【五等分の花嫁】中野四葉のかわいいポイントランキング!

「五等分の花嫁」に登場する5人姉妹の四女・中野四葉がかわいすぎる!元気で明るい天真爛漫な姿に癒された読者も多いはず。今回は、そんな四葉の魅力を徹底解剖します!

五等分の花嫁とはどんなアニメ?

『五等分の花嫁』とは、春場ねぎによる少年漫画です。週刊マガジン2017年7号に読み切りとして掲載されたあと、読者アンケートで大きな反響があり、36・37号合併号から連載を開始しました。

五等分の花嫁は、主人公である男子高校生の上杉風太郎が、家庭教師のアルバイトを通して生徒である中野姉妹と仲を深めていくラブコメディ。最終的には風太郎が美少女五つ子の中の一人と結婚することになるのですが、結婚間近の風太郎が高校時代を回想していく形で物語は進んでいきます。

2019年の5月には第43回講談社漫画賞の少年部門を受賞しており、2019年の5月時点では単行本の累計発行部数は450万部を突破。人気急上昇中の注目作品です!

中野四葉のかわいいポイント1:いつも元気!

中野姉妹の四女・四葉は、明るくポジティブな性格です。誰かの役に立ちたいという気持ちが強く、頼み事をされると断り切れないところがあります。

風太郎が家庭教師のアルバイトを始めたときも、ほかの姉妹との仲を取り持とうと奮闘しました。しかし、嘘がつけず、それでいて不器用なところがあるため、うまく立ちまわることができませんでした。

本人は「いいパスだしたぞ!」と自信満々でも、わざとらしかったり、そもそもフォローになっていなかったり…ちょっとずれているところも、四葉の魅力です。

勉強は姉妹のなかで一番苦手です。しかしやる気はあるようで、風太郎からも「素直なやつが1人でもいて良かった」との言葉をかけられていました。中野姉妹の成績を上げる以前に拒絶されてしまった風太郎にとっては、親しみやすい四葉は貴重な存在だったのでしょう。

四葉の笑顔の裏には、自分への自信のなさも隠されています。落第をかけた追々試で赤点をとってしまったことがきっかけで、四葉だけでなく5姉妹全員が転校することになったからです。

転校する必要のなかった4人が、「1人ではできないことも、私たち5人が一緒にいれば切り抜けられる」と四葉に付いてきてくれたんですね。四葉は、姉妹たちへの感謝と同時に、申し訳なさを抱えて毎日を過ごしているのかもしれません。

中野四葉のかわいいポイント2:おバカなところもかわいい!

元気が取り柄の四葉は、テストが0点でも落ち込むことはありません家庭教師となった風太郎と初めて出会ったときも、「0点のテストと100点のテスト。あなたが落としたのはどちら?」なんて、成績の悪さをネタにしていました。

そんな四葉が、風太郎に勉強を見てもらい始めて、初めて赤点を回避します。大粒の涙を流し、「初めて報われた気がします」と声を漏らす様子から、本当はコンプレックスを感じていたことが想像できます。

真っすぐな性格の四葉は、謝り方も直球。陸上部の助っ人と勉学の両立ができず、迷惑をかけてしまったと謝るシーンでは、膝をつき頭を深々と下げ、土下座をします。ろくに取り合わない姉妹たちに「お願いだから謝罪を聞いて」とお願いしますが、「いつまでそんなことやってるんだ」と反対に怒られてしまう始末。

四葉の成績の悪さや、助っ人を断れないお人好しには慣れっこなのでしょう。しかし、どちらも頑張るんだと心に決めていた四葉は不甲斐ない思いで胸が押しつぶされそうだったのかもしれません。四葉のなかで、何かが変わり始めたことが見て取れるシーンですね。

中野四葉のかわいいポイント3:運動神経抜群!

四葉は、学校内でもトップクラスの運動神経の持ち主です。女子バスケ部や陸上部から助っ人を依頼され、四葉の活躍でインターハイへと導くという功績も残しています。

スポーツの分野なら優秀な成績が残せるとあって、四葉にとっては自尊心を維持するための貴重な時間なのかもしれません。 しかし、不器用な四葉には、スポーツと勉強の両立は難しいようです。

本人もそれを自覚しており、苦手分野(勉強)を克服したいという気持ちからか、風太郎が家庭教師として中野家に来てからは、運動部の誘いを断るようになりました。

高圧的な態度でやってきて、断るに断れない…という事態もありましたが、二女・二乃のファインプレーで事なきをえました。二乃が四葉に変装して、「ありえないから」と一刀両断するシーンはスカッとした読者も多いはずです。顔が瓜二つの5つ子だからこそのエピソードですね。

関連記事をご紹介

アニメ『五等分の花嫁』声優まとめ!主要キャラを演じるキャスト陣を紹介!

5つ子がヒロイン!?五等分の花嫁とは?
アニメは2019年1月からスタート!
https://twitter.com/in…

中野四葉のかわいいポイント4:心優しい女の子!

頼まれると断れないことからもわかるように、四葉はとても優しい性格です。頼自分のことを後回しにしてでも、相手を助けようとします。転校するきっかけを作ってしまったことで、「自分がほかの姉妹よりも幸せになってはいけない」というマイナスな感情も持ち合わせています。

そんな気持ちを秘めつつ、投げやりにならず、周りに対していつも優しくいられるのが四葉のすごいところです。 四葉の優しさは、恋愛に対しても同じです。思いを寄せる風太郎に対して、異性としてアピールするようなことはありません。

ただ風太郎の役に立ちたい、という思いだけです。「好きだから」という言葉が口をついて出てしまったときも、即座に「嘘」と打ち消します。

いつも元気な女の子の、照れる表情というのは威力絶大ですね。「嘘か冗談かはわからないけど、とにかく可愛い!」とファンからも熱い支持を集めました。

中野四葉のかわいいポイント5:活動的!

四葉の行動力は、人のことを思っているときにこそ発揮されます。風太郎が家庭教師として中野家に訪れたとき、四葉以外はまったく耳を貸そうとしませんでした。姉妹に冷たくされて落ち込む風太郎を、四葉は明るく励ましていました。

風太郎の誕生日には、さらに四葉のアイディアと行動力が光ります。試験前であったため、勉強の邪魔になるからと計画を白紙に戻そうと提案した一花。しかし、姉妹全員が「私だけは風太郎にプレゼントを」と抜け駆けする気満々です。

四葉が渡そうとしていたのは千羽鶴。それを一花と二乃に見られてしまい、「約束を破るなんて、私最低だ!」と顔を覆います。他の姉妹たちもプレゼントを用意していることを知ると、ある提案をするのです。

それは、風太郎が家庭教師になる前よりも格段に上がった5人それぞれの答案用紙で作った、5羽の折り鶴。風太郎がうたた寝している隙に、そっと置かれていました。風太郎への感謝の気持ちと、何か喜んでもらえることがしたい、という四葉らしいアイディアですね。

中野四葉のかわいいポイント6:意外と空気が読める!

 

四葉は行き当たりばったりの優しさだけでなく、空気を読んだ行動もできます。 高校の修学旅行で京都行った時に、クラスメイトたちは5人ずつの班を組みました。5つ子姉妹にとっては嬉しいことですが、5人が5人とも風太郎と同じ班になりたいと考えます。

2女・二乃に至っては、風太郎と2人で班を組むと宣言する始末。これでは二乃以外のみんなが不公平を感じます。その事態を防ぐため四葉は、自分以外の4人と、風太郎の5人で班を組むようにと提案します。

思い出の京都、四葉が誰よりも風太郎と行動をともにしたかったはずです。姉妹と風太郎のことを大切に思う四葉だからこそできた、自ら身を引くという行動ですね。

中野四葉のかわいいポイント7:リボンがチャームポイント!

四葉のチャームポイントである大きなリボン。このリボンには、四葉の秘めたる思いが隠されています。

小学校の修学旅行で風太郎に出会ったとき、風太郎は5つ子であることを知りませんでした。

四葉と出会ったあとにほかの姉妹とも出会うのですが、風太郎は四葉だと思って話をしています。「それ、私じゃないよ」と心の中でつぶやきますが、風太郎には届きません。そのときに感じた「間違えないで。四葉は私。私だけなんだよ。」というはがゆい思いが、大きなリボンに込められているようですね。

リボンには、母親に対する思いも同様に込められています。母親は生前、「姉妹みんなでいることが大事」と伝えていました。家族でいることの尊さや、協力することの大切さを伝えるための言葉だったのでしょうが、四葉の受け止め方は違いました。「みんなと同じじゃない。私は私。”5つ子の1人”でなく私自身を見てほしい。」と、四葉は願って止まなかったのです。

中野四葉のかわいいポイント8:気持ちの伝え方がかわいい!

四葉の気持ちの伝え方は、とてもストレートです。本当に悪いと思った時には土下座までして、思いを聞いてもらおうと必死です。言葉でも文章でも、自分の気持ちをきちんと相手に伝えるのって大変ですよね。

四葉は、勉強が苦手でボキャブラリーも多くありません。だからこそ自身の持つ言葉で、ストレートに誠心誠意伝えるのです。四葉の素直さは、子どものようでとてもかわいいですね。

しかも、風太郎を膝枕し、頬に手を当て覗き込むというシチュエーション。照れ隠しのように「嘘。私だって嘘くらいつけるんですよー!」と茶化しますが、風太郎は少なからず意識し始めたでしょう。かけひきのない素直な言葉だからこそ、響くものがあります。

いつも元気で周りにも元気を与える!

誰にでも、飾り気のない真っ直ぐな言葉を投げかける四葉。周りの人はそんな四葉の言葉に、癒しと元気をもらっているはず。小学校時代の風太郎も、四葉との約束があったから高校生まで勉強を頑張ってこれたのです。

「あなたじゃなきゃダメ」「一緒に頑張ろう」という四葉の言葉で失恋の痛手を癒し、勉強するモチベーションを維持してきました。過ごした時間は短くても、風太郎のなかに残した四葉の影響力はとてつもないものです。

5女・五月も四葉に元気をもらった1人です。母親の面影を追いながらも、先導力と学力のなさから教師という夢を断言できませんでした。

それが、四葉の「(風太郎の案でテスト勉強の教え合いをしていたとき)五月の教え方が、すごくわかりやすかった」という言葉がきっかけで決心がつきます。 四葉の言葉には、人を動かす力があるんですね。

これからも五等分の花嫁を応援すると共に、四葉と風太郎の関係や姉妹との関係の展開を楽しみにしましょう。

公式関連アイテム