【五等分の花嫁】中野四葉はリボン姿が可愛い元気っ子!魅力が分かるエピソードまとめ

『週刊少年マガジン』で大人気連載中の『五等分の花嫁』は、アニメも絶好調な人気作品。今回は、美少女五つ子である中野姉妹の四女、四葉のエピソードと今後の考察をお届けします!

五等分の花嫁とはどんなアニメ?

『五等分の花嫁』とは、春場ねぎによる少年漫画です。週刊マガジン2017年7号に読み切りとして掲載されました。読者アンケートにて指示を集めた『五等分の花嫁』は、36・37号合併号から連載を開始しています。

五等分の花嫁は、主人公である男子高校生の上杉風太郎が、家庭教師のアルバイトを通して生徒である中野姉妹と仲を深めていくラブコメディ。最終的には風太郎が美少女五つ子の中の一人と結婚することになるのですが、結婚間近の風太郎が高校時代を回想していく形で物語は進んでいきます。

2019年の5月には第43回講談社漫画賞の少年部門を受賞しており、2019年の5月時点で単行本の累計発行部数は450万部を突破しています。

五つ子姉妹の元気っ子!中野四葉とは?

五姉妹の四女である四葉は、明るくポジティブで、人の役に立ちたいという気持ちが強い女の子。その反面、頼まれると断り切れないという一面も。考え方がストレートで趣味思考は子どものようですが、他人になかなか本心を伝えることができない、自分に自信が持てない、など無邪気とは言えない部分も持ち合わせています。

思いやりが強く優しい性格で、姉妹への気持ちはピカイチ。しかしそこには、姉妹に迷惑をかけてしまったことがあるという負い目と、自分が他の姉妹より幸せになるべきではない、というネガティブな気持ちも含んでいます。

四葉がかけた迷惑とは、追々試に不合格だったことで、転校を余儀なくされたこと。そして転校する必要のなかった他の4姉妹が、四葉とともに転校すると言い出したことです。しかし、姉妹全員が母親が残した、「大切なのは5人でいること」という言葉を守ったのですね。

その一件から、四葉にとっては「みんなを巻き込んでしまった」という負の感情が根付いてしまい、家庭教師としてやってきた風太郎に対しては、最初から協力的に働きかけています。

素直で人懐っこい性格以上に、風太郎の対する何らかの”想い”があったのでしょう。 成績は五姉妹の中で一番悪いのですが、やる気だけはトップクラスで、風太郎から一目置かれる存在です。

中野四葉の魅力1:勉強はできなくても運動はできる!

女子バスケ部や陸上部から要請を受け、一時的に助っ人として入部しているほど高い運動能力の持ち主。度々優秀な成績を残しているため、そのまま本格的に入部・活動しないかと誘われているほどの実力です。

インターハイにまで助っ人として出場していることから、運動能力の高さにプラスして、団体競技で必要となる「状況を正確に読み取り、行動に移す」ということができる、本当は賢い子なのではないでしょうか。

勉強が苦手で、スポーツの分野なら自分の居場所がある。そう感じている四葉ですが、風太郎が家庭教師になってしばらくすると風太郎との約束があるからと運動部の誘いを断るようになります。四葉の心の変化が随所に見られ、風太郎にとって心の支えになっていたことでしょう。

中野四葉の魅力2:自分のことより人のことを考えるほど優しい!

四葉は優しい性格で、人に迷惑をかけたくないという気持ちが強い子です。それは恋愛面においても同じで、風太郎に思いを寄せる四葉ですが、自分だけが特別な存在になることは許されない、と自分の気持ちに蓋をしてしまいます。

同じく風太郎に思いを寄せる三女・三玖を応援することを心に決めます。 もともと自分のことより人のことを優先してしまう優しい性格です。

それに輪をかけて、自分に自信がないから前に出ない、出てはいけないという劣等感のようなものが付きまい、自分の気持ちを素直に表現することができません。

中野四葉の魅力3:中野四葉の声優は佐倉綾音さん!

四女・四葉の声を務めるのは、佐倉綾音さん。“あやねる”の愛称で親しまれている人気女性声優で、『超劇場版ケロロ軍曹 誕生!究極ケロロ 奇跡の時空島であります!!』を皮切りに、2010年から活躍を続けています。

2018年には『ラーメン大好き小泉さん(大澤悠)』『クレヨンしんちゃん(少年)』『ゲゲゲの鬼太郎(花子さん)』、2019年には『BanG Dream!(美竹蘭)』『消滅都市(スズナ)』『この音とまれ!(凰かずさ)』など数々の作品に出演しており、大活躍されていますね。

声優のほかにも、ラジオのパーソナリティーやナレーターなど、多岐にわたり活動しています。 原作コミックのPV時は、5つ子姉妹全員の声を担当していたそう。

そのなかでも、一番自然体で演じることができたのが四葉役。アニメでも関わることができて、とても嬉しいと話していました。少しハスキーで且つ可愛らしい声が、無邪気だけど素直になれない四葉のキャラクターにぴったりです。

中野四葉の魅力4:四葉が風太郎に好きと伝えたのは嘘じゃなかった!

第21話で、風太郎が「俺に協力的なのは、成績を上げたいからだろ?」と聞いたのに対し、四葉は「好きだから」と答えます。しかも風太郎を膝枕し頬を両手ではさみ、上から覗きこむという神シチュエーション。

一度は経験してみたいという人も多いのではないでしょうか。もともと嘘をつくのが苦手な四葉は、「嘘。私だって嘘くらいつけるんですよー!」と自慢げでしたが、風太郎は明らかに動揺します。

風太郎が家庭教師になることを拒んでいた姉妹たちと、風太郎との距離を縮めるべく動き続けていた四葉。そこには彼女の人懐っこい性格だけでなく、恋心も隠されていました。物語が進み、他の姉妹たちも風太郎の魅力に気付き、惹かれていきます。

「みんなが風太郎君の良さに気づいてくれて嬉しい」と笑顔で話す四葉ですが、その表情とは裏腹に寂しさと切なさが伝わってくるようです。

第90話では、四葉が一人涙を浮かべ、「好きだったよ ずっと」と呟きます。自身の恋心を封印するため、気持ちにけりをつけるため、あえて「好きだった」と過去形で声に出したのでしょう。無邪気な笑顔の裏にある、四葉の心の葛藤に、胸が締め付けられます。

中野四葉の魅力5:写真の女の子は四葉だった!

風太郎には、小学校時代思いを寄せる女の子がいました。しかし修学旅行の最中、その女の子が、風太郎とは真逆のタイプのクラスメイトと家族ぐるみの付き合いをしていることを知ります。

すっかり自信をなくした風太郎は、決められた班から離れて単独行動します。そこで写真の女の子と出会うのですが、初めは風太郎に付きまとって無理矢理一緒の写真に写る、風太郎から見れば迷惑な存在でしかありませんでした。

しかし「君じゃなきゃダメ」「一緒に頑張ろう」と約束を交わしたことで、風太郎にとって特別な存在になります。写真の子は母親に認めてもらうために、風太郎は妹を幸せに努力することを誓い合いました。

5女・五月の姿に、写真の女の子を重ねるシーンがありましたが、風太郎に確証はありません。他人のそら似かもしれないし、仮に5姉妹のうちの誰かであっても限定できません。

風太郎が気づくこともないまま、四葉と五月の会話で事実が明らかになります。「本当のことを言わなくていいのですか?」と四葉は五月に背中を押されます。

しかし姉妹の中で自分が特別にはなれない、約束通り勉強に励んできた風太郎に対して自分は…などいろんな感情が邪魔をして、写真の女の子は自分であると名乗ることを拒みます。

関連記事のご紹介

【五等分の花嫁】中野四葉のかわいいポイントランキング!

五等分の花嫁とはどんなアニメ?
https://twitter.com/5tohana12345/status/116890…

中野四葉の魅力6:四葉が霊奈の可能性は?

零奈とは、風太郎に「変わるきっかけ」を与えた写真の女の子の名前です。第41話で、「今のあなたに会うために来た」と風太郎の前に突然姿を現します。

5姉妹の1人であることは明かすものの、深く被った帽子をとることはなく、風太郎は真正面からまじまじと顔を見ることができません。5姉妹のうちの誰なのかが判別できないまま、零奈から別れを告げられます。

風太郎と零奈が会っていたすぐあとに、四葉が現れる場面があったことから、零奈が四葉である可能性は低いでしょう。しかし、このあとファンの予想を良い意味で裏切る展開になりました。

実は、零奈は”写真の女の子のフリをした五月”だったのです。零奈が風太郎に突然別れを告げた背景には、四葉が五月に依頼した、というトリックが隠されていました。 零奈=四葉ではなかったが、四葉=写真の女の子だったというのが真実のようです。

中野四葉の魅力7:チャームポイントはリボン!

四葉を語る上で欠かせないのが、髪に結んだ大きなリボンです。生前彼女たちの母親は、「5人でいることが大事」と話していました。

四葉は、”5姉妹のなかの1人”ではなく”一人の人間”として見てほしかった。他の姉妹とは違うんだ!私を見てほしい!そんな思いを象徴しているのが、このリボンなのです。

明るく無邪気な四葉の性格を物語るようなアイテムに、彼女の小さな”闇”が隠れているなんて、魅力倍増です。

中野四葉の魅力8:パーカー姿もかわいい!

アニメのなかでは制服姿が多い四葉。プライベートでは、ゆったりしたサイズ感のパーカーを愛用しています。

色味は落ち着いた黄色、胸元には大きく書かれた「428(よつば)」の文字がプリントされています。 制服にも黄色のベストを合わせているところをみると、黄色が四葉のテーマカラーなのでしょう。

優しく、明るくて人懐っこい四葉のイメージにぴったりです。

謎の多い五つ子姉妹の中でもミステリアス!

四葉は真っすぐな性格のキャラクターのため、心の声を描写する場面もあまりありません。ただの純粋無垢な可愛い女の子かと思いきや、姉妹に迷惑をかけてしまったという後ろめたさや、そんな自分よりも他の姉妹のほうが幸せであるべき、というようなネガティブな思いも強く持っています。

風太郎のことが好き。だけど、私だけが幸せになっちゃいけない。 四葉の複雑な心模様が、風太郎との関係にどう影響していくのか、目が離せません!

これからも五等分の花嫁を応援すると共に一花と風太郎の関係や姉妹との関係の展開を楽しみにしましょう。

公式関連アイテム