【まちカドまぞく】シャミ子(吉田優子)の声優・小原好美はどんな人?演じたキャラ&性格を分析!

【まちカドまぞく】シャミ子役のハイテンションな演技で注目を集めた小原好美。その他にも『魔法陣グルグル』のヒロインであるククリなど、人気キャラを着々とモノにする実力者です。この記事では、そんな小原好美の演じたキャラと気になる人物像を紹介します!

小原好美のプロフィール

1992年6月28日生まれの小原好美は、2016年頃から声優としての活動をスタート。2017年の月がきれい』で初のヒロイン役を獲得し、同年のアニメ『魔法陣グルグル』のククリ役で一躍有名となりました。

2019年には『スター☆トゥインクルプリキュア』の羽衣ララ(キュアミルキー)役で見事プリキュア声優の仲間入りを果たし、『まちカドまぞく』のシャミ子役では、今までにないハイテンションな演技が話題に。現在では冠ラジオである「小原好美のココロおきなく」のパーソナリティも務めている人気声優です。

小原好美という声優の魅力

小原好美といえばかわいい女の子幼い女の子の役を多く演じているイメージが強いです。『魔法陣グルグル』のククリ役や、『からかい上手の高木さん』の日比野ミナ役ではどこか幼さの残るかわいい声を聞かせてくれました。

最近では多彩な声のバリエーションでキャラクターを演じているのが魅力のひとつになってきています。『はねバド』の藤沢エレナ役ではこれまでのかわいい少女のイメージとは打って変わり、姉御肌でかなり大人っぽい演技でファンを驚かせました。

小原好美のデビューは『月がきれい』の水野茜

小原好美が初めてメインのキャラクターを演じた月がきれい』は、思春期特有のピュア恋愛を描いた甘酸っぱいストーリー。小原好美演じる水野茜は、主人公である安曇小太郎の恋人であり、物語のヒロインです。

陸上部に所属している水野茜は、元気で活発的な体育会系の女の子かと思いきや、まじめでつい空気を読みすぎてしまう一面も。いつもべにっぽと呼ばれる芋のゆるキャラを持ち歩いており、緊張をほぐすために必死にもみもみする姿がかわいいです。

小原好美の演じたキャラ:シャミ子(吉田優子)/『まちカドまぞく』

騒々しさが可愛い苦労人魔族

きゃらスリーブコレクション マットシリーズ まちカドまぞく シャドウミストレス優子(No.MT756)

ハイテンションな演技で挑んだ『まちカドまぞく』の主人公であるシャミ子役は、そのインパクトの強さから、またたく間に小原好美の代表キャラの一員となりました。『まちカドまぞく』は、ほのぼのとした学園生活を描きながら、怒涛のギャグ展開を繰り広げるコメディー作品で、シュールな笑いにファンが急増中の人気作です。

シャミ子といえば魔族ですが、元々は普通の女の子として暮らしていました。しかしある日突然、夢でお告げを聞くと魔族として転身して目覚めてしまったのです。羊のようなくるんとしたに悪魔の尻尾が生えて、最高の萌えポイントとなりました。

シャミ子の最大の魅力は、やはりポンコツであるということでしょう。倒すべき魔法少女との力の差が歴然としすぎていて、逆に仲良くなってしまいます。そして空回りして失敗し、逃走する際の「これで勝ったと思うなよ」の捨て台詞が印象的です。

小原好美の演じたキャラ:羽衣ララ(キュアミルキー)/『スター☆トゥインクルプリキュア』

癖のありすぎる宇宙人役がかわいい!

スター☆トゥインクルプリキュア』の羽衣ララは、宇宙人のプリキュアであるという一風変わった設定ながら「可愛すぎる」とネット上で話題を呼んだキャラクターです。

惑星サマーン出身の羽衣ララは敬語という文化を持っていないため、誰に対してもため口で接します。しかし驚いた時に出る「オヨ~」や、「ルン」の語尾によって敬語ができない失礼な印象ではなく、唯一無二のクセが強い喋り方になっているのが面白いです。

キュアミルキーとしては、頭に生えた異星人らしい二本の触覚から電撃を流して戦います。宇宙がテーマのプリキュアなので、しし座ドレスやかに座ドレスなど星座をモチーフにした衣装で戦うのも魅力です。

小原好美の演じたキャラ:野村香純/『あそびあそばせ』

優等生に見えて実は問題だらけ

あそびあそばせ 3 (ヤングアニマルコミックス)

表紙詐欺で話題となった漫画原作の『あそびあそばせ』で演じた野村香純は、一見すると勉強ができる優等生キャラなのですが、英語が大の苦手で意外とおバカキャラです。

野村香純は誰に対しても敬語で話をしますが、仲の良い友人に対してはくだけた口調で話す一面も。テンション高く突っ込んだり、おバカな一面を晒して大ボケをかましたりします。

そんな野村香純にはBL好きという大声で言えない趣味があり、男子と話すことが苦手な香純は、脳内で勝手にBLに変換して自分の趣向に花を咲かせていたのです。また自作のBLを書いており、そのひどい出来が一周回って面白いと評価されていました。

小原好美の演じたキャラ:ククリ/『魔法陣グルグル』

ポンコツだけど秘めたる力を持つ闇魔法「グルグル」の使い手

ねんどろいど 魔法陣グルグル ククリ ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

小原好美の最大の出世作といえば『魔法陣グルグル』でしょう。1994年のアニメ化で爆発的にヒットした人気作で、小原好美は2017年のリメイク版で主人公かつヒロインのククリを演じて注目を集めました。

ククリといえばミグミグ族最後の生き残りとして闇魔法の最高峰のグルグルが使える唯一の女の子です。世間を知らずに育ってきたため純真でウブですが、勇者様が好きすぎるあまり暴走することも

ククリの最大の魅力であり、作品全体の面白さの一員となっているのは魔法に関してククリがあまりにポンコツだということでしょう。強いパワーを秘めたククリですが、魔法陣を間違い変な生き物を呼び出してしまうことが多く、ドジでかわいい姿に思わず頬が緩んでしまいます。

小原好美の演じたキャラ:鳴瀬しろは/『Summer Pockets』

未来が見えるがゆえに心を閉ざしてしまった少女

ブシロードスリーブコレクション ハイグレード Vol.2107 Summer Pockets『鳴瀬しろは』Part.6

『Summer Pockets』は全年齢を対象とした恋愛アドベンチャーゲームです。とある離島を舞台に、主人公が様々な女の子と交流して恋愛に発展させていくという内容で、いわゆる感動的なラストを迎える泣きゲーです。

小原好美は、祖父以外の人間とは心を閉ざしてしまった鳴瀬しろはという難しい役に挑戦しています。しろはは主人公と恋仲となる女の子のひとりで予知能力があり、そのせいで疫病神として村から嫌われていました。

孤立した存在ではありますが、しろはは同年代の人たちの性格や好みなどを把握している健気な一面もあり、メインヒロインである彼女のルートを選んだ人も多かったのでは?

実は女優志望だった小原好美

小原好美は、声優になる前に女優を目指していたという経歴があります。実際に小原好美は総合学園ヒューマンアカデミーの俳優科に在籍しており、女優としての道を着実に歩んでいました。

その後は事務所に所属し、女優としてテレビや映画への出演も果たす中で、小原好美は女優という仕事との向き合い方に悩み始めます。そんな時、小原は声の仕事に向いているという母親からの言葉を思い出しました。

その結果、所属していた事務所をやめて、もう一度声優科のある学校に再入学!ものすごい決断力と行動力ですが、声優として『魔法陣グルグル』のククリ役や『まちカドまぞく』のシャミ子役など代表作を得た小原の選択は間違っていなかったのですね。

役作りはあまりしない? 小原好美の演技に対するアプローチ

小原好美は事前の役作りをあまりせず、現場で共演者やスタッフとのやり取りで演技を決めていくというめずらしいタイプの声優さんです。しかし現場の空気によって臨機応変に対応できるので、これも小原好美の演技の振り幅が大きい理由の1つかもしれません。

小原好美の現場の雰囲気を重視するスタイルはアドリブにも発展しやすく、時にかなりの盛り上がりを見せるんだとか。その証拠に『まちカドまぞく』ではかなりハイテンションな掛け合いが生まれていました。

事前の役作りをあまりしない小原好美ですが、準備を何もしないというわけではなく、原作などを読み込みキャラクターに対する理解度を深めて演技に望みます。そういった努力も、演技の幅を広げている要因ですね。

小原好美の冠ラジオ『小原好美のココロおきなく』に癒される

小原好美は『小原好美のココロおきなく』というラジオの冠番組を持っています。ラジオの内容はその名の通り、声優の小原好美が心置きなくおしゃべりする番組で、小原好美ファンにはたまらない至福の時間です。

番組の魅力はとにかく小原好美の色々な声を聞くことができることでしょう。タイトルコールではまるで職人技のように、小原好美が作るキャラクターのような声を聞くことができます。

素の声での軽快なトークはもちろん、おもしろいことや驚いた時の叫び声など、色々な声色を聞くことができるのは、『小原好美のココロおきなく』だけ。小原好美ファンであるならば見逃せない楽しい内容のラジオです。

コミカルで可愛い声が作品を彩る声優小原好美

『まちカドまぞく』のシャミ子というおバカキャラハイテンションかつかわいい声で演技した小原好美。そんな彼女は人気声優として幅広い声の演技でファンを魅了しています。

役作りは現場の人たちとの掛け合いの中でするというのは小原好美流のアプローチの仕方です。『まちカドまぞく』での面白い掛け合いが生まれたのもそんな小原好美の演技に対する姿勢のおかげかもしれません。

小原好美は得意のかわいい声だけでなく、大人な低音ボイスなど意外な一面を見せてくれます。出演作品はまだ多いとは言えませんが、期待の新人声優としてこれからどんな成長を見せてくれるのか楽しみですね!