【鬼滅の刃】嘴平伊之助に死亡説!?疑惑の原因と行きていた理由を紹介!

伊之助が死んだ?!この噂のもととなったのが【鬼滅の刃】遊郭潜入編。今回は伊之助死亡説が浮上した経緯をご紹介します。更なる強敵に伊之助たちも大苦戦!!白熱の戦いとともに伊之助死亡説について徹底解析。逆に伊之助のタフさが浮き彫りに?!

【鬼滅の刃】伊之助死亡説が浮上!遊郭潜入編とは

鬼滅の刃 9 (ジャンプコミックス)

蝶屋敷を拠点に、療養と鍛錬を積む日々を送る伊之助たち。そんな時現れた音柱・宇髄天元(うずい てんげん)は、任務のためにアオイたち女の子を連れ去ろうとします。宇髄の目的は遊郭「吉原」への潜入。既に潜入させていた「嫁」からの連絡が途絶えたため、新たな工作員を勧誘、そして自ら吉原への潜入を試みたのです。

そこでアオイたちの代わりにと、伊之助・炭治郎・善逸の3人は女装して遊郭へと潜入することになるのでした。そこに待ち受けていたのは兄妹の鬼!十二鬼月上弦の堕姫(だき)と妓夫太郎(ぎゅうたろう)の2体の鬼の連携に、伊之助たちも大苦戦

妹・堕姫の決起術は帯を自在に操り、そして兄・妓夫太郎の毒を用いた血気術。遊郭潜入編は、強敵と対峙する伊之助たちが更なる強さを身に着けていくところも注目のポイント!命がけのスリリングな戦闘シーンも見どころです。

 

【鬼滅の刃】激戦を極めた兄妹の鬼・妓夫太郎と堕姫との戦い

堕姫は血気術で帯に人間を閉じ込め、地下に食料として保管していました。そこに一番にたどり着いたのが伊之助です。全身の関節を外すことができる伊之助は、狭い穴に身体を潜り込ませ堕姫の隠れ家へと乗り込んだのでした。

しかし、そこにあったのは堕姫の本体ではありませんでした。帯に捕らわれた人物を助けた伊之助は、善逸と宇随とともに本体を追います。そして、いち早く堕姫と戦っていた炭治郎と合流し、宇随が堕姫の首を落としたのでした。

ところが、兄妹の鬼は一筋縄ではいきません!堕姫は首を切られながらも死なず、それどころか堕姫の身体からは兄・妓夫太郎が出現します。兄弟の鬼は2人で一人。倒すためには堕姫と妓夫太郎、この2人の首を同時に切り落とさねばならないのです!

堕姫の無数の、しかも縦横無尽な帯の攻撃、そして妓夫太郎の血気術の毒…宇随はじわじわと毒に侵されてしまいます。2匹の鬼との戦いは、柱である宇随をもってしても苦戦するような厳しいものとなったのです。

 

【鬼滅の刃】打倒・堕姫…!伊之助と善逸の共闘

「俺たちはジワジワと勝っている」

毒がゆっくりと侵食していく様を感じさせる妓夫太郎の恐ろしい言葉…そう宣言する妓夫太郎に伊之助が吼えた!

「俺を忘れちゃいけねえぜ

この伊之助様とその手下がいるんだぜ!!」

2人同時に首を斬る必要のある堕姫と妓夫太郎。伊之助の指揮により、妓夫太郎は宇随と炭治郎、そして堕姫を伊之助と善逸が討伐することに。柱すら「部下」とでも言いかねないこのシーン…伊之助、超絶好調です!

そして、堕姫もついに本気を出します。第三の目を開眼させた堕姫は視力がさらに強化され、無数の帯を操る能力に視力が加わり更にパワーアップ!しかし、それくらいのことでは猪突猛進な暴れん坊である伊之助も、睡眠モードで潜在能力を開花させた善逸も怯みません。

堕姫の猛攻…伊之助の必殺技炸裂!!!

無数の帯の攻撃に、炭治郎も加勢を余儀なくされます。しかし、二刀流、しかも気配を察することに長ける伊之助にとって多方向から来る攻撃は得意分野!!炭治郎と善逸は伊之助を守ることに専念し、その隙に伊之助の必殺技がさく裂します。

その名も「陸の牙 乱杭咬み」。この一閃で、伊之助は見事堕姫の首を落とすことに成功します。そして、堕姫の首が再び体とくっついてしまわないように伊之助は堕姫の首を抱えて疾走!

活躍に次ぐ活躍、しかし伊之助の調子がいいのはここまで…伊之助に悲劇が訪れます。

 

【鬼滅の刃】心臓を刺された?!伊之助死亡説の元凶はここに

堕姫の首を持って走る伊之助は、妓夫太郎により胸を刺されその場に倒れてしまいます。刺され位置はちょうど心臓のあたり…そのまま動かなくなってしまいます。妓夫太郎も「心臓を一突き」と言っており、生還は絶望的…。

そして伊之助の頑張りもむなしく、堕姫は身体を取り戻し復活してしまうのでした。伊之助が倒れた後、炭治郎は妓夫太郎の首を、善逸は堕姫の首を切断しようと重傷を負いながらも戦います。

炭治郎は宇随の援護を受けながら妓夫太郎の首を狙うも、伊之助がいない今善逸は一人…堕姫の首を狙う隙に攻撃を仕掛けられてしまいます。まさに堕姫の攻撃が善逸を貫こうとする寸前。そのピンチを救ったのはなんと死んだはずの伊之助!!

妓夫太郎は伊之助の心臓を正確に狙ってはいましたが、なんと伊之助は内臓の位置を動かし致命傷を避けていたのです!さらに、山育ちの丈夫な体には毒も効かないのだとか。こうして生き残った伊之助は、善逸と2人力を合わせ堕姫にとどめを刺すのでした。

関連記事をご紹介

【鬼滅の刃】嘴平伊之助のかわいい魅力まとめ!素顔が美少女すぎるギャップの持ち主

【鬼滅の刃】嘴平伊之助(はしびら いのすけ)とは
https://twitter.com/kimetsu_off/statu…

 

【鬼滅の刃】心臓の音がどんどん弱くなる伊之助の命運は…?!

心臓を外れていたとはいえ、妓夫太郎の毒は強力です。堕姫と妓夫太郎の討伐に成功するも、伊之助の心音は弱くなる一方で、肌も毒によってただれてしまっていました。炭治郎も善逸も毒の知識はなく、弱っていく伊之助をただ見ていることしかできません。

そんな中、無邪気な顔をして近づいてきたのは禰豆子。禰豆子の血気術・爆血は鬼の細胞のみを焼く特殊な炎。これによって妓夫太郎の毒を解毒し、伊之助は一命をとりとめたのでした。

「腹減った」という伊之助に炭治郎も一安心!死んでもおかしくないような戦いっぷりを見せた伊之助ですが、自らの強靭な肉体と特殊な体質によって生き残ることができたのでした。

 

【鬼滅の刃】伊之助が生きていた秘密は野生の力?!

激戦の後、昏睡に陥る炭治郎より7日も早く目覚めた伊之助。

「俺はお前より七日間も早く目覚めた男」

となぜか自慢げ…。既に元気いっぱいです!しのぶ曰く「伊之助はミツアナグマと同じ」なのだとか。ミツアナグマは外国のイタチで、皮ふが分厚く獅子に咬まれても平気。更に、毒が効かないため毒蛇をも捕食するのだそう。

「つまり俺は不死身ってことだ!!」

そう言ってふんぞり返る伊之助ですが、実は注意しなければならない点も。毒が効きにくい分、伊之助は薬も効きにくい体質なのです。このような体質からしのぶに「普通じゃない」と宣言される伊之助…野性味にあふれています。

 

【鬼滅の刃】生命エネルギー溢れる伊之助の旅はまだまだ続く!

心臓を一突きされた瞬間は、私たち読者を息を飲むほどの衝撃でした。しかし、そんな厳しい状況でも生き残るたくましさは伊之助の才能!きっとこれからもハラハラドキドキの展開をもたらしてくれるはずです。

アニメ【鬼滅の刃】では伊之助の活躍はまだまだこれから。楽しみに待ちましょう!

公式関連アイテム