【約束のネバーランド】エマは耳が片方存在しない?原因となった発信機の秘密とは?

大人気漫画【約束のネバーランド】の主人公・エマ。明るく元気で家族思いの彼女のおかげで、「食用児」という現実にも子供達は負けません!そんなエマ、実は片方の耳がない??エマの耳はいつから存在しないのか、その原因は??詳しくご紹介いたします!

エマの左耳はなぜ隠れている?

髪の毛で隠してあるエマの左耳…。

約束のネバーランド 12 (ジャンプコミックス)

現在『週刊少年ジャンプ』で連載されている【約束のネバーランド】を見てみると、主人公「エマ」の左耳はいつも髪の毛で隠れています。これはなぜなのか?単なるキャラクターとしての特徴なのでしょうか??

いえ、そうではありません。エマの耳は物語当初では両耳とも見えていました。エマの左耳が意図的に隠されるようになったのは、「GFハウス(グレイス=フィールドハウス)」脱獄する時からなのです。

包帯→ピン→三つ編み!どんどんオシャレになる!?

GFハウス脱獄後、しばらくの間は包帯(ガーゼ??)で、その後耳付近の髪の毛をピンで留めて隠すように…。最終章が連載中の現在では、髪の毛が伸びてきたこともあってか小さな三つ編みを編んで隠されていることが多いようです。

最初の包帯はともかく、その後の隠し方はオシャレですね!やはり女の子!!…まあ、エマ自身はあまりオシャレには興味がないようにも見えますが(今はオシャレよりも大切なことが目の前に迫っているので!)周りの仲間たちがエマの事をほっとけないようです。

最初包帯からピン止めへとアレンジを変更してあげたのは「ゴールディ・ポンド」で出会った仲間「サンディ」でした。エマの耳を見て、「無茶するなあ」自分のピンを提供したのです。さりげない優しさに胸をうたれますね。さて、ではサンディが言ったエマの「無茶」とはどんなことだったのでしょうか?

GFハウス脱獄時に置いてきた左耳!

前述したように、エマの耳が隠されるようになったのはGFハウスの脱獄から。つまり脱獄の際に何かあったということです。エマの左耳は、GFハウスを脱獄するための大きな仕掛けの1つだったのです!

子供達がハウス脱獄を計画していたその夜、ハウスで大きな火事が起こります。火の元にハウスの責任者である「ママ・イザベラ」が駆けつけると、そこには床にへたり込んだエマの姿が…。なんと炎の中に友人であり家族の「レイ」がいるというのです!イザベラは急いでエマを避難させて消火活動にあたります!

しかし、そこでママが見たのは切り取られた耳…。直接の描写はありませんが、その後のコマでエマが左耳を抑えていることから、この切り取られた耳はエマのもの、と予想されます。エマは脱獄計画成功のために、自ら自分の左耳を切り落としたのです!そりゃあサンディが「無茶」というのも頷けますね…。

食用児達の耳に埋め込まれた発信器!

発信器の存在が脱獄の成功を左右する…!

それでは、なぜエマは左耳を切り落としたのか…??エマの左耳には何か秘密が隠されているのでしょうか??実は、食用児達には全員小さな発信器が埋め込まれており、その場所というのが何を隠そう左耳!この発信器のおかげで、ママは手持ちの受信機を見れば子供達の居場所が把握できてしまうのです。

つまりこの発信器をどうにかしないことには、食用児達の位置情報は筒抜け!脱獄してもすぐにばれてしまうし追跡も簡単というわけです。そのため発信器の攻略は脱獄に際しての大きな課題でした。

発信器についてはレイが発信器を無効化する装置を作ることに成功。しかし実際に使うのは脱獄するその時です。チャンスは1度きり…。そして、いよいよ脱獄決行予定日の夜、ハウスは炎に包まれます…!!

ネックとなる発信器を利用しての脱獄!!その方法とは!?

エマとレイ以外の子供達については、レイの作った装置によって発信器を無効化し、家事のどさくさに乗じて逃げ出します。しかしレイとエマの発信器についてはあえて壊さず、その機能を活かしてあたかも炎の中にレイが存在するかのようにママの目を欺いたのです!

実際ママは受信機によって、確かに炎の中に「食用児」の反応があることを確認します。レイが中にいると信じたママは、急いで消火活動にあたるのでした。…が、これこそがフェイク!「レイ」という最上級の商品を守ろうとするママの気持ちを利用して、確実にママの足を止め、時間を稼いだというわけです!

常に子供達の一手先をよんでいるママは、食用児達にとって最大の『敵』でした。そのママの目を数分でも欺けたことで、食用児達は無事に塀の外に逃げ出すことが出来たのです!ネックとなる発信器の機能を上手く利用してのこの脱出劇!すばらしいですね!!

関連記事をご紹介!

【約束のネバーランド】発信器の場所、壊し方が判明!ネタバレ込みで徹底解説!

【約束のネバーランド】とは?
食べられるためだけに育てられる子供達が、未来を切り拓く!!

「白井カイウ(しらいかい…

耳がなくたって明るいエマ!!支えてくれる家族のためにも望む未来に向かい突き進む!!

約束のネバーランド 2 (ジャンプコミックス)

しかしいくら極限状態とはいえ、自分の耳を切り落とすなんて並大抵の気持ちでは出来ません。しかも脱獄出来たから安心というわけではなく、むしろ外は全く未知の世界!危険は山積みです!!それでも、いつもと変わらず明るく頼りがいのあるエマ。そしてそんなエマだからこそ家族も皆彼女を支え、信じてついていくのでしょう。

【約束のネバーランド】は現在最終章に突入。いよいよ鬼の正体についても掴めてきている状態です。食用児としての運命に抗い、エマ達は望む未来へと突き進みます!!

関連記事をご紹介!

【約束のネバーランド】エマに関する5つの知識!過酷な世界に抗う少女の魅力

『約束のネバーランド』の主人公・エマとは?
明るく元気なムードメーカー

『約束のネバーランド』のエマは、孤児院・G…

公式アイテムをご紹介!