【ゾンビランドサガ】水野愛は伝説のアイドル!魅力が分かる6つの知識!

『ゾンビランドサガ』は、2018年に放送された大人気アニメです。そんな『ゾンビランドサガ』から、今回は「平成の伝説のアイドル」水野愛をピックアップします。愛の壮絶な人生からかわいらしい一面、そしてフランシュシュのメンバーとの絆まで余すことなくご紹介していきます。

ゾンビィ3号!平成のアイドル・水野愛とは?

ゾンビランドサガ Blu-ray ソフマップ全巻購入特典 タペストリー

『ゾンビランドサガ』とは2018年に放送された大人気アニメです。佐賀県を舞台に、ゾンビとなったアイドルたちが町おこしのために奮闘する物語となっています。これをきっかけに、実際の佐賀県でも『ゾンビランドサガ』で町おこしを行っており、ファンが聖地巡礼を行うなどかなりの盛り上がりを見せています。

そんな『ゾンビランドサガ』に登場する水野愛「伝説の平成のアイドル」として蘇ったゾンビで、1992年3月7日生まれ、2008年8月4日没、享年16歳の女の子です。物事をはっきり言うタイプで、最初はフランシュシュの活動にも懐疑的で、脱走まで図っていました。しかしのちに運命を受け入れ、グループの中心的な人物へと成長していきます。

今回はそんな水野愛をピックアップして、その魅力を余すことなくご紹介していきます。これを読めば愛のことがますます好きになっちゃうこと間違いなしですよ!

水野愛の魅力その1:過去はアイドル「アイアンフリル」不動のセンター

まずは生前の愛についてご紹介します。愛は元々「アイアンフリル」というアイドルグループに所属していました。アイアンフリルは2000年以降のアイドル戦国時代に、トップに君臨したアイドルグループです。愛が亡くなってしまった2008年に日本一となり、そこからミリオンヒットを続けています。フランシュシュが出演したサガロックフェスにもゲスト枠として出演し、圧倒的なパフォーマンスを披露していました。

そんなアイアンフリルで、愛はなんと不動のセンターを勝ち取っていました。そして愛がセンターで活躍しているときにアイドル日本一を獲得することができたのです。アイアンフリルがトップに登りつめたのは、愛のおかげと言っても過言ではありません。ちなみにグループ名には「アイドルだけど譲れない鋼鉄の意思を纏い歌い続ける」という想いが込められています。

フランシュシュが活動を始めた現在、アイアンフリルは結成15周年を迎えています。その間に、アイドルグループではよくあるメンバーの入れ替わりを繰り返しており、現在のメンバーは、愛が所属していた時のメンバーとは全員異なった人物で構成されています。

水野愛の魅力その2:死因はライブ中の雷直撃

人気絶頂だったアイアンフリルの不動のセンター・水野愛の最期は、なんとライブ中の出来事でした。アイアンフリルはこの日、佐賀県の鳥巣スタジアムで野外公演を行っておりました。最悪の悪天候でしたがライブは決行され、ファンの熱気と共に盛り上がりを見せていました。

しかし、そんなときに悲劇が起こったのです。最後の決めポーズで愛が空に向かって人差し指を立てるシーンがあるのですが、それが運悪く避雷針となってしまい、雷が直撃。そのあとメディアが騒ぎ立てるように、まさに「電撃引退」となり、愛は皮肉にも伝説のアイドルとなりました。

こんな悲惨な死に方をしてしまったため、愛は雷が苦手でトラウマを抱えています。ちなみに愛にはもうひとつトラウマがあります。それは火かき棒です。ゾンビとして復活してしばらくは意識がなかなか戻りませんでしたが、その間に火かき棒を頭に突き立てられたことがきっかけでトラウマとなっており、身体は嫌なことをきちんと覚えているようです。

関連記事をご紹介

【ゾンビランドサガ】星野リリィの声優・田中美海はどんな人?有名キャラも合わせて紹介!

【ゾンビランドサガ】で星川リリィを演じるのは田中美海!
https://twitter.com/minazou_373/st…

水野愛の魅力その3:フランシュシュの中心的な人物

ゾンビランドサガ 水野愛 ルームウェア 描き下ろし B2タペストリー 横幅約51cm×高さ約72cm

最初はフランシュシュでの活動に懐疑的だった愛ですが、徐々に現実を受け止めてグループの中心的人物として動くことになります。それもそのはず、愛はアイドル経験者であり、亡くなった年も現代に近いために、他のメンバーよりもより柔軟に動くことが出来ました。アイドルとしてのノウハウはもちろん、グループの練習でもみんなを引っ張っていく立場になります。

ステージ上でも、アイドル活動に慣れない源さくらたちのサポートに回り、生前の経験を大いに活かして困ったことがあればすぐに手助けに入ります。愛のアイドルとしての技術や才能は、フランシュシュになくてはならない財産となっています。

水野愛の魅力その4:ファン必見の愛回が最強

5話「君の心にナイスバードSAGA」

それではここから、愛ファンには絶対に観て欲しい名シーンについてご紹介します。まず最初にご紹介するのは第5話「君の心にナイスバードSAGA」。この回はドライブイン鳥のCMに出演したり、ガタリンピックに出場したり…と盛りだくさんな内容でした。この回以降、実際のドライブイン鳥にファンの方が聖地巡礼で訪れて大繁盛しているとか。佐賀県にとっても実りのある回ですね。

そんな5話では、愛の舌打ちシーンを観ることが出来ます。いつも通りハイテンションで企画を伝える巽、そしてそのノリのままフランス語で愛にも迫ります。そんな巽に嫌気がさした愛は強烈な舌打ちをかまし、そしてフランスパンで殴り倒したのです。かわいい女の子から放たれる強烈な舌打ちに、思わず「自分もされたい」と思ってしまったファンもたくさんいたようです。

6話「だってセンチメンタルSAGA」7話「けれどゾンビメンタルSAGA」

ラバープレイマットコレクション「ゾンビランドサガ」 純子&愛ver.

次にご紹介するのは第6話「だってセンチメンタルSAGA」第7話「けれどゾンビメンタルSAGA」です。フランシュシュのメンバーが現代のアイドルについて調べている中で、昭和と平成のアイドルの違いに悩む紺野純子の姿があります。昭和の頃にあったファンとの一線が無くなり、現代ではチェキ会などで距離が近いことに抵抗がありました。この違いが受け入れられない純子は、他メンバーと険悪なムードになってしまいます。

第7話では、純子が部屋に引きこもってしまいます。その後、巽が説得したことにより、佐賀ロックフェスティバル当日、純子は部屋から出てきて一緒にライブに臨むことになりました。一方、ライブの会場が野外ということで不安を感じる愛。サガロック当日も悪天候になり、更に恐怖が増します。しかし自分たちがゾンビになったことにより、落雷が効かない無敵状態になっていることに気付いた後は、トラウマを乗り越えてパフォーマンスを続けることが出来ました。

ここで注目したいのは純子と愛の関係です。愛は「平成の伝説のアイドル」ですが、純子は「昭和の伝説のアイドル」でした。愛が2000年以降のアイドル戦国時代を生き抜いたアイドルだったのに対し、純子は1980年代のアイドルブームの火付け役。またダンスが得意な愛に対し、純子は歌唱力がメンバーNo.1の実力を持っていました。この2人は平成と昭和のアイドル思想の違いから対立してしまうことになります。

しかし、純子は巽のアドバイスにあった「嫌なら時代に迎合する必要はない。メンバーやファンに昭和のアイドルの矜持を見せてやれ」という言葉に納得し、自身の殻を破ることが出来ました。そして自分のトラウマから恐怖におびえる愛に手を差し伸べたのです。上手く歌えない愛をフォローし、自身が代わりに歌うことで2人の溝は埋まっていきました。ゾンビであることから見事トラウマを克服した愛と純子はここから強い絆で結ばれていきます。時代を超えたアイドルの共演、胸が熱くなりますね。

11話「世界にひとつだけのSAGA」

最後にご紹介するのは第11話「世界にひとつだけのSAGA」です。この回では遂にさくらが生前の記憶を取り戻します。しかし生前のさくらは何をやってもダメな結果になる不運の少女で、努力しても全て水の泡に終わる人生を送っていました。そんなさくらは、愛が所属するアイアンフリルに出会い、憧れを抱きます。愛の姿を見て「もう一度頑張ってみよう」と思ったさくらですが、その後車にひかれて亡くなってしまったのです。さくらと巽との関係が少し見えてきた重要な回でもあります。

ここでは、生前のさくらをもう一度立ち上がらせた愛の名言を聞くことが出来ます。愛はテレビのインタビューで「失敗とか後悔とかを全然ダメなこととか思ってないからですかね。それって絶対次につながることですし、そういうのを全部踏み越えた先に誰にも負けない私がいると思っているので」と応えています。アニメを観ているわたしたちにも響く名言ですよね。

水野愛の魅力5:ライブの時には花が増えちゃうところがかわいい

愛といえば髪に付いた花のアクセサリーが特徴的ですよね。この花は、実はライブの時には増えているんです!注意して見てみると、普段のゾンビ姿の時には2か所しかない花が、アイドルモードになると数えきれないほどの数に増えていますよね。

個人的にはこの花、髪飾りではなく生えているようにも見えてしまうのですが、実際はどうなのでしょうか。アイドルとしてファンの前に出るときには自分で増やしている愛の姿も、想像するとかわいらしく思えますよね。しかし個人的には愛のテンションによって増えたり減ったりするという設定だとおもしろいなと考えてしまいました。

いずれにしても、青みのかかった髪に黄色い花が映えてとてもかわいらしいですよね。

水野愛の魅力6:声優は種田梨沙さん

愛の声優を担当しているのは種田梨沙さんです。1988年7月12日生まれのA型、東京都の出身です。中学校1年生の頃に『ハリーポッター』でファンタジー世界に憧れ、同時期に聞いていたラジオをきっかけに声の仕事に興味を持ちました。2016年9月に病気療養のため一時活動休止しましたが、翌2017年8月に活動再開しています。現在は仕事をセーブしながらも声優として活躍されています。

種田さんは『ゆゆ式』の日向緑役、『ご注文はうさぎですか?』のリゼ役、『異能バトルは日常系のなかで』の高梨彩弓役、『食戟のソーマ』の薙切えりな役(~2016年)、『グリムノーツThe Animation』の赤ずきん役、『プリンセスコネクト!』草野優衣役、『アイドルマスターミリオンライブ!』田中琴葉役など多くの人気キャラを演じています。

聖地巡礼をするファン続出!『ゾンビランドサガ』2期求む!

ゾンビランドサガLIVE~フランシュシュみんなでおらぼう! ~ [Blu-ray]

ここまで『ゾンビランドサガ』の水野愛についてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。「平成の伝説のアイドル」として生きてきた壮絶な人生や仲間たちとの深い絆、そしてかわいらしい一面まである魅力的なキャラでした。

2018年に1クールのみで終了となってしまった『ゾンビランドサガ』ですが、現在でもファンの聖地巡礼が絶えず、舞台の佐賀県は大変な盛り上がりを見せています。また、ストーリーの中でも、さくらと巽の詳細な関係や伝説の山田たえの詳細、そしてゆうぎりのことなど、まだまだ明かされていない秘密がたくさんあります。

まるで2期が用意されているような最終回でもあったので、早く続編が制作されないかなと期待してしまいますね。制作サイドのみなさん、ファンはいつまでも待ち続けているので、ぜひ続編をよろしくお願いします!ファンのわたしたちは舞台の佐賀県を盛り上げながら、2期放送を心待ちにしていましょう。

公式関連アイテム