【ちはやふる実写版】周防久志役・賀来賢人の性格と秘密を徹底解剖!

2018年に公開された映画「ちはやふる-結び-」で周防久志名人の実写版を演じたのは、賀来賢人さんです。キリッとした眉とに、大きな瞳、そして、個性的な演技が光る賀来賢人さんの性格や、女優の榮倉奈々さんとの結婚、出演作品など紹介していきましょう!

【ちはやふる】周防久志を演じた俳優・賀来賢人とは?

「ちはやふる」周防久志とは?

【Amazon.co.jp限定】ちはやふる3 DVD- BOX下巻(全巻購入特典:「未収録特典映像DVD」引換シリアルコード付)

2008年から「BE・LOVE」で連載している「ちはやふる」は、高校生の競技かるたをテーマに、末次由紀が描く青春恋愛作品。2019年10月時点で第42巻まで刊行されており、累計発行部数2400万部以上を突破している国民的作品です。

2011年と2013年にはアニメ「ちはやふる」が放送され、いずれも大ヒットを記録しています。また、ヒロインの綾瀬千早を女優の広瀬すずさんが演じた実写版映画「ちはやふる」は、2016年に「ちはやふる -上の句-」「ちはやふる -下の句-」、2018年「ちはやふる -結び-」が公開され、SPドラマ「ちはやふる -繋ぐ-」も制作されています。

さらには、2019年10月から待望のアニメ「ちはやふる」第3期がスタート2019年12月には原作版「ちはやふる」第43巻が発売される予定です。

ちはやふる(9) (BE LOVE KC)

実写版の映画「ちはやふる -結び-」で俳優の賀来賢人(かく けんと)さんが演じた周防久志は、3月4日生まれの26歳で、血液型AB型、身長180cm、東京大学を4年間留年し、進学塾で現代文と小論文の講師をしています。

競技かるたの名人で、あだ名は「周防名人」「周防さん」「久志」、大好きな和菓子をおすそ分けするのが好きなんだとか。

周防名人は、東京大学に入学してから競技かるたを始めて3年で名人位を獲得、以後、5連覇を達成し永世名人になります。サングラスに無精ひげ、媚びない言動から、競技かるた界では「感じが悪い」「ヘンテコ名人」「競技かるた界の問題児」と周防名人は揶揄されています。

また、周防名人は視細胞が年齢より速く老化する遺伝性の目の病気を患っており、いつ失明してしまうのか不安な日々を送っているキャラクターです。

賀来賢人の魅力1:詳細プロフィール

賀来賢人ファーストPHOTOBOOK 「よりみち。」

実写版の「ちはやふる」シリーズの第3弾として2018年に制作された映画「ちはやふる -結び-」で、周防久志名人を演じた賀来賢人さんは、1989年7月3日生まれの30歳、身長178cm、血液型O型、東京都出身です。

特技はバスケットとサッカーで、賀来さんの所属する事務所は、サザンオールスターズや福山雅治さんをはじめとした多くの大物有名人が所属するアミューズです。

賀来さんは、小学校~高校まで暁星学園に在籍し、暁星学園を卒業すると青山学院大学経営学部に入学します。

そして、賀来さんが18歳の時、写真を見た事務所のスタッフからスカウトされたことがきっかけで芸能界デビューを果たします。しかし最初の頃は、オーディションを受けてもなかなか受からなかったそう。それでも賀来さんは地道に芸能活動を続け、NHK連続テレビ小説「花子とアン」で知名度を上げていきました。そして、賀来さんは徐々に個性派俳優としての地位を築いていきます。

賀来賢人の魅力2:ムードメーカーな性格

キリッとした眉と、目力の強い大きな瞳スタイル抜群のイケメンな賀来賢人さんは、明るくてムードメーカーな性格です。出演した作品の番宣やインタビューなどでも、賀来さんが場の雰囲気を和ませていると共演者が語っています

そして、妻で賀来さん自身も女優の榮倉奈々さんとの日常生活のエピソードや、共演した役者さんやタレントさんのエピソードなどもバラエティ番組で明るく話してくれるので、賀来さんは、面白くて気さくな男性であるという印象を持つ人も多いでしょう。

また、2018年に日本テレビのバラエティ番組「しゃべくり007」に出演した際に、2017年に生まれた賀来さんの子供が、Eテレビが好きで一緒によく観ているので、自分がEテレに出演して子供を驚かせたいというのを明らかにしています。

そして、「しゃべくり007」で、「おかあさんといっしょ」元うたのお兄さん・横山だいすけさんから子供たちの心をつかむレクチャーを受け、大興奮だった素の賀来さんの姿が話題になりました。

「しゃべくり007」でEテレに出演したいと語っていた賀来さんですが、2020年1月24日に全国公開予定の「映画 おかあさんといっしょ すりかえかめんをつかまえろ!」へのゲスト出演が決定!

賀来さんのゲスト出演を知ったファンのSNSで「賀来さんの夢が叶って良かった」と嬉しいコメントが次々と上がっています。

賀来賢人の魅力3:嫁は女優の榮倉奈々!

賀来賢人さんのお嫁さんは、女優の榮倉奈々(えいくら なな)さんです。榮倉さんは、1988年2月12日生まれ、身長170cm、血液型A型で、出身は鹿児島県です。

「SEVENTEEN(セブンティーン)」の専属モデルを経て、2004年のNHKドラマ「ジイジ~孫といた夏」片岡あたる役で女優として本格的に活動を開始し、研音に所属しています。

そして、榮倉さんは、2006年「ダンドリ。〜Dance☆Drill〜」相川要役、NHK連続テレビ小説「瞳」一本木瞳役、「メイちゃんの執事」東雲メイ役などで主演を務め知名度を上げていきます。

さらに、「リーガル・ハイ スペシャル」 藤井みなみ役、映画「余命1ヶ月の花嫁」長島千恵役、「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」など、主役から脇役まで幅広い役を演じられる女優さんとして成長しています。

榮倉奈々写真集/「NANA ―tremor―」

また、2014年のTBSドラマ「Nのために」で、榮倉さんは賀来賢人さんと共演したのをきっかけに交際がスタートし、交際1年を経て2016年に賀来さんと結婚します。

そして、翌年の2017年3月に第一子を妊娠していることが所属事務所から発表され、同年6月に第一子を出産をしています。しかし現在、賀来さんと榮倉さんのお子さんの名前や性別などの情報は明らかにされていません。

賀来賢人の魅力4:親族は?

賀来賢人さんは、2人兄弟の次男です。また、賀来賢人さんの父親は、セゾングループでセゾン社長秘書を務め、その後、2018年に逝去された「ちびまるこちゃん」の作者である漫画家・さくらももこ先生の事務所「ももこプロダクション」に入社します。

さくら先生が自ら賀来賢人さんの父親をスカウトしたというエピソードは、さくら先生が執筆した「さくら日和」に記されていますのでご存知のファンも多いでしょう。

そして、賀来賢人さんの父親の妹は、女優の賀来千香子(かく ちかこ)さんです。賀来賢人さんの父親とさくらももこ先生と繋げたのは、さくら先生と友達だった妹の賀来千香子さんでした。賀来賢人さんにとって、叔母にあたる賀来千香子さんのプロフィールも紹介していきます。

賀来千香子さんは、1961年10月17日生まれの大阪府枚方市出身、テアトル・ド・ポッシュに所属しています。

雑誌「JJ」のモデルとして活躍しながら、1982年のTBSドラマ「白き牡丹に」で賀来千香子さんは女優デビューし、1986年「男女7人夏物語」、1987年「男女7人秋物語」に出演され知名度を上げていきます。

1992年のNo.1話題作となったTBSドラマ「ずっとあなたが好きだった」では、桂田冬彦役の妻・美和役を演じます。さらに、翌年の1993年には続編である「誰にも言えない」も大ヒットしています。

また、賀来千香子さんは、俳優の宅麻伸(たくま しん)さんと1994年に結婚するまで、両親や、賀来賢人さんを含む兄の家族と一緒に暮らしていたのを明らかにし、結婚した賀来賢人さんのお子さんのエピソードなども披露しています。

賀来賢人の魅力5:歌唱力は?

愛を感じて

超個性派俳優として知られる賀来賢人さんですが、歌唱力はどうなのでしょうか?賀来さんは、2012年に舞台「RENT(レント)」で主役のマーク役、2017年の舞台「ヤングフランケンシュタイン」アイゴール役などのミュージカル経験があります。

また、賀来さんは、2019年8月9日に公開されたディズニーのCG実写版映画「ライオン・キング」でシンバ役の日本語吹き替えを担当しています。

そして、「ライオン・キング」といえば、ブロードウェイ・ミュージカルや劇団四季などでもロングランを続けているライオンのシンバの成長を描いた作品です。

「ライオン・キング」はジャングルの壮大な映像美はもちろんですが、劇中歌の部分もとても魅力的な作品で、賀来さんも「ライオン・キング」の劇中に登場する「ハクナマタタ」や「愛を感じて」などで歌声を披露しています。

賀来さんは「ライオン・キング」のシンバ役で劇中歌を歌って、「言葉がシンプルで分かりやすく、感情移入しやすかった」とインタビューで語っていました。

賀来賢人の魅力6:「Nのために」安藤望役

Nのために Blu-ray BOX

小説家・湊かなえ先生の「Nのために」は、2010年に東京創元社から出版され、「N」のイニシャルのついた3人の男女を中心に描いた推理小説です。また「Nのために」は女優の榮倉奈々さん主演で、2014年10月~12月にTBSの「金曜ドラマ」で全10話でドラマ化されています。

賀来さんが演じたのは、榮倉さんが演じる杉下希美と同じアパート・野バラ荘に住んでいたM商事営業部プロジェクト課勤務のサラリーマン・安藤望(あんどう のぞみ)役です。

安藤は、ある大学の理工学部化学科に在学していた頃に、同じ大学に通、1歳年下の後輩だった希美と野バラ荘で知り合い、希美に好意を寄せていきます。

しかし、望はドラマの後半で希美に告白して振られてしまいます。ドラマの結末よりも、望が希美に振られたシーンが強く印象に残った視聴者も少なくないかもしれませんね。

しかし、「Nのために」の作中で、望は希美に振られてしまいましたが、賀来さんと榮倉さんは「Nのために」が縁で結婚し、第一子も誕生しています。

賀来賢人の魅力7:「クローバー」美咲隼斗役

クローバー DVD-BOX

漫画家・平川哲弘先生の「クローバー」は、2007年~2015年まで「週刊少年チャンピオン」で連載されていた、友情や釣りをテーマに不良少年たちの青春を描いた少年漫画です。

また、「クローバー」は、賀来賢人さん主演で2012年4月~6月までテレビ東京の「ドラマ24」で全12話で放送されました。

賀来さんが演じたのは、桃浜高校に通う男子高校生・美咲隼斗(みさき はやと)役です。隼人は、小学校時代の親友・奈良友基(なら ともき)の家に居候になりながら、趣味の釣りに入れ込んでいます。

クローバー(43)(完結)(少年チャンピオン・コミックス)

「クローバー」に登場する美咲隼斗は、コーンロウなどの個性的なヘアをするキャラクターで、賀来さんも見事なコーンロウヘアを作中で披露しています。また、隼斗は友達のために不良少年たちと次々とケンカをするので、賀来さんのかっこいいアクションシーンが観られるのも「クローバー」の見所です。

賀来賢人の魅力8:「今日から俺は!!」三橋貴志役

漫画家・西森博之先生の「今日から俺は!!」は、1988年~1990年まで「増刊少年サンデー」、1990年~1997年「週刊少年サンデー」で連載されていたヤンキーたちのバトルを中心に描かれたヤンキーギャグ漫画です。

「今日から俺は!!」は、賀来賢人さん主演で2018年10月~12月まで日本テレビの「日曜ドラマ」で全10話放送されました。

賀来さんが演じたのは、典型的なヤンキー校・私立軟葉高校に通う主人公・三橋貴志(みつはし たかし)役です。それまでヤンキーを恐れる普通の学生生活を送っていた貴志は、高校1年生の転校をきっかけに、髪を金髪パーマにし「金髪の悪魔」と恐れられる存在になります。

そして「今日から俺は!!」では、「ちはやふる-結び-」で共演した矢本悠馬さんと共演しています。

また、「勇者ヨシヒコ」「スーパーサラリーマン左江内氏」などで、賀来さんが過去に何度も共演している超個性派俳優のムロツヨシさん佐藤二朗さんと共演し、抜群のコンビネーションを繰り広げていました。さらに「今日から俺は!!」は映画化が発表されファンを歓喜させています。

賀来賢人の魅力9:「花子とアン」安東吉太郎役

連続テレビ小説「花子とアン」完全版 DVD-BOX -1

「花子とアン」は、2014年上半期のNHK連続テレビ小説で、「赤毛のアン」の日本語訳者・村岡花子の半生を原案に、脚本家・中園ミホさんが執筆した作品です。全156話で制作された「花子とアン」は、2014年10月に「スピンオフスペシャル 朝市の嫁さん」が放送されています。

また、「花子とアン」は、大ヒットした「あまちゃん」「梅ちゃん先生」「ごちそうさん」などの高視聴率作品を超え、朝ドラの過去10年間で最高の視聴率を獲得した作品となりました。

連続テレビ小説「花子とアン」完全版 Blu-ray BOX-3

朝ドラでも記録的な視聴率を獲得した「花子とアン」で賀来さんが演じたのは、主人公・安東花子(あんどう はなこ)の1つ年上の兄・安東吉太郎(あんどう きちたろう)役です。家族思いの吉太郎は、苦しい家計を支えるため、花子の代わりに奉公に出て行きます。

そして、吉太郎は3年後に帰ってくると家の農作業の手伝いをするのですが、花子や、家庭を顧みない父・安東吉平に複雑な感情を抱いていくという難しい役どころです。

また、賀来さんが吉太郎を演じた中でも、吉太郎が軍隊に入隊するために家を出る日、吉太郎の背中を見ていた吉平に気付いた吉太郎が、吉平に一礼したシーンが印象に残った人も多かったようです。

賀来賢人の魅力10:「宇宙の仕事」ルキーニ青山役

宇宙の仕事 DVD BOX(5枚組)

「宇宙の仕事」は、2016年に全6話で制作されたAmazonプライムビデオのオリジナルドラマで、「今日から俺は!!」の福田雄一監督がメガホンを取ったことで話題になった作品です。

地球を守るために、年齢も生活環境も異なる6人の男女「地球防衛軍」として集められ、月に建設されたスペースピットで異星人と対峙していくというスペースヒューマンコメディドラマになっています。

また、集められた6人は、地球を防衛するよりも自分の生活を維持するのに専念するので、毎回いろいろなトラブルが発生します。そして、賀来さんの演じた「地球防衛軍」のルキーニ青山は、ファンが50人しかいない売れないバンドマンという男性です。

ドラマ「宇宙の仕事」オリジナル・サウンドトラック

また、ルキーニ青山は、バンドマンなのに楽器は弾けず、ライブとチケットを手売りしているから忙しいという変わった設定の人物で、話し方や動作も独特な男性でした。

ドラマというよりも、舞台に近い「宇宙の仕事」は、賀来さんをはじめとした出演者のアドリブで相手の役者が思わず笑ってしまったり、途中で役者たちがNGを出してもそのまま配信されるという異例の臨場感が面白い作品です。

【ちはやふる実写版】周防名人を演じた賀来賢人は超個性派俳優だった!

「ちはやふる」に登場する周防久志は、競技かるた界の現在の名人です。言動や風貌が個性的なので、人々から「変人」と呼ばれている周防名人を実写版で演じたのは、同じく超個性派の演技でファンを魅了する俳優の賀来賢人さんでした。

賀来さんは、女優の賀来千香子さんを叔母に持ち、奥様は女優の榮倉奈々という芸能一家ですが、賀来さんは場の雰囲気を和ませる気取らないムードメーカータイプの男性でした。

2019年10月~12月の日本テレビのドラマ「ニッポンノワール-刑事Yの反乱-」で、粗暴な性格で反社会的勢力との繋がりを持つ警視庁捜査一課・遊佐清春を演じ、役の幅をさらに広げている賀来賢人さん。これからもコミカルな役から渋い役までこなせる超個性派俳優として、さまざまな役を演じていくことでしょう。