【ビースターズ】レゴシは心優しきハイイロオオカミ!魅力が分かる8つの知識!

『ビースターズ』主人公のレゴシは思春期真っただ中のハイイロオオカミ!強い体に反して心優いレゴシの日常は葛藤がいっぱいです。今回はレゴシの魅力を8つに分けて解説します。オオカミがウサギに恋をした?!切ないエピソードもご紹介。

『ビースターズ』心優しいハイイロオオカミ!レゴシとは?

BEASTARS 1 (少年チャンピオン・コミックス)

レゴシは『ビースターズ』の主人公!チェリートン学園の高校二年生で、4月9日生まれの17歳です。牡羊座で血液型はO型。天気予報と昆虫が好きで、保護したカブトムシを自室で大切に育てている優しいハイイロオオカミなのです。

レゴシは瞬時に相手の戦闘力を分析することができ、レゴシ自身もオオカミならではのパワーを持っています。しかしその力に相反してレゴシ自身は戦闘を避けたがり、あえて弱者を演じ無害であろうとする日々を過ごします。

レゴシの名前の由来はベラ・ルゴシ。作者の板垣巴留さんは幼いころにドラキュラを演じるベラを見て衝撃を受けたのだそうです。優雅で妖しい響き、なおかつ強そう!ということでベラから名前を拝借したのだそうです。

『ビースターズ』レゴシの魅力1:まるで悪魔のようなレゴシの迫力!

チェリートン学園で起こった食殺事件…高等部2年、演劇部所属のアルパカのテムが何者かに食べられてしまったのです!肉食獣の生徒に怯える草食獣の生徒たち…疑心暗鬼に包まれる中、ハイイロオオカミであるレゴシも疑いの的となります。

それもそのはず、身体が大きく鋭い牙を持つレゴシの外見は草食獣からしたら恐ろしい悪魔のような存在…!しかも寡黙で何を考えているかもわかりにくく、テムと生前仲が良かったということも疑われる一因となったようです。

そしてテムの死後、次の獲物を見定めるようにアンゴラヤギのエルスをじっと見るレゴシ…。レゴシと2人きりになったエルスは恐怖のあまりレゴシに向かってハサミを向けます。その身長差は優に3倍ほどには見える…草食獣からしたらレゴシは悪魔見えても仕方のないことかも?!

『ビースターズ』レゴシの魅力2:ギャップ萌え?!レゴシは見た目より繊細!

そんな恐ろしい外見のレゴシ、内面は優しくてとっても繊細!テムの死後エルスを見つめていたのは、テムがエルスに残したラブレターを渡したかったから。でも、みんなの前でラブレターを渡したらテムの初恋が皆に知られてしまう…それは気の毒だと思ったレゴシはエルスが1人っきりになるタイミングを見計らっていたのです。

口数が少ないことも手伝って誤解されがちですが、レゴシは周囲に気を配る細やかな性格なのです。そして、肉食獣が周囲からどう思われるのかを理解し、怖がられ嫌われることすら受け入れているレゴシ。不器用さも相まってそんな役回りが多いようにも見えます。

基本的に親切な行動をしているレゴシですが、恐ろしい外見に相殺されて親切に気が付かれていないことも多そうで…レゴシの見せる優しさはまさに「知る人ぞ知る」といったところですね。

『ビースターズ』レゴシの魅力3:自分不器用ですから…でも尻尾は正直

怖がられてもそのイメージを払拭することなく受け入れているレゴシ。内気な性格も手伝って誤解されたまま…。周囲の動物たちに親切にしているのに、報われないその不器用さは動物界の高倉健ですね!

しかし、口下手でわかりにくいレゴシでも尻尾はとても正直。嬉しいことがあると勢いよく左右に振れてしまうため、表情からは読み取れなくとも尻尾を見ると感情が丸見え!その時の尻尾の勢いは脚に風を感じるほど…しかもこの尻尾の動きは自分では制御できないようなのです。

そんな素直な尻尾もレゴシの愛すべきポイントです!

『ビースターズ』レゴシの魅力4:運命を変えた!ドワーフ種のウサギ・ハルとの出会い

テムが死んだことで、代役を立てることとなった演劇部。高等部3年、演劇部役者チームリーダーのルイは、夜の体育館に侵入し代役のゾーイに演技を叩き込みます。しかし、学園への夜間侵入は校則違反。ルイはレゴシに体育館前で見張りを命じるのでした。

この時、レゴシは運命的な出会いをします。草食動物の匂いと、暗闇にうごめく影…レゴシは野生を掻き立てられ、襲い掛かってしまうのです。この時の草食動物が、高等部3年、ドワーフウサギのハルでした。

爪を立てまさに食らいつこうとしたその時、レゴシを呼ぶゾーイの声…我に返ったレゴシはハルを逃がし事なきを得るのでした。この時レゴシが出会ったのは、後に恋をすることになるハル、そして自分との本能。これをきっかけに、レゴシは様々な感情が芽生えていきます。これらの感情に加えて、肉食獣の本能とも向き合うことになっていくのでした。

関連記事をご紹介!

【ビースターズ】ハルは魔性のドワーフウサギ!魅力が分かる8つの知識!

『ビースターズ』レゴシとルイを魅了するヒロイン!ハルとは?

ハルはチェリートン学園3年の園芸部。身長105㎝、体重1…

『ビースターズ』レゴシの魅力5:レゴシは純血じゃなかった!祖父はコモドオオトカゲ!

異種間の恋愛は学生時代に楽しむもの、結婚するのは同種が基本。そんな世界で、レゴシの一族は異様な存在…なんとレゴシの祖父ゴーシャはコモドオオトカゲ!爬虫類と哺乳類が結ばれた珍しい一族なのです。

レゴシがハルを襲った時に登場したトカゲのような影は、祖父が爬虫類であることの伏線だったのでしょう!

しかし、レゴシはゴーシャとは疎遠…これは、レゴシが12歳の時母が自殺し、その葬式での出来事がきっかけでした。穏やかで、優しかった祖父…母を亡くしたレゴシに「一緒に暮らそう」と言葉をかけてくれます。

そんなゴーシャをレゴシは跳ねのけ、ひどく傷つけてしまうのです。

「母さんが自殺したのは全部…」

この出来事をレゴシは後に後悔することとなります。

ゴーシャのレゴシへの想いは変わらない!レゴシからの1本の電話

自分の感情や本能と向き合い強くなるため、裏市で心療内科を営むジャイアントパンダのゴウヒンの元へ弟子入りしたレゴシ。そしてゴウヒンの仕事を手伝い得た報酬をゴーシャに仕送りすることにします。

しかし、5年も連絡を取っていない祖父に電話を1本するのも気が進まないレゴシ…しかし、そんな気持ちも祖父の声を聞いたら吹き飛んでしまいます。連絡を取らない間に声変りをしているにも関わらず、すぐにレゴシだと気が付くゴーシャ。

これまで、祖父が爬虫類であることへの偏見を捨てることができなかったレゴシ。それを悔い、レゴシはゴーシャに歩み寄ります。レゴシが優しいのは祖父譲りの特別な宝物。純血の狼にはない特別な性質なのでした。

『ビースターズ』レゴシの魅力6:良き理解者は同じイヌ科のジャック!

ラブラドルレトリバーのジャックは、レゴシの幼馴染です。レゴシと同じイヌ科でありながら、闘争心を抑えられ知能が高く品種改良されており、学力はトップクラス!レゴシの奇抜な行動も理解し受け入れ、常に味方でいてくれる存在です。

しかし、ジャックは幼いころ知能が高いことは「つくりもの」の証だといじめられていました。このため、オオカミであるレゴシを「本物」だと嫉妬を抱いていたのです。そして本気の喧嘩の後「変な奴だからもっと話さなきゃわからない」とレゴシを遊びに誘うようになります。

誤解されやすいレゴシを積極的に理解しようとしたジャックはレゴシの良き理解者なのです!

『ビースターズ』レゴシの魅力7:強くなるために師・ゴウヒンに弟子入り!食肉の欲望との戦い

ドワーフウサギのハルにレゴシが抱いている感情…それは恋愛感情なのか、はたまた食欲なのか…感情と本能の間でレゴシは苦しみ、そしてゴウヒンに弟子入りすることに。

ゴウヒンはクマでありながらパンダのため肉を食わずしても肉食獣と対等に戦えるほどのパワーの持ち主。なおかつ食殺を犯した肉食獣のカウンセリングを生業としているゴウヒンにレゴシはおのれの悩みの活路を見出したのでしょう。

レゴシが挑んだ修行の第一関門…それは肉の前で夜な夜な座禅を組むというもの。しかも、昼は学校、夜は修行という超過酷なスケジュール!そして本能を克服したレゴシに待っていたのは、なんと300㎏近くあった顎の力を失うという悲劇!

しかし、これは食肉の必要がなくなった証。あごの力は四肢に分散され、しなやかで強靭な肉体を手に入れたのでした。

レゴシが戦う理由

チェリートン学園で起こった食殺事件に学園を去ったルイ…草食獣を守りたい。レゴシが戦う理由は多くの動機が絡み合っています。その中でも、ハルへの想いは大きなところを占めていることでしょう!

「この社会にも本能にも負けないで 君をちゃんと幸せにしたいから」

丘の上で交わしたハルへの誓いを胸にレゴシは過酷な修行にいそしむのでした。

『ビースターズ』レゴシの魅力8:ライバル?!レゴシに取ってルイとは…?

ルイは演劇部の花形役者であり、次期ビースターとも名高いカリスマ性を持つアカシカ!草食獣でありながら、強きものにも屈することない気高いふるまいはレゴシにとっても尊敬する先輩なのです。

同時に、ルイはレゴシの恋のライバル!あの内気なレゴシが「ハルは俺がもらう」と宣戦布告したこともあるほどです!そんなレゴシとルイですが、2人の間には強い絆が見られます。レゴシがルイに対する感情の根底には、ルイに対する尊敬の念があります。

オオカミである自分が強いことに希望はないけれど、草食獣のルイが強いことには大きな意味がある…ルイの「正しい強さ」をレゴシは尊敬しているのです。

関連記事をご紹介!

【ビースターズ】ルイのプライドは天より高い?!魅力が分かる8つの知識!

『ビースターズ』誇り高き草食獣!ルイとは?
https://twitter.com/itaparu99/status/110…

退学になるレゴシ…それでもレゴシの優しさは動物たちを救う

テムを食殺した犯人・リズとの決闘。戦いの末、重傷を負うレゴシでしたが、ルイの脚を食べることで戦う力を得てリズに勝利します。ルイの足に刻まれた、幼いころ生餌として売られていたころの忌まわしい刺青…レゴシに足を食べされることは、ルイにとっても過去との決別でもあったのです。

2人に取ってこの食肉は同意の上で、深い絆すら感じるものではありました。しかしレゴシには食肉の前科が付いてしまい草食獣とのかかわりを制限されてしまいます。そしてレゴシはチェリートン学園を去ることになってしまいます。

ハルにも事情を話せぬまま別れることに…『ビースターズ』今後どんな展開を迎えるのでしょう?!肉食獣と草食獣、相いれないはずの壁を超えるも、レゴシ自身は強くなるほどに孤独になっていくようにも感じます。

レゴシとハルの再会、そしてレゴシが去ったチェリートン学園はどうなっていくのか…息をのむ展開が続きそうですね!

関連記事をご紹介!

【ビースターズ】リズは一見優しいくまさんだが…?!隠された本性と魅力が分かる7つの知識!

『ビースターズ』リズって誰?

リズとは、チェリートン学園高等部2年、演劇部に所属するヒグマのオス。演劇部所属で、目立…

公式関連アイテムをご紹介!