【あんスタ】Tricksterの遊木真は元モデルで地雷持ち?真相に迫る5つの知識

あんスタに登場するユニット「Trickstar」に所属する遊木真は、一生懸命努力する姿が魅力的な男の子。アイドルとしてはまだまだ発展途上ですが、天才揃いのメンバーに刺激されて、アイドルとしても人間としてもどんどん磨かれていますよね。そんな真くんの魅力を、余すことなくお伝えします!

【あんスタ】遊木真とは?

あんさんぶるスターズ! 遊木真 ビジュアルブランケットVol.3 3

遊木真は、Happy Elementsカカリアスタジオが提供する大人気スマートフォンゲーム『あんさんぶるスターズ!』のキャラクター。「あんスタ」の愛称で知られるゲームの内容は、男子アイドル育成に特化している「私立夢ノ咲学院」に新設されたプロデュース科にプレイヤーが編入し、個性豊かな男子アイドルたちのプロデュースを通して、青春の日々を送るというストーリーです。

アプリゲーム以外にも、2015年の12月4日にニコニコ生放送「ハピエレ公式生放送~重大発表祭 冬の陣~」であんさんぶるスターズのアニメ化が発表され、現在もTOKYO MAXなどで連続2クールアニメとして好評放送中です。

また、原作を元にした2.5次元ミュージカルである「あんさんぶるスターズ!オン・ステージ」、通称「あんステ」も大人気!原作のメインストーリーやイベントストーリーに添ったシナリオで、作中のライブパートではペンライトやうちわなどの応援グッズの持ち込みがOKで、観客が一体となって楽しめると話題を呼んでいます。

あんさんぶるスターズ! DVD 01 (特装限定版)

そんな「あんスタ」の登場人物である遊木真は、ブロンドヘアと眼鏡がトレードマークの男の子。一人称は「僕」で、モデル業界出身のビジュアルと優秀な頭脳を持ち、いざという時に頼りになる美少年です。普段は元気なキャラを装っていますが、本当は口下手で人見知りなんだとか。クラスは2-Aで、転校生であるあんずと同じクラスです。

遊木真の制服は、北欧柄のベストをカジュアルに着こなしているのがポイント、ユニット衣装のリストバンドやスニーカーは、瞳の色と同じ色のグリーンです。

遊木真の公式プロフィール

クラス 2-A

ユニット Trickstar

身長 173cm

体重 58kg

誕生日 4月30日

血液型 O型

部活 テニス部

趣味 UFOキャッチャー・格ゲー

特技 電子機器をいじること

好きなもの スマート端末

嫌いなもの 魚類・エビ

キャッチフレーズ トークも眼鏡もダテじゃない!?

家族構成 母

サイン

遊木真のサインは、漢字のフルネームをちょっと崩したユニークなサイン。「真」の部分にスマイルマークが描かれているのがポイントで、かわいい遊木真にぴったりのサインですよね。また、苗字の遊木を繋げて書いていることもあり、全体的に曲線が多くて柔らかい印象です。

やさしい真くんらしく丸みをおびたサインは、とってもかわいいので女の子受けしそうです。また、同じユニットの明星スバルのサインも漢字フルネームを崩したものなので、少し似ているかもしれません。

遊木真の人気スチル

[未来へ前進]遊木真

眼鏡を外して綺麗な水色の瞳が目立つこちらのスチルは、真くんのファンの間でも「かっこいい!」と人気のスチルです。

レアリティ ★5

追加日 2015年06月30日(ジャッジ!白と黒のデュエル)

才能開花 ライブ時セリフ はりきっていきましょう!

遊木真の魅力1:声優は森久保祥太郎さん!

森久保祥太郎 3rdフルアルバム (特典なし)

遊木真の声優を担当しているのは森久保祥太郎さんです。森久保祥太郎さんは1974年2月25日生まれの東京都八王子出身で、アドナインス代表取締役。1992年に日本大学第三高等学校を卒業し、多摩美術大学を途中退学しています。本格的に声優を始めようと決心するまでは、タレント事務所に所属していました。

幼少期から在籍していた事務所の先輩と立ち上げた「おにぎりスキッパーズ」という劇団の公演を見た声優関係者の目に留まり、オーディションに参加しました。そして無事合格を果たし、1966年に「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」のミニ四ファイターで声優デビュー。1年で最終話を迎える予定でしたが、想像以上の人気作品に成長し、長い間シリーズの声優を担当しました。

その後はアニメやゲーム、ラジオパーソナリティなど、様々な分野で活躍しています。また、音楽活動や舞台などでも活躍するほど人気の男性声優であり、シグマ・セブンに在籍した後はアーツビジョン系列事務所の「ヴィムス」に移籍しています。

TALKING STAND MORINOTH 社員旅行 沖縄編 Blu-ray

1998年には、男性声優の石川英郎と一緒に「あんず」というユニット名で音楽活動を始めることになり、翌年1999年には、新たにバンドメンバーを加えて「AN’s ALL STARS」を結成。同年の8月には同じくバンド「Mosquito Milk」を結成しています。2001年にカプコン セルピュータレーベルにてソロデビューも果たしており、2008年にレーベルを変えてLantisより再デビューしています。

毎年末に開催されている「Original Entertainment Paradise”おれパラ”」では、ホストの一人としてライブに参加しています。2010年にはソロプロジェクトとして「Buzzy→Bee(バジービー)」を結成。2015年1月、bayfm長寿番組「KEIYOGINKO POWER COUNTDOWN JAPAN HOT 30」の2代目DJを担当します。2016年には、第10回声優アワードで富山敬賞を受賞しました。声優業とアーティスト業、どちらも完璧にこなす森久保さんは、まさにプロ中のプロですね。

またプライベートでは、2017年12月29日にパーソナリティを務めるラジオ番組内で女児が誕生したことを発表。遊木真以外の声優活動に関しては「薄桜鬼」沖田総司「弱虫ペダル」巻島裕介、「NARUTO‐ナルト‐奈良シカマル「Persona4 the ANIMATION」花村陽介など大人気作品のキャラクターを多く演じています。

遊木真の魅力2:Trickstarの頑張り屋さん!

あんさんぶるスターズ! アルバムシリーズ Trickstar(初回限定生産盤)

遊木真は、学院の一番星を目指す新星アイドルユニットTrickstarに所属しており、みんなを和ますムードメーカー的存在。Trickstarは明星スバル氷鷹北斗衣更真緒、そして遊木真を含めた4人のメンバーを、転校生であるあんずがプロデューサーという形でサポートし、圧力で凝り固まった学院に革命を起こすために始動しました。

メンバーの明星スバルの調子につられてひょうきん者を装っている遊木真ですが、実はおしゃべりが苦手でトークは滑りがち。また、女性と二人っきりで話すのも得意でなく、意外とシャイな性格です。

本人も口下手であることを自覚しており、克服しようと積極的に努力してアイドルを目指しています。

あんさんぶるスターズ! ユニットソングCD 第2弾 vol.10 Trickstar

また、「他のメンバーに比べて歌も踊りも劣っている」と自分にあまり自信がないようですが、仲間に追いつこうと懸命に頑張る姿がとても愛おしく、つい応援したくなる男の子です。また、集中力はあるようですが、我慢のリミッターやブレーキがやや壊れ気味なので、メンバーや先輩によく心配されています。

遊木真の魅力3:情報収集能力に長けている頭脳派

遊木真は放送委員を務めており、スマホやパソコンなどの扱いも得意なため、情報収集能力に長けています。パフォーマンスで競い合うことになった相手の情報をいち早く調べ、Trickstarのメンバーに教えてあげるシーンもありましたね。

遊木真はいつも眼鏡をかけていますが、レアリティの高いカードのイラストでは眼鏡を外した姿も見られます。眼鏡をかけていないと、その美しい顔立ちを遮るものは何もなく、元キッズモデルなのも納得のビジュアルです。

あんスタ公式の紹介文にもあるように、眼鏡をはずすとやはり正統派の美少年ですね。

遊木真の魅力4:元モデル仲間・瀬名泉につきまとわれている!

あんさんぶるスターズ! カプセル缶バッジコレクション 3rd LIVE 遊木真 単品

幼少時代、遊木真は親にモデルを無理矢理やらされていました。そして、そのストレスが原因で心のバランスが崩れてしまい、今でもカメラを向けられるのがとても苦手です。モデルを辞めたことがきっかけで家族との関係にもヒビが入ってしまったようで、モデル時代の話題は真くんにとって地雷になっています。

キッズモデル時代から遊木真を知っている3年生の瀬名泉からは「ゆうくん」と呼ばれており、普段から執拗につきまとわれて、遭遇するたびに逃げています。瀬名泉はあくまで弟として可愛がっていると主張していますが、少々いきすぎた発言が多く、ファンの人たちから「ヤンホモ」と揶揄されることもあります。

過去には「遊木真が転校生を好きになってしまったらどうする?」という質問に対して、瀬名泉は「転校生をおとして、ゆうくんもおとして僕もおちる」というサイコ発言をしており、真くんに対する愛情が少々暴走気味なようですね。

遊木真の魅力5:シャイであがり症だけど告白はまっすぐ!

遊木真 あんスタ アルカナカード ポストカード あんさんぶるスターズ anime キャラクター グッズ

シャイであがり症な部分がとてもかわいい真くんですが、あんスタリリース時に公開された「告白動画」では、「君が望むなら、僕はなんだってするよ」と、まっすぐで献身的な愛の告白を披露しています。

また、ストーリー内ではUNDEADの大神晃牙のスパルタ指導に泣き言を漏らすシーンもありましたが、いざステージにあがると全力を尽くしてパフォーマンスを披露してたので、真くんはアイドル活動も恋愛も「キメるときはしっかりキメる」タイプなのかもしれませんね。

遊木真はメガネの奥に無限の可能性を秘めたアイドル

あんスタに登場するユニット「Trickstar」に所属する遊木真は、一生懸命努力する姿を応援したくなるアイドル。アイドルとしてはまだまだ発展途上の男の子ですが、天才揃いのメンバーに刺激されて、アイドルとしても人間としてもどんどん磨かれていますよね。

これからも真くんの活躍を期待すると共に、あんさんぶるスターズを応援しましょう!