【BLEACH】井上織姫は天然ボケ炸裂な最強ヒーラー! 魅力が分かる9つの知識!

【BLEACH】に登場する井上織姫は常に主人公である黒崎一護をサポートしてきた最高のヒロインです。時には一緒に戦ったり、時には囚われの姫になったりとヒロインとして役割を多く果たしています。そんな井上織姫のことがわかる記事です。

井上織姫は【BLEACH】の天然すぎてうざ可愛いヒロイン!

BLEACH モノクロ版 27 (ジャンプコミックスDIGITAL)

井上織姫は漫画【BLEACH】に登場するヒロインです。初期の頃はかなり天然キャラを炸裂させており、独特の感性を持っています。最初はとにかくギャグ要因で、高校生兼死神代行の主人公が活躍する【BLEACH】の世界を彩っていました

滅却師(クインシー)である石田雨竜が死神である黒崎一護にその力を知らしめすために用意したルビコンの影響で力を得ると、主人公の横で戦うサポートキャラへと転身します。意思の強い女の子です。

井上織姫の頼もしさは攻撃ではなく守りです。彼女の能力の根っこは盾にあります。強い結界で相手の攻撃を防いだり、怪我という事象を否定して治癒するなど、ヒーラーとしての適性がとても高いヒロインです。

井上織姫の声を担当したのは声優の松岡由貴

アニメ版【BLEACH】で井上織姫の声を担当した声優は松岡由貴です。松岡由貴は子役時代から活躍する劇団員で、声優としての仕事を始める前は女優として活動していました。番組のキャラクターの声を当てていたことが声優業のきっかけです。

『おジャ魔女どれみ』の妹尾あいこは松岡のために作られたキャラクターで、彼女の知名度を上げることとなりました。他の代表キャラに『あずまんが大王』の春日歩(大阪)役があります。大阪も突拍子のない言動をする不思議キャラでした。

実写版で井上織姫を演じたのは女優の真野恵里菜

真野恵里菜メジャーデビュー10周年記念フォトエッセイ 『 軌跡 』

実写版【BLEACH】では女優の真野恵里菜が井上織姫を演じました。真野恵里菜といえば元ハロープロジェクトのアイドルだったという経歴を持ちます。映画『仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦MEGA MAX』の仮面ライダーなでしこ役から女優業をするようになりました。

【BLEACH】井上織姫の知識1:主人公に恋するヒロインの王道

BLEACH モノクロ版 3 (ジャンプコミックスDIGITAL)

アニメや漫画のヒロインといえば最初は主人公に反発していたりと色々な形がありますが、井上織姫は初登場時から主人公の黒崎一護のことが好きで、ヒロインとしての王道を行く始まり方のひとつでした。

とくに初期の方は天然の要素が強く、奇抜な行動が目立っており、とくに黒崎一護が近くに現れると慌ててめちゃくちゃな行動をするものだから面白いです。本当に初期は黒崎一護の前では変人キャラでした。

井上織姫が王道ヒロインたるゆえんである他の理由に、井上織姫が男性読者の理想を叶えてくれているという点にあります。可愛くて無垢でそれでいて巨乳。男性の誰もが思い描く思春期の夢が詰まっているのです。

【BLEACH】井上織姫の知識2:ヘアピンから生まれた能力・盾舜六花(しゅんしゅんりっか)

石田雨竜が演出したルビコンの演出で出現した虚に襲われたことにより、井上織姫は死神でもクインシーでもない新たな力を手に入れています。それが盾舜六花です。兄が死ぬ直前にプレゼントしてくれたヘアピンが媒介となる能力です。

盾舜六花が多彩な能力となっているのは3つの異なるタイプの技を持っているからです。ヘアピンのデザインとなっている花から具象化のような精霊が現れて、井上織姫の言霊に乗せた技を発動させます。

孤天斬盾(こてんざんしゅん)

孤天斬盾は椿鬼ひとりを放って相手を両断する飛び道具系の攻撃技です。相手の分子結合を拒絶することによって相手を分断できます。しかし争いを好まない井上織姫の性格からあまり攻撃性を持たないため戦い向きではありませんでした。

双天帰盾(そうてんきしゅん)

双天帰盾は舜桜とあやめの2人を起点として結界を作り、その内側にある対象に起こった破壊の事象を拒絶する技です。つまりは傷を否定して治してしまうヒール能力となっています。心優しい井上織姫らしい能力であり、彼女の能力の核となる非常に重要な技です。

三天結盾(さんてんけっしゅん)

三天結盾は火無菊と梅厳とリリィの3人を起点にした盾を張る技です。盾の外にある攻撃という事象を拒絶することによって、相手の攻撃を完全に防ぐことができます。盾は万能ではなく技を受けて砕けてしまう描写も多いですが、砕けながらも強力な攻撃を防げる盾です。

【BLEACH】井上織姫の知識3:独特な感性を持つ天然キャラ

井上織姫といえば初期の独特な感性を持った天然キャラというイメージが強いです。しかもただ天然なだけでなく、凡人には理解できないほどの独特な感性を持っています。その感性は「未来の私」という課題で描く絵にロボットになった自分を描いてくるほどです。

その他にも黒崎くんと公園で遊んでいる妄想していたのに、いつのまにかボクシングのチャンピョンになって命を狙われることになったりと予想外の展開をさせてしまいます。また黒崎くんの匂いがすると言って教室の窓から飛び降りようとするなど、その思考回路は計り知れません

独特すぎてすぐ変な料理を作る困ったちゃん

その独特の感性は食べ物にまで及んでいます。弁当の時間には食パン一斤にあんこを付けて食べるなど、常人には理解し難い味覚を持っています。この味覚は松本乱菊には通じるようで、「見た目はアレだけど、味はなかなかいける」と評されていました。

【BLEACH】井上織姫の知識4:アニメでネギを振り回したら社会現象に

井上織姫といえば、いまなお語り継がれている伝説があります。それがネギを振り回すシーンです。買い物帰りに黒崎一護と出会った井上織姫はネギとバターとバナナとようかんを買ったことを報告します。

アニメ版のこのシーンは井上織姫がネギをくるくると回しているモーションで表現されました。この映像に外国のファンがLoitumaの『Ievan P0lkka』という曲を載せてネット上で爆発的に広がったのです。

そしてヴォーカロイドなるソフトが世に出ると、今度は初音ミクにネギをくるくる回させた動画が制作されました。軽快なネギ回しと軽快なスキャット音楽がマッチしており、いまなお語り継がれる伝説となっています。

【BLEACH】井上織姫の知識5:虚になった兄との悲しい過去

井上織姫には兄がいます。ふたりは父親から暴力を受けており、逃げ出した兄妹はふたりでひっそりと暮らしながら、兄が男手ひとつで井上織姫を育てていました。しかしその兄も交通事故により亡くしています。

虚となってしまった兄は虚の性質として生前近しかった井上織姫を喰らおうと襲いかかりました。このときに黒崎一護に助けられており、通常の霊であったプラス状態の井上織姫はその一部始終を目撃しています。

井上織姫の方も兄が事故に会う前にプレゼントでもらったヘアピンが気に入ら居ないという理由で口論になっており、そのことを悔やんでいました。今回の騒動で兄と妹は仲直りしました。そのヘアピンが井上織姫の能力の媒介となっているのも面白い話です。

【BLEACH】井上織姫の知識6:大好きな一護のために尸魂界篇でのがんばり

尸魂界(ソウルソサエティ)に捕えられた朽木ルキアを助け出すべく、黒崎一護は仲間と共に尸魂界に殴り込みに行きます。その中のひとりに井上織姫がいました。織姫も盾舜六花の力で戦いました

しかし元来戦いを好まない井上織姫の攻撃には限界があります。それでも盾の力で仲間をガードしたり、治癒したりとサポート役を務めました。すべては大好きな黒崎一護が恩人である朽木ルキアを助けたいという思いを成就させるため。

後半では自分が足手まといなのを痛感しつつも、黒崎一護の奮闘ぶりを影ながら見守っていました。戦いのさなかで凄まじい成長を遂げる黒崎一護を遠くに感じながらも、じっと見つめる姿にはいじらしいものがあります。

【BLEACH】井上織姫の知識7:今度は囚われの姫に⁉ 藍染惣右介も一目置く能力

井上織姫の盾舜六花には雀の涙程度の攻撃力しかありませんが、双天帰盾のヒール力はチートに近いほど便利過ぎるものです。その力が藍染惣右介に目を付けられた井上織姫は虚たちの住む世界、虚圏(ウェコムンド)へ捕えられてしまいます。

愛染惣右介は井上織姫のこの能力を神が定めた事象を否定する能力と分析しました。傷を治すのではなく、傷という存在を否定してなかったことにしてしまう能力は考えればとても恐ろしいです。

しかしその能力以上に黒崎一護はひとりの仲間として井上織姫を助けに行きます。守られるばかりの織姫ではなく、崩玉を自分でもなんとかしようとする姿はかっこいいです。それでも最終的には黒崎一護がナイトのように助けにきて、囚われのお姫様みたいでした。

関連記事をご紹介!

【BLEACH】藍染惣右介の名言集BEST10!悪のカリスマ過ぎる愛染様の偉大なるセリフ集!

藍染惣右介とは?
https://twitter.com/cv9vb2/status/1039138386018066432…

【BLEACH】井上織姫の知識8:「同じ人を好きになる」一護との別れで残した名セリフすぎるセリフ

井上織姫がヒロイン適性が高いのは黒崎一護に対する一途な思いが理由です。黒崎一護との別れの際に織姫は5回人生があったらすべて違うことができて楽しめるのになと言います。「それで5回とも同じ人を好きになる」は名言です。

【BLEACH】井上織姫の知識9:最後は黒崎一護と結ばれてママになる

愛染惣右介から井上織姫を救出し世界を救った黒崎一護は、その後も多くの危機を潜り抜けてきました。滅却師の王率いる見えざる帝国との戦いでも井上織姫は一護の隣で戦っていました。

物語の最終回では黒崎一護と結婚してママになっている姿が映し出されています。ひとり息子の一勇とだけでなく、一護の妹たちとも住んでおり、とても賑わしい毎日を送っています。

さらに死神側でも阿散井恋次と朽木ルキアも夫婦になっており、このふたつの交流は多いです。阿散井たちの娘である苺花はもちろん、一勇もまた死神の力を持っており、ユーハバッハの残滓を消し去ってしまいました。続編があれば子供世代の活躍が楽しみです。

井上織姫は黒崎一護への想いを成し遂げた完走ヒロイン

【BLEACH】のヒロインである井上織姫の登場当初は常任には理解できないような奇抜な行動をする天然キャラでした。物語が進むにつれてその天然さは大人しくなっていき、マジメに悩む姿が多くなっていきます。

しかし変わらない部分もあります。それは主人公の黒崎一護に対する想いです。井上織姫は初登場の時からすでに黒崎一護が好きなそぶりを見せていました。その気持ちだけは物語が終わるまでは変わらず、結婚までしています。

井上織姫には花の精霊をモチーフにした能力があり、攻撃、防御、回復すべての技を持っています。その力を使って織姫は一護の戦いのそばに常にいました。献身的に主人公を支えた井上織姫は一護への想いを成し遂げた完走ヒロインです。

関連記事をご紹介!

【BLEACH】黒崎一護はツッコミもできる熱血主人公! 魅力が分かる10の知識!

高校生で死神なオレンジ神の少年、黒崎一護とは?

黒崎一護は久保帯人による漫画『BLEACH』に登場する主人公です。初…

ブリーチネタバレ強さランキングTOP50!最強キャラは誰だ!?【BLEACH】

50位:ネリエル・トゥ・オーデルシュヴァンク能力出典:https://pbs.twimg.com第3十刃
藍染がいなくなった虚…

公式関連アイテムをご紹介!