【ちはやふる】ヒョロこと木梨浩がいい奴すぎる!絶対好きになるエピソードまとめ

2019年10月からスタートしているアニメ「ちはやふる」にする木梨浩は、「ヒョロくん」とあだ名の付いた細い体型の男の子です。競技かるたの強豪校・北央学園に通うヒョロくんがもっと好きになる秘密のエピソードを紹介していきます。

「ちはやふる」に登場するヒョロこと木梨浩とは?

ちはやふる(29) (BE・LOVEコミックス)

2008年から「BE・LOVE」で連載している末次由紀作の「ちはやふる」は、高校生の競技かるたをテーマにした青春恋愛ストーリー。2019年10月時点で第42巻が刊行されており、累計発行部数2400万部以上を突破している国民的マンガです。

2011年にはアニメ版「ちはやふる」、2013年には「ちはやふる2」が放送され、いずれも大ヒットしています。また、2016年、2018年には女優・広瀬すずさん主演で実写版が公開され、話題を呼びました。さらに2019年10月からは、待望のアニメ第3期がスタートします。

そんな「ちはやふる」に登場するヒョロくんこと木梨浩(きなし ひろし)は、北央学園に通う男の子。誕生日は不明ですが、身長170cm、体重51kg、好きな食べ物は春菊というのが駒野勉(こまの つとむ)のデータから明らかにされています。

また、ヒロインの綾瀬千早(あやせ ちはや)と同学年で、府中白波会に所属し、あだ名は「ヒョロくん」です。

木梨浩(ヒョロ)の魅力1:アニメ版は声優の中井和哉さんが担当

「ちはやふる」に登場するヒョロくんこと木梨浩のアニメ版の声を担当しているのは、声優の中井和哉(なかい かずや)さんです。中井さんは1967年11月25日生まれの兵庫県出身で、声優活動の他に「爆報!THE フライデー」「スッキリ‼」などのナレーションを担当しています。

中井さんといえば、1999年から放送されている「ONE PIECE(ワンピース)」ロロノア・ゾロ役が有名です。2011年には、ゾロ役で第5回声優アワード助演男優賞を受賞しています。

主な出演作品は、「銀魂」シリーズ 土方十四郎役、「サムライチャンプルー」ムゲン役、「血界戦線」ザップ・レンフロ役、「ゴッドイーター」ソーマ・シックのザール役、「あひるの空」千葉真一役などがあります。

木梨浩(ヒョロ)の魅力2:実写版は俳優の坂口涼太郎さんが担当

2016年「ちはやふる -上の句-」「ちはやふる -下の句-」、2018年「ちはやふる -結び-」、SPドラマ「ちはやふる -繋ぐ-」でヒョロくんを演じたのは、俳優の坂口涼太郎(さかぐち りょうたろう)さんです。坂口さんは1990年8月15日生まれの兵庫県出身です。

また、坂口さんは2007年に俳優の森山未來さんの主演・演出のダンスライブ「戦争わんだー」にダンサーとして出演し、2010年「Q10(キュート)」佐野洋役以降、徐々にテレビドラマにも出演しています。

主な出演作は「犬神家の一族」 犬神佐智役、「必殺仕事人2019」権左役、連続テレビ小説「なつぞら」中島役、「べしゃり暮らし」内川修一役などがあります。

実写版で坂口さんが演じたヒョロくんは、「ちはやふる」の原作者・末次由紀先生をはじめ、綾瀬千早役の女優・広瀬すずさんや、小泉徳宏監督からも「そっくり!」と絶賛されるほどの再現度の高さを誇っています。

木梨浩(ヒョロ)の魅力3:小学生から競技かるたを始める

ちはやふる 中学生編(1) (BE・LOVEコミックス)

ヒョロくんこと木梨浩は、小学生時代から競技かるたを続けています。また、ヒョロくんが綾瀬千早や真島太一(まじま たいち)、綿谷新(わたや あらた)と出会ったのは、通っていた府中白波会がきっかけです。

インターネットで競技かるた会を調べ、府中白波会にやって来た3人を、ヒョロくんは府中白波会会長の原田秀雄(はらだ ひでお)先生と一緒に出迎えています。

ヒョロくんは、千早、太一、新と、競技かるたの源平合戦を行うのですが、千早に「ヒョロくん!」と間違われて「浩だ!」と否定するコミカルなシーンが印象的。

また、小学生時代に対戦した新は、後に全国大会の団体戦でヒョロくんと対戦した時、「団体戦やるって決めてよかった…ヒョロくん、よろしくお願いします」とヒョロくんとの再会を喜んでいます。

木梨浩(ヒョロ)の魅力4:敗北で闘志を燃やす!

ヒョロくんこと木梨浩は、北央学園かるた部の部員です。北央学園は、ヒョロくんが高校1年生の時点で、すでに5年連続全国高等学校かるた選手権大会(以下、全国大会)に出場し、試合に出場するメンバーの中でA級選手が2人もいるという競技かるたの強豪校でした。

しかし、北央学園は創立したばかりで初出場だった瑞沢高校かるた部に敗北し、6年連続全国大会出場という夢が破れます。ヒョロくんは、「(北央学園のかるた部の部室に)ずっとあったんだ!!来年は絶対取り返す!!」と瑞沢高校かるた部が手にした優勝カップを涙を流しながら抱き寄せ、悔しがる姿を見せました。

ちはやふる(10) (BE・LOVEコミックス)

次の年に再び全国大会団体戦に出場したヒョロくんは、楽して勝とうとしていた部長の甘糟那由太(あまかす ゆなた)に「なに言ってんですか甘糟部長!!去年の屈辱を忘れましたか。瑞沢に勝ってトロフィー奪還ですよ!!」と激怒しています。

さらにヒョロくんは「省エネってなんですか…うちは北央じゃないですか…大将が大将と当たって…副将が副将と当たって…それで勝たなくてどうすんですか。東京でいちばん強いのは、北央学園。なによりおれがそれを見たいんだ!!」と、北央学園の競技かるたの強豪校としてのプライドを見せたいと意気込みを語っており、見た目に反して情熱的な性格のようです。

木梨浩(ヒョロ)の魅力5:努力が実って万年B級から脱出!

ちはやふる(11) (BE LOVE KC)

ヒョロくんこと木梨浩は、団体戦でも個人戦でもなかなか勝利を手にする事ができません。さらに追い討ちをかけるように、出場した全国大会予選のB級の個人戦では、第1回戦で真島太一に、ヒョロくんは3枚差で負けてしまいます。

しかし、ヒョロくんは北央学園の他の部員が負けて帰宅していく個人戦でも「勝ってったやつらから、盗めるものがあるなら盗んでいく!!」と言って最後まで大会を観戦しています。また、ヒョロくんは、競技かるたの試合がある地方にも赴き、A級になるために出場していました。

そんな努力家のヒョロくんがA級昇格を手にしたのは、原作版「ちはやふる」第33巻で行われた、全国大会個人戦のB級の決勝戦です。決勝戦では、瑞沢高校かるた部の机くんこと駒野勉(こまの つとむ)と白熱した戦いを繰り広げました。

木梨浩(ヒョロ)の魅力6:運命を決める「ヒョロットカード」とは?

ちはやふる(9) (BE・LOVEコミックス)

「ヒョロットカード」とは、ヒョロくんこと木梨浩が、試合前に使っているカードです。ヒョロくんの使用しているヒョロットカードは、タロットカードサイズのカードで、「ひょろっと」という文字と一緒にヒョロくんの似顔絵、反対側には数字が描かれています。

そして、ヒョロくんは、ヒョロットカードを宙に投げてくるくる回り、手にカードを受け取って対戦順を占います。

ヒョロくんのヒョロットカードの的中率は高く、北央学園が対戦する時の重要な司令塔の役割を果たしていました。

そして、瑞沢高校かるた部に負けた次の年の全国大会団体戦では、「絶対に優勝したい」という強い意志を持ってヒョロットカードを持参します。

ところが、決勝戦まで弱い相手に北央高校の強い相手をぶつけ、楽して決勝まで勝ち進もうとしていた部長の甘糟那由太の考えを知ったヒョロくんは、的中率の高いヒョロットカードで、相手の強い選手に北央学園の強い選手をわざと当てさせています。

木梨浩(ヒョロ)の魅力7:ヒョロくんの彼女・西田優華璃とは?

ちはやふる(14) (BE LOVE KC)

ヒョロくんこと木梨浩の彼女は、西田優華璃(にしだ ゆかり)です。瑞沢高校かるた部の西田優征(にしだ ゆうせい 肉まんくん)の姉で、優華璃がヒョロくんに一目惚れして交際がスタートします。

優華璃は、ヒョロくんが出場する競技かるたの試合に駆けつけ、「北央VICTORY」という横断幕を作成したり、必勝祈願の参拝を50社、お守り50個持参するほど熱烈にヒョロくんをバックアップしています。

TVアニメ「ちはやふる2」オリジナル・サウンドトラック【CD2枚組】

あまりにも優華璃がヒョロくんを応援するため、それまで弟の肉まんくんに作成していた優華璃手作りのTシャツが(瑞沢高校かるた部)準優勝になってしまったという逸話も持っています。そんな優華璃の心強い応援もあり、ヒョロくんは実力を発揮し、北央学園を優勝に導きます。

北央学園かるた部のOB・須藤暁人(すどう あきひと)は、「すげえよヒョロ。おれがえらそうに先輩風吹かせても、叶えられなかったことを」「すげえよ、ヒョロ、すげえよ優華璃嬢」という褒め言葉をヒョロくんと優華璃に送っていました。

木梨浩(ヒョロ)の魅力8:真島太一に密かにメールをした理由は?

ちはやふる Vol4 [DVD]

ヒョロくんこと木梨浩は、瑞沢高校かるた部と戦った全国大会をきっかけに、真島太一と密かに交流を続けています。

瑞沢高校かるた部と初めて戦って敗北した全国大会の後、ヒョロくんは、真島太一に「全国大会対策」というノートを手渡しています。ヒョロくんの手渡した「全国大会対策」ノートは、北央学園がこれまで蓄積してきた他県の強豪校の資料や、毎年全国大会に出てくる常連校の情報が書かれていました。

さらにヒョロくんは、全国大会が行われる近江神宮・近江勧学館の使い方や、北央学園の常宿の旅館紹介まで書き記され、瑞沢高校かるた部が全国大会で困らないようにノートを作っています。

ちはやふる(28) (BE・LOVEコミックス)

ノートを手渡して以降も、ヒョロくんと太一の交流は密かに続いていきます。太一が瑞沢高校かるた部を辞めた時には、ヒョロくんは「東京予選決勝リーグ、瑞沢一敗。来いよ」と太一に、全国大会の東京予選会場に来るようにメールをしています。

しかし、太一はヒョロくんのメールを見るだけで試合会場には来ません。すると、ヒョロくんは再び太一に「瑞沢二試合目、三勝ニ敗でギリギリ。ヤベーぞ。来いよ」とメールを送っており、2人は情報を共有する戦友のような関係なのかもしれません。

木梨浩(ヒョロ)の魅力9:後輩思いの優しい先輩

ちはやふる 完全版【初回生産限定】 [Blu-ray]

ヒョロくんこと木梨浩は、創立したばかりの瑞沢高校に負けた後、次の年に開催される全国大会を目指して頑張っています。しかし、強豪だと言われていた北央学園は須藤暁人を筆頭とした実力者の先輩が抜けてしまい、冬の時代が訪れます。

そのなかで、ヒョロくんは、後輩を自らスカウトに行き、後輩の育成にも尽力していきます。辞めそうな後輩たちを常にケアしながら、「先輩、○×文化センター行き方わかりません」と後輩に言われれば「じゃあ、連れて行くよもー」と面倒見のいい一面を見せています。

ちはやふる(30) (BE・LOVEコミックス)

この時、○×文化センターではC・D・E級の試合が行われるだけで、B級選手だったヒョロくんには関係ない試合でした。しかし、お弁当や飲み物を持って、ヒョロくんは後輩たちの付き添いをしていました。

北央学園かるた部・顧問・持田太(もちだ ふとし)先生は、ヒョロくんが後輩の面倒をよく見ていたことに気づいており、「『できない子』にいちばん優しかったのは、木梨くんだ」と評価しています。

木梨浩(ヒョロ)の魅力10:ヒョロはひょっこりはんに似てる?

実写版として制作された映画「ちはやふる」シリーズで、ヒョロくんこと木梨浩を演じたのは、俳優の坂口涼太郎さんでした。

坂口さんのヒョロくんは、綾瀬千早役を演じた主演の広瀬すずさんや、実写版「ちはやふる」シリーズの小泉徳宏監督も、ヒョロくんの再現度が高いと絶賛したほど、坂口さんはヒョロくんをソックリに演じられています。

もう一方で、実写版を観た人たちの間で、坂口さんが演じたヒョロくんが、お笑い芸人のひょっこりはんに似ているという感想が出てきます。確かに、坂口さんの演じたヒョロくんの髪型や、ヒョロっとした細身の体型がひょっこりはんにソックリでした。

もともと、原作版「ちはやふる」のヒョロくんもひょっこりはんに似ているとファンの間で言われています。しかも、物陰から「ひょっこり」見ている姿が描かれていたのもひょっこりはんにリンクするところがあるとファンに言われている理由でしょう。

さらにプラスして、細身の坂口さんがヒョロくんを演じたことで、よりリアルなヒョロくんが出来上がり、さらにひょっこりはんに似てしまったのではないでしょうか。

【ちはやふる】ヒョロくんこと木梨浩は後輩思いの優しい男の子

「ちはやふる」に登場する木梨浩は、競技かるたの強豪校・北央学園に通う男の子。ヒョロッとした細身の体型から、「ヒョロ」というあだ名をヒロインの綾瀬千早に付けられています。

競技かるたの試合の対戦メンバーを占える「ヒョロットカード」を駆使し、強豪相手にどんどん勝ち進んでいたヒョロくんですが、瑞沢高校に負けた次の年には、強い相手とガチンコで勝負して優勝したい!と強く考えるようになりました。

また、ヒョロくんは真島太一を心配してメールを送ったり、後輩に満遍なく気配りをする優しい男の子でもあります。

2019年10月からスタートしているアニメ「ちはやふる」第3期にもヒョロくんは登場します。大好きな競技かるたをがんばりながらも、周りに気配りのできる優しい性格のヒョロくんにも注目していきましょう!