【HUGプリ】キュアアンジュはみんなを癒す学園の天使!魅力が分かる9つの知識!

2018年から2019年にかけて放送されたテレビアニメ『HUGっと!プリキュア』。その中に登場するキュアアンジュは、主人公・野乃はなのクラスの学級委員長である薬師寺さあやがプリキュアへと変身した姿。「学園の天使」と呼ばれるほどに優しくて穏やかな性格の少女で、自分の進むべき道に思い悩みながら、やがてひとつの夢を叶えていくことになります。そんなキュアアンジュに関する知識の数々をご紹介していきます!

「HUGプリ」キュアアンジュとは?

HUGっと!プリキュア vol.1 [DVD]

「HUGプリ」こと『HUGっと!プリキュア』は、2018年から2019年にかけて放送されたテレビアニメ。2004年に放送された『ふたりはプリキュア』を始まりとした「プリキュアシリーズ」の通算15作目にあたる作品で、13代目のプリキュアチームの活躍が描かれます。

今作では「子どもを守るお母さん」「ヒロイズム」「子育て」「お仕事」がキーワードになっており、タイトルの「HUG」は抱きしめるのハグを意味していると同時に「はぐくむ」のハグも意味しています。絶望してしまった人の心を抱きしめ、「自分らしさ」「やりたいこと」を大事にしながら輝く未来へとともに歩んでいこうとするプリキュアたちの姿、そして母性を安易に礼賛することなく、「子ども(=未来)」を社会みんなで育てていこうとする登場人物たちの姿が丁寧に描写されています。

HUGっと!プリキュア vol.4 [DVD]

不思議な赤ちゃんのはぐたんと、その世話係のハムスターであるハリハム・ハリーが未来からやってきたことをきっかけに、はぐたんの持つミライクリスタルを奪い、未来の消滅を目論む悪の組織・クライアス社とプリキュアたちが戦うことになる本作。キュアアンジュは、薬師寺さあやがプリキュアに変身した姿。主人公・野乃はなのクラスの学級委員長で、優しくて穏やかな性格の持ち主です。

ここからは、そんなキュアアンジュに関する知識の数々をご紹介していきます!

キュアアンジュの知識1:声優は本泉莉奈さん

本泉莉奈(ほんいずみ・りな)さんは、81プロデュースに所属する声優。1993年2月4日生まれの26歳(2019年3月現在)で、福島県出身。身長158㎝で、血液型はA型。通常版の『お見合い相手は教え子、強気な、問題児。』の斉川菜乃役、『ネルケと伝説の錬金術士たち 〜新たな大地のアトリエ〜』のネルケ・フォン・ルシュターム役などをこれまでに担当しています。

本泉莉奈さんは収録を進めていくなかで、薬師寺さあやの意外な一面がどんどん見えてくるようになったのが楽しかったそう。自己表現をあまりしない子なのかと思いきや、好きなものには一直線だったり、負けず嫌いだったりと「天使」らしくない一面が徐々に見えるようになってきて、アドリブについても「もっと、こういう方向にも振れるのではないか」と選択肢も増えて、冒険ができるようになっていったそうです。

キュアアンジュの知識2:変身バンクがかわいい

変身ヒロインものといえば、変身バンク(変身シーンの動画が何度もアニメの中で流用されること)がつきもの。薬師寺さあやがキュアアンジュへと変身するシーンは、とてもかわいくて美しいんです! ミライクリスタルをプリハートにセットした後に、それをでんわモードからハートモードへと変形させ、「はーぎゅー!」と胸の前で温めるようにしてボタンをタッチ。

さあやの衣装が白と水色を基調としたその名前の通りの「天使」をイメージしたようなものへと変化し、髪はボリュームが増えて、落ち着いた青色から透き通るような水色へと変化。そして「輝く未来を抱きしめて!! みんなを癒す!  知恵のプリキュア! キュアアンジュ! 」と言って、片膝立ちをした美しいポーズを決めるのです。キュアアンジュの清廉な魅力のつまった変身シーンです!

キュアアンジュの知識3:羽をイメージした必殺技

キュアアンジュにはいくつかの持ち技があります。たとえば、プリハートを使用した初期技の「ハートフェザー」。「フレフレ!」と言いながら胸の前で手を組み、大きなハートを描いてバリアを出す技です。防御に使えるのはもちろんのこと、敵に向かって放つことでダメージを与えることも可能です。

他にも、アンジュハープを用いた「フェザーブラスト」という攻撃技もあります。アンジュハープを奏でて、自身の背中に生えた翼を無数のエネルギー弾へと変化させて放つ技で、対象を包み込んで消滅させることが可能です。

キュアアンジュの知識4:優しくて人当たりの良い「学園の天使」

「学園の天使」と呼ばれるほどに優しくて穏やかな性格の薬師寺さあや。美人で学年トップの成績をとるほどの優等生で、クラスメートからの信頼も厚いさあやですが、前述した通り、意外ととても負けず嫌いな一面もあるんです。たとえば、保育士のお仕事体験をしたときのこと。専門書をしっかりと読んで予習をしてきたさあやは、子どもたちのお世話を上手くこなしていっていました。

しかし、後に「キュアアムール」へと覚醒することになるルールー・アムールもこっそりとさあやの本を読んでおり、2人の間では周りもびっくりしてしまうほどの園児分析バトルが勃発。何をやっても持ち前の分析力で一歩上手をいってしまうルールーに対抗心を煽られたさあやは、「やりますわね!」と普段使わないような言葉遣いで話すようになり、ルールーと「フフフフ・・・」「フフフフフ・・・」と不敵に笑いあったりもしたのでした。

関連記事をご紹介!

【HUGプリ】キュアアムールは愛を知ったアンドロイド!魅力が分かる9つの知識!

「HUGプリ」キュアアムールとは?

「HUGプリ」こと『HUGっと!プリキュア』は、2018年から2019年にかけて…

キュアアンジュの知識5:「野菜少女」のCM出演など人気子役として活躍

「野菜少女」のCM出演で有名になるなど、薬師寺さあやにはかつて天才子役として活躍していた過去がありました。しかし、子役の頃は何も考えずに自由に演技ができていたのに、大女優の母・薬師寺れいらのことを引き合いに出す周囲の声を気にしていくあまり、自然な演技ができなくなり、自分のやりたいことがいったい何なのかすらよくわからなくなってしまったのでした。

それでもさあやは、自分の気持ちが知りたくて、答えがわからないまま諦めたくなくて、オーディションを受け続けていました。舞台のオーディション当日、プリキュアの仲間たちのおかげで緊張がほぐれたさあやは、自分の心からの想いをオーディションで表現することができました。結局、そのオーディションは残念ながら不合格となってしまったのですが、女優に本当になりたいのかはまだわからないけれど、自分の心をまた見つめ直して頑張りたいと、晴れ晴れとした表情を浮かべたのでした。

キュアアンジュの知識6:母・薬師寺れいらと共演する夢

出演した清涼飲料水のCMが大評判となるものの、当の薬師寺さあやはまだ女優の道に本格的に進むと決めたわけではないことに悩み、多忙の母のれいらが自分がこの道に進むことをどう思っているのを気にしていました。

周りから背中を押され、さあやは撮影所で休憩時間に入った母にそのことを直接聞いてみることに。すると、れいらからは逆にたとえ親の七光りだと言われてもこの仕事を続けていく覚悟があるのかを問われ、「決して女優だけがあなたの道じゃないわ」と言われて立ち去られてしまいます。

迷惑だったかと気に病むさあやに、れいらの出演するドラマの監督が懐かしそうに話しかけます。れいらが女優業と母親業の両方を頑張っていたこと、そして撮影所のスタッフがそんなれいらに協力してまだ幼かったさあやのお世話をしていたことを知ったさあやは、自分がたくさんの愛情を受けて育ったことに胸を熱くします。

そして、自分が女優の道を夢見た原点は、大好きな母親のいるテレビの向こう側の世界に行ってみたいという想いにあったことに気付かされます。さあやは無事に撮影を終えたれいらに対し、「本当に女優になりたいのかははっきり分からない。でも一つ目標ができたの。いつかお母さんと共演したい、それが今のわたしの夢!」と宣言したのでした。

キュアアンジュの知識7:病院での手伝いをきっかけに成長

本格的に女優への道を歩み始めた薬師寺さあやは、次の主演作『ドクターはいすくーる』の役作りのために、病院の産婦人科で勉強をさせてもらうことになります。そこでさあやは、川上あゆみあやという母子に出会います。出産を目前に控えたあゆみに悩みがあることを知ったさあやは、自分なりに調べたことでその不安を和らげようとしますが、医者のマキ先生から「ネットには有意義な情報もあるが、あのお母さんや赤ちゃんの情報が出ているわけではない」と諭されます。

1人1人にしっかりと向き合うことこそが一番大事なことなのだと気付かされたさあやは、娘のあやの方の悩みに向き合います。ママが自分だけのものではなくなってしまうことに寂しさを感じていたあやの気持ちを受けとめて励まし、母娘の心がしっかりと通いあうことに貢献します。

あゆみが無事に出産を終えたあと、さあやは医者にとって一番大切なことに気づかせてくれたマキ先生に感謝の言葉を述べます。そして、あやから笑顔でお礼を言われたさあやは「お医者さんって素敵な仕事だな・・・」と呟き、新しい未来の選択肢が増えたことに心を躍らせたのでした。

キュアアンジュの知識8:たとえ後悔があろうと新たな道へ

さあやとれいらの共演作『薔薇の騎士と姫の夜明け』がクランクインを迎えますが、さあやは心に引っかかっていることがあったが故に演技に集中することが出来ないでいました。その現場に招かれていたマキ先生に、さあやはずっと産婦人科の医者になるのが夢だったのかと尋ねます。意外なことに、マキ先生は最初は外科医志望で、研修医時代に産婦人科の仕事に出会ってこの道に決めたのだと言いました。

さあやは、「どんな道を選んでも後悔はする。だからその時その時、心に正直に生きようってわたしは思ってる」というマキ先生の言葉に勇気づけられます。そして、迷いを振り切って今度こそ素晴らしい演技を見せた後に、さあやはこの撮影が終わったら女優の仕事をやめて、医者の道を目指すことに決めたことをれいらに打ち明けたのでした。

「さあやの人生はさあやのもの、好きにしたらいいわ」とは言ったものの、れいらは内心娘の巣立ちを寂しく感じていました。クライアス社の社員にその心の隙をつかれたれいらは、猛オシマイダーという怪物へと変身させられてしまいます。キュアアンジュへと変身したさあやは、猛オシマイダーの中へと飛び込みます。

愛しい娘の巣立ちをどうして素直に祝福してやれないのかと苦悩するれいらに、さあやは母の見ている世界を見てみたいという憧れを抱いたからこそ新しい夢が見つかったのだと語り、れいらを優しく抱きしめながら「お母さん、生んでくれてありがとう・・・」と、心からの感謝を伝えます。さあやの成長を感じたれいらは、無事に救い出されたあとに、新しい夢へと挑もうとする娘に心からのエールを送ったのでした。

キュアアンジュの知識9:11年後の未来では夢を叶える

最終回では、11年後の未来のさあやの姿が描かれています。夢を叶えたさあやは、あざばぶ総合病院で産婦人科医として働いていました。みんなから愛される「学園の天使」から1人の自立した大人の女性へと成長したさあやは、主人公・野乃はなの担当医となり、彼女が女の子の赤ちゃんを出産するところに立ち会ったのでした。

キュアアンジュは「みんなを癒す」道に進んだプリキュア

HUGっと!プリキュア キュアアンジュ クッションカバー 45×45cm

ここまでキュアアンジュに関する知識の数々をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

自分自身の進むべき道に思い悩みながらもたくさんの挑戦を続け、そのなかで見つけた新しい夢を見事に叶えることができたキュアアンジュ。そんなキュアアンジュは、2019年3月公開予定の『映画プリキュアミラクルユニバース』にも登場することが明らかにされています。そちらの方でのキュアアンジュの活躍に期待です!

関連記事をご紹介!

プリキュア最強は誰?伝説の戦士強さランキングTOP20!

プリキュア強さランキング!気になる歴代プリキュア№1は!?
最強すぎるプリキュアが多すぎてぶっちゃけありえない!

【HUGプリ】キュアエールはみんなと明日を目指すヒーロー!魅力が分かる7つの知識!

「HUGプリ」キュアエールとは?

「HUGプリ」こと『HUGっと!プリキュア』は、2018年から2019年にかけて放…