【BLEACH】京楽春水は未知数の強さを持った次期総隊長! 魅力が分かる9つの知識!

【BLEACH】の京楽春水は誰よりもやる気なく、誰よりも頭が切れ、誰よりも強い隊長です。戦いをあまり好まず、隊士たちにも優しく、死神たちにとってはかなり頼りになります。総隊長である山本元柳斎重國の意思も受け継いでおり、自らも総大将となりました。【BLEACH】京楽春水の魅力がわかる知識を紹介します。

【BLEACH】護廷十三隊の最古参、総隊長候補No.1京楽春水とは?

BLEACH クリアコレクション6 クリアカード SP119 京楽春水 単品

京楽春水は漫画『BLEACH』に登場する男性キャラクターです。その正体は死神で、瀞霊廷を護る護廷十三隊に所属しています。隊長としての職務がありますが、外でのらりくらりとサボったりするやる気のないキャラクターです。

主人公の黒崎一護たちが旅禍として侵入したときも積極的に戦いに参加しようとはせず、戦いを避けられれば良いと思っていました。しかしひとたび戦いに身を置けば、相手に隙を与えないような強さを持っています。

やる気のないキャラクターということで普段は自分に甘々ですが、そのぶん部下に優しい男です。思慮深く、真実を見抜くことに長け、頼りになります。京楽春水はその雰囲気に反して皆の先頭に立つリーダーの資質があるキャラクターです。

京楽春水の声を担当した声優は大塚明夫

アニメ版『BLEACH』で京楽春水の声を演じたのは声優の大塚明夫です。同じく声優の大塚周夫を父に持ち、渋いおじさまのイケボで人気の声優となっています。「待たせたな」の台詞でお馴染みのスネーク役で有名です。

『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』のアナベル・ガトー役でも「私は帰って来た!」の台詞が有名になるなど、声優として数々の名言を残しています。現在では「田中のおっさん」としてVtuberとして活動するなど、現在の声優界を牽引する重鎮です。

関連記事をご紹介!

声優・大塚明夫が演じるアニメキャラまとめ!最強渋声アクターの代表作は?

声優・大塚明夫とは?大塚明夫の出演シーン解禁、「RE:BORN」特別映像とメイキング写真公開(映画ナタリー) pic.twit…

【BLEACH】京楽春水の知識1:護廷十三隊八番隊隊長

隊長格で圧倒的強さを誇る京楽春水が指揮するのは八番隊です。隊長職に就いている京楽春水ですがほとんど仕事をしないため、隊長としての業務は副隊長である伊勢七緒に任せっきりです。

京楽春水が総隊長に任命されて一番隊へと移ると、その後釜は京楽春水の元部下でヴァイザードとなってしまった矢胴丸リサが担っています。隊花が極楽鳥花で、その花言葉はすべてを手に入れるです。

【BLEACH】京楽春水の知識2:京楽春水の斬魄刀

始解:花天狂骨

BLEACH 斬魄刀異聞篇 9(完全生産限定版) [DVD]

京楽春水の花天狂骨は尸魂界全土にふたつしかない二本一対の斬魄刀のひとつです。もうひとつが浮竹十四郎の双魚の理で、こちらが元々一本の斬魄刀を始解することで二本に形状変化するのに対して、花天狂骨は元から二本の斬魄刀になっています。

花風紊れて花神啼き 天風紊れて天魔嗤う」の解号によって変化した二本の刀は武骨で大きな姿形をしていました。まるでがちんこ勝負の直接攻撃系の斬魄刀のようです。が、その能力は鬼道系の斬魄刀のように複雑なルールを科す物でした。

その見た目とは裏腹に変わり種のような斬魄刀で子供の遊びを再現する能力だと判明しました。嶄鬼なら高いところにいると攻撃力が上がり、影鬼は相手の影を踏むことで攻撃を加えることができます。

艶鬼は色を指定することによって、その色がある場所にしか攻撃を与えられない遊びです。これは自分が攻撃を受ける危険が高い色ほど相手に与える傷が深くなります。だるまさんがころんだで遊べば、相手に気づかれずに触れた方が勝ちという能力でした。

この時に京楽春水は自分の霊圧を押し固めて分身を本人と錯覚させるという荒業を披露しています。また影送りは相手の影を視界に固定するという能力です。遊びによる攻撃を有効にするために京楽春水自ら遊びを宣言する必要がありますが、そのルールを把握しないといけないため厄介です。

卍解:花天狂骨枯松心中

始解は子供の遊びを現実のものにしてしまう能力でしたが、卍解の花天狂骨枯松心中は男と女の心中をモチーフにした劇を現実のものにしてしまうという恐ろしい能力です。京楽春水が卍解すれば一帯にいる人々に影響を与えてしまいます。

卍解の能力圏内にいる人物は世界が暗く感じられ、寒気を覚えてしまうのです。しかし京楽春水に攻撃しなければ、怖い影響がありません。一段目「躊躇疵分合(ためらい きずのわかちあい)」では、京楽春水に与えた傷を敵も追ってしまうからです。

京楽春水を女に、敵を男に見立て二段目「慚傀の褥(ざんきのしとね)」では女に傷を負わせたことを悔いた男が病気に伏すという物語で、相手の皮膚に黒い斑点が浮か上がります。三段目「断魚淵(だんぎょのふち)」では男女の入水自殺がテーマとなりました。

お互いが霊圧の水に沈んでいき、どちらかが死ぬまでそこから抜け出すことはできません。大詰めの〆の段「糸切鋏血染喉(いときりばさみちぞめののどぶえ)」では死ぬことが怖くなった男を女の情けで喉元を掻き切るという恐ろしい結末です。

花天狂骨枯松心中は攻撃を劇に見立てています、それに従って能力が進んでいくのが面白いです。強制的に相手をその劇に引き込んでしまいます。強力な卍解ゆえに自身の精神を消耗して寿命まで縮めてしまう諸刃の剣です。

関連記事をご紹介!

京楽の卍解「花天狂骨枯松心中」のオサレな形態変化まとめ

京楽春水プロフィール出典:http://kigyokari-man.sakura.ne.jp京楽の斬魄刀は「花天狂骨」。解号は…

【BLEACH】京楽春水の知識3:いつもはやる気のない脱力系おじさん

普段の京楽春水といえば、ぐーたら寝ているイメージが強くて面白いです。有事の時にも戦いを好まず、できれば戦いを避ける道を模索しています。茶渡泰虎が旅禍として対峙したときも、飲もうと言って酒を勧めたほどです。

それ以外にも偽の空座町に侵攻してきたアランカルたちとの戦いに最後まで参加しませんでした。雰囲気だけで咥えた草にやられて口の中がぴりぴりするなどお茶目な一面を見せてくれる京楽春水はのらりくらりとなんでも躱す柳のような性格です。

【BLEACH】京楽春水の知識4:イメージとは裏腹に真実を見通す思慮深い視点がかっこいい

いつも軽薄で真剣になることからのらりくらりと逃げているようなイメージの京楽春水えすが、そんなへらへらした性格をしていながら、物事をしっかり見ているかっこいいキャラクターです。

ルキア処刑の際には絶対的命令権を持っている四十六室の決定にも関わらず、その処刑自体に疑問を持っていました。黒崎一護がルキアを助けに来たときは浮竹十四郎と一緒になって四楓院家の魔法道具によって処刑を止めています。

尸魂界での掟に疑問を持つ力ことは中々できることではありません。それでも真実を見通そうとする京楽春水はかっこいいです。他にもずっと前に愛染惣右介の言動が怪しいと感じていたり、真実を見ることに長けています。

【BLEACH】京楽春水の知識5:山本元柳斎重國自慢の教え子

京楽春水といえば浮竹十四郎と共に総隊長である山本元柳斎重國が築いた真央霊術院から排出した初めての隊長でした。そのことを総隊長も誇っており、「振る舞いは軽薄だが、思慮深く誰よりも真実を見通すことに長けておった」と評しています。

そんな京楽春水が隊長としての職務に背いたため、山本総隊長にとっては痛恨でした。自分の正義を貫こうとした京楽たちと死神としての正義を重んじる山本総隊長との直接対決は壮観で見ものです。

関連記事をご紹介!

【BLEACH】山本元柳斎重國に関する6つの知識!魅力伝えきれなきゃゲンコツじゃ済まされない記事

他の隊士たちが童(わっぱ)に見える山本元柳斎重國とは?
山本元柳斎重國の基本情報

山本元柳斎重國は久保帯人による漫…

【BLEACH】京楽春水の知識6:やる気がないのにときおり見せる圧倒的強さ

高校生の茶渡泰虎に酒を勧めて語らいだけで戦いを避けようとした京楽春水ですが、茶渡はどうしても京楽を倒して進むつもりでした。そこで自分の魂を削った攻撃を放ちますが、京楽はそんな渾身の攻撃さえも片手で弾いてしまいます。

しかもひとたび剣を抜けば、始解もせずに一撃で茶渡を倒してしまいました。エスパーダのナンバーワンであるコヨーテ・スターク相手には卍解すら見せず、始解の状態で倒しています。スタークの場合はそれ以前の戦いで疲弊していたのも原因でしたが。

そして千年決戦編ではリジェ相手に苦戦させられますが、卍解を出してその危機を脱しました。男女の心中を劇に見立てたその恐ろしいチート級の能力で相手は手出しできないその強さはかっこいいです。

【BLEACH】京楽春水の知識7:女ものの羽織をしている理由と明かされた過去が渋い

花天狂骨の具象化であるお花と何やら親密な関係にある京楽春水ですが、彼が女物の羽織と二本のかんざしを身に着けているのにも女性との関係が過去にありました。京楽春水には兄がおり、とある女性が嫁いできたのです。

その女性は呪われた家系の出身で、夫となる男は代々短命であるとされてきました。そしてその呪いのせいか京楽春水の兄も病に伏してしまいます。兄が病気で死ぬと、その妻は元の家に帰されてしまいます。

京楽春水が羽織っている女物の羽織と髪に差しているかんざしはその女性の物だったのです。兄夫婦を不運にも亡くした京楽春水は女性の羽織とかんざしを身に着けるようになりました。どちらも大切にしていた京楽春水の渋い愛情と過去です。

【BLEACH】京楽春水の知識8:伊勢七緒との関係に隠された二対の斬魄刀の秘密

京楽春水に羽織とかんざしを託した女性は、彼の副官である伊勢七緒の母親でした。つまり京楽春水は伊勢七緒の叔父にあたります。七緒は斬魄刀を獲得できなかったため、鬼道衆への配属を希望していましたが、京楽の計らいで八番隊の部下になっています。

伊勢の家は夫となった男が短命化するという呪いがありますが、それは代々受け継がれる斬魄刀である神剣・八鏡剣のせいでした。七緒の母は娘をその呪いから外すため、京楽春水の斬魄刀の中にその八鏡剣を隠しました

その為に生み出されたのが狂骨でした。元々京楽春水の斬魄刀だったお花から狂骨が生まれて、二刀一対の斬魄刀となったのです。七緒の真の斬魄刀である八鏡剣を使って神の使いとなったリジェを倒すのですが、そのときに京楽春水と七緒が強力して倒す姿がかっこいいです。

関連記事をご紹介!

Sっ気がかわいい、伊勢七緒の魅力を徹底紹介!【ブリーチ】

伊勢七緒のプロフィール伊勢七緒とは?出典:https://www.google.co.jp斬魄刀は神剣・八鏡剣(しんけん・はっ…

【BLEACH】京楽春水の知識9:最後は護廷十三隊の総隊長となったリーダーとしての資質

ユーハバッハにより山本元柳斎重國が殺されたことにより、滅却師の王とその配下たちの戦いが続いているという過酷な状況の中で、京楽春水が次の総隊長として選ばれました。彼が総隊長となって最初に下した決断は更木剣八に剣術を教えることでした。

その師匠役に選ばれたのが初代剣八である卯ノ花烈です。本気の剣術伝授となれば必ずどちらかが死んでしまうこの決断は総隊長就任初といしては過酷でしたが、尸魂界存亡のために決断を下しています。

滅却師たち最後の進行に際しては総隊長として初めての戦いを経験し、卍解を披露して貢献しました。ユーハバッハを倒した10年後も尸魂界復興のために忙しい日々を過ごしています。

【BLEACH】京楽春水は真実を射抜く渋いおじさま隊長

京楽春水といえば初登場時に見せた適当キャラのイメージが強いでしょう。酒好きで、言動は軽薄で、なんでも面倒くさがって部下の七緒ちゃんに押しつけている様子が真っ先に浮かびます。

しかしひとたび剣を抜けば、圧倒的な強さを見せつけてくれる強いおじさまキャラです。真実を見通すことに長けており、朽木ルキア処刑に疑問を持って自ら率先して止めたり、愛染惣右介のことを昔から怪しんでいたりとかっこいい要素をちょくちょく見せてくれます。

山本元柳斎重國自慢の生徒のひとりで、最後は総隊長の意思を継いで護廷十三隊を背負う一番隊隊長に選ばれました。多忙な復興業務に追われながらも京楽春水は、真実をひとつひとつ見通しながら、的確な判断を下す渋いおじさま隊長です。

関連記事をご紹介!

ブリーチネタバレ強さランキングTOP50!最強キャラは誰だ!?【BLEACH】

50位:ネリエル・トゥ・オーデルシュヴァンク能力出典:https://pbs.twimg.com第3十刃
藍染がいなくなった虚…

公式関連アイテムをご紹介!