【転スラ】ディアブロはリムルに召喚された謎の存在?魅力が分かる6の知識!

伏瀬さんによる人気ファンタジー小説『転生したらスライムだった件』。その中に登場するディアブロは、正体不明の謎の男性です。赤と金のメッシュを入れた短い黒髪と眼光の鋭い瞳が特徴的なイケメンで、本作の多くの女性ファンからの人気を集めています。そんなディアブロの魅力をご紹介していきます!

「転スラ」ディアブロとは?

転生したらスライムだった件1 (GCノベルズ)

「転スラ」の略称でおなじみの『転生したらスライムだった件』は、伏瀬さんによる人気ファンタジー小説です。2013年より小説投稿サイト「小説家になろう」にて連載されたWEB小説で、2014年より書籍化が開始されました。2015年よりそれを原作とした漫画の連載も開始され、2018年から2019年にかけて漫画版をベースとしたテレビアニメが2クール放送。2020年には、第2期が放送される予定です。

主人公は、ごく普通のサラリーマン生活を送っていた三上悟。後輩を守るために通り魔に刺されてしまったことで、37年の人生に幕を下ろしてしまった彼は、なんと異世界でスライムとして転生していました! 「リムル」という名前で新たなスライム人生を送ることになった彼は、さまざまな種族の存在する異世界で、種族に関係なく誰もが楽しく暮らせる国づくりのために奮闘します

転生したらスライムだった件 ディアブロ アクリルフィギュアスタンド

ディアブロは、本作に登場する正体不明の謎の男性。赤と金のメッシュを入れた短い黒髪と眼光の鋭い瞳が特徴的で、真っ黒なスーツに身を包んでいます。多くの女性「転スラ」ファンからの人気を集めるイケメン男性で、狡猾且つ計算高い性格。他人に対して敬意を払う思考がないため、無意識のうちに相手を煽ってしまうことも。リムルに対しては心酔するレベルの強い執着を見せていて、シオンとはリムルの秘書の座を巡って日々しのぎを削っています。

ここからは、そんなディアブロについて、その正体に関するネタバレも込みでご紹介していきます!

ディアブロの魅力1:声優は櫻井孝宏さん

VOICE Newtype No.061 (カドカワムック 657)

櫻井孝宏さんは、インテンションに所属する男性声優。1974年6月13日生まれの45歳(2019年7月現在)で、愛知県出身。身長は177㎝で、血液型はA型。米屋の3人兄弟の長男として生まれ、テレビで偶然アニメ声優へのインタビュー番組を視聴したことで声優業に興味を抱くように。中学校の国語の授業で、「お前、声優さんみたいな声してるな」と言われたときに、自分に声優としての可能性を感じたといいます。

1996年に放送された『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』にて競技長役を演じ、アニメの声優デビューを果たした櫻井孝宏さん。これまでに『金色のガッシュベル!!』の高嶺清麿役、『コードギアス 反逆のルルーシュ』の枢木スザク役、『おそ松さん』の松野おそ松役などを演じています。2011年に「ファミ通アワード2010」の男性キャラクターボイス賞、2012年に「第6回声優アワード」の海外ファン賞を受賞するなど、声優として高い評価を得ています。

ディアブロの魅力2:名前の由来はスーパーカー

ディアブロというキャラクター名は、同名のスーパーカーからとられています。イタリアの自動車メーカーであるランボルギーニによって製造された2人乗りのスーパーカーで、1990年から2001年にかけて製造されていました。その名前はイタリア語で「悪魔」を意味していますが、伝説の闘牛の名前でもあります。

1970年~1980年代に世界中で大ヒットした名車「カウンタック」の後継車種として生まれ、空気抵抗を意識した低い車高と、ハサミのように縦に開く構造の「シザードア」といった特徴を引き継いでいます。「転スラ」にはこの他にもスーパーカーから名前をとられたキャラクターがいて、たとえばフェラーリの「テスタロッサ」から名前をとられたテスタロッサ、ポルシェの「カレラGT」から名前をとられたカレラなどがいます。

関連記事をご紹介

【ネタバレ注意】「転生したらスライムだった件」はどんな物語? 原作ストーリーを紹介!!【転スラ】

『転生したらスライムだった件』とは?

『転生したらスライムだった件』は、2013年2月から小説投稿サイト『小説家にな…

 

ディアブロの魅力3:「○○○○」と呼ばれた○○○○の筆頭

ディアブロの正体は、悪魔の中でも最上位の存在である原初の悪魔。原初の悪魔は「赤・緑・青・黄・白・紫・黒」の7つに色分けされていて、ディアブロはかつて「原初の黒(ノワール)」と呼ばれた悪魔系統の筆頭です。「個々の強さを最強とすることに執着する戦闘狂である悪魔族」なのに強さに執着をもっていないという珍しい悪魔系統ですが、世界を滅ぼすほどの強さを持った原初の赤(ルージュ)」であり最古の魔王でもあるギィ・クリムゾンとは強さが同格であり、同郷でもあります。

ディアブロの魅力4:強さやスキルは?

転生したらスライムだった件 11 ラバーストラップ+小冊子付特装版

ディアブロはリムルに次ぐ強さの持ち主で、それは物理攻撃・核魔法・自然の雷すらも通用しないほど。「転スラ」の世界では主に名前をつけてもらうことで強さや階級が上昇するようになっていて、彼がリムルによってディアブロと名づけられた際に、覚醒によって以前より格段に膨れ上がっていたリムルの魔力の半分をごっそりと持っていってしまったことから、相当な強さを秘めていることがわかります。

「転スラ」の登場人物にはユニークスキルという特殊能力が振り分けられています。ディアブロは「誘惑者(オトスモノ)」というユニークスキルを所持していて、このスキルによって自身に屈服した相手を恐怖によって支配し、半強制的に従属させることが可能です、ディアブロはまさしく作中でも最強クラスの存在と言えるでしょう。

ディアブロの魅力5:リムルに対して厚い忠誠を誓う

転生したらスライムだった件 5 (GCノベルズ)

リムルは西の大国であるファルムス王国と戦争をした際に、殺害したその国の兵士15000人を生贄に捧げてディアブロを召喚しました。その際、ディアブロは2体の悪魔を引き連れていました。戦争で失ってしまった仲間の命を取り戻したいと望むリムルには、死者を復活させる魔法「反魂の秘術」に必要な魔力が不足していることを見抜いたディアブロは、自身の忠誠心を示すために連れていた悪魔をリムルに差し出します。

それを認められて「ディアブロ」という名前を与えられた彼は、リムルに対して絶対の忠誠を誓います。それはもはやリムルに心酔していると言ってもいいほどで、リムルに仕え、リムルの役に立つことにこの上ない喜びを感じます。リムルを尊ぶ者には寛大ですが、敵対する者は迷わず排除しようとすることも。リムルから重要な場に呼び出されなかったときには酷く傷心してしまうこともあります。

ディアブロの魅力6:アニメでは外伝でオリジナルストーリーが展開!

テレビアニメ第24話「外伝:黒と仮面」では、原作者の伏瀬さんによる書き下ろしオリジナルストーリーが展開されました。リムルが異世界に転生してくる前の物語で、ディアブロとシズとの出会いが描かれました。シズは戦時中の東京から異世界に召喚された女性で、後にリムルと出会い、その運命に多大な影響を与えることになった存在です。

フィルトウット王国の悪魔退治の一件でシズに出会い、彼女に興味を抱くようになったディアブロ。彼女との縁でリムルの存在を一方的に知ることになったディアブロは、リムルこそが自分を真理に導く存在であると思い、以降リムルの下に馳せ参じる機会を伺うことになるのでした。

ディアブロはリムルに召喚され名を与えられた存在!

転生したらスライムだった件 8 [DVD]

ここまでディアブロに関するさまざまな魅力をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

2018年から2019年にかけて放送されたテレビアニメ第1期では、残念ながらほとんど出番のなかったディアブロ。2020年に放送される第2期では、大活躍してくれることを願いたいですね。これからのディアブロの活躍に期待です!

公式関連アイテム