【HUGプリ】キュアエトワールは夢と恋にひたむきなったプリキュア!魅力が分かる9つの知識!

2018年から2019年にかけて放送されたテレビアニメ『HUGっと!プリキュア』。その中に登場するキュアエトワールは、主人公・野乃はなのクラスメートである輝木ほまれがプリキュアへと変身した姿。フィギュアスケート選手としての夢や届かない恋に思い悩みながらも、周りの応援を背負いながら立ち上がり、前を向いて歩き続けていきます。そんなキュアエトワールに関する知識の数々をご紹介していきます!

「HUGプリ」キュアエトワールとは?

HUGっと!プリキュア vol.1 [DVD]

「HUGプリ」こと『HUGっと!プリキュア』は、2018年から2019年にかけて放送されたテレビアニメ。2004年に放送された『ふたりはプリキュア』を始まりとした「プリキュアシリーズ」の通算15作目にあたる作品で、13代目のプリキュアチームの活躍が描かれます。

今作では「子どもを守るお母さん」「ヒロイズム」「子育て」「お仕事」がキーワードになっており、タイトルの「HUG」は抱きしめるのハグを意味していると同時に「はぐくむ」のハグも意味しています。絶望してしまった人の心を抱きしめ、「自分らしさ」「やりたいこと」を大事にしながら輝く未来へとともに歩んでいこうとするプリキュアたちの姿、そして母性を安易に礼賛することなく、「子ども(=未来)」を社会みんなで育てていこうとする登場人物たちの姿が丁寧に描写されています。

HUGっと!プリキュア vol.5 [DVD]

不思議な赤ちゃんのはぐたんと、その世話係のハムスターであるハリハム・ハリーが未来からやってきたことをきっかけに、はぐたんの持つミライクリスタルを奪い、未来の消滅を目論む悪の組織・クライアス社とプリキュアたちが戦うことになる本作。

キュアエトワールは、主人公・野乃はなのクラスメートである輝木ほまれがプリキュアへと変身した姿。フィギュアスケートでの挫折経験から周囲に対して心を閉ざしていましたが、プリキュアに変身して以後は周りの応援を背負いながら再度フィギュアスケート選手としての夢に挑み、届かない恋に思い悩みながらも心を輝かせていくことになります。

ここからは、そんなキュアエトワールに関する知識の数々をご紹介していきます!

キュアエトワールの知識1:声優は小倉唯さん

ホップ・ステップ・アップル

小倉唯さんは、ジャストプロ所属の声優。1995年8月15日生まれの23歳(2019年2月現在)で、群馬県出身。血液型はO型で、「ゆいゆい」「唯ちゃん」などの愛称で親しまれています。『ロウきゅーぶ!』の袴田ひなた役、『アクエリオンEVOL』のユノハ・スルール役、『ViVid Strike!』のリンネ・ベルリネッタ役などで有名です。

関連記事をご紹介!

【小倉唯】あなたを必ず唯ちゃん中毒にさせるキャラ10選!

【悲報】小倉唯の声で脳が溶けたんだが俺の脳内で小倉唯のアニキャラたちが、ランキング会議をやってましたpic.twitter.c…

キュアエトワールの知識2:変身バンクがかっこいい

変身ヒロインものといえば、変身バンク(変身シーンの動画が何度もアニメの中で流用されること)がつきもの。輝木ほまれがキュアエトワールへと変身するシーンは、とてもかっこいいんです! ミライクリスタルをプリハートにセットした後に、それをでんわモードからハートモードへと変形させ、「はーぎゅー!」と胸の前で温めるようにしてボタンをタッチ。

衣装がキャビンアテンダントとスポーツ選手をイメージしたようなものに変化し、変身前にはショートカットだった髪も大幅に伸びてポニーテールに。そして、「輝く未来を抱きしめて!! みんな輝け!  力のプリキュア! キュアエトワール! 」と言って、片足立ちのポーズを決めるのです。途中でフィギュアスケート風の演出が入るのがほまれらしくて素敵です!

キュアエトワールの知識3:「星」をイメージした必殺技

キュアエトワールにはいくつかの持ち技があります。たとえば、プリハートを使った初期技である「ハート・スター」。無数の星型のエネルギーでチェーンをつくりだして、敵を拘束したり、そのままぶつけて攻撃することができます。

他にも、エトワールフルートを用いた「スタースラッシュ」という攻撃技もあります。エトワールフルートを吹いたあとに生み出される無数の星型のエネルギーを敵に突撃させることができる技で、キュアエトワール自身も大きな星の上に乗って突き進むことができます。

キュアエトワールの知識4:意外とお化けが苦手な可愛い一面も

クールで大人びた印象のある輝木ほまれですが、意外とお化けが苦手という可愛い一面もあるのです。プリキュアの仲間である野乃はな・薬師寺さあやとパジャマパーティーをすることになったときのこと。みんなでホラー映画を鑑賞していたとき、顔面蒼白になったほまれは「もう限界です」の一言のあとに「ホホホッ! ホホホッ!」という乾いた笑い声を上げ始めてしまうのです。

さらに、ほまれは体調管理のためにお菓子は食べないと言っていたのですが、その恐怖を紛らわせるためにポップコーンをピストン輸送で口に放り込み続けてしまいます。ほまれのこの怖がり具合には、さすがにはなもさあやもびっくり。ちなみに、この回ではもう1つ、うさぎのぬいぐるみがないと眠れないというほまれのちょっと意外でとってもかわいい一面も描かれていました!

キュアエトワールの知識5:フィギュアスケートでの挫折から前へ

輝木ほまれには、フィギュアスケートで挫折した過去があります。かつては「天才」と称されるほどの素晴らしい演技を見せていましたが、ジャンプに失敗したときに大怪我を負ってしまったことをきっかけに、競技から距離を置くようになりました。その時のトラウマもありますが、療養中に急激に身長が伸びてジャンプのタイミングが掴めなくなってしまったこともほまれの心に暗い影を落としていました。

長かった髪をばっさりと切り、次第に人とも距離を置くようになってしまったほまれ。先にプリキュアに覚醒した野乃はな・薬師寺さあやが、オシマイダーという怪物に立ち向かっている姿を目にしたとき、ほまれの心の中に「わたしも、もう一度・・・!」という熱い想いが産まれプリキュアへと覚醒しかけますが、過去のジャンプのトラウマが蘇って失敗。ほまれは葛藤に苦しみます。

クライアス社の社員から目をつけられ、絶望したほまれの心からオシマイダーが産まれてしまいます。ほまれは「もう未来はない。もう飛べない」という想いに縛られて苦しみますが、そのときに自分のことを信じてくれたはなやさあやの言葉を思い出します。

「飛ぶのが怖い。応援されることも。けど、もう自分から逃げない! わたしはわたしの心に勝つ! 未来へ輝く!」と決意し、遂にほまれはキュアエトワールへと覚醒! 先に戦っていたはなとさあやと力を合わせ、見事にオシマイダーを倒すことに成功したのでした。

キュアエトワールの知識6:アンリの前で華麗な演技を見せる

プリキュアの仲間入りを果たした輝木ほまれの元に、若宮アンリという少年がやってきます。彼はほまれの友人であるフィギュアスケート選手で、ほまれの将来を案じて「一緒にモスクワに行こう」と誘いに来たのでした。シニアデビューに向けての大事な時期でもあったため、ほまれはアンリの誘いを受けるかどうかを悩むことになるのですが、今の彼女にとってはなたちと一緒にいる時間もとても大切なものになっていました。

スケートリンクの上でほまれはまだ上手くジャンプをすることができずにいたのですが、アンリに今の自分の正直な想いを打ち明けたあとに、はなたちからの応援を背負ってジャンプに挑戦することに。2度目の挑戦で見事にジャンプを成功させて完全復活を果たしたほまれは、はなとさあやに抱きついて喜びを分かち合います。アンリは今のほまれを認めてモスクワに連れていくのをやめにしたのですが、今度はなんとアンリの方がほまれと同じ学校に転入してくることになったのでした。

キュアエトワールの知識7:ハリハム・ハリーへの初恋

輝木ほまれのことを知る上で欠かせないのが、ハリハム・ハリーとの関係です。ハリーは、不思議な赤ん坊・はぐたんと共に未来からやってきたハムスターのような見た目のキャラクターで、赤毛の青年の姿に変身することができます。基本的には関西弁で喋る陽気で面倒見の良いお兄さんという印象のキャラクターなのですが、ほまれはハリーが何かと秘密主義で大事なことをはぐらかしてしまうところが気になるようになっていきます。

ハリーの何気ない優しさに心をときめかせ、父と母が離婚した家庭環境のことを話した上で「早くフィギュアスケートで良い結果を出して家族を安心させてあげたい」という個人的な心情を吐露するほどにハリーに信頼を寄せていくほまれ。ハリーが隠していた重大な秘密が明るみになったときに、「何が『俺の問題』なの? 『私たちの問題』でしょ!」と言ってハリーの心を支えたのは、他ならぬほまれでした。

ほまれはやがてハリーの心には他に想い人がいることを知り、自分の心に芽生えた恋心を打ち明けるかどうかを悩むことになるのですが、フィギュアスケートの大会当日に、とうとう「輝木ほまれは、ハリーのことが大好きです!」と言って告白。それに対しハリーは、他に気持ちを伝えたい人がいるからほまれの気持ちには応えられないと、誠実に答えました。

失恋した辛さから溢れ出る涙をプリキュアの仲間たちに受けとめてもらった後、すっきりとした笑顔を見せたほまれは大会で素晴らしい演技を見せます。その観客席には、徹夜で作った応援旗を振り上げながら懸命に声援を送るハリーの姿がありました。ほまれはたとえ叶わなかったとしても自分の恋には意味があったと思い、自分の心が輝いていることを実感したのでした。

関連記事をご紹介!

『ハリほま』の公式エピソードを紹介!素直になれない2人が心を通わせるまでの軌跡が尊い!【HUGっと!プリキュア】

ハリほまとは?
ハリハム・ハリー×輝木ほまれ
https://twitter.com/annin_104/status/1…

キュアエトワールの知識8:嫉妬を剥き出しにしたビシンとの関係

ビシンはクライアス社の社員であり、未来世界でハリハム・ハリーをはじめとした仲間たちと一緒に暮らしていた過去を持つキャラクター。ハリー同様、ハクビシンのような見た目の小動物の姿から、白髪の少年の姿に変わることができます。ビシンはハリーに対して強い執着を持っており、ハリーと親しいほまれに対して強烈な嫉妬心と嫌悪を露わにします。

身勝手な執着心からハリーを自分の元に連れ戻そうと感情を暴走させるビシンと、自分の恋心が報われることはないだろうと知りながらも絶望の淵から立ち上がり続けるほまれ。ハリーへの報われない想いを抱えながらも諦めきれないという点において2人は似た者同士であり、ほまれ自身もビシンのことを「アンタとわたしは似てる・・・。嫌になるくらいにね」と評したことがあります。しかし、その報われない想いに対する両者の在り方はまるでコインの表と裏のように対極であり、それ故の2人のぶつかり合いがとても魅力的なのです。

キュアエトワールの知識9:11年後の未来では見事に夢を叶える

最終回では、11年後の未来で大人になった輝木ほまれの姿が描かれています。海外から急いで帰国して野乃はなのいる病院に駆けつけたほまれは、出産間近の彼女の手に金メダルを握らせ、「はな、フレフレ!」と励まします。それはほまれがフィギュアスケートで世界の頂点の星を掴んだ証。かつて挫折に苦しんだほまれは、見事に夢を叶えたのでした。

キュアエトワールは挫折から前へと進み続けたプリキュア

HUGっと!プリキュア キュアエトワール クッションカバー 45×45cm

ここまでキュアエトワールに関する知識の数々をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

フィギュアスケートでの挫折や届かない恋に悩みながらも、立ち上がって前へと進み続けたキュアエトワールは本当に素敵なキャラクターですよね。キュアエトワールは、2019年3月公開予定の『映画プリキュアミラクルユニバース』にも登場することが明らかにされています。そちらの方でのキュアエトワールの活躍に期待です!

関連記事をご紹介!

プリキュア最強は誰?伝説の戦士強さランキングTOP20!

プリキュア強さランキング!気になる歴代プリキュア№1は!?
最強すぎるプリキュアが多すぎてぶっちゃけありえない!

【HUGプリ】キュアエールはみんなと明日を目指すヒーロー!魅力が分かる7つの知識!

「HUGプリ」キュアエールとは?

「HUGプリ」こと『HUGっと!プリキュア』は、2018年から2019年にかけて放…