【ダンベル何キロ持てる?】上原彩也香は腹筋バキバキのボクサーJK!

「ダンベル何キロ持てる?」は、2016年から連載開始した人気漫画。2019年のアニメ化によって、人々に「意外と学ぶ機会のない筋トレの正しいやり方」を知らしめてくれました。この記事では、主人公紗倉ひびきの親友、上原彩也香の魅力を特集します。腹筋バキバキのスリムな体型、スポーティーな外見、詳しい性格やその特技…最後まで読めば、上原彩也香がもっと好きになること間違いなし!

【ダンベル何キロ持てる?】上原彩也香とは?

ダンベル何キロ持てる? (4) (裏少年サンデーコミックス)

上原彩也香は、皇桜女学院二年生の女の子です。身長は160cmで体重は50kg、お団子頭に勝気な吊り目、筋肉質でスリムな体型とバキバキに割れた腹筋が特徴的です。主人公の紗倉ひびきとは同級生で、放課後はいつも一緒に食べ歩きをしたり映画を観たりしている仲良しさん。

物語冒頭で、ひびきに「なあ、ひびき……お前また太った?」と告げ、ショックを受けたひびきがジム通いをするきっかけを作った張本人でもあります。そういう意味で、物語を大きく動かした功労者ともいえるでしょう。実家が名門ボクシングジムで、父親は元プロボクサー。彩也香自身もボクシングを叩き込まれて育ちました。

上原彩也香の魅力1:演じるのは人気声優の石上静香さん!

彩也香役の声優さんは、東京都出身の石上静香さん。彩也香のように勝気な女性役を多く担当する他、少年役や少女役も多く演じています。ラジオパーソナリティーやドラマCD、テレビ番組のMCとしても活躍中です。可愛らしい方なのに、ラジオでは下ネタを連発し「下ネタの錬金術師」とも呼ばれているんだとか…。

「ダンベル何キロ持てる?」では、ちょっと強そうなルックスですが至って常識人な彩也香の演技で、濃い他キャラクターの面々をほどよく中和してくれます。少し低めで、カッコいい女の子の声が彩也香にピッタリでしたよね。

石上静香さんは他に、テレビアニメ「魔法陣グルグル」の主人公ニケ役、テレビアニメ「食戟のソーマ」のメインキャラクター水戸郁魅役など、数多くの役を務めています。

上原彩也香の魅力2:性格は友達思いで常識人

ダンベル何キロ持てる? スクエア缶バッジ 上原彩也香

性格は至って常識人で、しばしばツッコミに回ります。ひびきも大概ツッコミ体質ではありますが、そのひびきにツッコミを入れるのは彩也香のようです。ボケ体質と思われる朱美やジーナ(時にはひびき)に、日々忙しくツッコんでくれる姿は、なんとも微笑ましいものです。

とはいえ勝気すぎる訳でもなく、根本は友達思いの優しい女の子。冒頭でひびきに太ったことを指摘したときも、あくまで「(ひびき自身が)気になるなら」と前置きしてからダイエットを勧めていました。

上原彩也香の魅力3:ひびきとは親友!放課後はいつも一緒

ダンベル何キロ持てる? ぎゅぎゅっと 缶バッジ 上原彩也香

ひびきとは親友で、放課後はいつも一緒に過ごしています。ひびきはしょっちゅう買い食いをしていますが、彩也香はそこまで毎日間食する訳ではない模様。「高校で同じクラスになってからの付き合い」というひびきの発言と、彩也香の「一年前に比べて明らかに丸くなったし」という発言を合わせると、高校二年生になった時点ではなく、高校に入学した時点から一緒にいたはずです。確かに、ルックスもちょっとギャルっぽい雰囲気が似ているので、元々の相性も良かったのでしょう。

仲良くなった経緯は「映画という共通の趣味があった」ことでした。彩也香の挙げた映画タイトルは、ひびきには「このチョイスはかなりの映画マニアだ」と言われています。ひびきと共にアクション俳優(といっても、周りの反応を見るに一般的な認知度は高くないようです)ハーンノルド・ドゲゲンチョネッガーの大ファンで、彼が弟子である街雄に会うためにシルバーマンジムを訪れた際には、飛び上がらんばかりに大喜びしていました。

上原彩也香の魅力4:実家は名門ボクシングジム。腕前は?

彩也香の実家は名門ボクシングジムで、父親は元プロボクサーです。おまけに、父親にボクシングを叩き込まれていたのだとか。口では「無理矢理叩き込まれただけ」と言っていますし、第二話のお姉さんとの会話から察するに、ボクシングジムの門下生のトレーニング相手も大喜びでやっている訳ではないようです。とはいえ、無意識にステップを踏むくらいに日常に染み込んでいます。これだけ体を鍛える環境に恵まれていた(放り込まれた?)のですから、体が強くなるのも頷けますね。

腕前の方は、試合に出たときにかなりの実力を発揮しています。階級はフライ級ですね。ところが驚くべきことに、単純なパンチ力ではひびきに一歩譲るようです(アニメ第二話で、ひびきがトレーニングバッグを殴った際、壊してしまった描写から)。とはいえひびきが規格外にパンチ力が高いというだけなので、劣っている訳ではありません。

上原彩也香の魅力5:見事に割れた腹筋にほれぼれ

彩也香の一番の外見的なチャームポイントは、なんといっても見事に割れた腹筋です。アニメ版でもスレンダーなスタイルにしっかり割れた腹筋を拝めますが、原作版ではさらにスリムに、さらに腹筋の目立つ彩也香の姿を見ることが出来ます。ボクシングは腹筋を絶えず殴られるスポーツですから、自然と腹筋が鍛えられたのでしょうね。

腹筋が脂肪の上に割れて見えるくらいですから、当然体脂肪率も12%とかなり低め物語冒頭時点のひびきの、実に3分の1程度です。育ち盛りにこの体脂肪率は、ちょっと心配な気もしますが…。

上原彩也香の魅力6:ハードなトレーニングも軽々こなす!

TVアニメ「ダンベル何キロ持てる?」 アクリルキーホルダー (3)上原彩也香

彩也香の筋肉質な体型からも想像はつきますが、傍目に見ていて「初心者には出来ねーよ!」とツッコミたくなるようなハードなトレーニングも楽々こなせてしまいます。

その一例がドラゴンフラッグ。床に横たわって頭上で柱などを掴み、肩を床につけたまま体をゆっくり持ち上げ、背から足が一直線になるようにしたまま元の姿勢に戻すというもの。しかも反動はつけてはいけないトレーニングです。それをさらに「最初は10回3セットとかでいいんじゃね?」と言い出す始末!

「最初」でそれだけだったら、彩也香は普段一体何セットドラゴンフラッグをこなしているのでしょうか?ひびきもツッコんでいましたが、初心者には一回でも難しいでしょう。

上原彩也香の魅力7:彩也香のかわいさが分かるエピソード

彩也香のかわいさが分かるエピソードとしては、やはりアニメ第二話の「彩也香の実家ジム訪問」でしょう。お姉ちゃんに手伝いを命令され、面倒くさがりながらもちゃんと手伝っている姿を見ると、やっぱりいい子なんだなというのが分かります。また、ゴリゴリマッチョのボクサーたちに囲まれてトレーニングの相手をしている姿も、「そんな細い小柄な体で一所懸命……」と健気に感じますね。

その一方で、初心者には一回でも難しいドラゴンフラッグを軽々とこなす姿はカッコいいですし、ひびきにも「すげーな」と評されていたように綺麗に割れた腹筋か服の下から覗いているのもサマになります。ひびきと一緒にプランクをしたときも、余裕の表情でした。

それに見逃せないのがエンディング。エンディング終盤で、左から立花先生、朱美、ひびき、彩也香、ジーナの順番で座ってダンベルカールをしているところです。五人の女の子が並ぶ中、ダントツで引き締まった体型の彩也香。もちろん腹筋もきっちり描きこまれていて、作者のこだわりを感じさせます。

上原彩也香は強く優しいボクサーJK

ダンベル何キロ持てる? Vol.4 [Blu-ray]

一見かっこよくて近寄りがたい彩也香ですが、中身は至って常識人な友達思いの女の子です。家業を手伝う真面目な面もあり、ツッコミ役としてひびき、朱美、彩也香、ジーナの女子高生四人組のバランスを上手く保ってくれます。

実家がボクシングジムで、幼い頃からボクサーとしての基礎を叩き込まれてきた彩也香。是非アニメでも、ボクシングの試合で活躍する彩也香の姿を見てみたいものです!