【五等分の花嫁】中野二乃のかわいいポイントBEST8!

五等分の花嫁のヒロインの一人である中野一花!美人五つ子の頼りがいのあるセクシーな長女!一花と風太郎の関係はどうなる・・・?中野一花がどんな魅力を持った人物なのか徹底紹介!

五等分の花嫁とはどんなアニメ?

『五等分の花嫁』とは、春場ねぎによる少年漫画です。週刊マガジン2017年7号に読み切りとして掲載されました。読者アンケートにて指示を集めた『五等分の花嫁』は、36・37号合併号から連載を開始しています。

五等分の花嫁は、主人公である男子高校生の上杉風太郎が、家庭教師のアルバイトを通して生徒である中野姉妹と仲を深めていくラブコメディ。最終的には風太郎が美少女五つ子の中の一人と結婚することになるのですが、結婚間近の風太郎が高校時代を回想していく形で物語は進んでいきます。

2019年の5月には第43回講談社漫画賞の少年部門を受賞しており、2019年の5月時点で単行本の累計発行部数は450万部を突破しています。

中野二乃のかわいいポイント1:典型的ツンデレキャラ!

二乃は、5姉妹のなかで一番気が強いタイプです。思ったことは口に出さずにいられず、勝気で毒舌、ヒステリックな面も持ち合わせていますが、言動に矛盾のない真っ直ぐな性格です。

また、悪いと思ったことはきちんと謝ることができる落ち着いた部分もあります。 社交性に優れており、学校では多くの友人に囲まれています。そんな二乃が、風太郎のことは極端に拒絶していました。勘違いから始まったとはいえ、なんとも滑稽なシーンが物語の序盤に多く存在します。

外見的な特徴としては姉妹のなかで一番髪が長く、腰のあたりまで伸ばしています。中野姉妹はみな中性的な言葉遣いをしているのですが、二乃だけは女性らしい口調です。アニメのほうが特徴が際立つかもしれません。家事が得意で、料理や掃除などテキパキこなすことができます。

服装や髪型にも気を遣っており、姉妹の中で群を抜いて女子力が高いといえます。学校でも制服の上にはいつも黒(アニメだと紫)のカーディガンを羽織っています。ただし家ではとことん気を抜きたいのか、ジャージ姿で過ごすことも多いようです。

中野二乃のかわいいポイント2:姉妹思い!

実は姉妹思いの優しい子です。母親の「5人一緒にいることが大事」という言葉を忠実に守っているのでしょうか。風太郎が家庭教師として中野家にやってきたときも、風太郎に「家庭教師なんて必要ない」などと食ってかかります。

風太郎に出会った時の第一印象が「ストーカー」だっただけに、害を及ぼすものを排除しようと必死だったんですね。二乃が持つ正義感と姉妹愛が垣間見えます。

四葉が試験前にも関わらず、陸上部からの助っ人要請を断れないでいると、四葉に変装して代わりに断るというエピソードもあります。高圧的な態度の先輩に、ズバッと言ってしまう二乃。

”人当たりが良く、頼まれたことは断れない”と認識している四葉(のフリをした二乃)に冷たく言い放たれ、さぞかしショックだったことでしょう。破壊力は計り知れません。

五月の遭難騒ぎがあったときは、捜索を止めようろする一花(に変装した五月)に対して「のんきでなんかいられない!」と強く訴えます。大切な妹が遭難したかもしれないのに、いてもたってもいられないという熱い気持ちが伝わってくるエピソードです。

中野二乃のかわいいポイント3:女子力が高い!

二乃の女子力の高さは、姉妹のなかでダントツ。毎日5姉妹の分の料理を作っていて、アニメでも料理を作るシーンがよく見られます。食事のみならず、お菓子作りまでできてしまうのですから圧巻です。

料理が苦手なのにおいしいチョコレートケーキを焼きたいという五月。「なんで私が。面倒だ。」などとツンケンしたことを言いながらも、しっかり隣について教えてあげています。

面倒見がよく、放っておけない性格なのでしょうね。 またオシャレに関しても敏感。長い髪の手入れもさることながら、ネイルも気にかけています。スタイルもよく、特に胸を強調する服を好むようです。

自分に似合う服を分かっているというのは、オシャレ上級者の証拠。さらに化粧や香水など着飾るものから、肌の調子を整えるパックに至るまで徹底しています。

関連記事のご紹介

【五等分の花嫁】中野二乃の魅力が分かる知識8選!ツンデレキャラといえばこの人!意外とスペックも高い二乃を紹介!

『五等分の花嫁』のツンデレ担当!中野二乃とは?

中野二乃は2017年8月から『週刊少年マガジン』で連載されている春場…

 

中野二乃のかわいいポイント4:素直になれないところもかわいい!

言葉遣いや服装に関しては女性らしいのですが、”可愛らしく”はなれない二乃。なかなか素直に「ありがとう」「ごめん」が言えません。自分のイメージに合わないと感じているのでしょうか。

伝えたい気持ちはあるが、なにぶん不慣れ。顔を赤くして、うつむき加減で訴える様に、「かわいい!ツンデレの極み!」と悶絶するファン多数です。

第7話では、花火大会ではぐれてしまった姉妹たちを探すため、駆け回ってくれた風太郎に対し、「お・つ・か・れ!」と労いの言葉をかけます。はぐれてしまった1つの要因は花火鑑賞のために貸し切っていた店の場所を二乃が全員に伝えていなかったこと。

しかし、はぐれる前に聞いた「花火はお母さんが好きで、家族で毎年見ていた。花火大会は私にとって特別」という言葉を受け、風太郎は必至で5つ子を探します。

敵対していた風太郎に対し、「意外といいやつなのかもしれない…」と思い始めた二乃。自分のミスを反省しつつ、”心から感謝している!!”という雰囲気を出せないのが、かわいらしく微笑ましいところです。

中野二乃のかわいいポイント5:好きなったら一直線!

普段は勝ち気な二乃ですが、好きになると途端に「恋する乙女」になってしまいます。偶然見えた風太郎の金髪時代の写真を見て一目惚れ。写真の男性が風太郎であることに気づかなかったんですね。

そして、林間学校で運命の出会いが訪れます。肝試しでお化けに扮した風太郎が、金髪のカツラを被っていたのです。ルートを外れて進んでしまった五月を探して迷子になった二乃を、金髪カツラをつけたまま風太郎が探しに行きます。

「写真の男性は自分だ」とここで告白すればよかったのですが、二乃に弱みを握られることを恐れた風太郎は、嘘をつき続けることにしました。

”金太郎”と名乗り、五月と合流するまで一緒にいることにした風太郎。なんとか幻滅させようとしますが、恋の魔法にかかった二乃にとってはすべてが金太郎の魅力に見えます。

キャンプファイヤーの伝説を前置きしたうえで、「私と踊ってくれませんか?」と誘います。”あなたのことが好きです”と言っているようなものですよね。 二乃の変貌っぷりにハマるファン続出間違いなしです。

中野二乃のかわいいポイント6:デレる瞬間がかわいい!

金太郎に恋をした二乃は、親戚である風太郎に逐一報告をします。手料理をふるまう前には、風太郎に金太郎の好き嫌いを確認。せっかく作るなら、喜んでもらいたいですもんね。

「作りすぎたから、食べる?」といういつもの上から目線とはワケが違います。風太郎は一人二役をこなしているわけですから、当然ボロも出てきます。

金太郎として二乃に会っているときに、「二乃」と呼び捨てで読んでしまいます。好意を寄せている人から名前で呼ばれたら、女子はうれしいですよね。「金太郎くんが名前で呼んでくれた…」と風太郎に涙ぐんで電話をする姿は、乙女そのものでした。

中野二乃のかわいいポイント7:以外としっかり周りを見てる!

二乃は周囲を見て状況判断ができるしっかり者です。初対面の風太郎をストーカーだと勘違いしたこと、試験前なのに運動部からの助っ人を断れない四葉を助けたことなどからも分かりますね。

ストーカーに関しては勘違いでしたが、自分のことだけでなく、周りの人のことも放っておけない性格なのです。 恋愛になると周りが見えなくなるようですが、平常運転時はとても頼りになる女の子です。

中野二乃のかわいいポイント8:ツインテールがかわいい!

二乃は、腰のあたりまで伸ばした髪と、姫カットと呼ばれる髪型が特徴的です。黒の蝶をモチーフにした髪飾りを愛用し、ツーサイドアップにしています。

他の姉妹が髪の長さや髪型を変えていくなか、二乃はできるだけ”変えないように”しています。基準点は、母親の生きていた頃。母親の「5人でいることが大事」という言葉を大切にしていることから、二乃は過去にとらわれている傾向にあります。

次々と変わっていく姉妹たちの姿を受け入れることができず、三女・三玖とのやり取りから「私も前に進まないと」という気持ちが芽生え始めます。けじめとして、髪を切ることを決めた二乃。ここから彼女は大きく変わり始めます。

史上最強にかわいいツンデレ!

二乃のツンデレは、一般的なものとは少し違うのかもしれません。

初めは風太郎を中野姉妹のなかに入り込んでくる異分子として辛くあたりますが、好意を寄せてからは一気にロックオンするというデレ具合。つまり、ストーリーが進むにつれて二乃がかわいくなっていくんですね。

頬をふくらませて「一応悪いとは思ってる…ごめん」なんて、ツン時代を知る者からするとかわいくて仕方ないんじゃないでしょうか。 不器用ながらに好意を伝えていく姿は、ツンデレ女子を好きな男性、「惚れた方が負け」と感じている女性の両方に刺さります。「頑張れ!」と応援したくなります。

これからも五等分の花嫁を応援すると共に、二乃と風太郎の関係や姉妹との関係の展開を楽しみにしましょう。

公式関連アイテム