【僕のヒーローアカデミア】出茶(デク茶)の公式エピソードをご紹介!ナードに恋する女の子の恋の行方は?

僕のヒーローアカデミアの登場人物である爆豪勝己と麗日お茶子!僕のヒーローアカデミア主人公とヒロインの公式エピソード満載!デクに恋するお茶子・・・?デクとお茶子の互いに支え合う信頼っぷりを徹底紹介!

『出茶』とは?

緑谷出久×麗日お茶子のカップリング

僕のヒーローアカデミアアニメの登場キャラクターである、緑谷出久と麗日お茶子のカップリングです。

緑谷出久(みどりやいずく)は僕のヒーローアカデミアの主人公であり、平和の象徴のヒーローと言われるオールマイトに憧れてヒーローを目指す少年です。他の登場人物からは緑谷だったり、デクと呼ばれています。

僕のヒーローアカデミア 1 (ジャンプコミックス)

デクは臆病者でビビりやすい主人公なのですが、困った人を見ると放っておけない優しさを持っていて、考えるより先に行動してしまうような性格です。

大体の人が「個性」という名の特殊能力を持つという超常現象社会の中、デクは無個性で他の人たちからはバカにされていました。自分の人生に絶望していたデクですが、ある日憧れのヒーロー・オールマイトに「考えるより先に動く」というヒーローにとって一番重要な素質を持っていることを見抜かれ、オールマイトの個性「ワン・フォー・オール」を受け継ぎました

僕のヒーローアカデミア 麗日お茶子 ビジュアルバスタオル2 3 約H600×W1200×D3mm

麗日お茶子(うららかおちゃこ)は、僕のヒーローアカデミアのヒロインです。茶髪のショートボブで、制服姿の時はタイツを履いてるのが特徴です。

明るくて元気でポジティブな性格で、デクはそんなお茶子の一言で元気をもらったり、やる気を出しています。丸くて可愛らしい顔をしており、爆豪からは「丸顔」というあだ名で呼ばれていました。

お茶子の両親は建設会社の経営をしていますが、経営不振で苦労しているため、「ヒーローになってお金を稼いで両親を楽にしてあげたい」という思いでヒーローを目指しています。

デクとは入試前に会っており、その時から「良い人」だと好感を持たれていました。お茶子も入試でデクに助けられたことから「デク」という呼び方を「頑張れって感じで好き」と発言しており、後にお茶子はデクのことを「デクくん」と呼ぶようになります。

関連記事をご紹介

【僕のヒーローアカデミア】麗日お茶子は自然体の天然ヒロイン!可愛い過ぎる8つの魅力!

『僕のヒーローアカデミア』のヒロイン・麗日お茶子とは?

麗日お茶子は「僕のヒーローアカデミア(通称ヒロアカ)…

『出茶』エピソード1:二人の初めての出会い!

僕のヒーローアカデミアアニメ第3話「うなれ筋肉」

僕のヒーローアカデミアアニメ第3話「うなれ筋肉」は、デクとお茶子の出会いの話です。デクはヒーローを目指すために、オールマイトの特訓を受けて雄英高校の入学試験を受けます。そこで、同じくヒーローを目指すために雄英高校の入学試験に訪れたお茶子と出会います。

デクはお茶子のことを良い人だと好感を持っており、これまでいじめられっ子だったデクに、初めてお茶子という友達ができました。

この入学試験の最中に、お茶子のピンチをデクが助けています。これをきっかけにどんどん二人の仲は良くなっていきます。そして、後にお茶子は淡い恋心を抱くようになり、デクもお茶子のことを意識している描写が見られます。

『出茶』エピソード2:デクと組むお茶子!

僕のヒーローアカデミアアニメ第6話「猛れクソナード」

僕のヒーローアカデミアアニメ第6話「猛れクソナード」では、個性把握テストをすることになります。このテストは対人戦闘訓練で、爆豪と飯田がヴィラン組としてチームを組み、出久とお茶子がヒーロー組としてチームを組むこと。

爆豪はデクが相手ということもあり、怒りに身を任せて激しい攻撃を繰り出してきます。そんな中、出久はヒーローを目指すためにこれまで得た知識や経験を活かすことで対抗します。

コンビを組んだお茶子と一緒に勝ちたいと願うデクは、個性を発動して大きな活躍を見せました。

暴走が止まらない爆豪ですが、デクとお茶子の作戦は無事成功し、ボロボロになりながらも見事に勝利を収めます。このシーンから、デクとお茶子はかなり息の合ったコンビだということがわかりますね。

『出茶』エピソード3:お茶子を心配するデク!

僕のヒーローアカデミアアニメ第22話「爆豪vs麗日」

僕のヒーローアカデミアアニメ第22話「爆豪vs麗日」では、雄英体育祭が行われます。1対1のトーナメント戦が始まり、トーナメント戦では轟が自身のさみしい境遇に触れるシーンもありました。

さらに、2回戦ではデクと轟が戦ったり、飯田vs発目では飯田が発目自作のサポートアイテムを身につけて対戦したりと色んな個性を見ることができ、ワクワクするような対戦が見られます。

そして、飯田vs発目の試合が終わり、常闇vs八万事、切島vs鉄哲、青山vs芦戸とそれぞれ対戦が続いていく中、ついに爆豪vsお茶子の試合が始まります。

お茶子vs爆豪の試合前に、デクはお茶子に爆豪の対策法を伝えようと話しかけますが、お茶子はその対策法を聞かずにデクに「決勝で会おうぜ!」とかっこよく決めます。

爆豪の強さを十分に知っているお茶子は、自分の個性で浮かせれば有利に戦えると作戦を考え、開始と同時に攻撃を仕掛けようとしますが、爆豪に近づくことさえできずに爆豪の強さを再確認することになります。

爆豪vsお茶子の戦いは一方的なものでしたが、爆豪の戦い方はお茶子の実力を認めて警戒しているからこその戦い方でした。爆豪は観客からのブーイングを受けながらも、手を一切抜くことなく全力で戦い抜いたのです。

一方的に見えた試合でしたが、お茶子は試合中に密かに作戦を練っており、とある仕掛けを繰り出します。ですが、その決死の作戦さえも爆豪には通用せず、結局お茶子は負けてしまいました。

その後、デクは負けたお茶子に声をかけました。気丈に振る舞うお茶子ですが、デクは隠した悔しさに気づいてる様子でした。そして、そのお茶子の悔しさを胸に自分の対戦に挑みます。ここでデクがお茶子に特別な気持ちをもっているのがわかります。

デクの前では明るい姿を見せていたお茶子ですが、デクが部屋から出て行った後、両親と電話で話している最中に号泣してしまいます。いつも笑顔で元気なお茶子が初めて見せる姿に、心を打たれた方も多いのではないでしょうか。

『出茶』エピソード4:デクを意識するお茶子!

僕のヒーローアカデミアアニメ第36話「むけろ一皮」

僕のヒーローアカデミアアニメ第36話「むけろ一皮」では、期末テストの演習試験が行われており、雄英教師vs生徒のバトルが始まることになります。そこで、お茶子はクラスメイトの青山と組むことになりました。

青山と組むことになったお茶子は青山のマイペースさについていくことができず、作戦を立てるのを諦めかけている中、試験は始まります。

青山&お茶子の相手は、雄英教師の一人である13号でした。13号の個性は「ブラックホール」という強力な個性を持っており、お茶子たちはピンチに陥ります。そんな中、青山がデクの話をお茶子にしたところ、たちまち顔を真っ赤にしてしまいました。そのおかげで形成逆転することができたのですが、デクのことになると顔を赤くしたり、わかりやすくパワーがみなぎるところがお茶子の可愛いところですよね。

『出茶』エピソード5:お茶子の恋がバレる!

僕のヒーローアカデミア12巻

僕のヒーローアカデミア 12 (ジャンプコミックス)

僕のヒーローアカデミア12巻では、デクと発目が仲良く楽しそうに話しているのを目撃したお茶子がショックを受けます。そして、お茶子はクラスメイトの女子たちに胸のざわめきを打ち明けると、女子たちからは「それは恋だ!」という指摘を受けます。

他の女の子と絡んでいるところを見て胸がざわつくのはヤキモチを妬いている証拠ですし、お茶子がデクに恋心を抱いていることがこのシーンではっきりわかります。

さらに、ヒーロー仮免許取得試験では、不審な行動を取るお茶子を見て、デクはすぐに本物のお茶子ではないことに気づきます。「僕の知ってる麗日さんじゃない」という確信を持ち、何者かがお茶子に変装していることを見破ったのです。

お茶子がデクのことをとても信頼していることは、「信頼するだけの実績がデクくんにはある」という発言からわかります。そして、この話では偽物ではありますが、デクがお茶子をお姫様だっこしている様子も見ることができますよ

出茶の恋の行方は!?

緑谷出久と麗日お茶子は、付き合ってこそいませんが、互いに好感を持っている関係と言えるでしょう。お茶子が「デクくんみたいになりたい」と思ったり、デクが「麗日さんと一緒に勝ちたい」と思うように、ヒーローとしても互いに影響を与え、高め合っている様子もうかがえます。

デクの気持ちがハッキリと作中で明かされたことはありませんが、他の女子生徒と比べると確実にお茶子のことを気にかけていますし、意識していることは間違いないでしょう。

僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~二人の英雄~

この二人は互いにいつも気にかけていたりと、とても厚い信頼関係で結ばれていることが分かります

デクとお茶子の恋の行方も僕のヒーローアカデミアの楽しみの一つですね。これからも僕のヒーローアカデミアを応援するとともに、出茶の活躍に期待しましょう!

公式関連アイテム