『キタネコ』の公式エピソードを紹介!シリーズごとに違う二人の関係性をチェック!

水木しげるさんによって描かれた名作漫画『ゲゲゲの鬼太郎』。2019年現在までに各年代ごとに6つのテレビアニメシリーズ作品が制作・放送されています。キタネコは本作に登場する主人公・鬼太郎と、猫の妖怪・猫娘によるカップリング。猫娘は鬼太郎のガールフレンドと称されることもありますが、各年代のアニメごとにそれぞれの性格や関係は異なっており、2人のさまざまなやりとりが見られます。そんなキタネコの関係性をシリーズごとに追っていきます!

『ゲゲゲの鬼太郎』キタネコとは?

鬼太郎×猫娘

ゲゲゲの鬼太郎(1) (講談社コミックス)

「みんなで歌おうゲゲゲのゲ」というキャッチーなフレーズで人気の名作漫画『ゲゲゲの鬼太郎』。幽霊族最後の生き残りの少年・鬼太郎を主人公に、多種多様な妖怪たちが物語を織り成します。2019年現在までに、1960年代、1970年代、1980年代、1990年代、2000年代、2010年代と、各年代ごとに6つのテレビアニメシリーズ作品が制作・放送され、その他実写テレビドラマや実写映画、舞台作品などもつくられました。

作者は、2015年に93歳で亡くなった水木しげるさん。2008年には、妻の武良布枝さんが執筆した自伝的エッセイ『ゲゲゲの女房』が発売され、それを原案としたテレビドラマがNHK連続テレビ小説として2010年に放送されました。同年に実写映画も公開され、大きな話題となりましたよね。テレビドラマでは水木しげるさん役を向井理さんが、実写映画では宮藤官九郎さんがそれぞれ務めました。

今回ピックアップする「キタネコ」は、主人公・鬼太郎と、猫の妖怪・猫娘によるカップリング。猫娘は鬼太郎のガールフレンドと称されることもありますが、実は、バージョンごとにその関係は異なっています。各年代ごとにつくられたテレビアニメシリーズの方でも、それぞれの性格や関係は異なっていて、さまざまなかんけいせいを楽しめるのが大きな魅力の人気カップリングです。

鬼太郎

鬼太郎は、妖怪の中でも大変強い力を持った「幽霊族」最後の生き残りの少年。生まれたときから左目を失っており、それを隠すために前髪を長く伸ばしています。先祖の幽霊族の霊毛で編まれた横縞のちゃんちゃんこと、念力でリモートコントロールできる下駄を身につけていて、戦いの際は、多彩な超能力と同時に武器として使用しています。

クールで飄々としていますが、内には悪い者を許さない正義感を秘めています。人間と妖怪の共存共栄を望んでいて、妖怪に悩まされている人間のために妖怪退治を行いますが、時には悪い人間を懲らしめることもあります。

猫娘

猫娘は、鬼太郎の仲間である猫の妖怪。普段は人間の少女のような外見をしていますが、怒ったり興奮したり、魚やネズミなどを目にしたりした際には、一変して凶暴な化け猫の形相になって、妖怪としての優れた運動能力を発揮します。実際は人間と妖怪との間に生まれた半妖怪で、全身が完全に変異しない中途半端な化け猫化をするのはそのためです。

つり目のおかっぱ頭で、基本的には白いブラウスに、赤やピンクの吊りスカートを身につけています。身長は鬼太郎より高いですが、鬼太郎は下駄を履いていることが多いためだいたい同じ程度の身長で描かれることが多くあります。

ここからは、そんなキタネコの関係を、各年代ごとのテレビアニメシリーズに沿ってご紹介していきます!

第1シリーズでは友人関係

猫娘は第20話にゲストキャラとして登場

『ゲゲゲの鬼太郎』初のアニメ作品となったテレビアニメ第1シリーズは、1968年から1969年にかけて放送されました。鬼太郎の声は『銀河鉄道999』の星野鉄郎役や『ドラゴンボール』の孫悟空などで有名な野沢雅子さん、猫娘の声は『魔法使いサリー』のサリーのママ役や『タイガーマスク』の若月ルリ子役などで知られる山口奈々さんが担当しています。

今でこそ猫娘は『ゲゲゲの鬼太郎』でおなじみのレギュラーキャラクターとなっていますが、今作では第20話のみのゲストキャラクターとして登場しています。地獄送り任務の代行を引き受けていて、後のシリーズよりも人間に対しては冷淡な性格をしています。鬼太郎とはお互いのことを「猫ちゃん」「鬼太郎ちゃん」と呼び合う友人関係を築いていて、鬼太郎が猫娘にラーメンをおごってあげるような仲のいい場面も見られました。

第2シリーズでは熟年夫婦の雰囲気?

第14話で照れる猫娘がかわいい

 

テレビアニメ第2シリーズは、1971年から1972年にかけて放送されました。鬼太郎の声は前作と同じ野沢雅子さんが担当し、猫娘の声は、前作で砂かけ婆役を担当していた小串容子さんが担当しています。前作ではゲスト出演にとどまった猫娘が、今作からはほぼ全話に登場するレギュラーキャラクターとなりました。

この頃から猫娘が鬼太郎に好意を寄せているような描写が見られるようになります。気が強く活発な性格であるものの、口調は丁寧で、鬼太郎のことを「鬼太郎さん」と他シリーズとは違う呼び方をしている猫娘。対する鬼太郎は猫娘のことを呼び捨てにしているのですが、14話目でのみ前作同様「猫ちゃん」と呼んで、猫娘を思わず赤面させてしまったこともありました。親しげでお互いに慣れている雰囲気を醸し出すシーンが多く、まるで熟年夫婦のように見えると言われることもあるのが特徴です。

第3シリーズではツンデレ同士

第72話で鬼太郎が猫娘にプロポーズ?

テレビアニメ第3シリーズは、1985年から1988年にかけて放送されました。鬼太郎の声は『それいけ!アンパンマン』のアンパンマン役や『魔女の宅急便』のおソノさん役などで有名な戸田恵子さん、猫娘の声は『忍者ハットリくん』のハットリシンゾウ役や『Dr.スランプ アラレちゃん』の則巻ターボ役などで知られる三田ゆう子さんが担当しています。

今期では人間側のヒロインとして天童ユメコが登場。猫娘は鬼太郎とお互いのことを敬称なしで呼び合う対等な関係を築いているのですが、美少女であるユメコのことを気にする彼に対してはついヤキモキしてしまうことも。それでも彼に対して健気に思いを寄せている姿がとてもかわいいのです。第72話では、妖怪に髪の毛を全て奪われてしまった猫娘が「お嫁にいけない」と嘆いていたところ、鬼太郎が「(嫁に)行くところがなければ、僕がもらってやるよ」と発言。まるでプロポーズのようなときめきシーンも見られました!

第4シリーズでは兄妹のような関係

第89話で大人の姿の猫娘が鬼太郎を誘惑

テレビアニメ第4シリーズは、1996年から1998年にかけて放送されました。鬼太郎の声は『ヒカルの碁』の越智康介役や『GEAR戦士電童』の出雲銀河役などで知られる松岡洋子さん、猫娘の声は『おじゃる丸』の坂ノ上おじゃる丸役や『スマイルプリキュア!』の青木れいか(キュアビューティ)役などで有名な西村ちなみさんが担当しています。

他シリーズと比べて今期では猫娘が心身ともに鬼太郎より少し幼いキャラづけとなっていることもあり、キタネコは仲の良い兄妹のような、あるいは友達以上恋人未満のような関係性となっています。シリーズ内で、キタネコシーンがあったのは第89話。インドの大妖怪・ラクシャサに心の隙をつかれた猫娘は、術によって一時的に美しい大人の女性の姿になります。そのときに「鬼太郎、あたしのこともっと好きになってよ・・・」と語りかけるシーンは、猫娘の鬼太郎に対する恋心を匂わせていて、少女の淡い恋心に胸が打たれます。

第5シリーズでは猫娘の鬼太郎への好意が明らかに!

第29話で鬼太郎が猫娘のピンチを救う

テレビアニメ第5シリーズは、2007年から2009年にかけて放送されました。鬼太郎役は『名探偵コナン』の江戸川コナン役や『忍たま乱太郎』の猪名寺乱太郎役などで有名な高山みなみさん、猫娘役は『らき☆すた』の小神あきら役や『アマガミSS』の中多紗江役などで知られる今野宏美さんが担当しています。今期では猫娘が鬼太郎への好意を特に隠さず大っぴらに見せていますが、クールな鬼太郎は残念ながらそれには気がついていない様子。

注目すべきエピソードは、猫娘がバスガイドの仕事をした第29話。実際には鬼太郎は家でのんびりしていたものの、「ガイドさんって彼氏いるの?」という質問をされて「いると言えばいる」「彼ったらわたしのこと心配してて」と答える猫娘がまずかわいいのです。その後、電話越しに猫娘の悲鳴を聞くやすぐに助けに向かった鬼太郎は、見事な戦いぶりで猫娘のピンチを救うことに。鬼太郎は「大丈夫かい? 遅くなってごめんよ」と優しく声をかけ、猫娘は嬉しそうに名前を呼んで抱きつきます。周りも「あの人が彼氏なのか」と認識しており、キタネコが公式になった記念すべきシーンです。

第6シリーズではクールで似た者同士の2人

第14話で鬼太郎からプロポーズされる夢を見た猫娘

テレビアニメ第6期は、2018年より放送が開始され、2019年9月現在も放送中です。鬼太郎役は『ルパン三世』の峰不二子役や「ソードアート・オンラインシリーズ」のシノン(朝田詩乃)役で有名な沢城みゆきさん、猫娘役は『美肌一族』の美肌紗羅役や『デジモンユニバース アプリモンスターズ』の花嵐エリ役などで知られる庄司宇芽香さんが担当しています。

今期では猫娘が8頭身のスタイリッシュな美少女となり、鬼太郎との身長差が歴代で一番大きくなっています。両者とも他者に対してクールに振る舞っており、自分の感情を素直に表現しきれないところのある似た者同士

従来のシリーズ同様、猫娘が鬼太郎に対して恋愛感情を抱いているような描写は存在し、鬼太郎に褒められたり助けられたりすると顔を赤らめてしまうことも。第14話では、鬼太郎にお姫様抱っこをされながらプロポーズされる夢を見て幸せに浸る姿が見られたこともありました。

キタネコはシリーズごとに絶妙な関係を築いてきたカップル!

ここまでキタネコのシリーズごとの関係を追ってきましたが、いかがだったでしょうか?

シリーズごとに鬼太郎と猫娘が、熟年夫婦のような関係だったり、兄妹のような関係だったりと、多種多様な関係を築いているのが観ていて楽しいですよね。現在放送中の第6シリーズでのキタネコシーン、将来また新たにつくられるかもしれない新シリーズでのキタネコの関係にも期待したいところです。

この作品はU-NEXT対象のため、31日間無料で見ることができます

動画・ア二メ見放題のU-NEXTで31日間↓完全無料視聴する↓