【ACCA13区監察課】ニーノはいくつもの顔を持つミステリアスな男!魅力が分かる6つの知識!

『ACCA13区監察課』の主人公・ジーンの悪友ニーノはいくつもの顔を持つ男!知れば知るほど謎が深まってゆく不思議な魅力が満載です。そしてニーノには涙なしには語れない過去が…!今回はキーパーソンともいえるニーノの魅力をご紹介します。

『ACCA13区監察課』ニーノとは

ニーノは『ACCA13区監察課』の主人公・ジーンの高校時代からの友人。フリーの記者を生業としており、常にカメラを持ち歩いています。ショートのブルーの髪色に、時々着用しているサングラスがミステリアスです。

好物はチョコレートで趣味はバイク。神出鬼没でミステリアスなニーノは、ACCAに巻き起こる陰謀の現況を知るキーパーソンなのです…!

声優は津田健次郎

ニーノの声優を務めたのは津田健次郎さん!津田さんにはニーノといくつか共通点が!津田さん自身、バイクと写真を嗜み黒い服を着ることが多いのだとか。さらに、チョコレートも好き…津田さんはリアルニーノ?!

ニーノを演じる津田さんは「どこまで出していくか」が難しかったと語っています。感情の読み取りにくいジーンとミステリアスで秘密を抱えているニーノ。

2人の会話にはちょっとした緊張感があるのです。それとは相反して、日常会話のリラックスした感覚もある…。そんな2人の繊細な距離感の表現にも注目しましょう!

関連記事をご紹介!

声優・津田健次郎が演じるアニメキャラまとめ!海馬社長でおなじみの名優を紹介

声優・津田健次郎とは?出典:https://ja.wikipedia.org津田健次郎(つだ けんじろう)さんは耳にじっくり染…

ニーノの魅力1:元探偵のフリー記者!その正体はACCAの覆面局員?!

いつもカメラを携えたフリーの記者として登場したニーノ。ある時、ジーンから「見張られている気がする」と相談を受けます。調べておくと請け負いながらも、実はニーノ、5長官のグロッシュラーに雇われた覆面局員だったのです!もう一つの名を「クロウ」

クーデターに加担していると噂のあるジーンは監視下に置かれるものの、視線に敏感なジーンを監視することは容易なことではありません。しかし、監視役がニーノに変わってからは視線が消えたとジーンは錯覚します。長い付き合いのニーノの視線にジーンは気が付くことないのです。

「俺の目に気づいたことはないからな 30年間一度も」

とても意味深なセリフです。ニーノはグロッシュラーに命じられる前から、ジーンを30年にわたって監視していた…?このセリフの意味は、ニーノの生い立ちエピソード後に明らかとなります。

腕っぷしも強い?!ますます謎なニーノの生い立ち

ニーノにジーンの監視を命じたグロッシュラーでしたが、謎めいた空気をまとるニーノを信じ切ることができずニーノにも監視をつけます。しかし、監視されていることに気が付いたニーノはその監視役を倒してしまいます。

「私に監視をつけるなんて無駄ですよ?」

とグロッシュラーに電話するニーノの足元には殴り倒された監視の男…記者で、覆面局員で、しかも強い…ますます謎な存在となるニーノでした。

ニーノの魅力2:ジーンとニーノは似た者同士!高校からの悪友

高校時代に出会った2人。どちらも周りと浮いていて、人を寄せ付けにくい雰囲気だったのだとか。

大人になったニーノは、仕事をしている時間以外はバイクを走らせるか、ジーンと飲んでいるという生活。対してジーンもACCAに入社たことで「堅苦しいやつになる」というニーノの予想に相反して高校時代と変わらぬまま。

「15年間ずーっと変わらないんだな」

そうニーノに語り掛けるジーン。変わらないでいられることがお互いどこか嬉しそうです!

親友兼悪友!ジーンの秘密の聞き出し方

ニーノはジーンと飲むとき、やたらとお酒を進めるのだとか。そうすると、どうやらジーンは饒舌になり普段は言わないことも口走るようになるようです。

それはジーンを監視する者としての役目もあるのでしょうが、そんなジーンをニーノは楽しんでいるのでは?!

程よい距離感を保ちながらも、気を許しあえる2人…素敵な関係ですね。

関連記事をご紹介!

【ACCA13区監察課】ジーン・オータスの巻き込まれ体質は出生に秘密アリ!魅力が分かる8つの知識!

『ACCA13区監察課』ジーン・オータスとは
https://twitter.com/ACCA_anime/status/9…

ニーノの魅力3:チョコとリンゴケーキが好物!ニーノは甘党

『ACCA13区監察課』でほぼ毎回みられる食事シーン!ジーンの務める監察課でも10時と3時に欠かさずおやつを食べてリラックスした時間を楽しんでいます。ジーンも妹・ロッタと好物の食パンを楽しんでから出勤しています。

ニーノ役を務めた津田さんも「ACCAを見るとおやつが食べたくなる」と語るほど。登場キャラクターは日々食事を楽しんでいるのです。そしてニーノもその一人。ニーノのチョコレート好きはジーンも知るところ。2人でお茶をするときはチョコレートケーキを選択することが多いようです。

ニーノの父もよくチョコレートを口にしていたのでニーノのチョコレート好きはその影響もあるのかもしれませんね。しかし、あまり知られていないのはニーノは特定のお店のリンゴのケーキが好きだということ。これには生い立ちの秘密が隠されていたのです!

 

ニーノの魅力4:つかみどころのない魅力のニーノには過酷な出生が…!

ニーノの父はジーンの母である第2王女・シュネーの側近・アーベントの部下。シュネーがドーワー家の名を捨て外の世界で生きるとなった時、アーベントとともにシュネーを見守る役目に就いたのです。その時、ニーノも父と運命を共にし、人生をかけてオータス家を見守るようになるのでした。

出発の前、ドーワーで父と食べたのがリンゴのケーキ。ニーノにとってリンゴのケーキの味は思い出でもあるのでしょう。

アーベントに忠誠を誓ったニーノの父は、生涯をかけてオータス家の報告をしていきました。ご主人様の喜びは自分の喜び…シュネーの人生を物語風に写真を添えて送ります。しかし、そんな生活も突如終わりが訪れます。

ペシ区~ロックス区間の列車事故で父は帰らぬ人となるのです。この時、ジーンの両親も事故に巻き込まれなくなります。その悲しみも癒えぬまま、父が残したものを回収し、シュネーの身分がバレないよう工作をするニーノ。父の後を継ぎ、ジーンを見守る任務をこなすのでした。

 

ニーノの魅力5:国王からの「ありがとう」。使命と友情に揺れるニーノに涙

ドーワーでお茶をすることになったニーノとジーン。お目当ての店はその日、なんとドーワー王国の王様の立ち寄る日だったのです。そしてニーノの様子もいつもと違う…。

ドーワー王国の王様はジーンにとって祖父に当たります。おそらく、ニーノは偶然を装ってジーンと王様を対面させようとしていたのでしょう。同じテーブルでおやつを楽しみ、軽く会話をするジーンと国王。

その時、国王はニーノに向かってお礼を言います。話の流れから、写真を取ってくれたことに対してのお礼に聞こえます。しかし、その時の「ありがとう」には「会わせてくれてありがとう」という意味が隠されていたのではないでしょうか。

オータス家を見守ることはニーノにとっては任務。「楽しんではいけない」と自分を律しつつも、ジーンとの時間を楽しんでいると自覚するのでした。

 

ニーノの魅力6:ジーンとロッタを見守るという使命。でもニーノの優しさは本物

高校時代に出会ったニーノとジーンですが、実はニーノは年齢を偽り高校に入学。偶然を装って近づきジーンを見守ってきたのでした。しかし、友人として時間を共有するうちに使命を超えた感情がニーノに宿っていくのでした。

フラワウ区にて王位継承をめぐって、命を狙われるジーン。工作員がジーンを銃殺しようとしていることに気が付いたニーノは自分の体を盾にジーンを守ります。

自分の生い立ちを知り、ニーノの立場も知ることとなったジーン。それでも、ジーンにとってニーノは良き友人なのです。

「お前の人生はドーワー家のためのものじゃない」

この時ばかりは、ジーンも怒りを覚えている様子でした。ニーノがジーンに親しみの感情をいだくように、ジーンにとってもニーノはかけがえのない友人なのです。

 

ニーノの「自由に生きる」の答えは…

ジーンの気転によりクーデターは未遂に終わり、ドーワー王国に再び平和が訪れました。そしてクーデター未遂事件以降、ジーンと妹・ロッタの存在は王家公認のものとなり、国王はジーンたちと自由に会えるように。

これによって、ニーノの報告義務は必然的に消滅。アーベントからも役目から解放を言い渡され自由の身となりました。

「好きなように生きますよ」

そう言うニーノはこの後どうするのか…でもきっと、これまでと変わらずバイクに乗って、おやつを食べて、時々ジーンと飲みに行って…。いつもと変わらない日常こそ平和の証。何事もなかったようにフラッとジーンの前に姿を見せてくれることでしょう!

公式関連アイテムをご紹介!