【銀魂】お登勢は死んだ?生きている?ネタバレ込みで真実を暴く!

SF時代劇の体裁をとった人情コメディストーリー漫画作品「銀魂」。主人公である坂田銀時の命の恩人で母的存在でかぶき町四天王の一人お登勢が死んだのかを解説と共にネタバレ込みで真実を暴いていきます。

お登勢が登場する『銀魂』とは?

銀魂 銀祭り2019(仮)(初回仕様限定版) [DVD]

『銀魂』は主人公である銀さんこと坂田銀時とその仲間たちの笑えて、泣けて、心温まるストーリーの空知英秋さんによる漫画作品です。2004年2号から2018年42号まで『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて連載されました。その後に『ジャンプGIGA』2019 WINTER vol.1からvol.3に完結編が掲載されることになりました。

ですが、銀魂の物語は完結されることがありませんでした。ですので完結されなかった物語の続きは銀魂の公式アプリにて公開される予定となっています。

作者である空知英秋さんの初の連載作品でありSF時代劇の体裁をとった人情コメディストーリー漫画です。空知英秋さんは銀魂の属性をSF人情なんちゃって時代劇コメディーというように表現しています。それぞれ各話のサブタイトルでは漫画の本編の内容を意識している教訓的な言葉から作者の疑問やツッコミなどが付けられており楽しめる部分です。

銀魂-ぎんたま- 1

連載初めは打ち切りギリギリの状態が続いていましたが徐々に人気が出て、今ではとても人気のある作品に成長して単行本の国内累計発行部数は2018年8月には約5500万部を突破しました。

『銀魂』の女帝!お登勢とは?

銀魂の登場人物であるお登勢は万事屋の母のような存在です。万事屋はスナック「お登勢」の上に住んでいるため、万事屋の大家です。口が悪い部分もありますが、困っている人をほっとけない優しい面もあります。

そしてお登勢はかぶき町の四天王の一人でありかぶき町の人々からの人望もあついです。かぶき町の人々からは「女帝お登勢」という異名で通っています。本名はお登勢ではなく寺田綾乃という名前です。

旦那の墓参りに行った際に、倒れている銀さんと出会い旦那のために持ってきた饅頭を銀さんに食べさせました。銀さんはその恩を返すために旦那の代わりに俺が婆さんを守ると約束して、それから銀さんは万事屋としてお登勢の傍にいます。

関連記事をご紹介!

【銀魂】お登勢に関する8つの知識!かっこよすぎるババアの魅力とは?

【銀魂】万屋の母・お登勢とは?

『銀魂』に登場するキャラクター・お登勢は万事屋の1階にあるスナックバー「スナックお登…

衝撃の展開!お登勢は死亡してしまう!?

銀魂かぶき町四天王篇ではかぶき町四天王の一人である華陀が自分の計画にはかぶき町の人々からの人望があつく万事屋という戦力が傍にいることからお登勢が邪魔だと考えお登勢に危機が迫ることになります。そして他の四天王の泥水次郎長マドマーゼル西郷も人質を取られ仕方なく華陀につくことになります。

そして華陀の計画通りお登勢は狙われることになります。お登勢は自分が狙われていることを知っており誰に何も言わずに一人で雨の中旦那の墓参りに行きます。そこに次郎長が登場しお登勢を殺そうとします。

銀さんも駆けつけましたが後一歩遅くお登勢は倒れていました。銀さんは怒り狂ったように戦いましたが次郎長の力はやはり大きく結果負けてしまいます。

その後お登勢は病院に運ばれることになります。この時病院に駆けつけた銀さんはもう何も守れる気がしない。と自分がお登勢を守れなかったことにすごくショックを受けていました。

お登勢の過去に関わる次郎長と辰五郎の関係!

かぶき町四天王の一人である泥水次郎長はお登勢の幼馴染です。そして、後のお登勢の旦那になる寺田辰五郎も幼馴染で小さい頃からよく3人で一緒にいました。昔のお登勢はかぶき町のアイドルと言われるほどの美女で団子屋で働き貧しい子供がいるとお店に内緒で団子をあげていたのが見つかりクビになったりもしたようでここでも面倒見の良さが分かります。

次郎長が悪さをした時にはいつもお登勢が叱ってくれたようで次郎長もお登勢に好意を持っていたようです。ですが、次郎長だけでなく辰五郎もお登勢に好意を持っており結果お登勢は辰五郎と結婚することになります

次郎長と辰五郎はどちらも強い侍で次郎長は裏で辰五郎は表でというような形で2人でかぶき町を守っていました。ですが、ある日の戦いで次郎長を守ったのが原因で辰五郎は死んでしまいます。その時に次郎長は辰五郎にお登勢とかぶき町を守ってほしいと伝えそれから次郎長は次郎長らしくかぶき町を守っています。

銀魂―ぎんたま― 69 (ジャンプコミックス)

辰五郎はイケメンで町の人々からも人気があり花のある人物だということが分かります。次郎長も辰五郎のことをかぶき町と辰五郎は絵になっていたというほどです。

お登勢は死んでいなかった!

お登勢は死んでいませんでした。病院に運ばれ危ない状態かと思いましたが無事でかぶき町の住民が協力して敵と戦っている中、勝男と一緒にお登勢が登場します。そしてお登勢の言葉だけでかぶき町住民を鼓舞しました。

次郎長から殺されたかと思いましたが、次郎長も辰五郎との約束を破るわけもありませんし、お登勢のことを殺せるほど軽い関係ではないのでわざと致命傷となるところを避けて殺したように見せかけたのでしょう

最終的には華陀により次郎長も狙われることになります。次郎長が一人でいる時に宇宙海賊春雨の戦力を用意していました。そんな時に銀さんが登場して次郎長と銀さんはたった二人で宇宙海賊春雨を相手にして勝ちます。戦闘を見ていた華陀が驚くほど強かったです。

そして、似たもの同士の二人は辰五郎の形見を持ち辰五郎との約束を語りどちらが辰五郎との約束を引き継ぐか最後の力を振り絞って最後の勝負をして次郎長は銀さんに負けます。勝負に負けた次郎長は悔しいというようりは清々しい顔をしており今まで辰五郎との約束のことを考えて自分を縛っていた気持ちが解放されたのでしょう。

今後も銀さんやかぶき町のみんなの活躍を期待すると共に銀魂を応援しましょう。

関連記事をご紹介!

【銀魂】新旧かぶき町四天王まとめ!これが銀魂界の地球最強だ!

花を咲かせにやってきた…かぶき町四天王篇とは?

ある時、銀時の元へ現れた少女・椿平子(ちん ぴらこ)。弟子入りしたい…

【実写映画銀魂】お登勢を演じたキムラ緑子ってどんな人?代表作&活躍まとめ!

『銀魂』お登勢とは?

『銀魂』は空知英秋さんによって描かれた人気漫画作品。ドタバタギャグあり泣ける人情ものありのSF…

公式関連アイテムをご紹介!