【キングダム】羌瘣は戦場を舞う殺戮の天使!飛信隊との関係から強さや魅力が分かる12の知識!

『キングダム』の女性キャラクターの中でもひと際目立つ強さを持つ羌瘣。幾多の戦場を信と共に駆け抜け、強者と呼ばれる武将にも引けを取らない実力があります。そんな羌瘣の生きる目的や過去、姉との関係などを詳しく紹介していきます。

戦国を駆け巡る謎の美少女、羌瘣!

キングダム 6 (ヤングジャンプコミックス)

羌瘣は戦場で信と初めて出会った当初、「不気味な強い女」としか思われていませんでした。しかし戦いを重ねるごとに、飛信隊に欠かせない人物のひとりになっていきます。

強さの秘密には、過去の出来事や出生の村の関係があるようですが、羌瘣自身はそれを忌まわしく思っているよう。しかし、そんな過去を乗り越えるうちに、精神面でもどんどん強くなり、信との絆を深めていくことになります。

羌瘣の見た目は幼女にしか見えませんが、「トーンタンタン」という独自の舞いをすることで、相手を一瞬で葬り去ってしまうおそろしい特徴を持っています。

【キングダム】羌瘣の知識1:史実で実在する?

羌瘣は、史実でも名前が残っており、実在した人物です。紀元前229年に王翦と楊端和と一緒に趙の国を攻めたという記述が残る程度ですが、どちらも将軍クラスの人物。二人と肩を並べられるということは、相当位が高かったのではないでしょうか

【キングダム】羌瘣の知識2:元々は政の暗殺が目的?

キングダム 11 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

羌瘣は戦争に参戦する中で、信と出会いました。そして五人一組の隊を作り、戦場を駆け巡ることになるのですが、その圧倒的な強さを見た者は、仲間であろうと「何者だ?」と驚きます。

その後、何を目的として戦争に参加しているのかも明かされないまま、信たちと別れることになりますが、すぐに再会を果たします。政の暗殺計画が動き出し王都に朱凶が入り込んだ時に羌瘣の姿を見た信は「政を暗殺しにきたのか?」と語りかけますが、羌瘣はそれに対し「そうだ」としか答えませんでした。

そして信と戦うことになるのですが、殺気を一切感じられないことから本当は政を殺しにきていないことを見抜かれ、刺客一族『蚩尤』出身の羌瘣は腕を買われて雇われただけだったのです。

そこに私怨などといった理由などはなく信も政も殺さずにその場を去ることになるのでした。

【キングダム】羌瘣の知識3:飛信隊や信との関係

刺客一族『蚩尤』にも関わらず何故か戦場にいた羌瘣は、まるで生きる目的を探すかのように飛信隊に入り、戦いを通じて仲間の大切さや信の存在の大きさを知ることになりました。羌瘣は一族を追われる身となっていたので、無意識に心の拠り所を探していたのかもしれません。

信との距離もどんどん縮まりお互いに認め合う存在へと変化し、命をかけて守りたいとお互いを思う描写も見られました。そして将軍になることを夢見る信と同じように、羌瘣も同じように将軍になることを目指すようになっていくのです。

【キングダム】羌瘣の知識4:姉である象との関係

羌瘣の人生において大きな存在と言えば、信と実の姉である象です。『蚩尤』に生まれて唯一信頼できる姉がいたからこそ、羌瘣は殺伐とした暗殺集団に関わらず人の心を持ち続けていました

そんな中で『蚩尤』の名を受け継ぐ者を決める祭りに羌瘣と象が選ばれます。この祭りは最後のひとりになるまでの殺し合いなので、羌瘣を巻き込みたくなかった象はわざとお香で羌瘣を眠らせて参加を阻止します。

これは姉の最後の妹に対する愛であり、この一族を変えてほしいという願いでもあったのでしょう。結果象は死んでしまいますが、姉の存在は羌瘣の心の中にいつまでも残っていました。

【キングダム】羌瘣の知識5:壮絶な過去

『蚩尤』の一族に生まれた羌瘣は、人生において殺し合いは避けては通れない道でした。

そして皮肉にも、一族ではたったひとりの『蚩尤』を決めるために殺し合いに選ばれたのが羌瘣と姉の象。象は羌瘣の才能を早くから見抜いていて、本気で戦いを行ったら自分は殺されるとも思っていました。そして祭りの当日に象は羌瘣を眠らせて単身で参加することになります。そして最後まで頑張るのですが結果及ばず殺されて首を落とされてしまいました

目覚めた羌瘣がそこに駆けつけると既に祭りは終了し、姉の首を見て泣き崩れてしまいます。それを見た村の人間は羌瘣が戦いに参加しなかったことの責任を取らせようとしましたが、姉の死を侮辱され激怒した羌瘣はその場にいた全員を殺してしまいます

それからは一族から命を狙われる立場へと変わってしまいました。

【キングダム】羌瘣の知識6:一族の奥義や強さ

キングダム 34 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

『蚩尤』は暗殺を生業とする一族で、独自の奥義である巫舞を武器に戦います。ただ踊るのではなく独自の呼吸法と神堕としをすることで自らをトランス状態にするという攻撃方法です。

そうすることで潜在意識を引き出して、肉体の限界を超えた動きをすることができるのです。この巫舞は個人差があり誰もが同じように強くなるのではなく、才能のあるものと無いものの差は出てきます。そしてより深く精神を落としてしまうと帰って来られなくなり、昏睡状態に陥ることもあるんだそう。

巫舞を使用した後は体力を大幅に消耗し呼吸を整えなければ戦うことも困難となるので、何度も使えるものではなく確実に相手を殺す時のみに使用する切り札です。そんな荒業を使えるのも羌瘣しかおらず、一族の中でも強さが突出しているのが分かります。

【キングダム】羌瘣の知識7:宿敵幽族の蓮

羌瘣の生きる目的は、姉の象を殺した幽族の蓮に対する復讐です。そして数年越しに、ようやく2人は出会うことになりました。

蓮はたくさんの命のやりとりを経ることで壊れてしまっていました。凶悪で強敵でもある蓮でしたが、羌瘣は罠だと分かっていても真っ向から勝負をすることになります。蓮は取り巻きを数名連れてきて羌瘣を囲んで攻撃を仕掛けるのですが、羌瘣は巫舞を使用し全て倒します

そして蓮との一騎打ちでもさらなる深い舞いで覚醒状態へと陥り蓮の知らないゾーンへと突入し活路を見出しました。それでも体への負担は相当のものであり、蓮を倒すことにはなりますが助けがなければそのまま死んでいたかもしれませんね。

【キングダム】羌瘣の知識8:新たなる目標

羌瘣は姉の仇でもある蓮を倒すことに成功し、自らの最大の目的を果たすことになりました。一族との決別も済み自由の身となる中で飛信隊で信と一緒に戦場を駆け巡るという新たな目標ができます。

今まで地位や栄光に興味がなかった羌瘣ですが、信が将軍をめざすというのなら自分も目指したいと打ち明けます。そして実際に信が五千人将になる頃には羌瘣は三千人将となりました。

【キングダム】羌瘣の知識9:羌瘣の考えた戦術金剛とは?

羌瘣が最大の目的だった幽族の蓮の戦いを終えて飛信隊に戻ってきたとき、騎馬対策として考えた策が「金剛」です。

金剛は、盾を山の形に重ねてその後ろで数名の男が密集して支えるという単純なものですが、勢いをつけて走る馬は次々と盾にぶつかり転んでしまいました。騎馬隊で布陣を崩そうとしている相手にとって、これは予想外の出来事となったことでしょう。

【キングダム】羌瘣の知識10:アニメ版での声優は日笠陽子さん

アニメ『キングダム』で羌瘣の声優を務めるのは人気女性声優の日笠陽子さんです。

羌瘣以外にも『けいおん!』の秋山澪『ハイスクールD×D』のリアス・グレモリー『ノーゲーム・ノーライフ』のステファニー・ドーラ『NEW GAME!』の八神コウ『もしドラ』の川島みなみ『トリニティセブン』の山奈ミラ『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』のピトフーイ役などを務めています。

【キングダム】羌瘣の知識11:実写版では山本千尋が熱演!

2019年4月に公開された実写映画『キングダム』には羌瘣は出てきません。しかし2016年4月17日に実写の特別動画が公開され、そこで羌瘣を演じたのが山本千尋です。2018年第2回世界ジュニア武術選手権大会、槍術で金メダルを受賞した実力者で、その他にも2010年~2012年のJOCジュニアオリンピックカップ長拳・剣術・槍術の3種目にて金メダルを受賞して3連覇を達成しています。

特技は中国武術、アクション、殺陣、英会話と世界で活躍するアクションスターになれそうな逸材です。

【キングダム】羌瘣の知識12:名言

羌瘣は女性でありながら戦場を駆け巡り、多くの人間のしにを見てきました。そんな羌瘣だからこそ凡人には見えない景色が見えています。そんな生き様の中で生まれた名言を紹介していきます。

「持っているモノは人それぞれだ 私は私で生きる目標は持っている」

まるで何も目標がないかのように思われている羌瘣ですが、姉を殺した相手に復讐を果たすことが生きる目標となっていました。羌瘣は見た目も態度もクールなので何事も淡々としていうのかと思いきや意外と情に厚い女の子なのかもしれません。

他の人間と自分もなんら変わりがないということを言っているのですが、化け物じみた強さがあるから周りの人間は近寄りがたいのでしょうね。だからこそ飛信隊のメンバーとどんどん打ち解けていくのが見ていて嬉しくなります。

「私は精一杯生きるよ 象姉 見守っていて下さい 象姉」

羌瘣は幽族の蓮との壮絶な戦いの末に勝利することができました。象は自らの命をかけて羌瘣に未来を与えてくれましたが、それは羌瘣にとっては望まない未来だったのかもしれません。しかし信や飛信隊の人間と出会うことでいろんなことを学びました

そして生きる理由というものも見つけたのです。だからこそ蓮との戦いが終わった時に象からもらった未来のために生きようと決意します。一族の暗い過去があるだけに羌瘣には幸せになってほしいです。

今後の信と羌瘣のコンビから目が話せない!

キングダム 10 [DVD]

それまでは姉の象の復讐を果たすためだけに生きているかのような羌瘣でしたが、信と出会うことで今までの生き方ががらりと変わり復讐を果たした後には「将軍になる」新たな目標を見つけることもできました。

信の側で共に戦いたいという想いがあるからこその新たな目標であり、迷いなくそこへと突き進もうとしているのかもしれません。そして実際に、戦場で信と助け合いながら絶体絶命の状況を何度も乗り越えています

そんなふたりだからこそ、政が中華統一を行うのに不可欠な存在となるのでしょう。これからの羌瘣の活躍も楽しみですね。