【鬼滅の刃】嘴平伊之助の過去を紹介!イノシシ頭なのには出生の秘密が関係していた!

猪突猛進!弱味噌!かまぼこ権八郎!数多くの名言(?)を残す、かまぼこ隊のムードメーカー嘴平伊之助。猪頭を取った素顔は超絶美形なのもポイント高いですよね。そんな伊之助、実は両親の温かみを知らずに成長した人物。厳密に言えば、伊之助を育てたのは雌猪だというから驚きですよね…!

【鬼滅の刃】野生児がすぎる!猪頭少年こと嘴平伊之助の過去とは?

無駄にムキムキした美少年、猪突猛進!猪突猛進!でお馴染みの嘴平伊之助の謎に今回は迫りたいと思います!ちなみに名前の読み方は“はしびら・いのすけ”と読みます。う~ん!鬼滅の登場人物達って本当に難解な名前が多いですね!

登場時は問題行為が目立ち、大丈夫かこいつ…だった伊之助も、炭治郎や煉獄さん、そして鬼殺隊を陰ながら支えてくれる藤の花の家紋を持つ家のおばあちゃんなどなど…心優しく強い人達のおかげで人間らしくなってきましたね。

1人で戦うだけではなく、仲間と協力して戦う事を覚えた伊之助の成長見事です!かまぼこ隊のムードメーカーとしても必要不可欠ないつでもハイテンションの伊之助ですが…彼の過去は中々ハードなものだったのです…!そして意外と打たれ弱かったりも(笑)

関連記事をご紹介!

【鬼滅の刃】嘴平伊之助に関する5つの知識!意外な過去を持った美形剣士に迫る!

【鬼滅の刃】猪突猛進!鬼殺隊きっての野生児!?嘴平伊之助とは?
https://twitter.com/kimetsu_of…

【鬼滅の刃】伊之助の過去1:実は過去は捨て子だった!

かまぼこ隊の中でも謎多き伊之助

鬼滅の刃 4 (ジャンプコミックスDIGITAL)

【鬼滅の刃】ではお約束の走馬灯からのパワーアップの流れを伊之助も過去、経験していたのを思い出してください…遡る事、第37話!“那田蜘蛛山編”でのワンシーンです。偽りの親子として徒党を組む蜘蛛鬼…伊之助が対峙したのは父ポジションの鬼。

この鬼は血鬼術こそ使わない(使えない?)ものの、怪力自慢で炭治郎の一撃を通さない硬さも兼ね備えたキャラでした。これにはさすがの伊之助も本能で“勝てない”と悟ってしまうほど!メキメキと締め上げられて首を握りつぶされそうになった瞬間、記憶の一部が蘇りました!きた!走馬灯!

一瞬でしたが伊之助の記憶に映ったのは赤とんぼ…そして崖から落ちていく赤ちゃんの伊之助が見たのは泣きながら謝る負傷した女性。伊之助は捨て子だったのです。伊之助本人は自分は捨て子だということを理解しているのかは謎ですが、読んでいる立場からすると、気を使ってしまうような出自ですね…多分、炭治郎も伊之助の過去を知ったら長男ぶりを発揮してくれるでしょう…。

【鬼滅の刃】伊之助の過去2:生まれは謎だが、名前だけは分かっている理由

捨てられた際に、包まれていたおくるみに名が書かれていた

鬼滅の刃 7 (ジャンプコミックス)

【鬼滅の刃】の時代背景上そして、史実の流れを見るならば時代的には識字率は90%以上という高い数値ですが、残念な事に伊之助は字が書けません!自分の名前もね!しかも書くことだけではなく、なんと読むこともできません!でも、ちゃんと自分の名前だけは認識していました…一安心ですね(笑)

その理由は、伊之助のふんどしにあるのです!元はこのふんどしは、伊之助が捨てられた際の“おくるみ”でした。母が最後の愛情なのか、誰かに拾われる事を期待したのか…記した文字が伊之助の名前だったのです。嘴平…とても珍しい名字ですよね、そして伊之助の端正な顔立ち…もしかして結構いいとこの坊っちゃんだったのかもしれません。

また、我が子を捨てる程追い詰められた状況…望まぬ子供だったのでは?と、いう考査も見かけますが…それじゃあんまりにも伊之助が不憫ですよね…どうか、後者の理由ではないことを望みます…。

【鬼滅の刃】伊之助の過去3:母はやむを得ない事情で伊之助を捨てた可能性がある?

もしかして鬼に襲われたのでは?伊之助を抱いている母は傷を負っていたが…

伊之助を捨てた母と思われる女性は、なにかから逃げるように伊之助を抱いて走っていたのが印象的でしたが…まさか鬼に襲われた直後だったのでしょうか…?鬼殺隊士達の大半が、過去“鬼”によって運命を狂わされているところ見ると伊之助の過去にも鬼の影が潜んでいてもおかしくはありませんね!

もしくは、お家事情的な…なにか深い理由があるのでしょう。伊之助の過去が明らかになるには、もう少し先の話になりそうですね!気になります!そして意味深な赤とんぼ…伊之助の生まれは秋だったのでしょうか…。

【鬼滅の刃】伊之助の過去4:山に捨てられた後はイノシシに育てられる

おくるみに包まれるくらいですから、捨てられた時の伊之助は乳幼児であり、当然森の中では1人では生きていけません。そんな伊之助を育てたのは子を亡くしたばかりの雌の猪でした。鬼滅版ジャングル・ブック、もしくはターザン展開ですね!(笑)

そんなこんなで、スクスクと成長した伊之助少年。既に5、6歳くらいの時点で、猪頭を被っているのが確認できます。この時は、服などは着ておらず捨てられた際のおくるみをふんどし代わりに付けたシンプルなファッション。山に入った人が伊之助と遭遇したら、たまげるでしょうね…。

伊之助の過去がチラッと語られたのは本編ではなく、コミック巻末のオマケ漫画でした!気になる方はコミック10巻を是非手にとってみてください!

【鬼滅の刃】伊之助の過去5:字を書けない伊之助!言葉を教えたのは意外な人物たち

巻末漫画で登場!タカハル青年と祖父、つまり伊之助にとってジジイだ!

猪に育てられた少年、嘴平伊之助…人は自然と言葉を覚えるわけではなく、環境が整っていない中、一定の年齢を過ぎてしまうと話す事が困難になるそう。しかし!伊之助は猪に育てられたのにとっても喋るのが上手(?)ですし、アホそうに見えますが意外と難しい言葉や単語も知っていますよね!

乳を飲ませて伊之助を大きくしたのは猪ですが、彼に言葉を教えたのは人里に住む老人でした。おかきで釣られた伊之助は、老人の家によく来るようになったのか、孫のタカハル青年には警戒されてしまいます(笑)大事な祖父が猪頭キッズを抱っこしていたら驚きますよね…普通…。

百人一首を読み聞かせて伊之助をあやす老人と「ヴゥー!」と鳴く伊之助の組み合わせがジワジワくるシーンでした。

被っている猪頭は山の主なのか?人間らしくなってきた伊之助に注目!

そんなこんなで、捨て子という悲しい過去にもめげずに立派に成長した伊之助!弱肉強食の世界で生きてきた彼だからこそ会得した“獣の呼吸”での活躍が今後も楽しみですね~!そして、自分を捨てた母との再会はあるのか…また、どうして自分は捨てられたのか、父親はどんな人物なのかなどなど…

伊之助の過去が明らかになる頃には新章に突入してそうですし、無惨との戦いも益々白熱すること間違いなし!伊之助が家族との再会を無事に果たせるよう祈るばかりです…!

関連記事をご紹介!

【鬼滅の刃】剣術「獣の呼吸」全型まとめ!伊之助にしか扱えない大自然の我流剣術!【ネタバレ】

【鬼滅の刃】派生元は不明!?独創的すぎる“獣の呼吸”の種類とは?
使い手は嘴平伊之助|我流「獣の呼吸」と「2種類の型」

公式関連アイテムをご紹介!