【フルーツバスケット】草摩由希がもっと好きになる10の知識

【フルーツバスケット】鼠憑きの十二支「草摩由希」は十二支の頂点で神様に最も近い存在!?学校ではファンクラブが出来るほどの人気者!気になる声優交代や将来の行方は!?そんな草摩由希の魅力が分かる10の知識を紹介したいと思います!

【フルーツバスケット】に登場する「草摩由希」とは?

フルーツバスケットとは?

フルーツバスケット 2 (花とゆめコミックス)

「フルーツバスケット」は、「高屋奈月」原作の1998年から2006年まで「花とゆめ」にて連載されたファンタジー・ラブコメ漫画。アニメは「スタジオディーン」制作による2001年版「フルーツバスケット」が全26話で放送され、「TMS/8PAN」による2019年版「フルーツバスケット」(1st Season)が全25話で放送予定です。

「草摩由希(そうま ゆき)」は、本作の主人公「本田透」のクラスメイトで海原高校の男子生徒。身長は170.5cm、体重は54㎏、星座は乙女座、血液型はA型。

フルーツバスケットの主要人物の1人で謎多きプリンス!私生活や人間関係が気になる!?そんな草摩由希の魅力が分かる10の知識を紹介したいと思います!

草摩由希の魅力1:鼠憑きは大変?

十二支の中でも特別扱い!?

草摩家では代々「十二支」の物の怪が憑いて生まれるてくると言われ、異性に抱きつかれると憑かれた獣に変身してしまう体質を持ちます。その中で「子(鼠)」は「十二支の頂点にして神に一番近い特別な存在」とされ、由希はそのせいで幼少期から他の十二支よりも窮屈な生活を送っていました。

また、「十二支」にとって魂を支配する「神」の存在である草摩家の当主「草摩慊人(そうま あきと)」も生まれにくい存在だったので、「十二支と猫」「神」の全員が揃った環境になった当代では、「神」の慊人に「子」の十二支だからと言う理由で気に入られます。

しかし、慊人が他の十二支憑きと由希の関係性を勝手に決めつけたせいで彼の性格や想いも知らずに誤解する人もいました。

草摩由希の魅力2:夾からライバル視されている?

2人共お互いが羨ましい?

十二支の昔話では、「鼠」が「猫」を騙したことで「猫」が十二支の仲間に入れなかったとされており、「猫」である夾は昔話と同じく「鼠」である由希を嫌い、ライバル視しています。しかし、由希は神に一番近い存在の十二支の「鼠」。周囲の人間が特別扱いすることが原因で、夾から目の敵にされるようになってしまったのです。

2人は初めから敵対していた訳ではなく、生まれ持った十二支の物の怪と環境の所為にありましが、嫌って来る夾と仲良くなれる訳がなく犬猿の仲に…。ですが、望んでもいないのに何でも手に入る由希を羨む夾と、由希のしたかったことが出来ている夾は、内心お互いのことを「羨ましい」と感じていました。しかし、素直に面と向かって羨ましいと言いたくても言えない状況にあり、更に仲は悪くなる一方でした。

草摩由希の魅力3:演じている声優は誰!?

新アニメは男っぽさがました?

島﨑信長1stフォトブック ノブライフ

2001年版で草摩由希役は女性声優の「久川綾(ひさかわ あや)」さんが演じていました。プロフィールは、大阪府貝塚市出身。生年月日は1968年11月12日、年齢は50歳、血液型はA型、身長は160cmです。事務所は「青二プロダクション」に所属しています。

2019年版では草摩由希役を男性声優の「島崎信長(しまざき のぶなが)」さんが演じることになりました。プロフィールは、宮城県塩竈市出身。生年月日は1988年12月6日、年齢は30歳、血液型はA型、身長は174cmです。事務所は久川さんと同じ「青二プロダクション」です。

前作では、久川さんの声が由希の持つ中性的な雰囲気とミステリアスさを増幅させていましたよね。新アニメでは声優が女性から男性に代わり、由希の雰囲気が少し男らしくなった印象を受けました。幼少期の由希役には女性声優の「島袋美由利(しまぶくろ みゆり)」さんが声をあてていることにも注目です!

草摩由希の魅力4:由希は本田透のことが好き?

初めて心を開いた同級生

由希は決められた進路を拒み、男子校ではなく共学の高校に進学しました。しかし女子生徒に抱き付かれると鼠に変身してしまうので、出来るだけ人を寄せ付けないように学園生活を送っていました。そのため、たまたま同じクラスになった「本田透(ほんだ とおる)」とも、あまり面識はなかったのです。

しかし、母親が事故死して以降、草摩家の敷地内で1人テント生活を送る透に遭遇した由希は、透を居候先の「草摩紫呉(そうま しぐれ)」の家に招き入れて一緒に生活を送ることになります。

家族と家を失っても1人で逞しく生きる姿を尊敬すると同時に、十二支の秘密を打ち明けても変わらず接してくれる透。もし由希と仲良くなった記憶を消されても「また友達になって下さいね」と優しく笑う彼女に、由希は段々と惹かれていくようになりました。

関連記事をご紹介

【フルーツバスケット】名言・名シーン20選!三角関係から生まれる「キュン」の数々!

【フルーツバスケット】名言&名シーン厳選ベスト20を紹介!!
フルーツバスケットとは!?

「フルーツバスケット」は、「…

草摩由希の魅力5:中性的で女っぽい?

そこが由希の魅力!!

由希の外見は中性的で、男子の制服を着ていないとパッと見では性別が分からない程です。女子生徒からの人気はもちろん、男子生徒からもその美しさは認められていて、文化祭では無理矢理女装をさせられてしまいかなり目立っていました。

自分の女顔にコンプレックスがある由希は、夾からもイジられたり女装姿を見た「草摩紅葉(そうま もみじ)」からも「メートヒェン(女の子)」みたいだと言われてしまいます。しかし、「草摩神楽(そうま かぐら)」や「紅葉」の十二支の秘密がバレそうになった時には、自らの美貌を武器にして注意を逸らすことも…!!

草摩由希の魅力6:兄の綾女とは不仲?

個性的過ぎる兄についていけない?

フルーツバスケット 9 (花とゆめコミックス)

十二支に物の怪が憑いて生まれた殆どの者は一人っ子か、「草摩紅葉」や「草摩燈路(そうま ひろ)」のように十二支に変身しない妹が居る例がありますが、由希には「蛇(巳)」の物の怪憑きである兄の「草摩綾女(そうま あやめ)」が居り、草摩家で唯一兄弟揃って十二支の物の怪に憑かれています。

綾女とは外見は似ていますが10歳も年齢が離れており、幼い時に離れてくらしていたせいもあり、元々仲が良い訳ではありませんでした。そもそも中身の方は由希と正反対で強烈な性格の為、由希には苦手意識がありました…。しかし、最近では自分を想ってくれていると分かり少しづつ歩み寄ろうと努力するようになりました!

草摩由希の魅力7:由希のファンクラブが発足!?

女子人気が高いけど、男子からも支持される?

由希には海原高校の全女子生徒の半数が加入している「プリンス・ユキ」と呼ばれるファンクラブが存在し、由希の知らない所で精力的な活動が行われています。独自に定められたルールにより「プリンス・ユキ」会員は学年別で「由希」の呼び方や接し方が細かく決められていて破ることは許されません。しかし、「プリ・ユキ」に所属していない透と由希が仲良くしているので複雑な様子…。

「プリンス・ユキ」略して「プリ・ユキ」の主なメンバーは、会長の「皆川素子(みながわ もとこ)」と「相田リカ(あいだ リカ)」。彼女たちは由希の1年先輩です。「プリ・ユキ2年代表」の「木之下南(きのした みなみ)」は由希の同級生でクラスメイトで、「プリ・ユキ1年代表」の「山岸美緒(やまぎし みお)」由希の1年後輩。

草摩由希の魅力8:名言集!

由希が発すると名言度が増す!?

フルーツバスケットでは数々の名言が生まれ、その中でも少し切ない由希の名言を紹介したいと思います!!原作5巻では口が利けなくなった「草摩杞紗(そうま きさ)」に対し「誰かに『好きだ』って言ってもらえて初めて…自分を好きになれると思うんだ……誰かに受けいれてもらえて初めて自分を少し許せそうな 好きになれそうな気がしてくると思うんだ…」と伝えると、杞紗も聞き入れて再び話せるようになりました!

最終巻の23巻では全ての柵から解放され、新しいスタートを切る為に透に最後の挨拶として「ありがとう…君に会えて 良かった…君がいてくれて良かった ありがとう…ありがとう…ありがとう“透”」と伝えます。最終回にして初めて「透」と名前の呼び捨てはグッときますね…。

草摩由希の魅力9:真知と結婚する!?

高校卒業後は大学に進学!?

生徒会長に就任した由希を待ち受けていたのは、個性が強すぎる生徒会メンバー達。副会長を務める同級生の「真鍋翔(まなべ かける)」を始め、1年後輩で生徒会会計、翔の異母妹の「倉伎真知(くらぎ まち)」と出会ったことで由希の運命が徐々に変わっていきました。

真知と会う約束をしていた最中で十二支の中で最後に呪いが解けた由希は、呪いに縛られることなく真知を抱きしめます。透のことを好きだった由希は透への気持ちは「母さんみたいな存在」と自覚し、真知と順調に付き合うこととなった由希ですが、高校卒業後は遠い大学に進学して遠距離恋愛を経て2人は結婚しました!

草摩由希の魅力10:フルーツバスケットanotherでは子供が活躍?

父親譲りの甘いルックスを持つ息子が存在!?

フルーツバスケットanother 2 (花とゆめCOMICS)

2015年より「フルーツバスケットanother」が「花とゆめONLINE」、「マンガPark」にて連載されることとなりました。2006年に原作の連載が終了したフルーツバスケットの次世代編として、フルーツバスケット活躍した主要キャラクターの子供達がメインとなる物語です。

由希は真知と結婚していて、由希達の通っていた海原高校2年生で生徒会の副会長を務める美少年「草摩睦生(そうま むつき)」と言う息子をもうけます。「フルーツバスケットanother」2巻の表紙を飾っている睦生は、学校では王子様的存在で高校時代の由希を彷彿とさせるルックスです!草摩家の次世代が活躍するストーリーですが、十二支の呪い関連のことは完全には無くなっていないようです。

新アニメでの由希はどうなる!?

十二支の呪いや恋愛事情が気になる!

原作と同時進行だった2001年版のアニメ「フルーツバスケット」では、ギャグ展開や原作とは異なるアニメオリジナルの要素も多く、ファンも由希か夾のどちらが透とくっつくのか結末を楽しみにしていました。しかし、アニメでも連載途中の原作でもその答えが出ないまま終了してしまったのです。

2019年版は、ラストまで原作に沿った内容で描かれ、恋愛模様の描写が増えるので中性的な由希を演じる声優が女性から男性へと変更されたのも納得出来ます!気になる十二支の呪いや恋愛事情など、2001年版とは違う2019年版アニメ「フルーツバスケット」に注目です!!

公式関連アイテム