【スナックワールド】名言&名シーン20選!心に沁みるとめばあちゃんの格言も!

スナック感覚で楽しめるかわいいキャラクターたちが活躍するレベル5のRPG【スナックワールド】。フル3DCGでアニメ化もされました。小さなキャラクターたちが放つ格言は、インパクトとユーモアにあふれています。今回は、【スナックワールド】の可愛くておかしい名言を紹介します。

捧腹絶倒な【スナックワールド】とめばあちゃんが残した名言たち

スナックワールド

スナックワールド】は3頭身のキャラクターたちが活躍するRPG作品で、「イナズマイレブン」などのヒット作で知られるレベル5が手がけています。その入り込みやすいポップな世界観から、リリースされてすぐに人気ゲームとなりました。

アニメ版ではチャップ・マスタードが主人公となり、多くの名言を残していきます。しかも、そのすべてが捧腹絶倒の面白い名言ばかり!そしてその名言の数々は、チャップのおばあちゃんであるとめさんが残していきました。

チャップはそれをばあちゃん語録と称し、ことあるごとにその名言を持ち出し、困ったことがあった時の行動の指針としています。ためになる名言もいっぱいありますが、余計な一言が挟まれているものもあり、クスリと笑えること間違いなしですよ!

【スナックワールド】名言&名シーン第20位:

男は諦めが肝心 女はくびれが肝心

とめばあちゃん語録といえば、元々ある格言に余計な一言を付け加えるというパターンが多いです。この名言がその例題となっています。男は諦めが肝心。確かに、諦めの悪い男は女々しくて見苦しいですね。

そこに加えられたのが女はくびれが肝心。これは男に対して女は? というところから生まれています。なぜくびれが肝心なのかといえば、武器として使えるからです。くびれのある女性はセクシーで男を夢中にさせるから…という理由ですね。

【スナックワールド】名言&名シーン第19位:

餅は餅屋 パンはパン屋 あとはだいたいコンビニで

餅は餅屋とは、どんなことでも専門家に任せたほうが良いという意味の格言です。どんなに心得があったとしても、下手に手を出せば大きな失敗を招いてしまいます。そういった悲劇を招くためにも専門家に任せておくことが大事です。

パンはパン屋とは同じような言葉を持ってきているわけですが、あとはだいたいコンビニでは利便さを表す名言となっています。コンビニに行けばだいたい何でも揃っているのです。(それを言えば餅もパンもコンビニで売っているわけですが…)

【スナックワールド】名言&名シーン第18位:

聞くは一時の恥 キアヌはリーブス サインは油性のペンでもらえ

聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥に続く格言です。知らないことを聞くのはその場では恥ずかしいことかもしれないが、そこで聞かなければ一生知らないという恥を背負うことになります。

キアヌはリーブスとは聞かぬは一生の恥をもじった名言です。サインは油性のペンでもらえは中々実用的な名言となっています。有名人に会えるのは一生にあるかないかのラッキーです。一生残したいのであれば、油性のペンでもらいましょう。

【スナックワールド】名言&名シーン第17位:

寝る子は育つ 二度寝する子はもっと育つ

寝る子は育つとは子供は寝ることによって成長するという昔からよくある格言ですね。子供の成長にとって夜更かしは大敵です。早寝早起きさせることによって、子供は健康的に育ちます。

二度寝する子はもっと育つは睡眠にさらに睡眠を追加することで、その成長を促進させることができます。というよりも二度寝ができる子に育てることによって、どんなことにも動じないふてぶてしい子に育つでしょう。

【スナックワールド】名言&名シーン第16位:

仏の顔も三度まで 親父のヒゲは三枚刃で

仏の顔も三度までとは、調子に乗るなという言わしめを表した格言です。どんなに辛抱強い仏さまも同じ悪行を許せるのは3回までで、4回目にはさすがに鬼の顔になります。1度許してくれたからと言って、そう何度も許してくれるとは限らないのです。

それに続くとめばあちゃんの格言は親父のヒゲは三枚刃で、は「三度まで」と「三枚刃」をかけたダジャレ系の名言となっています。電動カミソリもありますが、T字の三枚刃のほうが細かい調整がしやすいです。しかし近年では四枚刃のカミソリもあり、こちらのほうが吸着力があり、肌にも優しいです。

【スナックワールド】名言&名シーン第15:

笑う門には福来たる、笑うアイツはセールスマン

笑う門には福来るとは、どんなに辛いことがあっても笑っていれば幸福が訪れるという意味の格言です。幸せとは物の見方。どんなに辛い目にあっても、明るい側面を見れば、気分も違ってきます。

それに対して笑うアイツはセールスマンとは、また真逆な言葉をとめばあちゃんは付けたものです。笑うセールスマンは望みを叶えてくれると笑顔で近づきながら、最終的には不幸のどん底に落ちてしまします。少し皮肉の効いたとめばあちゃんの名言です。

【スナックワールド】名言&名シーン第14位:

思い立ったら吉日 思い込んだら試練の道

思い立ったら吉日とは、とある行動をしようと思い立ったその日がその行動を取るのに最も適した日であるという名言です。思い立ったその日がやる気の鮮度もあり、日がたつにつれて落ちて行きます。思い立ったその日に行動するのが重要です。

思い込んだら試練の道は、とあるスポ根野球アニメの主題歌に登場する歌詞から取られています。名言の前半と同様、思い込んだら試練の道をゆけという格言です。それが欲しい物を手にする最大の近道であり、根性を見せろという熱いメッセージでもあります。

【スナックワールド】名言&名シーン第13位:

後悔先に立たずうちの旦那は役立たず

後悔先に立たずとは、後悔がやってくるのは必ずその行動の後なのだから、そのあとのことをよくよく考えて行動しなさいという格言です。思いつきや面白そうというだけで軽はずみな行動は後悔を招きます。SNSであげた軽はずみな行動が大炎上する世の中では、常に行動の先に後から来る後悔を考えることが大切です。

「うちの旦那は役立たず」とは結婚した旦那が家では何の役にも立たなかったことを後悔している主婦の言葉を表したとめばあちゃんの名言です。いくら大恋愛でも楽しいからカッコイイからという理由は結婚とは別問題。ちゃんと恋愛の後にくる結婚生活のことを考えて相手を選ばないと、後悔先に立たずです。深いですね…。

【スナックワールド】名言&名シーン第12位:

押してもダメなら引いてみな 引いてもダメなら現実逃避

押してもダメなら引いてみなとは、目標を達成するために1つの方法がダメでも、色々な方法を試せば解決方法に至ることもあることを表した格言です。これがダメだからと諦めるのではなく、あれもそれも試してみることが成功への鍵です。

しかし100の方法、1000の方法と試してもダメなものはダメなときはいくらでもあります。現実は時として非情です。こんなに酷い現実に対しては背を向けたくなります。こんなときは心が壊れないために、現実逃避をしてみましょう。引いてもダメなら現実逃避とは、つらい現実を突きつけられた人々を救う優しい名言となっています。

【スナックワールド】名言&名シーン第11位:

正義は勝つ、おかずはコロッケ

正義は勝つとは子供の頃からテレビ番組で植えつけられている不変の名言です。意味はそのまま。正義が必ず勝つということです。勧善懲悪の番組においては、悪者は必ず懲らしめられるから、悪いことは絶対にするなと教えています。

おかずはコロッケとはカツとコロッケをかけたダジャレ系名言です。ほくほくのポテトとアクセントになっている肉の香りが食欲をそそります。ご飯のお供のおかずにコロッケも良いですが、実はいうと自分はカツ派です。

【スナックワールド】名言&名シーン第10位:

3人寄ればもんじゃが旨めぇ

3人寄れば文殊の知恵とは数人で協力することで、どんな難問にも打ち勝てる知恵を得られるという意味の格言です。1人では知識の限界がありますが、ひとにはそれぞれ得意分野の知識があるのです。

しかし、ここでの名言は3人寄ればもんじゃが旨めぇです。ある問題を1人で解決できない場合、友達を呼んで文殊の知恵を得ようとします。それでもダメな場合、目の前の他の幸福に飛びつこうとするのが人間です。そんな時のもんじゃが旨めぇ

【スナックワールド】名言&名シーン第9位:

ピンチはチャンス ピンクのパンツは二割増し

ピンチはチャンスとはネガティブをポジティブへ活かすための名言です。目の前のピンチに人は怖気づいてしまいがちですが、それはチャンスでもあります。このピンチを乗り越えることによって、得られる物は大きいのです。

ピンクのパンツは二割増しとは、女であることの心構えについてのとめばあちゃんの名言となっています。味気ないパンツよりもピンクのパンツの方が魅力は二割増しです。個人的にも赤や黒などの派手な勝負下着よりも、ピンクなどの淡い色の下着の方が二割増しに感じます。

【スナックワールド】名言&名シーン第8位:

イヤイヤなら解散、モヤモヤなら発散

イヤイヤなら解決は嫌なことが起こって、それが苦になるのであれば早急に解決した方が良いという名言です。嫌なことを後回しにしても、それがずっと気になってしまって、心は落ち着きません。多少面倒でも早急な解決が大切です。

モヤモヤなら発散は、そのモヤモヤを怒りとして人にぶつけるのではなく、スポーツなどで体を動かして発散してしまうことが大切だと言っています。とめばあちゃんの名言としてはこれまでになく既存の格言を文字っているわけではない、珍しくためになる在り難い名言です。

【スナックワールド】名言&名シーン第7位:

目には目を 歯には爪楊枝を

目には目をはハンムラビ法典にもある、やられたらやり返せの理論に乗っ取った名言です。まだ法律によって財産がそんなに守られていなかった時代。自分の物は自分で守り取り返さなければいけません。しかしやり過ぎは憎しみが憎しみを生み、負のループとなってしまいます。

この格言は「歯には歯を」と続くはずなのですが、とめおばあちゃんは何を思ったのか歯には爪楊枝をと格言を変えて言っています。歯のつまりは爪楊枝が有用だということ教えてくれる在り難い名言です。

関連記事をご紹介

イナズマイレブン最強ストライカーランキングTOP20!

『イナズマイレブン』FFI編までの最強ストライカーランキング今日野球部の人と話しよったけどやっぱイナズマイレブンはめちゃ面白か…

【スナックワールド】名言&名シーン第6位:

うそつきは泥棒の始まり、さよならは出会いの始まり

うそつきは泥棒の始まりとは、何事にも始まりはあり、悪いことの始まりはさらなる悪行に繋がるという意味の格言です。うそをつくという些細なことでも、泥棒という人の倫理に外れる行為に至るということを戒めています。

さよならは出会いの始まりは、出会いと別れを繰り返す世の流れを表したとめばあちゃんらしからぬ名言です。卒業という別れが迎えても、春には新生活という出会いが待っています。悲しみと期待とが混じった優しい名言です。

【スナックワールド】名言&名シーン第5位:

肉を斬らせて骨をたつ 骨がたったら縁起がいい

肉を斬らせて骨をたつとは、少しの犠牲を払ってでも大きな成果を得ることは時として必要だということを言っています。これは戦いに対して使われることが多いですね。強者を倒すために自分の身を犠牲にする覚悟も必要となります。

それに続く骨がたったら縁起がいいは、自分の身を犠牲にしたわけですから、それ以上に骨がたてたということは演技がいいですね。しかし同じ縁起物にも茶柱が立つという言葉があります。骨をたつは断つですが、さらに立ったらもっと縁起が良いですね。

【スナックワールド】名言&名シーン第4位:

強いヤツに対抗するにはソイツのできないことをすることだ

強いヤツに対抗するにはソイツのできないことをすることだ」は、別の見方によって勝ちを得るというとめばあちゃんの目から鱗すぎる名言です。ソイツの得意分野で戦っても勝ち目はありません。勝つためにはソイツのできないことを探す柔軟な思考が大切です。

【スナックワールド】名言&名シーン第3位:

蛇は皮がむけて 大人の階段を上っていく

蛇は皮がむけて 大人の階段を上っていくは、自然の理を用いた成長に関する名言です。蛇は脱皮を繰り返しながら、古くなった皮を脱ぎ捨てて成長していきます。人間もそうやって何かを卒業したり、新しい物を得るために古い物を捨てて成長していかなければなりませんね。

【スナックワールド】名言&名シーン第2位:

限界を決めるのは自分。自分の決めた玄界灘で、せいぜいムツゴロウとして生きていくがいいさ!

何かに本気で打ちこんでいる人間にならば、誰しもが壁にぶつかるでしょう。そのときダメだと諦めてしまい、限界を決めるのは自分です。とめばあちゃんの名言はそんな人間の弱さを表しています。

そういうふうに限界を決めつけて壁を越えられなかった矮小な存在として生きていくこと選ぶのも自分です。自分の決めた玄界灘で、せいぜいムツゴロウとして生きていくがいいさ! はそんな矮小な存在として生きていることに気づかない人たちへの活となっています。

【スナックワールド】名言&名シーン第1位:

成せばなる 痩せればモテる 顔次第

成せばなるはやってみれば意外とできるという意味の名言です。失敗するかもといって尻込みしていても前には進めません。何かをすることに対して怖気づいてしまうと、その失敗が大きく見えるものです。でもやってみれば意外に簡単かもしれません。

太っていることが原因だとわかっているなら、痩せればモテるかもしれないです。痩せてみれば意外に良い顔かもしれません。しかしやっぱり痩せてみても顔次第。顔がダメなら諦めるしかありません。現実逃避です。

【スナックワールド】とめおばあちゃんの名言は噛めば噛むほどその意味が分かる名言!

スナックワールドトレジャラーズ ゴールド (【数量限定封入特典】限定ジャラ「クリスタルソードZ-α」 同梱) - Switch

とめおばあちゃんのユーモアに溢れる名言を紹介してきましたが、中にはオリジナルの言葉で目から鱗が落ちるようなものまでありましたね。

とめおばあちゃんの名言は既存の名言に一言を添えることによって、聞いた人を困惑させるギャグのようになっています。しかし、思わずハッとさせられるような機転のきいた名言も多いです。

同じ言葉から別の発想に向かう名言もあり、どこに向かっているのかわからないものまであります。しかし、そうした名言も噛めば噛むほど味がわかるような深いものばかりでした!

公式関連アイテム