【BLEACH】破蜂は猫の周りをぶんぶん飛び回るかわいい蜂! 魅力が分かる9つの知識!

刑軍の統括軍団長として登場した【BLEACH】の砕蜂。いつも毅然としていて、おっかない女の人というイメージがあります。実際、夜一との戦いでは敵を排除する徹底した冷徹ぶりを見せました。しかし本質は百合気質のある可愛い女の子です。【BLEACH】砕蜂の魅力がわかる知識を9つに分けて紹介します。

【BLEACH】の中華系武闘家・砕蜂とは?

BLEACH モノクロ版 18 (ジャンプコミックスDIGITAL)

【BLEACH】砕蜂といえば白打の能力に長けており、拳法家のような戦闘衣装が特徴的です。斬魄刀もリーチの長さが短く、己の体術と反応スピードを最大限に活かすことが強さに繋がるデザインになっています。

砕蜂は隊長格の中でもおっかなく、隊長としての職務に忠実な狂犬のような姿を見ることができて面白いです。とくに自分の道に立ちはだかる者を敵として斬り捨てるという覚悟が凄く、それは自分の副官とて例外ではありません。

しかし四楓院夜一が大好きすぎる姿もみせており、貴重なデレるシーンが可愛いです。誰でも容赦なくつっかかていくイメージの強い砕蜂ですが、口悪く文句を言いながらも強力してくれる面倒見のよさも見せてくれます。

砕蜂の声を演じた声優は川上とも子、のちに桑島法子と交代

アニメ版『BLEACH』で砕蜂の声を担当したのは声優の川上とも子です。『少女革命ウテナ』の主人公、天上ウテナを演じています。『ヒカルの碁』の進藤ヒカル役など少年役も多くこなす声優でした。

2011年に山上とも子が病死すると、その後任として桑島法子が砕蜂の役を引き継いでいます。桑島法子といえば『機動戦艦ナデシコ』のミスマル・ユリカの役が自他共に認める代表キャラクターです。

【BLEACH】砕蜂の知識1:護廷十三隊二番隊隊長

BLEACH ブリーチ クリアコレクション 6 砕蜂 二番隊 SP113 クリアカード

【BLEACH】砕蜂は護廷十三隊で二番隊の隊長を務めています。少女のような見た目で背が低く、まだまだ子供な日番谷冬獅郎の次に背が低いです。近くに大柄の隊長たちがいる隊首会では特に小柄に見えます。

副隊長に大前田希千代がおり、砕蜂と相性が悪いんだか良いんだか絶妙な距離感を保っており、このふたりのやりとりが毎回楽しいです。希千代は希千代でやる気がないですが、いざという時は隊長の砕蜂を助けてくれます。

二番隊はその特質から戦闘に特化した部隊です。同じ戦闘集団である十一番隊がありますが、あちらは喧嘩集団であるのに対して、二番隊は戦闘のプロであるという違いはあります。統率の取れたかっこいい部隊です。

【BLEACH】砕蜂の知識2:隠密機動総司令兼第一分隊「刑軍」統括軍団長

ミラクルバトルカードダス(ミラバト) Jヒーローブースター AS03 砕蜂 コモン AS03-060

砕蜂が指揮する二番隊には他の隊にはない特色があります。それは護廷十三隊の二番隊が隠密機動を兼ねているということです。隠密機動と言えば現在のスパイに近く、情報収集などを主な仕事としています。

さらにその隠密機動には刑軍というものがあり、これは暗殺を生業としる実行部隊です。刑軍統括軍団長の抜刀は処刑演武開始の合図であり、砕蜂が斬魄刀を抜けば、忍者部隊が一斉に姿を現します。

その光景は壮観でかっこいいです。刑軍は軍団長に忠実で、その処刑対象が前任の統括軍団長で大貴族の当主だった四楓院夜一であっても例外ではありません。裏の世界で暗躍する部隊を率いる砕蜂はかっこいいです。

【BLEACH】砕蜂の知識3:砕蜂の斬魄刀

始解:雀蜂(すずめばち)

尽敵螫殺(じんてきしゃくせつ)」の解号で始解する砕蜂の斬魄刀、雀蜂の能力は弐撃決殺です。つまり同じところに2回攻撃を受けると相手は必ず死に至ります。始解した雀蜂の姿は解放するとまず砕蜂の右手の中指に爪のように伸びる毒針状の刃です。

その針で敵の肌を傷つけると、蜂紋華(ほうもんか)と呼ばれるマークが浮かびあがります、その蜂紋華に2撃めを入れることで、弐撃決殺の効果が発動されるのです。雀蜂の名の通り、二回刺されると死にます

未完成だったころの雀蜂の能力は時間が経つことで蜂紋華が消えていましたが、現在ではそれが半永久的に残るようです。雀蜂の能力を解除することで消えますが、砕蜂が諦めなければいつまでも追いかけられるのでかなり怖い能力です。

卍解:雀蜂雷公鞭(じゃくほうらいこうべん)

砕蜂の卍解の名は「雀蜂雷公鞭(じゃくほうらいこうべん)」。鞭のような名を冠していますが、言ってしまえば一発のミサイルです。その姿は腕に装着されたミサイルランチャーのような風貌をしています。

その威力は凄まじいです。たった一発の爆発はまるで主人公の渾身の一撃のようなかっこよさがあります。その威力の凄さは体を固定するために下準備が必要だということからも察することができるのです。

雀蜂雷公鞭を再び使用する際には副隊長の大前田希千代がうしろから砕蜂の体を支えていたり、なんだかんだ言って隊長・副隊長の関係は良好となっています。雀蜂雷公鞭の威力は凄いのですが、砕蜂の白打の技術があれば、弐撃決殺の雀蜂のほうが汎用性は高そうです。

【BLEACH】砕蜂の知識4:瞬閧(風属性)

四楓院夜一という天才が編み出した瞬閧ですが、砕蜂もまた独自に瞬閧開発へと至ったという経緯があります。この瞬閧というのが爆発的な霊圧を肩から纏うため、砕蜂や夜一の衣装は肩と背中が丸出しの状態です。

千年決戦編では滅却師との戦いでさらに完成した瞬閧を見せてくれました。この辺りで瞬閧に属性が付くようになっており、砕蜂の瞬閧の属性は風です。発生させた霊圧を渦のように巻くことで、その状態での連続戦闘が可能となっています。

この風属性で使われた砕蜂の技が「無窮瞬閧」です。無窮の名は常に霊圧を纏ったまま瞬閧を使い続けられるということに由来します。風が持つ爆発的なエネルギーを相手にぶつけるかっこいい技です。

関連記事をご紹介!

四楓院夜一が斬魄刀を使わない理由とは?瞬神の繰り出す技まとめ!

『BLEACH』で活躍する四楓院夜一とは?

四楓院夜一は、『BLEACH』の6巻から登場しています。始めは人…

【BLEACH】砕蜂の知識5:多彩な白打の数々

砕蜂といえば拳法のように肉体と素早さを駆使した技の連続がかっこいいです。斬魄刀や鬼道に頼らずに、己の肉体のみで戦う戦法を死神たちの言葉で白打といいます。この白打にも色々な戦法があるのです。

相手の攻撃を手や足で止めて相手の体勢を崩す「滝鯉(たきごい)」や、同じく相手の攻撃を受け止め、それを起点にした反撃技を繰り出す「吊柿(つりがき)」、そして回転による落下速度を利用して蹴りで地面に叩きつける「風車(かざぐるま)」などがあります。

斬魄刀による始解卍解や、鬼道などによる詠唱魔法など死神の戦い方はかっこいいですが、細かな技術を使う白打による戦いによるアクションもかっこいいです。己の肉体を使うため鍛錬が必要で、白打で死神の実力がわかります。

【BLEACH】砕蜂の知識6:四楓院夜一との因縁の対決

『BLEACH』の作品内で砕蜂が一番輝いていたのは、前任だった四楓院夜一との戦いでしょう。四楓院夜一は旅禍に加担して、朽木ルキアの処刑阻止の手伝いをしました。処刑を阻止した者の中には死神の隊長もいてこの展開はかなり驚きでした。

隊長としての業務に忠実な砕蜂はこの裏切り行為に毅然とした態度で対応していきます。そこに現れたのが四楓院夜一で、ふたりの白打による攻防が繰り広げられました。砕蜂は夜一に対して敵意剥き出しです。

自分は夜一を上回ったと得意げな砕蜂は解放した雀蜂の能力を披露する姿は輝きを放っていました。夜一との戦闘で砕蜂は一番生き生きとしており、何よりも脅威に感じられる瞬間でした。

【BLEACH】砕蜂の知識7:蜂家の使命に見る砕蜂の過去

砕蜂の本名は蜂梢綾(ふぉん・しゃおりん)といいます。蜂家といえば四楓院家を守護するという役割を代々担ってきました。そして蜂家の人間は刑軍へと入隊し、過酷な任務へと四楓院家の命令の元に赴くのが習わしです。

砕蜂には兄弟がおり、例外なく刑軍入りしています。しかし虚との過酷な戦いで、砕蜂だけを残して死んでしまいました。女性でありながらも兄たちの失態を目の当たりにしてきた砕蜂は生き残るために力をつけていきます。

そして四楓院夜一の補佐として、彼女のもとで働くようになりました。蜂家の人間として職務に全うすることを教育されてきた砕蜂は絶対的存在である夜一に対しては堅苦しかったです。しかし確かに砕蜂は夜一のことを敬愛していました。

【BLEACH】砕蜂の知識8:今では夜一大好きな百合要員

そんな砕蜂がなぜ夜一に敵意を剥き出していたのかという理由は砕蜂が夜一に放った台詞からわかります。忽然として姿を消した夜一に砕蜂は失望していました。その裏切りが許せないと砕蜂は言っていましたが、本当の気持ちは別のところにあります。

なぜ私を連れて行ってくれなかったのです……夜一様!」と悲痛な思いを口にした砕蜂は自分も一緒に連れて行って欲しかったのです。この台詞を言ったことがきっかに、砕蜂は夜一に対して常にデレで接するようになりました。そんな砕蜂の百合な姿がかわいいです。

【BLEACH】砕蜂の知識9:その後の隊長らしい砕蜂の活躍

アランカルとの戦いで砕蜂はバラガンと戦っています。老いさせる能力を前に苦戦して、ここで初めて卍解を見せています。卍解を使った渾身の一撃でもバラガンを倒すことはできませんでしたが、有昭田鉢玄と協力して勝利を得ました。

千年決戦編では1回目の襲撃でBG9に卍解を奪われています。2回目の襲撃では無窮瞬閧をみせて、見事撃退しました。最終回でも砕蜂は隊長として活動しており、他の隊長たちの失態に悪態をつく毎日です。

【BLEACH】砕蜂はツンとデレの顔を持つ統括軍団長

【BLEACH】の砕蜂は隊長同士の言い争いを「下らぬ」と一蹴したり、死神としての矜持を破った副隊長に制裁するという怖い顔を持っています。その性格を反映したかのように刑軍の統括軍団長として白打での見事な戦闘を見せてくれてかっこいいです。

しかしそんな砕蜂も四楓院夜一に対してはデレデレで、朽木ルキア処刑時のいざこざがあったものの、その後の敬愛度合いには凄まじいものがあります。白打で戦う隠密機動の総司令官はツンとデレの顔を持つ刑軍の統括軍団長です。

関連記事をご紹介!

【BLEACH】四楓院夜一に関する10の知識!格闘戦の天才の正体は自由気ままな貴族猫!【ブリーチ】

『BLEACH』で活躍する四楓院夜一とは?
猫のように自由奔放!四楓院夜一の基本情報を紹介

四楓院夜一とは漫画『B…

ブリーチネタバレ強さランキングTOP50!最強キャラは誰だ!?【BLEACH】

50位:ネリエル・トゥ・オーデルシュヴァンク能力出典:https://pbs.twimg.com第3十刃
藍染がいなくなった虚…

公式関連アイテムをご紹介!