしてボタンをタッチ。

はなのコスチュームが「チアガール」と「花」をイメージしたようなものに変化し、濃いピンク色の髪も薄いピンク色のふわりとした髪に変化。そして「輝く未来を抱きしめて!! みんなを応援! 元気のプリキュア! キュアエール!」と片足立ちでポーズを決めるのです。シンプルながらも1つ1つの演出が凝っており、キュアエールの可愛さと元気の良さを十二分に感じられます!

キュアエールの知識3:「自分には何もない・・・」等身大の悩みを抱える姿

いつも元気いっぱいな野乃はなですが、当然大きな悩みを抱くことだってあります。「はぐくみフードフェスティバル」で、はながたこ焼き屋のお仕事体験をすることになったときのこと。そこで、同じプリキュアである薬師寺さあや輝木ほまれに比べて自分は未熟で、特別な才能も能力も持ち合わせていないことを思い知らされてしまったはなは、「自分には何もない・・・」と深く落ちこんでしまいます。

未来を信じることに迷いが生まれたはなは、プリキュアに変身することができなくなってしまいます。周りに大きな迷惑をかけてしまい、強い自責の念と自己嫌悪に襲われるはな。しかし、母のすみれに「悩むのは、はなが少し大人になった証拠」と優しく励まされ、心配してわざわざ家にまで来てくれたさあやとほまれからも励まされ、笑顔を取り戻していきます。

その後、クライアス社の社員であるチャラリートが、オシマイダーという怪物と化してはなの前に現れます。キュアエールへと再び変身することができたはなの心から、ミライクリスタル・ローズプリキュアの剣が生まれ、はなはオシマイダーに剣を振り下ろそうとします。そのとき、はなはオシマイダーとなったチャラリートの中に激しい怯えがあることに気がつき、剣をとめます。

「これはわたしのなりたいプリキュアじゃない」と気がついたはなは、「何もかも上手くできない自分」への嘆き、劣等感に苛まれているチャラリートを優しく抱きしめます。そして「必要なのは剣じゃない」というはなの想いに応えて、剣はメロディソードへと姿を変えます。敵を斬り捨てるのではなく、理解して抱きしめるための力。はな・さあや・ほまれは「プリキュア・トリニティコンサート」によって、チャラリートを見事に浄化することに成功したのでした。

キュアエールの知識4:自分らしく生きようとする人を応援するヒーロー

キュアエールは、自分らしく生きようとする人を全力で応援する姿がとてもカッコいいんです。たとえば、「女の子だってヒーローになれる」というテーマを掲げたファッションショーを手伝うことになったときのこと。後に「キュアマシェリ」として覚醒することになる小学生・愛崎えみるを、兄の正人が強制的に連れ帰ろうとします。

「女の子がヒーローなんておかしい」と言う正人に対し、はなは「誰の心にだってヒーローはいるんだよ! 人の心を縛るな!」と激昂。男らしさや女らしさに囚われず「自分のなりたい自分」を貫く男子・若宮アンリも正人に反論し、プライドを傷つけられた正人は、クライアス社の社員によってオシマイダーへと変貌させられてしまいます。

オシマイダーの攻撃から周囲の人を守り、捕まってしまったアンリは「これボク、お姫様ポジションになっちゃってない?」とピンチながらもジョークを口にします。キュアエールへと変身したはなは「いいんだよ! 男の子だってお姫様になれる!」と声をかけ、オシマイダーを浄化すべく戦いを挑むのです。

この世界に存在するきっと多くの人が「こうならなければならない」「そうなれない自分はきっとダメな人間なんだ」という想いに囚われ、悩んだ経験があるはずです。キュアエールはそうした「〜でなければならない」という人を縛ろうとするものを振り払い、その人自身の心を抱きしめて、「縛られなくていい。自分らしく生きていけばいい」と全力で応援するヒーローなのです。

キュアエールの知識5:学校で孤立してしまった過去

実は野乃はなには、ラヴェニール学園に転校する前に通っていたシャインヒル学園でいじめられていた過去があります。はなはエリという友人がいじめを受けるようになったときに「やめて! みんなカッコ悪いよ!」と庇い、その代わりにいじめを受けて孤立するようになってしまったのです。エリはそんなはなを助けることができず、そのことをずっと悔やみ続けていました。

はなはいじめを受けた後、母親から励まされ、転校した後にはなの過去を知ったプリキュアの仲間たちからも励まされます。ずっと自分のしたことはただのお節介で、エリに嫌われてしまったのではないかと悩み続けていたはなは、エリに会ったときに「わたし、謝ってほしいなんて思っていないよ。許すとか許さないとかそういうのじゃない、ただわたし、エリちゃんの事やっぱ好きだからさ、また友達になりに来たんだ」という気持ちを伝え、はなとエリは過去から一歩前へと踏み出すことができたのでした。

キュアエールの知識6:気になるジョージ・クライとの関係は?

ジョージ・クライは、野乃はなの前に現れて謎めいたことを語っては「またね」と言って去っていく不思議な男性。はなは彼に淡い恋心を抱いていたのですが、物語の途中で彼こそがクライアス社の社長であったことが発覚。時間を停止させることで、誰も傷つくことなく幸せに浸り続けられる世界をつくろうとしているジョージと対立することになります。

実はジョージには、はなに対して個人的な思い入れがありました。ジョージには異なる未来のはなを愛した過去があったのです。異なる未来のはなは、テレビアニメ第1話目のはなのように前髪を長く伸ばした髪型をした女性で、作中の描写から推測するに、プリキュアの剣を持って希望と笑顔が溢れる理想郷を実現しましたが、やがて人々から疎んじられ、異端として排斥されてしまったようだったのでした。

最終的にジョージは、はな、そして未来を信じる人々の心に敗れます。はなは崩れゆくビルの中でジョージを見つけ出し、未来へ一緒に行こうと誘います。「無理だよ。僕は未来を信じない」と言うジョージに対し、はなは「本当に未来を信じてないなら、どうしていつもわたしに『またね』って言うの?」と問いかけます。ジョージははなに見えないように涙を一筋流しながら、「君は本当に素敵な女の子だね。またね」と言ってはなの前から姿を消し、時間の進んでいく世界を生きることを決めたのでした。

キュアエールの知識7:未来ではみんなを応援できる職業に!

最終回では、11年後の野乃はなの姿が描かれています。元気で明るくてちょっと抜けたところもある性格はそのまま、大企業アカルイアス社の社長に就任したはなは、新ショップのデザインに自信を持てない社員に「誰が何と言おうとわたしはあなたたちを信じる! 何かあった時はどーんと任せろ!」と言ってしまえるような頼もしい大人へと成長していました。

はなは妊娠中で出産を間近に控えており、会社で部下と話していたときに陣痛が始まってしまいます。医者になったさあやに励まされながら、はなは娘を出産。そのシーンは子ども向け番組であることが驚かれるほど長く描かれており、まるで未来を産み出していくことがこんなに大変で、貴いものであることを表しているかのようでした。

ちなみに、はなの結婚相手が誰だったのかについてははっきりとは描かれていません。しかし、それを推測できるヒントは散りばめられています。はなの出産している病室にはクラスペディアの花が飾られていて、はなの結婚相手と思しき(顔は見えない)男性もまたクラスペディアの花束を持っています。

このクラスペディアの花はジョージがはなに贈ろうとした花で、いわばジョージのことを象徴している花。最終話のエンドカードにもジョージがこの花を持っている姿が描かれており、これらのことから推測するに、はなはクライアス社の社長であったジョージとは異なる今の未来のジョージと結婚したのだと思われます。

キュアエールはみんなと未来へと進み続けるヒーロー!

HUGっと!プリキュア キュアエール クッションカバー 45×45cm

ここまでキュアエールに関する知識の数々をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

「フレフレわたし! フレフレみんな!」と言って、自分とみんなが幸福に生きていくことを応援できるキュアエールは本当にカッコいいヒーローですよね。キュアエールは、2019年3月公開予定の『映画プリキュアミラクルユニバース』にも登場することが明らかにされています。そちらの方でのキュアエールの活躍に期待です!

関連記事をご紹介!

プリキュア最強は誰?伝説の戦士強さランキングTOP20!

プリキュア強さランキング!気になる歴代プリキュア№1は!?
最強すぎるプリキュアが多すぎてぶっちゃけありえない!

『スター☆トゥインクルプリキュア』に登場するプリキュア声優まとめ!

今度は宇宙が舞台!?『スター☆トゥインクルプリキュア』とは?

『スター☆トゥインクルプリキュア』は「プリキュアシリー…

公式アイテムをご紹介!